「踏切時間」第4巻のレビューです。

続きはこちら(※ ネタバレを含みます)

↓ ↓ ↓ ↓ ↓


















「踏切時間」第4巻 書籍情報

【踏切】とそこで足止めされる女の子たちを描くオムニバス日常ショート。
カンカンをBGMに繰り広げられる小宇宙なドラマの数々。
黒タイツを配る僧侶に絡まれるちょいギャル女子高生や
踏切を挟んだ二人の女子高生が車窓に見せた恥劇など、
今回もバリエーション豊かな踏切話満載。踏切好きじゃなくても楽しい「オール踏切」第4弾!!

※ 出版社書籍情報より引用


さて、「踏切時間」第4巻のレビューです。

踏切時間_04_002

踏切前で繰り広げられるドラマ…
第4巻冒頭では、タイツに拘る糞坊主が登場w
JKの前に現れて、持って来たタイツを穿けとか…完全に事案だろww
理想は60デニールのタイツとか、この世のJKにタイツを穿かせたい発言とか…
生臭坊主にも程があるだろwww
しかも、この坊主…

踏切時間_04_003

変態だー!!!www

ふんどしの上にタイツwwww
タイツに謝れ!!!wwwwwww

踏切時間_04_004
踏切時間_04_007

第4巻では、尿漏れしそうになる少女や、いつものポエマーJK等…
今回も個性豊かなキャラが踏切に大集合していますなw
つか、ポエマーさんは今回ラッパーに挑戦w
踏切の警報音「カンカンカン♪」に合わせてラップを刻む…面白過ぎるわ!w
その上、何故か片桐且元が登場するとか…腹抱えてワロタwww

踏切時間_04_005

第3巻から登場した男の娘?のような男子部員も登場します。
何と言うか…何なんだよ、この何とも言えない色気はwwww
腫れてしまった生腿を見せたり、押し倒してしまって涙目で謝って来たり…
…もうね、男の娘でも良いから、押し倒してあげたくなっちゃうね!!
でも、アレは結構なモノを持っているようで…逆襲されたら…アッー!!
そして、傍らでは勿論…

踏切時間_04_006

やっぱりいたwww

血走った眼が怖いよ!!wwww
部活中ぐらい自重してwwwww

踏切時間_04_009

第4巻でお気に入りなのは、「踏切のある駅にて」かな。
小さい頃に引っ越して行ってしまった親友。
主人公は高校生になり、同じ駅に佇んでいるとそんな彼に声を掛けて来る女の子がいて…
こんな感じに始まります。

踏切時間_04_010

まぁ、別れた親友の褐色男子…ではなく、女の子だった訳ですがw
いつも男の子のような恰好をしていたので、相手が異性だとは微塵にも思っていなかったので…
かなり可愛く成長した彼女にドキドキが止まらない主人公w
いやぁ…女の子は変わるんですよ…色々と。

踏切時間_04_011

小さい頃にやっていた友情のしるしをやって来るタカミちゃん。
しかし、今の彼女は胸もあり…それは流石に恥ずかしがる主人公w
まぁ…恥ずかしがるのも分かるよね…おっぱいを押し付け合うのは流石に(;^ω^)

踏切時間_04_012

中身は変わっていないのに、外見は可愛くなっている…そんな彼女にドキドキが止まらない主人公。
同じスポーツセンターに通っている事もあり、帰りは駅で色々を駄弁る2人。
3年生にあるまで、部活動での悩み等を語り合う2人…
悩む彼女を誘って何処かに遊びに行こうと思う主人公だが、もう一歩が踏み出せない。
部活動を引退したら、また出逢えなくなってしまうかも知れない…いや、もう会えなくなる。
何か言わないと…しかし、その勇気が出ない。
その何とも言えないもどかしさがホントに…モヤモヤしますなぁ!!
ラストシーンは、ホントに…ホントにウルっと来ますよ…
止まりかけていた2人時間が再び動き出すシーンは、ホントに感動しましたわ( ;∀;)

踏切時間_04_013

踏切の前で展開される華開く人間模様。
コミカルだったり、シリアスだったり、ドキドキしたり、もどかしかったり…
カンカンカン♪と警報音が鳴り響く中で綴られるドラマは、ホントに面白いの一言。
じんわりと後追いのように笑いが込み上げて来る…そんな感じかな。

ゆったりと、そしてジワジワと笑えて感動する珠玉な踏切ストーリーが綴られていた…そんな第4巻でした。

※ (ノ∀`)アチャーw
踏切時間_04_008

パンツ丸出しな上に、電車に向かってお尻ぺんぺん…
華の女子高生が何をしているんですかwww