「化物語」第1巻のレビューです。

続きはこちら(※ ネタバレを含みます)

↓ ↓ ↓ ↓ ↓




















「化物語」第1巻 書籍情報

【 西尾維新 × 大暮維人 】!!!
阿良々木暦を目がけて空から降ってきた女の子・戦場ヶ原ひたぎには、
およそ体重と呼べるようなものが、全くと言っていいほど、なかった――!?

アニメ化・ゲーム化など多数のメディアミックスを果たした西尾維新の代表作『化物語』を、
『エア・ギア』の大暮維人が豪華漫画化!!
現代青春ノベルの金字塔を世界一の絵で!
「週刊少年マガジン」にしかできない最高最興奮の新しい“物語”!!

※ 出版社書籍情報より引用


さて、この単行本は、
アニメなど多数のメディアミックス展開した「化物語」のコミカライズ作品です。

化物語_01_003

第1巻のヒロインは…原作通り「戦場ヶ原ひたぎ」です。
いやぁ…この無数の文房具…懐かしさにちょっと涙が出たわw
学校では学業トップクラスの才女であるひたぎ。
無表情で儚げな美貌、触れれば折れそうな嫋やかで線の細そうなイメージ…
学校では「病弱深窓令嬢タイプ」とされている女の子。
同級生や教師とは、ほとんど会話せず、ずっと一人で読書をしている。

化物語_01_004

ひたぎは中学時代、陸上部のスターで…今とはまるで違うと同じ中学だった羽川翼は語る。
確かに…今はクールで儚げ極まるって感じですからね…
昔を知っていなければ、想像すらしないでしょう…彼女がスポーツ少女だったってのは。

化物語_01_005

そんなひたぎに興味を持った阿良々木暦だったが…
ひたぎはカッターを彼の口の中にぶち込みつつ…警告を発する。
…つか、怖ぇえよ!!!((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル
口の中に刃が出たカッターをぶち込まれるだけでも恐怖なのに、
ひたぎさんの罵倒、そして表情がまた…「動いても良いけどとても危険よ」と無表情で警告するとか…
管理人だったら速攻で失禁しちゃうそうだわ…w
やっぱ、このツンドラっぷり…ひたぎさんの魅力ですわな!

化物語_01_007

口の中にカッターをぶち込まれたり、ホッチキスで唇を綴じられたり…
阿良々木くんは痛い目に逢いまくっていますが、
彼は興味本位のみでひたぎに近付いた訳ではありません。
2年間、阿良々木と同じく「異能」と戦って来たひたぎの力になりたいと思い、
彼は再びひたぎの所へ向かいます。
阿良々木くんは2週間、でもひたぎは2年間…そりゃ気になりますよねぇ…

化物語_01_008

原作を知っている人はご存知の通り…
戦場ヶ原ひたぎは蟹に行き遭った少女。
「蟹」に行き遭い、その鋏によって「体重」を根こそぎ持って行かれてしまった。
身体中に文房具を仕込んでいるのは、要するにバラスト代わりです。
体重がなければ…強風で吹っ飛ばされてしまいますからね。
つか、受け止められた時のひたぎさんの照れ顔…貴重過ぎて鼻血が出たわ(*´Д`)ハァハァ

化物語_01_012

こうなってしまった経緯は…全ては語りませんがとにかく胸糞の一言ですね。
「蟹」が断ち切ったのは、彼女の体重だけではなく…そりゃ空虚になるわ。
トラウマ級なんてモンじゃない経験を中学時代にして、信じられる存在が皆無になってしまった…
グレてもおかしくないわ…あ、凶暴にはなったか?(;^ω^)

化物語_01_011

個人的に、ちょっと阿良々木くんと打ち解けた後のひたぎさんがお気に入りかなw
悪戯っ子っぽく、阿良々木くんを毒舌を交えて揶揄う…色仕掛けもあって、
管理人は(*´Д`)ハァハァが止まりませんわ!!
裸でスレンダーな身体を惜しみもなく見せたり、穿く下着の色を連呼したり、
下着姿を見せちゃったり…何なんだよ!!このご褒美の連続は!www
照れながらも感想を言えとか…無茶振りにも程がある!www
つか、阿良々木くんよ…流石に「おっぱいイイカタチしてるね」はどうかと…(;^ω^)

化物語_01_014

断ち切られた体重、断ち切った○○との絆…
普段はクールなひたぎが抱える、闇が深すぎる「オモイ」
重厚極まる&繊細かつコミカルさもあるキャラ描写と相俟って、
深く深く読み入ってしまう魅力がタップリですね…思わず、原作アニメを再度見ちゃったw
とにかく、ひたぎさんのクールっぷり&容赦ない罵倒…懐かし過ぎて思わず涙がw
その中で、時折見せてくれるデレ表情の破壊力よ…何回悶絶した事やら…(*´Д`)ハァハァ
あらゆる手段を講じて阿良々木くんを罵倒しまくる姿は…もっともっと!!って思っちゃう破壊力w

懐かしさに思いを馳せながらも、新たな魅力がタップリ詰め込まれている…そんな第1巻でした。

※ た、タマランっっ!!
化物語_01_015

もっと…もっとぉぉおおおぉぉぉおお!!!(*´Д`)ハァハァ(*´Д`)ハァハァ(*´Д`)ハァハァ(*´Д`)ハァハァ