short_iroiro_000
ショートパンツと色イロ♡(DMM)

「ショートパンツと色イロ♡」のレビューです。

続きはこちら(※ ネタバレを含みます)

↓ ↓ ↓ ↓ ↓













「ショートパンツと色イロ♡」 書籍情報

「ショートパンツとかいうドスケベ服、最高じゃね?」
地味っ娘に元気っ娘、妹に生徒に同級生まで、みんなまとめてショートパンツでかかって来い!
コレがTENMA COMICS LO第195弾の本気モード、ちびロリもロリ巨乳も全部だ!全部!!

“ロリ” “メガネ” “オッパイ” “ショートパンツ”
もうコレ以上のタグは人類には必要ない!!
あるいはそれ基本で、あとは応用でいいよもう。
あ、でも今回はメガネっ娘だけでなく「目つき悪い系のロリ」も多数在席。
いいよね、目つき悪い女の子。超かわいい。

※ 出版社書籍情報より引用

さて、Noise氏による通算7冊目の成年向単行本となります。
収録されている作品は以下の通りです。

「自宅で気軽にIV製作」
「プールでレスキュー」
「小麦色アタック!」
「チャラ男とメガネ」
「卒業服」
「妖怪うぉっちんぐ」
「自由で気ままな俺の妹」
「西園さんは巨乳が取柄」
「子役のおしごと」
「いつものパターン」
「お姫様ごっこ」

以上となります。
さて、今回の単行本は…



short_iroiro_002
「自宅で気軽にIV製作」

short_iroiro_003
「プールでレスキュー」

short_iroiro_004
「小麦色アタック!」

short_iroiro_005
「チャラ男とメガネ」

short_iroiro_006
「卒業服」

short_iroiro_007
「妖怪うぉっちんぐ」

short_iroiro_008
「自由で気ままな俺の妹」

short_iroiro_009
「西園さんは巨乳が取柄」

short_iroiro_010
「子役のおしごと」

short_iroiro_011
「いつものパターン」

short_iroiro_012
「お姫様ごっこ」


短パンドスケベっ娘大集合♥


ショートパンツっ娘、眼鏡っ娘、ロリ巨乳、眼付きが悪い娘などが、
ヤラれちゃったり、ヤッちゃったりと…
攻守入り乱れた生ハメパコパコが展開されています。
性的知識が皆無な女の子を性的に染めたり、
スキンシップ過剰な女の子と流れでエッチまでヤッちゃったり、眼付きが悪い少女に玩ばれたりと…
小さい身体と巨乳が弾けまくりのエロ饗宴が展開されてますよ(*´Д`)ハァハァ

short_iroiro_013

その中でピックアップするのは…「チャラ男とメガネ」を紹介したいと思います。
チャラい主人公はいつも読書をしている眼鏡女子・京子ちゃんをデートに誘います。
デートと認識していない彼女は制服姿で主人公を待つが…こんな感じに始まります。

short_iroiro_014

真面目な京子ちゃんですが、持っているボディはダイナマイト級(*´Д`)ハァハァ
自分の魅力に気付いてなく、露出度が高い服を買ってもらって困惑しちゃいますが、
これまで経験無かった、他の男達からの視線を感じてこれまた困惑…
これがまた可愛いんですよ、もう!(バンバン

short_iroiro_015

特にデートと気付いて動揺しまくる京子ちゃんが可愛い!(*´Д`)ハァハァ
これまでは困惑しながらも冷静でしたが、意識してから目がグルグル状態になり、混乱しちゃう♥
こういう娘マジで好みですわー(*´Д`)ハァハァ

short_iroiro_016short_iroiro_018
short_iroiro_019short_iroiro_020

そんな彼女とのエッチはカラオケBOXで♥
動揺が止まらない京子ちゃんにイケイケドンドンで迫る主人公。
キス、クンニ、そして生ハメセクロス…怒涛の勢いで彼女をモノにしちゃう主人公。
初めてだらけの事に、始めは困惑しっ放しな京子ちゃんですが、
徐々に身体の奥から湧き上がる快楽に酔いしれちゃいます♥
恥ずかしながらも、女の顔を魅せてくれる京子ちゃん…もうね、ドキドキが止まりませんよ(*´Д`)ハァハァ
真面目な地味っ娘がエロ覚醒しちゃうシチュエーション…これだけで、使えますわぁ(ぇ

short_iroiro_021

ロリ&眼鏡っ娘&巨乳っ娘による、覚醒系エロ饗宴…
何も分かっていない娘をエロく染める悦びや、
強気なロリ巨乳っ娘から小悪魔的に迫られちゃう快楽の連続攻撃に、
管理人は精力が枯渇しそうになりましたわ(*´Д`)ハァハァ
Noise氏の十八番とも言える、
性的知識皆無なちょっとおバカなロリ巨乳っ娘…最高過ぎる!(*´Д`)ハァハァ

様々なショートパンツっ娘&眼鏡っ娘達による、
破壊力満点なロリエロスに撃チン必至な単行本でした。