「スライム倒して300年、知らないうちにレベルMAXになってました」第1巻のレビューです。

続きはこちら(※ ネタバレを含みます)

↓ ↓ ↓ ↓ ↓




















「スライム倒して300年、知らないうちにレベルMAXになってました」第1巻 書籍情報

スローライフ300年。いつの間にか世界最強になってました!?

相沢梓、女、独身、社畜。仕事のためだけに生きた人生を終え、
不老不死の魔女に転生して、スローライフを300年続けてたら、レベル99になってました。
世界最強の噂を聞きつけ、やってくる冒険者やドラゴンetc。
私のスローライフはどうなるの!?GAノベル売上歴代1位、
「小説家になろう」発の異世界アットホームコメディー!

※ 出版社書籍情報より引用


主人公の相沢梓はブラック企業に勤め、恋も遊びも犠牲にして社畜生活をしていたが、
ある日突然過労死をしてしまう。
そして、生まれ変われる事になり、今度は不老不死の魔女へと転生し、
これまでとはまるで違う、スローライフを送っていたが…こんな感じに始まります。

スライムを倒して300年_01_002
スライムを倒して300年_01_003

27歳で過労死し、今度は17歳の姿で不老不死…
心機一転、この姿で「アズサ・アイザワ」となった彼女は、
毎日毎日スライムを倒しつつ、ゆっくりと日銭を稼ぐスローライフを送ることになります。
いやー…こんなにゆったり余裕な生活…マジで羨ましいわw
だらだらと過ごし、タップリ寝て、畑を耕しつつ、スライムを倒してお金を稼ぐ…
これこそ「贅沢」って感じですよね…ホントに…ホントに羨ましい( ;∀;)

スライムを倒して300年_01_004

最初のアズサのステータスは…まぁ、「不老不死」を除けばLv.1らしい感じですよね。
スライムを倒すのにもちょっと苦労するようですし…
まぁ、Lv.1ならドラク○でも装備次第では苦労しますからね。
ましてや、職業は魔法使いですしw

スライムを倒して300年_01_005

そんな悠々自適な生活を繰り返し、300年が経ちました。
無理のない労働と、安穏な休日…いつの間にか村人達から「高原の魔女」と呼ばれるようになった彼女。
そして、そんな生活を300年続けた彼女のステータスがこちらw

スライムを倒して300年_01_006

最強じゃねーか!!

スライムだけを倒してこの強さ…ファンタジー北島みたいだなwwww
「経験値増加」というチートなスキルも持っていたので、スライムを300年倒し続けていれば…
そりゃ、レベルMAXにもなるわなwww
瞬間移動、精神支配、魔法反射、魔法創作って…まさに「オレ最強」じゃねーかよ!www

スライムを倒して300年_01_008

そんな強さが噂になり…
その強さに対して興味本位の冒険者、ドラゴンが決闘を挑んで来たり
ゆったりと自堕落スローライフを楽しみたいアズサにとっては…予想外のハプニングw
熟練の冒険者から魔法をラーニングしてふっ飛ばすわ、ドラゴンをワンパンするわと…
そりゃ、腕試しや名声欲しさに挑んでみたくなるのも無理は無いわ!www

スライムを倒して300年_01_010
スライムを倒して300年_01_011

そんな彼女の元には同い年のドラゴンの娘・ライカ、
アズサを「母」と呼ぶファルファと、敵と呼び戦いを挑んでくるシャルシャ等がやって来ます。
ライカは几帳面で家事が万能、ファルファとシャルシャはアズサを「ママ」と呼び、凄く可愛い…
何?このキマシ成分タップリな空間は!?w
300年間一人で暮らしてきたアズサ…弟子と娘達が一緒に住むようになり、
賑やかなスローライフも良いんじゃないかな?と思うようになります。
まぁ…一人っきりは寂しいもんね…帰って迎えてくれる「家族」がいるってのはとても贅沢ですし。

スライムを倒して300年_01_012

社畜で過労死し、転生したらスローライフを悠々自適に楽しむ…
冒険に出たことがないのに、最強の魔女であるアズサが、
孤独なスローライフから家族の暖かさを知って行く…とても心温まるストーリーが紡がれています。
社畜精神だった生前を反省し、無理をしようとする他の娘も無理をさせないようにするアズサ…
何と言うか、こういう優しさが必要だよね…今の日本って(;^ω^)

しかしまぁ、スライムを無理なく倒して悠々自適に生活する…ホントに羨ましいわ!!
平日は満員電車に詰め込まれ、報連相も出来ない上司にストレスを溜め続けている管理人からすると、
こういう余裕綽々な生活は…マジで憧れますわ…と思えてならない第1巻でした。