「TiN-So 君が手にする俺の機巧魔剣」第1巻のレビューです。

続きはこちら(※ ネタバレを含みます)

↓ ↓ ↓ ↓ ↓














「TiN-So 君が手にする俺の機巧魔剣」第1巻 書籍情報

クラスのパッとしないグループに属し、パッとしない日常を過ごしていた博典。
あこがれの神白 椿と仲良くなることを夢見ていたが、その日は突然やってきた。
博典は、突如現れた怪物に対抗する椿の"武器"として"自身"を奮い立たせる運命だったのだ──。

※ コミックス裏表紙より引用


Tinso_01_002

親友の藤原清十郎と共に、クラスではパッとしないグループに属する主人公・平田博典。
同じクラスにいる神白椿と仲良くなりたいと思っていたが、
そんな中、突如怪物が現れ…こんな感じに始まります。

Tinso_01_003

まぁ、椿さんは本当に美少女ですよね…博典じゃなくても憧れるのは分かりますわ。
笑顔も眩しいし、何処か上品な雰囲気もあるし…まぁ、お嬢様だから当然なのでしょうけどw

Tinso_01_005

そんな中、学校に襲撃に来た猫耳の女性と怪物…
学校を簡単に壊しちゃう屈強の敵…絶望下の中、椿は「約束の刻」と博典に告げ、
自分と博典は世界を救う使命を帯びていると言うが…
何のことか理解が出来ない博典は、何も出来ない…まぁ、これは無理も無いよね。
だって、いきなり世界を救う救世主とか言われても…ねぇ?
そして、椿は現れた敵に対して勇敢に立ち向かうが…敢え無く撃退されてしまう。
そんな椿を助けるべく…彼女を抱きしめると…(言葉では正々堂々抱きつくチャンスと言っていたがw)

Tinso_01_006

博典は一本の大剣に変身します。
タクティカル・インテリジェンス・ナノテクノロジー・システム・オブジェクト(Tin-so)
その大剣は、敵を一撃で一刀両断する位に強大な力を持っています。
つまり、剣士は椿で剣自体は博典って訳ですね。
で、敵を撃退し…博典の変身が解けると、この剣の正体が判明します。

Tinso_01_007

柄の部分がチ○コwww

そう…剣自体が博典ならば…柄の部分はチン○なのですw
要するに、彼女が握っていたのは…博典のチン○www チ○コソードじゃねーかwwwww
何なんだよwwww このアホ極まる設定はwwww

Tinso_01_008

しかも、椿を抱きしめるのが変身条件ではなく…
椿に触れながら、チン○を大きく…つまり勃起状態でないと、Tin-soに変身出来ませんwww
つまり、椿が握るのは…勃起した博典のチン○な訳ですね(;^ω^)
純真な少女になんつー事をさせてんのよwwwww
でも、椿はヒーロー好きな事や使命感が強い事もあり…恥ずかしながらも剣を振るって戦います。
まぁ、そんな中…博典が不能になったり、眼前にチン○をガン見して動揺したりする訳ですがw

Tinso_01_012

主人公が普通の人間ではなく、人造兵器である事等重い設定もありますが、
剣の柄が勃起したチン○だったり、それを握って美少女が戦ったりと…
設定が(ノ∀`)アチャー過ぎて涙が出るわwwww
キャラクター達は、ヒーロー好きだったり、オタクだったりと残念な部分が見受けられますが、
個性的だし、キャラが立っていてとっても印象深いですねー
特に、親友の清十郎は…外見はヲタクなのですが、とっても良い奴なんですよね。
ギクシャクしている博典と椿の橋渡し役をしたりと、カッコイイ部分もあります。
まぁ、普段はヲタクそのものなのですが(;^ω^)

強大な力を持つ異形の怪物に対抗する為に、
椿の"武器"として"自身"を奮い立たせる勃たせなければならない博典。
チン○を勃たせて、勃起したチン○を握らせて戦う…
とんでもなくセクハラチックな展開が目白押しだった第1巻でしたw

※ 暴発もあるよ!
Tinso_01_013

射○もあるのかよ!!wwwww