本件名に深い意味はないです。
泥のように働くというのが面白いので、件名まで泥のように便乗してみたエントリ。

「10年は泥のように働け」「無理です」――今年も学生と経営者が討論

これ。

「大企業に就職するのであれば」という前提で思うこと:

学生側も最初の1年目は「ほぼ全員何をやらせてもまともに仕事ができない」のは認めた方がいい。
別に良い大学を出てたって同じで、ほとんど差がない。
(と三流大学出が言ってみる)
日本の大学の教育が実践的ではないとか何かのせいにする議論がしたいのではなく、ひとまず現状として大体の学生がそうなっていることは理解しておかないといけない。
それでも雇ってくれるのは、日本の大企業では新人がこれから成長しますという前提をおいているから。
そしてちゃんと教育のプロセスが会社の中にある。
その点は若干でも感謝していいと思う。
たまに即戦力だ!とか言っていたりもするけど、それは単純に採用時のプライオリティの問題で、上記前提を崩したものではない。
あったらあったで困らない即戦力。そんな感じ。

そこんとこ踏まえて、上司が忙しいから自ら質問に来てほしいという回答に対して以下の反論をした学生はちょっと考えを改めた方が良いのではないだろうか。
「忙しいから聞きに来いという人に会社や社員がコントロールできるのか」
3K業界だからとか言う以前に、こんな考えではダメでしょう、普通に考えて。
協力しようという気持ちすらない上に、コントロールされる社員になりたいんですと言っているようにも見える。
全ての上司はバリバリ仕事ができるはずだから俺の面倒も当然見たりできるよね、という謎の理想(妄想?)を持っているか、びっくりするくらい受身なのか…と思っちゃいます。(さすがに意訳しすぎか…)
その上で、やりたいことをやらせてくれない!とか言うなら、いっそ自分で起業しちゃえばいいのに。

泥のように?という表現の真意は正直良くわからないけど、どんな仕事をやったって何年と言わず頑張ってみるのは悪くないと思います。
ゆえに大企業経営者の回答はどれも至極正論だと思う。

ただ、ネガティブイメージを払拭するつもりの発言としては良くないとは思う。
学生をダマせとは言わないけど、もっと言葉は選ばないといけないかも。

大企業はスゴいよ:

僕は以前いわゆる大企業に就職していたのだが、3K云々はともかく、大企業はスゴいと思ったことがいくつかある。
おかげ様で本当に色々勉強をさせていただいた。

さすがに社員全てがすごい人ではないが、社員の中にはかなりスゴい人がいる。
某デバイスの有名なハッカーや、技術書籍をバリバリ書いている人、オープンソースにフルコミットしている人、データベースエンジンを作っていた人、プロジェクトマネジメントの真髄を語る人、巨大なシステムを全く障害無しにリリースしてしまう人…これだけのスゴい人が身近に沢山いるのは、大手の凄味だと思う。

そして1年目はどうしようもなかった新人も、大企業はそれなりにちゃんと研修などをするし、そう悪くない水準まで底上げされる。(僕は期待に応えられるほど伸びなかった部類ではある…)
小さい企業ではそんな最低のクオリティを保とうとしても、お金も時間も制度もないので、そうはいかない。
大抵は1,2名のキーマン中心に支えられ、強い属人性を持ったまま成長していたりするのが実情だろう。

つまるところ、人の厚みを自分の利益と考えられるかだと思う。
以下引用。(強調は山崎による)
「本当に自分が売れると思う人は、そういう個々人のスキルが最大限に生かせる企業に行くといい」(有賀氏)と断言。大きなシステムの構築などの仕事では、個々人の突出したスキルではなく、チームワークが重要だと主張した。
まさにこれに尽きるんじゃないだろうか。
僕が前に所属していた会社は、きつくてもやって良かったと思う仕事がいくつもある。

(じゃあなんで辞めたの?みたいな話はまたの機会に。)