「恋色めまい」のレビューです。

続きはこちら(※ ネタバレを含みます)

↓ ↓ ↓ ↓ ↓


















「恋色めまい」 書籍情報

『COMIC快楽天ビースト』の雄傑・長頼の初単行本!

艶めかしい素振りで男性自身をムラっとさせる妖美短編集です。
バックヤードでミルクセーキをごっくんするウェイトレスから
生徒指導室で生徒を勃たせる女教師まで、濃い色の液でアソコを潤す“イケるクチ”を大招集。
こぼれるまで注ぎ込むのが紳士たるモノの務めです。

※ 出版社書籍情報より引用

さて、長頼氏による成年向初単行本となります。
収録されている作品は以下の通りです。

「籠女」
「Summerりみっと」
「僕と先生」
「Bitter&Sweet」
「ふたりの二律背反(アンチノミー)」
「Sisterぱにっく」
「dis-communication」
「ワガママtutor」
「不機嫌な彼女」
「Portrait」
「残夏」
「Summerブレイク」

以上となります。
「COMIC快楽天ビースト」「COMIC華漫」にて掲載されていた作品と、
描き下ろし作品として「籠女」(カラーページ)と「Summerブレイク」が収録されています。
さてさて、長頼氏による成年向初単行本の内容は・・・


koiiro_002
「籠女」

koiiro_003
「Summerりみっと」

koiiro_004
「僕と先生」

koiiro_005
「Bitter&Sweet」

koiiro_006
「ふたりの二律背反(アンチノミー)」

koiiro_007
「Sisterぱにっく」

koiiro_008
「dis-communication」

koiiro_009
「ワガママtutor」

koiiro_010
「不機嫌な彼女」

koiiro_011
「Portrait」

koiiro_012
「残夏」

koiiro_013
「Summerブレイク」


恥じらい弾ける魅惑の淫靡痴態♥

初めての相手は自分で決める処女巫女によるお願いから始まり、
性欲満点な早漏彼氏によるシャワー室での性的反撃、明るい先生が見せる驚愕な本性などなど・・・
女の子達が持つ気持ちや本性がスパークして、それがエロスに直結して更に炸裂する・・・
蠱惑感漂わせている牝達による、クラクラするようなエロスが満載状態ですよ。
攻めて攻められてと、攻守のシチュは様々ですが、
魅せてくれる女の子達のエロスっぷりはどれもこれも実用的なんて生易しいレベルじゃないですよ(*´Д`)ハァハァ

koiiro_014

で、その中でピックアップするのは・・・「Sisterぱにっく」を紹介したいと思います。
母親が再婚し、相手の連れ子として妹・マユが出来た主人公・リョータ。
可愛くて巨乳で・・・そんな妹が出来て喜んでいたリョータでしたが・・・こんな感じに始まります。

koiiro_015

まぁ、理想と現実が待っていたワケでw
お菓子食べっぱなしで寝ちゃうわと、かなりだらしがない女の子って感じでしょうか。
でも、一番の問題は・・・マユちゃんがリョータの事を「兄」ではなく「男」と見ていて、
その豊満なおっぱいを押し付けたりと、スキンシップが過剰状態なのです。
折角、家族が出来たのだから・・・その関係を壊したくないと思っている主人公。
まぁ・・・気持ちは分からんでもないですよね・・・
一線超えたら「家族」では無くなってしまうかも知れませんし。

koiiro_016koiiro_017
koiiro_018koiiro_019

マユちゃんはそんな兄の心配もお構いなしに迫って来ます。
主人公の部屋で自慰行為をして性的に誘惑しちゃったりとか・・・最高やろ!(ぇ
困惑しながらも、理性を保とうとするリョータに対し、自分の想いをありったけぶつけて来るマユちゃん。
爆乳を使ったパイズリフェラ攻撃によって・・・その理性が完全に吹っ飛んでしまうリョータw
そりゃ、あれだけエロい身体で性的な攻撃を食らったら・・・どうしようもないよ(;^ω^)
一気に生ハメし、脚でホールドされながらガンガンと腰を振ってしまう2人。
理性とか全て吹き飛んだような、勢いMAXな兄妹エロスが展開されています。
兄のオチンチ○を膣内で存分に感じ、悦びと快楽に打ち震えるマユちゃんのエロ痴態・・・
念願叶った彼女の喜び満ち溢れた可愛らしくも淫靡なエロっぷりがとてもお気に入りでしたねー

koiiro_020

全編でナイスおっぱい!!な女の子達による感情入り交えたムンムンエロスがタップリです。
巫女、JK、女教師、義妹、ウエイトレスと・・・キャラのシチュも多種多様で、
受けて受け入れての覚醒系性的饗宴による魅惑タップリなエロスが股間に直撃ですよ(*´Д`)ハァハァ
ピックアップ以外だと、女教師の豹変っぷりが面白かった「僕と先生」や、
素直じゃない不機嫌な女の子が可愛らしかった「不機嫌な彼女」もお気に入りですね。
男に手球に取られちゃうツンデレっ娘って、何であんなに可愛いんだろう・・・(*´Д`)ハァハァ(*´Д`)ハァハァ

恥じらいながらも感じちゃう・・・
誘ったけれど感じちゃう・・・
甘美だけれど何処かビターな一面もある・・・それらが絶妙に入り交じり、
心も股間もクラクラしちゃうような肉感溢れまくるエロスが完成していた・・・そんな単行本でした。