FPGA/CPUで電子ブロック遊び

FPGAやAVRを使って、遊んでみた記録

[link-ipcore]John's FPGA Page

John's FPGA Page

68xx CPUのIPCOREを提供しているJohn's FPGA Page

[link]製造元 - DigiLent Inc

製造元 - DigiLent Inc

このSpartan-3スターターキットの製造元、DigiLent Inc
ここからもスターターキットも買えるし、他にも一緒に使える周辺ボード等も買うことができる。

[link]Xilinx社 - Spartan-3スターターキット

Xilinx社 - Spartan-3スターターキット

Xilinx社のSpartan-3スターターキットのホームページ。
ここから各種の公式ドキュメントなどがたどって行けます。

VGAプロジェクトについて

チュートリアルいじりも大体いい感じなので、そろそろ、他の事をやってみよう。って事で、VGAを使う物を作ってみよう。続きを読む

(4)チャタリング防止モジュール

さて、このシリーズの最終回は、1回目で課題に残しておいたチャタリング対策(をボタン+カウンタにした物)を作ってみた。
続きを読む

(3)回路図で電子ブロック的にする。

ISEをいじっていたら、どうも回路図のような物でも設計出来るようだ。
これを使って、モジュールを組み合わせてゆけば、もっと電子ブロック風になるのだろうか?

回路図続きを読む

(2)一秒ごとカウンターに変更してみる

チュートリアルが出来たので、それをちょっと拡張してみる事にした。
とりあえず、一秒ごとにカウントが変わる物を作ってみようかな。続きを読む

(1)ISE クイックスタートチュートリアルをやってみる

スターターキットに入っていた、チュートリアルをやってみる。

このクイックスタートチュートリアルは、簡単な4bitsのカウンタを作って、FPGA上で実行させる物で、内容自体はごくシンプル。基本的にはこのISEと言う開発環境の説明のような物だった。

5650d89a.png続きを読む

Windows版 ISE WebPACK のインストール

Linux版に続いて、Windows版 ISE WebPACK のインストールもしてみる続きを読む

Linux版ツールをインストールしてみる。(2)

Linux版「ISE WebPACK」のインストールの続きです。続きを読む
最新コメント
最新トラックバック
  • ライブドアブログ