「ハニートーチカ」第1巻のレビューです。

続きはこちら(※ ネタバレを含みます)

↓ ↓ ↓ ↓ ↓




















「ハニートーチカ」第1巻 書籍情報

乙女のあんよを優しくコーティングする「聖衣」…
それはパンスト・タイツ・ストッキング。
この三種の神器を身にまとう美脚姉妹が織りなす究極フェチズム開幕!

※ 出版社書籍情報より引用


ハニートーチカ_01_002

長女・アツミ、次女・リナ、三女・チユの三人は、
パンスト・タイツ・ストッキングがよく似合う、可愛い三姉妹。
そんな中、タイツが大好きな末っ子のチユが男子から告白され…
こんな感じに始まります。

ハニートーチカ_01_003

学年でもトップクラスのイケメンに告白され、ちょっと舞い上がっちゃうチユ。
しかし、彼女は穿いているストッキングが蒸れて臭っている?!とヤキモキしていた。
その事に対してコンプレックスを抱いていたが、そんな彼女に対してそのイケメンは…

ハニートーチカ_01_004

2

変態じゃねーか!w

そう、彼は蒸れた黒タイツから香る馨しい匂いに正気を失い、
彼女の脚をクンカクンカし始めちゃいます…つまり、匂いフェチなのかwww
チユにとってはコンプレックスそのものですが、彼からすると…フローラルのような素晴らしい香り…
結構、お似合い…かと思ったけど、コンプレックスを更に酷くしちゃうかも知れんね(;^ω^)
まぁ、この後…顔面に蹴りを入れられて(ご褒美)KOされていましたが…www

ハニートーチカ_01_005

この作品は、書籍情報にもありますが…ストッキング、パンスト、タイツを主とした作品です。
さっき、災難にあったチユは黒タイツが大好きな女の子。
姉達から、蒸れるのを気にしているのなら黒タイツを止めれば良いのにと言われますが、
可愛いから止められないと…確かに黒タイツって脚が綺麗に見えて、視線が行っちゃう時ありますねー
黒色でガッチリと太腿や脚をガードしているけれど、そこはかとない魅力もある…うーん、良いね!w

ハニートーチカ_01_007

作中ではパンストの上手な選別&穿き方講座等もあります。
サイズ、色、ヌードトゥなどのつま先部位、上手な穿き方など…
男には絶対に縁がないストッキング講座…うーむ、こだわりを感じますね。
女子に聞くと、穿く時は本当に気を使うらしいですね…伝線とか細心の注意をするそうです。

ハニートーチカ_01_008

黒タイツと違って、透明感があるパンスト…
いつも黒タイツを穿いているチユがパンストを穿いている事に、
学校の男子達は大興奮しちゃっていましたねw

ハニートーチカ_01_009

まぁ、太腿が黒タイツよりも透けて見えるからしょうがないよね!!w
と、言うか…可愛いクラスの女の子がちょっと変わっただけでも、男子は興奮しちゃうんですよ…単純だからw
黒タイツには色香と言うか…艶っぽさを感じるけれど、
パンストには太腿の魅力がそのままダイレクトに伝わって来るエロスがあるよね!
まぁ、個人的にはタイツとストッキングの中間であるシアータイツも好きだけど。

ハニートーチカ_01_012

女子の脚を覆い、その魅力を存分に引き出すタイツ、ストッキング、そしてパンスト。
フェチ成分タップリで展開する、女三姉妹の日常…
それはとっても馨しき香りが漂って来そうな位に濃厚!
ノーパンストッキング、コスプレ等もあり…もう、そのストッキングへダイブしたくなるぅうぅ!(ぉ

ハニートーチカ_01_006

とにかく、艶っぽくてムッチリな脚の描写がタップリ描かれていますので、
脚フェチの紳士には堪らない内容となっています。
知らなかったタイツ(フェイクオーバーニー等)や、穿き方講座もあったりして、
オッサンの管理人からすると、全てが新鮮でしたねー…やっぱストッキングとかって良いよね…(*´Д`)ハァハァ

ムンムンと蒸れた馨しき香りや美脚を更に美しく艶かしく描いていて…
脚に対する拘りをビンビンと感じた…そんな第1巻でした。

※ 足コキw
ハニートーチカ_01_010

これは…ふぅ(ぇ