April 09, 2014

犬山さくら

昨年の秋から設計を進めていた犬山さくら保育園増改築工事が本格的にスタートしました。築30年以上の古い園舎を改装し活かしつつ、新しい園舎を増築していきます。とても難しい仕事ですが、無事に完成できるようしっかり監理していきます。(2014.04.09)


(10:25)

April 07, 2014

辻堂の家01

藤沢市辻堂に住宅の計画をスタート。

車がすれ違うには心もとない狭い道路があちこちの方向から通り交わって、
初めて訪れる者は迷い込んだかのように方向感覚を失い全体を把握できず、
逆に、ここに住む人々は、その複雑さを拠り所や対話の場にし、防御とする。
アルジェリアのガルダイアほどではないにしても、昔ながらの地形や道を骨格とする街には独特の複雑さがあります。

計画する敷地もそんな雰囲気の場所にありました。
続きを読む

(11:50)

September 27, 2013

業務拡大に伴い、設計スタッフを募集しています。

<募集内容>
設計パートナー候補及び設計スタッフ若干名

<応募条件>
弊社は一個人の小さな事務所ですが、建築・デザインに情熱を持ち、
百デザインに共感し、ともに培っていただける方を募集します。

建築系大学、大学院、専門学校を卒業の方。
実務経験者は優遇しますが未経験者も可。

Vectorworks,Autocad,Adobe系ソフト等のスキルのある方
模型製作の得意な方は歓迎いたします。

※設計パートナー候補は有資格者に限らせていただきます。

<待遇>
弊社規定に準じます。

<応募方法>
下記住所ア又はemailアドレスまで履歴書とポートフォリオ(5MB以下程度)を
お送り下さい。書類到着後5日以内に弊社よりご連絡差し上げます。

※お送りいただいた履歴書は返却できませんのでご了承下さい。
 また、履歴書、ポートフォリオは採用業務以外には使用いたしません。

<現在進行中のプロジェクト>
保育園、戸建て住宅、商業施設等

<勤務地/連絡先>
百デザイン一級建築士事務所
453-0055 名古屋市中村区香取町1-8 ガーデンハイツ中村5B
tel/052-846-6915
email
website

2013年9月27日

(19:58)

July 10, 2013

IMG_1363















長らく計画を進めていましたRAD CREATIONの新しいライブハウスを名古屋市中区大須で施工中です。

(18:41)

January 14, 2013

130113















すべての建築物は、建築基準法上の「用途」によって分類されます。この建物が戸建て住宅、これは学校というように。
続きを読む

(01:00)

April 24, 2012

ブナ

(23:27)

March 25, 2012

01















今月ハレの日に完成式を行いました。
02















残工事があるものの、とても素晴らしい天気のもと式は執り行われました。
04















玄関横には子供たちの絵を印刷したタイル。
05















半屋外の廊下を伝うと各保育室へ。
06















保育室の出入口。
07















‘遊び’のスペース越しの‘寝る’スペース。各室は光や風の通りを考慮して不整形な平面。
08















‘寝る’スペースは畳敷き。午睡しやすいように最小限の開口で。家の雰囲気に近いように床(とこ)もあります。子どもたちの作品が飾られます。
09















2階の乳児室。
11















乳児室前の半屋外テラス。
12















西の棟と東の棟を結ぶ廊下。廊下から階上にある屋外プールに出入りできます。
13















2階から園庭を望む。
17















子どもたちよ、輝かしい未来へ。

(10:36)

March 03, 2012

IMG_1005















ただいま急ピッチに進められているK保育園の建具製作工場へ。
建具とは、建物の窓や扉など開閉する部分の総称です。今回は木製建具の工場を訪ねました。
続きを読む

(20:24)

January 26, 2012

kum02















名古屋市緑区に建築中の保育園です。
続きを読む

(09:17)

January 05, 2012

ポロック














「絵具の向こう」
NHK・日曜美術館でも紹介された「生誕100年 ジャクソン ポロック展」を観に愛知県美術館へ。十数年前、とある企画展で目にした以来の対面でした。

その描画は一見難解で、抽象ということばで片付けてしまえば、それで鑑賞は終わってしまいますが、よくよく目を凝らせば、オートマティスムと呼ばれる技法が生む絵具の向こう側には、あまたな人と自然が戯れているように感じます。

それはポロック自身が、絵に対して向き合うのではなく、「私は絵の中にいる…」と宣言している通りに。

(21:17)