業務拡大に伴い、設計スタッフを募集しています。

<募集内容>
設計パートナー候補及び設計スタッフ若干名

<応募条件>
弊社は一個人の小さな事務所ですが、建築・デザインに情熱を持ち、
百デザインに共感し、ともに培っていただける方を募集します。

建築系大学、大学院、専門学校を卒業の方。
実務経験者は優遇しますが未経験者も可。

Vectorworks,Autocad,Adobe系ソフト等のスキルのある方
模型製作の得意な方は歓迎いたします。

※設計パートナー候補は有資格者に限らせていただきます。

<待遇>
弊社規定に準じます。

<応募方法>
下記住所ア又はemailアドレスまで履歴書とポートフォリオ(5MB以下程度)を
お送り下さい。書類到着後5日以内に弊社よりご連絡差し上げます。

※お送りいただいた履歴書は返却できませんのでご了承下さい。
 また、履歴書、ポートフォリオは採用業務以外には使用いたしません。

<現在進行中のプロジェクト>
保育園、戸建て住宅、商業施設等

<勤務地/連絡先>
百デザイン一級建築士事務所
453-0055 名古屋市中村区香取町1-8 ガーデンハイツ中村5B
tel/052-846-6915
email
website

2014年7月24日

犬山さくら保育園05

IMG_1732

ガルバリウム鋼板の屋根材を張り終えました。既存園舎の屋根の色に合わせましたが、一見すると木のようです。今後、いくつかの屋根を架けていき、この色合いが広がれば、明るい園舎になっていくと想像しています。

犬山さくら保育園04

01
02


新規増築部分の上棟式。「餅投げ」ならぬ「菓子撒き」をしてささやかにお祝い。園と父母会が一緒になって「新しい種をまく」ような微笑ましい式でした。

犬山さくら保育園03

0602-1
0602-2
0602-3

基礎配筋とスラブコンクリート打設が終了。平屋建てですが、屋根をしっかり支えるために、縦横に地中梁を通しています。基礎外側にはポリスチレンフォーム断熱材を設け、コンクリートを打設。基礎立上りの型枠を組み、さらにコンクリートを打設していく手順です。

同時並行で、既存建物の内部解体を始め、スケルトンにしていきます。30年程前の鉄骨の柱や梁があらわになって、その凝縮された時間の積み重ねが開放されたような雰囲気です。構造部材と内装材を部分的に再利用しながら、新しい間取りに向けて改修工事を進めていきます。

この辺りは、白蟻も多いので、防蟻に配慮した断熱材や材の防蟻処理を十分施します。

犬山さくら保育園02

IMG_1095

先月の土工事から始まり、砕石敷き、スラブ・基礎の配筋へと工事が進んでいます。既存建物を残し、園の運営も続けながら、新しい建屋をつくっていく工程はとてもシビアで、監理も細心の注意が必要です。周辺を林や畑に囲まれる豊かな自然環境のせいか、土地を少しでも掘削すれば、土の中の生き物たちがあちこちから顔を出します。大きなムカデも数匹現れたとか。それをビン詰めにして薬にしようかと先生たちと話しているところです。都会ではなかなか有り得ない自然の息吹を、この現場では感じることができます。

犬山さくら保育園01

犬山さくら

昨年の秋から設計を進めていた犬山さくら保育園増改築工事が本格的にスタートしました。築30年以上の古い園舎を改装し活かしつつ、新しい園舎を増築していきます。とても難しい仕事ですが、無事に完成できるようしっかり監理していきます。

辻堂の家(Nさん邸)01

辻堂の家01

藤沢市辻堂に住宅の計画をスタート。

車がすれ違うには心もとない狭い道路があちこちの方向から通り交わって、
初めて訪れる者は迷い込んだかのように方向感覚を失い全体を把握できず、
逆に、ここに住む人々は、その複雑さを拠り所や対話の場にし、防御とする。
アルジェリアのガルダイアほどではないにしても、昔ながらの地形や道を骨格とする街には独特の複雑さがあります。

計画する敷地もそんな雰囲気の場所にありました。

このページのトップヘ

見出し画像
×