「一求乳魂」のレビューです。

続きはこちら(※ ネタバレを含みます)

↓ ↓ ↓ ↓ ↓



















「一求乳魂」 書籍情報

ごばんのおっぱいコミック第3弾♥
そこは地獄か天国か?
絶対服従を約束させられた女子バレー部マネージャーの苦悩(?)が、いまここに始まる……。
学園で出会ったFカップ美少女とお友達になりたい!とクラスの女子にお願いしたら、
バレー部のマネージャーをやらされるハメに!?
しかしそこはHな体を持て余した女子たちが集まる、酒池肉林のハーレムだった!
バレーボールと見まごうばかりのおっぱい天国がここに♥

※ 出版社書籍情報より引用


さて、ごばん氏による通算3冊目の成年向単行本となります。
収録されている作品は以下の通りです。

「双球Loveレシーブ」
「双球Loveアタック」第1話
「双球Loveアタック」第2話
「双球Loveアタック」第3話
「双球Loveアタック」第4話
「双球Loveアタック」最終話
「Please kiss me」
「Love cheering」
「secret study」


以上となります。
「コミックホットミルク」にて掲載されていた作品と、
描き下ろし作品として、「双球Loveレシーブ」が収録されています。
さて、今回の単行本は…


一求乳魂_002
「双球Loveレシーブ」

一求乳魂_003
「双球Loveアタック」第1話

一求乳魂_004
「双球Loveアタック」第2話

一求乳魂_005
「双球Loveアタック」第3話

一求乳魂_006
「双球Loveアタック」第4話

一求乳魂_007
「双球Loveアタック」最終話

一求乳魂_008
「Please kiss me」

一求乳魂_009
「Love cheering」

一求乳魂_010
「secret study」


( ゚∀゚)o彡゚おっぱい!おっぱい!
( ゚∀゚)o彡゚おっぱい!おっぱい!
( ゚∀゚)o彡゚おっぱい!おっぱい!


罠に嵌り、脅迫されて女子バレー部のマネージャーになったら、
爆乳部員達とハメ撮りばかりの毎日だったり、
商店街のイベントで使うエロ衣装でパコッたり、
憧れの先輩に誰もいない自宅に招かれて誘惑されたり、
エッチな水着で欲情しまくったり…爆乳女子達による爆乳バルンバルンエロスがタップリ♥
全ヒロインがチン○を覆い隠せるような爆乳女子と言う…おっぱい紳士には堪らんこと保証付!(*´Д`)ハァハァ

一求乳魂_011

その中でピックアップするのは「Love cheering」を紹介したいと思います。
憧れであるマネージャーの先輩に「全国大会に連れて行きます!」と誓ったものの、
決勝で夢破れてしまう主人公…そんな彼を密かに想う篠塚先輩に労われ、
誰もいない彼女の家に招かれるが…こんな感じに始まります。
で、誰もいない家でする事と言ったら当然…

一求乳魂_012

エッチな事ですよねー♥

エッチな本をお手本にした篠塚先輩は、部屋に入るや否や、彼の唇を奪っちゃいます♥
そして、負けたとは言え…頑張ったご褒美としておっぱいを触らせちゃう…何だよ、この天国ぅ!(*´Д`)ハァハァ

一求乳魂_013
一求乳魂_014

いやぁ…しかし、篠塚先輩のおっぱい…爆乳なんて可愛いもんじゃねーぞ!ww
コマからはみ出るんじゃね?って位に大きいおっぱい…
こんなおっぱいに顔面を押し潰して欲しいものですなぁ!(*´Д`)ハァハァ
本から仕入れたエロ知識で、色々とご奉仕を頑張る篠塚先輩がマジでエロ可愛いんですよね♥
チアリーディング部のチア姿は…マジで反則ですよ、レッドカードですよ!(*´Д`)ハァハァ

一求乳魂_015
一求乳魂_016

そんな彼女の誘惑は…主人公を獣にしちゃいます♥
アソコを夢中にクンニし、間髪をいれずに生挿入…そして抜かずの連続膣内射精と、
勢いある主人公の攻めに、篠塚先輩はクラクラキュンキュンしまくりでしたね♥
好きと言いながら性的にガンガン攻めて来る主人公に夢中になってトロットロになってしまう篠塚先輩…
ダイナマイトボディを誇る色気ムンムンな彼女からは、
想像出来ないような、愛らしくてエロ可愛い魅力にこっちもメロメロですわー(*´Д`)ハァハァ

一求乳魂_017

巨乳…いや、爆乳ヒロイン達による乱淫模様がタップリと堪能出来ます♥
その爆乳を駆使したパイズリ等の性的攻撃等…絞られてぇ…と思うこと間違い無し!(*´Д`)ハァハァ
包みまくられる悦びを存分に味わえる…まさにおっぱいバイブル!って感じでしょうか。
柔らかそうな肉感がタップリの肉感天国がここにありますわ…ふぅ(ぇ

酒池肉林のハーレム模様からラブラブまで…
全てが爆乳に包まれまくっているようなダイナマイト級のド迫力エロスが満載状態♥
カバー裏にも番外エロスが収録されていて、あらゆる意味で驚異的なボリュームだった単行本でした。