「大蜘蛛ちゃんフラッシュ・バック」第2巻のレビューです。

続きはこちら(※ ネタバレを含みます)

↓ ↓ ↓ ↓ ↓





















「大蜘蛛ちゃんフラッシュ・バック」第2巻 書籍情報

相変わらず僕の脳裏にフラッシュ・バックする母さんの高校時代。
父さんの大蜘蛛ちゃんへの想いが積み重なって、僕はますます母さんのことを──。
そんな中、母さんも高校で所属していた漫画研究会のヤンチャ女子・一(にのまえ)が、
僕を入部させようといつも誘ってくるんだ。
絵も描けない僕をどうしようっていうんだろう!?
そんなこんなで、僕はエキセントリックな毎日を送っています。

※ 出版社書籍情報より引用


さて、「大蜘蛛ちゃんフラッシュ・バック」第2巻のレビューです。

大蜘蛛ちゃんフラッシュバック_02_003

夢の中で亡くなった旦那さんと再会、そしてキス…
かつての甘い思い出に、お母さんもちょっとしんみりとしていましたね。
でも、夢の中とは言え…愛している夫と出逢えてホントに良かったですよね。

大蜘蛛ちゃんフラッシュバック_02_004

しかしまぁ、このお母さん…ホントに可愛いんですよねw
ベッドまでどうやって運んだのか?を興味津々に聞いて来たり、
お姫様抱っこされて息子の成長に歓喜したり…息子の方はそれどころじゃないんですよ!w
(お母さんが)可愛くて目眩がするって…どんだけだよ、息子よ!!www

大蜘蛛ちゃんフラッシュバック_02_005

酔っ払っていた綾さんは、第1巻で実にキスをしようとしていましたが、
その事実を伝えると…キスすればいいのにとあっけらかんとした回答がwww
どうも、実くんは…幼少期でとんでもないキス魔だったらしく…
隙あらば、お母さんにチューをしまくっていたようです…これは恥ずかしいwww
こんなん聞いたら、息子としては恥ずかしすぎて死にたくなるわwwwww

大蜘蛛ちゃんフラッシュバック_02_007

まぁ、お父さんも…お母さんとのファーストキス後に鼻血噴出していたようですがw
この時の惚気大全開のエピソードを見てしまった実も…鼻血出そうになっていましたな(;^ω^)
蛙の子は蛙…って感じでしょうか?w

大蜘蛛ちゃんフラッシュバック_02_008
大蜘蛛ちゃんフラッシュバック_02_009

第1巻でもありましたが、第2巻でもブルマとかスク水とかのエピソードが多めでしたw
かつて、お母さんがお父さんにブルマ姿の君が一番好きと言われたりしていましたが…
その告白はどうなんだwwww でも、お母さんの方も満更ではなかったようで…
お父さんが描いた下手な絵を照れながらも没収して永久保存すると言ったり…惚気全開じゃねーか!w
息子に対してのフラッシュバック…惚気ばっかりとかいい加減にしてあげて下さいwwww
で、第1巻ではブルマ姿の綾さんが登場しましたが、第2巻では…

大蜘蛛ちゃんフラッシュバック_02_010

母ちゃんwwwww

襖を開けたら、母がセーラー服を来てポーズを取っていたwww
仕事の為…って言っていたけれど、結構楽しんでね?w
しかしまぁ…可愛いよね、綾さんのセーラー服姿w

大蜘蛛ちゃんフラッシュバック_02_015

つか、実くんの天然セクハラっぷりが止まらなかったですなw
お母さんと一(にのまえ)ちゃんのブルマ姿が似ているとか…お前は何を言っているんだw
でもまぁ、興奮すると暴走しちゃうとか、体型とかは似ているよねー…
ん?って事は…一ちゃんも大人になれば…(゚A゚;)ゴクリ

大蜘蛛ちゃんフラッシュバック_02_013
大蜘蛛ちゃんフラッシュバック_02_014

個人的に好きなエピソードは、綾さんが旦那さんである治に決定的に惚れた回かな。
飛ばされて水溜りに落ちそうになった原稿を、身を挺して守った治。
原稿を手渡された時の綾さんの嬉しそうな顔…アレは恋をした女子の顔でしたね。
そして、トラックの泥跳ねから全身泥だらけになりながらも、母親を守った実…
過去と現在が交差して、綾さんは思わず息子を抱きしめちゃいます。
二十年経っても、綾さんの笑顔は変わらない…母親に惚れちゃっている実の心は揺れ動きまくりでしたね…

大蜘蛛ちゃんフラッシュバック_02_012

かつての父親の視線から来るフラッシュバックと、現在との交差…
父親の記憶を通じて、息子の実は母親への想いを募らせまくりでしたね。
とにかくね、母親の綾さんがホントに可愛いんですよね…アレは惚れてもしょうがないわw
嬉しそうに息子の成長を喜んだり、守られて息子をギュッと抱きしめたり…
その綾さんの言動や行動にドキドキし、フラッシュバックで更にドキドキ…実くん、よく我慢しているよなw
そんな中、一(にのまえ)さんのブルマ姿に顔を赤らめたりと、
思春期の男の子らしい一面も見せてくれましたねー…まぁ、母親と比較していましたが(;^ω^)
つか、父親も息子も…お母さんのお尻が好きって…確かに安産型の良いお尻ですけどw

フラッシュバックによる、かつての惚気っぷりを見せられまくって、
ヤキモチ風の羨ま地団駄を踏みまくりだった実。
交差する記憶、弾け飛びそうになる理性…
記憶と日常が絡み合う、甘酸っぱさタップリな描写に、悶絶極まること必至…そんな第2巻でした。

※ パンツです!
大蜘蛛ちゃんフラッシュバック_02_011

先輩…何しているんですかw
つか、一ちゃん止めてwwww