「ド級編隊エグゼロス」第4巻のレビューです。

続きはこちら(※ ネタバレを含みます)

↓ ↓ ↓ ↓ ↓



















「ド級編隊エグゼロス」第4巻 書籍情報

キセイ蟲の潜伏場所でエグゼロス・トーキョー支部の紫子と萌萎の2人に遭遇した烈人。
チャチャを駆除しようとする彼女達から勝負を持ち掛けられた烈人は、
紫子の過激な攻めにHネルギーが暴発寸前に──!?

※ 出版社書籍情報より引用


さて、「ド級編隊エグゼロス」第4巻のレビューです。

エグゼロス・トーキョー支部の紫子と萌萎の2人と出会った烈人。
彼女達はキセイ蟲であるチャチャを駆除しようとするが、
それを阻止しようとするも、彼女達から勝負を持ち掛けられて…こんな感じに始まります。

ド級編隊エグゼロス_04_002

HEROらしくHネルギーで勝負…って事は、当然…エロい事になるわけでw
ノーパンの紫子から両足で頬を挟まれ…アソコが丸見え状態になる攻め…ご褒美じゃねーか!w
何とか回避しようとするも、Hネルギーが高まった紫子からは逃れられない。
そればかりか、烈人のHネルギーも反応し始める…まぁ、健康的な男の子だからね、しょうがないw

ド級編隊エグゼロス_04_003

しかし、一方的に攻められていた烈人だが…チャチャの介入で形勢逆転。
Hネルギーを高める能力により…暴発寸前だった烈人のHネルギーが解放されてしまい…
まずは、萌萎を耳舐めや乳攻めによって陥落させちゃいます♥
何だかんだ言って、Hネルギーの潜在能力はサイタマ支部でピカ一ですからねw

ド級編隊エグゼロス_04_004

かつて、多感症(全身が性感帯)で悩んでいた紫子。
そんな彼女を救ったのはHネルギーを駆使して戦うエグゼロス。
しかし、そのせいで…今度は不感症となってしまい…フラストレーションが溜まっていた。
戦いは勿論…全てに置いて無気力になってしまった彼女…
しかし、ビーストモードとなった烈人はそんな彼女を夢中にしちゃいます。
久しぶりの身体の昂りに大興奮しちゃいますが…
あの時のシーンはお臍だったのね…てっきり〇〇かと思った(;^ω^)(;^ω^)(;^ω^)

ド級編隊エグゼロス_04_005

それからの紫子は…これまでの強気モードはどちらやらな恋する少女になります。
烈人の通う学校を制服のみでサーチするわ、精力が付きそうな超絶美味なお弁当を作って来るわ…
粗暴なギャルかと思ったら、中身はかなりの乙女と言うか…可愛いですねw
こういうギャップ萌え…イイよイイよー♥

ド級編隊エグゼロス_04_006

そして、それに対してちょっと妬いちゃう雲母もまた可愛いねぇ…
しかも、少女時代の小悪魔雲母が登場し、彼女を煽りまくりますw
幻覚…と言う事ですが、これは彼女の心に眠っている本性なのでは?ww
「黒雲母」と名付けられていますが…
彼女が雲母にとってキーになるかも知れませんね…主に烈人関連やHネルギーに関しては。

ド級編隊エグゼロス_04_008

まぁ、ビーストモードとなった烈人に(^ω^)ペロペロされちゃいますがw
つか…雲母の方もワザとお風呂で遭遇を画策したりとか…この娘も大概…(;^ω^)
紫子に烈人が取られてしまう?!の危機感からの行動ですが、
こういう不器用で素直になれない所…嫌いじゃないわww
まぁ、この後…しっかりと烈人は鉄拳制裁を喰らっていましたが…w

ド級編隊エグゼロス_04_009ド級編隊エグゼロス_04_010
ド級編隊エグゼロス_04_011ド級編隊エグゼロス_04_012

第4巻でもエッチなお約束がてんこ盛り♥
特に銭湯でのHネルギー検診では、裸体裸体裸体のオンパレードぉ!!
しかも、烈人は検診員(美人)の前でエロい気分にならなきゃいけないと言う…
何とも言えないご褒美プレイをしていますたwww
恥ずかしがっていた彼でしたが…女湯側は透けて見えたのを見ると…
サイタマ支部№1のHネルギー力を発揮wwww 何と言うか…ホントにコイツは(;^ω^)

ド級編隊エグゼロス_04_015

個人的にお気に入りなのは、宙ちゃんのニュー衣装お披露目かな。
XEROスーツのデザインを任された烈人だが…ひょんな事からチャチャと入れ替わってしまう。
新しいスーツと聞いて目を輝かせる宙ちゃんですが…いつもとテンションがまるで違うw
そんなこんなで家に戻る2人(烈人はチャチャ状態w)だが、
宙ちゃんはスーツの事は内緒にして欲しいと言う。
みんなに似合うスーツを考えて驚かせたいと語る…何か気持ちは分かるなぁ。
で、雲母がお菓子作りをしている所に行くと…

ド級編隊エグゼロス_04_013
ド級編隊エグゼロス_04_014

烈人、そこ代われwww

スカートの下からパンツを眺める…これ、男の夢やん!!!
しかも、白濁液塗れ(クリームですw)の女の子二人に股間サンドイッチ…
頼む…頼むから、一回で良いから代わってくれぇええぇえ!!!(*´Д`)ハァハァ

ド級編隊エグゼロス_04_016

トーキョー支部からの襲撃や、エッチなHネルギー診断等…イベントも盛り沢山でしたが、
やはり雲母の揺れ動く心と本心がメインだったって感じかな。
幻覚である黒雲母に後押しされ、恥ずかしながらも烈人を意識して行く…
彼女が掲げる最終目標に到達出来るかどうかは…雲母がどれだけ素直になれるか?でしょうね。
烈人の方は、ちゃんと想い続けている訳ですし…まぁ、紫子等からの誘惑も激しいけどw

さて、この第4巻にて序章がコンプリートのようです。
次巻である第5巻から、本格的に物語が動くようですが…果たしてどうなるのか。
雲母を始めとするエグゼロス達の裸&おっぱい、そして股間…
バッチリ見えたり、見えそで見えなかったり…
次巻から始まる新たな展開(エロス)に期待(序に股間)が膨らみまくる…そんな第4巻でした。

※ アカンw
ド級編隊エグゼロス_04_007

エッロ!!!
しかし、この後の烈人の返信が酷いwww