テープなど

私は40代半ばのパート中のシングル女性です。
 
今までは実家暮らしだったのですが、わりと急な事情で家を離れて、自炊することにしました。

私は年収も低いパートなので、賃貸を借りるのは難しいかと思ったのですが、何とか借りられることになりました。

それで、急きょ、引越しをすることになりました。

まずは引越し業者の見積もり!

ネットで引越し業者マッチングサイトというか、斡旋サイトを見つけました。

で、何気なく住所と適当に物を入れて何となくどのくらいの金額なのかかなり適当に入力してみました。

しかし、簡単に見積もりしてくれる!というわけではなかったんですよね、これが。

こちら側の情報をしっかりと入力しなければいけなかったのです。

何だか面倒だし、何となく引越しにかかる料金が知りたいだから、データベースとかに入っているような金額でいいのに……なんて思いました

けれど、結局、料金が知りたいのと、暇だったので住所や電話番号、名前まで入力してしまいました。

だって、やっぱり気になりますからね。

どのくらいの費用になるかなんて、全く想像がつかないですからね!

引越し業者から見積もりの電話が鳴り響いてとても大変

ほんの軽い気持ちで引越し業者マッチングサイトの見積もりの所に入力した直後から、電話が鳴り始めました。

本当に、こちらの情報を送信した瞬間から電話が鳴りました。

すごい早さですよね。

それで、荷物についていきなり聞かれました・

「おひとり様のお引越しですか?
それにしても、荷物が随分少ないですけれど
本当にそれだけですか?」

と聞かれたんです。

で、こう答えました!
「いえ〜、

何となく適当に入力してみて

何となく数字が知りたかっただけですから」

そこで、一瞬の沈黙がありました。

しかし、相手も商売です。
「テレビは持ってませんか?」
「ベッドは?」
「布団は?」
「パソコンは1台しかないですか?」
「カーペットは?」

など、尋問されているような感じでした。

それらの質問に答えたあとで、引越し業者が大体の見積もりをその場で教えてくれました。

ちなみに、最初の1件ではその金額が高いのかどうなのかわかりませんよね?
ですから、「ちょっと考えてみます」と言って、電話を切りました。

すると、すぐに次の電話がかかってきました。

そして、その電話は「どこか他で見積もりしましたか?

そこではいくらでしたか?

その会社はどこですか?」などと聞かれたりしました。

なるほど、同業者の見積もりをお客から聞き出すわけですね!

それらは正確に答えました。

そんな繰り返しを5件くらいしました。

気がつくとかなり時間が過ぎていました。

使い古し段ボール


よく見たら引越し業者からのメールもどっさりとどいていた
 
電話をしながら、パソコンも見ていたのですが、どんどんメールが入るのも確認していました。

やはり引越し業者さんからです。

メールをくれた引越し業者さんは大手が多かったです。

誰でもが知っている大手の引越し業者さんからはメールが届いていました。

そして、お見積もりが高めでした。


私ひとりの小さな引越しですから、別に大手の引越し業者でなくてもいいと思っていました。

とにかく安く、私の希望の日に引越しができればいいと思っていました。

何しろ、私もパートとはいえ、働いています。

都合のいい日と悪い日があります。

ですから、最初の1日で連絡をくれた引越し業者さんの中から、私の希望した日に引越しができる業者さんを選ぼうと思いました。

5社の中から3番目に安い見積もりをした引越し業者を選択

結局は、なんと最初に電話連絡をくれた引越し業者さんにしました。

なんとなく、最初だから印象強く残ったのです。

この引越し業者の見積もりをもとに、残りの4社は見積もりを出してきたのす。

だから、最初の引越し業者が一番不利ですよね?

私はなんでも早いのが好きなので、最初に電話連絡をくれた引越し業者に決めちゃいました!


新しい段ボールを持ってきてくれた

引越し業者を決めたら、その引越し業者が数日後に真新しい段ボールを持ってきてくれました。

その段ボールの数は大5、中5の合計5枚でした。

それで足りるかどうかなんて全くわかりませんでした。

引越しは全く初めてでしたから、家の中にある物が、段ボール箱に詰めたら何箱になるのかなんて想像も
つきませんでした。

でも、私の場合、引越し先がそんなに遠くないので、1回で全部持ち上げられなくてもよいかな、と思いました。


結局、段ボールは足りなかった
結局、段ボール箱は10箱では足りませんた。

残りは車を持っている友人や兄弟に少しずつ運んでもらいました。

段ボール詰めすると、荷物はかなり多かったです。

10箱くらいの荷物かな、と思ったのですが、最終的には22箱になってしまい、びっくりしました。

なんにもわからず電話をしてしまうと聞かれたときに答えられず
何度も何度もやり取りをすることになってしまうのだということを痛いほどわかりました。

今になって調べてみると、色々と前もって書いてくれているサイトも有るのだなと思いました。
その中でも、全体の流れがよく分かるサイトが有りました。

こちらです!
ウルトラ引越しガイド
ウルトラマンと引っ越しなんとも言えぬ組合せですが分かりやすかったです。

次の引っ越しではしっかりとサイトを、見て予習してから見積もりを取ろうと思います。