紺田照の合法レシピ(1) (KCデラックス 月刊少年マガジン)
馬田 イスケ
講談社 (2016-02-17)
売り上げランキング: 15,435


「紺田照の合法レシピ」第1巻のレビューです。

続きはこちら(※ ネタバレを含みます)

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

















「紺田照の合法レシピ」第1巻 書籍情報

暴力団「霜降肉組」の新人組員・紺田 照(こんだ てる)、高校3年生。
彼が任侠道のほかに心血を注ぐのは「お料理」!
切った張ったの世界で生きながら、硝煙にふとサバの塩焼きを思ってしまう…
そんな紺田の今日の晩ご飯は!?

※ 出版社書籍情報より引用

gouhou_01_002

東京都に本部を持つ指定暴力団「霜降肉組」に属する新人組員・紺田照(18歳)。
暴力団員として任侠道を貫く彼にはもう一つ大事な趣味があって・・・
こんな感じに始まります。

gouhou_01_003

他の暴力団員が事務所に殴りこみを掛けてきても、
微動だにせずにこの対応・・・そして迫力・・・とても18歳未成年とは思えないわ(;^ω^)
その迫力は敵の暴力団員達をもビビらせる威力なんですよねー
そして、彼の心中では別の思惑が働いています。
そう、こんな彼が心血を注ぐもう一つの趣味・・・

gouhou_01_004

それが料理ですw
極道を貫く彼がエプロンして料理・・・何なんだこのギャップwww

gouhou_01_005
gouhou_01_006

そしてその料理っぷり・・・凄く物騒なワードが飛び交いまくりますww
拳銃を突きつけられた時に思い浮かんだのがリボルバーに似ている(?)蓮根w
明太子をマヨネーズと紫蘇で和えたモノを蓮根に挟む時は、銃の組み立てより楽しいって・・・
物騒極まりない料理風景だわwwww

gouhou_01_007

そして出来上がったのが・・・「レンコンのピリッと明太はさみ揚げ」
明太子とマヨネーズ・紫蘇を和えたのをレンコンに挟んで天ぷら衣を付けて揚げる・・・
凄く美味しそうなんですけれどもww

gouhou_01_014
gouhou_01_015

その料理の数々・・・コレがまた美味しそうなんですよねーw
薄切り肉を使ったステーキや、春巻きの皮を使ったピザ、
コンソメを使った洋風栗ごはん、サーモンとハムで花束のように束ねたサラダなどなど・・・
想像力豊かなアイディア溢れる料理の数々に、管理人は感心と興奮しっぱなしですよ。

gouhou_01_008gouhou_01_011
gouhou_01_018gouhou_01_013

そして、食べている時・・・こっちでも物騒なワードが目白押しw
調理を「カチコミ」とか言うわ、食べている時も敵との抗争を思い浮かべるわと・・・
何度も言いますが物騒すぎるんだよwwww
しかし、この料理で・・・彼は様々なアクシデントを乗り越えていきます。
バーの暴れる客、マフィア、組長、密漁組織と・・・一歩間違えれば命の危険な状況下でも、
彼はその料理のイマジネーションをフル回転させて、危機を回避します。

gouhou_01_017

一番好きなエピソードは・・・刑事と共に密漁組織に冷凍庫に閉じ込められた時かな。
このままでは凍死しかねない絶体絶命の中・・・
彼は刑事や自分が持っている持ち物や密漁具材を使って、熱いスープを作り上げます。
「空腹(ピンチ)の時に刑事もヤクザもない」とスープを勧める照のカッコ良さ・・・
カッコ良すぎて惚れそうですわ・・・割りとマジでw

gouhou_01_019

硬派な任侠道を貫く一方で、料理道も本気・・・
そんな18歳現役高校生とは思えない迫力を持った主人公の生き様がマジでカッコ良いです。
物騒極まりない食べっぷりは・・・何処か某ゴローちゃんを思い浮かびましたw
作る時も、食べる時も・・・凄く怖いのですが、同時にとっても面白いので一見の価値ありですよw
大葉を「合法ハーブ」とか、片栗粉を「白い粉」とか、蓮根を「リボルバー」とか・・・
そういう風に例える所も面白かったですわw

本当の意味でも飯的な意味でも・・・そのテロっぷりが破壊力満点・・・そんな第1巻でした。

※ 待てやw
gouhou_01_012

なんでやねんwwww

紺田照の合法レシピ(1) (KCデラックス 月刊少年マガジン)
馬田 イスケ
講談社 (2016-02-17)
売り上げランキング: 15,435