「ちょっぴり年上でも彼女にしてくれますか?」第1巻のレビューです。

続きはこちら(※ ネタバレを含みます)

↓ ↓ ↓ ↓ ↓















「ちょっぴり年上でも彼女にしてくれますか?」第1巻 書籍情報

「27歳乙女 x 15歳男子高生」の甘々ラブコメ!

『八雲さんは餌づけがしたい』の著者・里見U絶賛!!
「女子高生で巨乳で27歳のお姉さん! 超ドストライク!! 可愛すぎてちょっと嫉妬です。」

「私とデートしてくれませんか?」
男子高校生・桃田薫はある日、電車で痴漢に遭っていた女子高生・織原姫を助ける。
その後、二人は互いに惹かれ合い恋に落ちていくのだが、突然、彼女が告げる!
「……私、本当は、27歳なの」好きになったJKの正体は、27歳のお姉さんだった!!
可愛すぎる奇跡の年上女子と真っ直ぐな男子高校生による
年の差・純愛・甘々ラブコメディー第1巻!

※ 出版社書籍情報より引用



ちょっぴり年上でも彼女にしてくれますか?_01_002

男子高校生の主人公・桃田薫はある日の通学時に見た女の子に目を惹かれる。
そんな彼女が電車で痴漢の被害を受けているのを見て、薫は身を挺して彼女を救う。
そして、彼女から救ってくれたお礼をされ、
益々彼女の魅力に虜になる薫だが…こんな感じに始まります。
このJK…織原姫はとにかく可愛くて…そしておっぱいが大きいですね!
そりゃ目を奪われちゃうよね…色々な意味で!!(*´Д`)ハァハァ

ちょっぴり年上でも彼女にしてくれますか?_01_003

そんな彼女と放課後デートをする事になる薫ですが…
「マジ卍」っていきなりどうしたのよwwww
そのワード…今のJKはあまり使わないと言うか、死語に近くね?w
何かにつけて「マジ卍」って言っておけば、コミュニケーションが成立すると思っていた姫さん…
狼狽する姿はかなり可愛いけれど、この時点で「ん?」って感じ始めた管理人w

ちょっぴり年上でも彼女にしてくれますか?_01_006

放課後デートや休日デートなど…会う度に彼女の魅力の虜になって行く薫。
可愛くて、ちょっとミステリアスで…楽しい彼女とのデートをしている内に、
彼女への恋心が昂り…ついに告白をする薫。
しかし、薫はフラれてしまいます…涙を流しながらをしながら彼の前から立ち去る姫さん。
あんなに楽しくデートをしていたのに、この結果…これはトラウマになるわ( ;∀;)
そして、後日…その姫さんから呼び出されて、その場に現れたのは…

ちょっぴり年上でも彼女にしてくれますか?_01_007

本当は27歳のOLでしたw

えーっと…つまり、なんちゃってJKって事?!
これは衝撃的過ぎるわ…(;^ω^)
姫さんは、久しぶりに会ったJK時代の友人から発言により
酔っていた勢いもあって制服を着てしまう。
そして、一旦スーツに着替えに家へ戻る途中で…薫と出逢った訳です。
趣味とかではなく…他意も無くコスプレをしていたって感じですかねw

ちょっぴり年上でも彼女にしてくれますか?_01_005
ちょっぴり年上でも彼女にしてくれますか?_01_009

でもね…この姫さん、マジでちょっと一緒に呑みたいわw
レトロゲームの事で一喜一憂する姿は、可愛過ぎるwww
そういえば、正体を明かす前も「ゲームキューブ」とか言って自爆しそうになったし、
思春期をロックマンエグゼに捧げたとか(ノ∀`)アチャーな事をカミングアウトしたり…
色々とお話したいですねー…マジで盛り上がりそうだし、楽しそうw
まぁ、彼女は学生時代にコンプレックスを持っているようですが…

ちょっぴり年上でも彼女にしてくれますか?_01_011

一旦はフラれるも…彼女の嗜好を知ろうと、
過去のゲーム機を買って、彼女が好きだったロックマンエグゼをプレイし、
彼女の気持ちを少しでも知ろうと頑張る薫。
一回りも違う年齢差や周りの偏見…
それらから彼女を守る「覚悟」を語る彼はマジでカッコいいです。
そして、かつて彼女が語った大人の告白シチュエーションで改めて告白をする薫…
自分の力不足、真っ直ぐな恋心…彼女の王子様になりたい為に、
持てる限りの誠意を持って告白をする姿…やっぱり恋の力は強いわ!

ちょっぴり年上でも彼女にしてくれますか?_01_010

でも、ロックマンエグゼを語られる時の嬉しそうな姫さんの表情…ホントに好きw
ホントに青春を捧げていたんだね…ってのが分かりますわw

ちょっぴり年上でも彼女にしてくれますか?_01_012

出会いは偶然だったけれど、一目見てから彼女の虜になった薫。
例え、彼女が一回り年上の女性でも、その想いは不変…
彼の「覚悟」と「恋心」の強さに、とにかく敬服しちゃいますねー
そして、姫さん…バリバリのキャリアウーマンって感じですが、
過去のゲームを語られて嬉しそうにしたり、無理してJK語を使って自爆しそうになったり…
ちょっと残念な所も垣間見えますけど、結構好きですわ、こういう女性w

ようやく出逢えた「お姫さま」との恋路を歩み始めた薫。
まだまだ壁はありそうだけれど、彼の「覚悟」があれば…大丈夫だと信じたい。
始まった2人の純粋な恋…何とも応援したくなっちゃうこと必至な第1巻でした。

※ お、おうw
ちょっぴり年上でも彼女にしてくれますか?_01_008

力説するポイントがズレてるだろwww