「COMIC E×E (コミックエグゼ) 」第18号のレビューです。

続きはこちら(※ ネタバレを含みます)

↓ ↓ ↓ ↓ ↓



















「COMIC E×E (コミックエグゼ) 」第18号 書籍情報

淫欲と高貴の意欲誌『COMIC E×E18』は平成最後の特別装丁版‼
最新単行本『年下しんどろ~む』が本誌と同日発売となるエロかわ作家“たかやKi”先生の、
イラスト&秘蔵ラフ集『Lips Syndrome』が特別付録に登場‼
たかやKi先生の描く美麗イラストの数々をノートリミングで収めた他、
ここでしか見られない秘蔵ラフや、お蔵出し初出イラストも掲載♪
ファンのみならずの必携アイテムに仕上がっております!

※ 出版社書籍情報より引用


さて、「COMIC E×E (コミックエグゼ) 」第18号のレビューです。
執筆作家陣と作品名は以下の通りとなります。

COVER ILLUSTRATION
たかやKi

E×Ellent Selection Vol.18
ななお
水平線
ヘリを
ねいさん
コノシロしんこ

E×Ellent Gallery
ピロ水「SiStart!」
粉山カタ「不可能なぼくのすべてを」

COMIC
みな本「climb hips!」
柾見ちえ・加神サキ「銀杏荘のかくしごと」
ヘリを「図書室を閉めてから」
日吉ハナ「双璧のケモノ」
ゆずしこ「恋とバカとから騒ぎ」
TNSK「×(かける)ちゃんがイく!!」
黒越陽「となりの乙女さん」
文雅「only you」
久川ちん「オタクで陰キャの俺に何故かグイグイ来る女の子が居る件」
なしぱすた「電車のナカで」
緋月アキラ「欲望のパンドラ」欲10望
さいもん「Little My Maid -second half-」
常磐緑「へべれけエンカウント」
だいじ「探偵、湯煙に綻ぶ!」
Xin「clear colors」
コロツケ「都合のイイお局体育教師♀」
はらいた「ナイショの性癖」
らっこ「助っ人参上!!ダブルヘッダー & 助っ人参上!!プレイボール!」
IAPOC「ネツレツ!?な瞳」
鈴音れな「羽が消えた天使」
秋「センセイのペット」
むねしろ「金欠ビッチのタマキちゃん」
神代竜「After School LOVRDOLL」
まりりん「二人きり、オカ研の学園祭」
和馬村政「窓越しのキミへ」
しらたまよもぎ「お願いっ 応えて!」
袁藤沖人「乙姫ダイバー」第10話


以上となります。
さて、第18号の内容は…


エグゼ_18_001
たかやKi

エグゼ_18_002
ななお

エグゼ_18_003
水平線

エグゼ_18_004
ヘリを

エグゼ_18_005
ねいさん

エグゼ_18_006
コノシロしんこ

エグゼ_18_007
ピロ水「SiStart!」

エグゼ_18_008
粉山カタ「不可能なぼくのすべてを」

エグゼ_18_009
みな本「climb hips!」

エグゼ_18_010
柾見ちえ・加神サキ「銀杏荘のかくしごと」

エグゼ_18_011
ヘリを「図書室を閉めてから」

エグゼ_18_012
日吉ハナ「双璧のケモノ」

エグゼ_18_013
ゆずしこ「恋とバカとから騒ぎ」

エグゼ_18_014
TNSK「×(かける)ちゃんがイく!!」

エグゼ_18_015
黒越陽「となりの乙女さん」

エグゼ_18_016
文雅「only you」

エグゼ_18_017
久川ちん「オタクで陰キャの俺に何故かグイグイ来る女の子が居る件」

エグゼ_18_018
なしぱすた「電車のナカで」

エグゼ_18_019
緋月アキラ「欲望のパンドラ」欲10望

エグゼ_18_020
さいもん「Little My Maid -second half-」

エグゼ_18_021
常磐緑「へべれけエンカウント」

エグゼ_18_022
だいじ「探偵、湯煙に綻ぶ!」

エグゼ_18_023
Xin「clear colors」

エグゼ_18_024
コロツケ「都合のイイお局体育教師♀」

エグゼ_18_025
はらいた「ナイショの性癖」

エグゼ_18_026
らっこ「助っ人参上!!ダブルヘッダー & 助っ人参上!!プレイボール!」

エグゼ_18_027
IAPOC「ネツレツ!?な瞳」

エグゼ_18_028
鈴音れな「羽が消えた天使」

エグゼ_18_029
秋「センセイのペット」

エグゼ_18_030
むねしろ「金欠ビッチのタマキちゃん」

エグゼ_18_031
神代竜「After School LOVRDOLL」

エグゼ_18_032
まりりん「二人きり、オカ研の学園祭」

エグゼ_18_033
和馬村政「窓越しのキミへ」

エグゼ_18_034
しらたまよもぎ「お願いっ 応えて!」

エグゼ_18_035
袁藤沖人「乙姫ダイバー」第10話


豪華絢爛極まれりな性宴祭♥

たかやKi氏による小悪魔キュートな表紙から始まり、
ななお氏、水平線氏、ヘリを氏、ねいさん氏、コノシロしんこ氏による美麗求精カラーイラスト、
肉感ダイナマイツな桃尻オーディション、突如現れたダークエルフの性的実践、
図書準備室で魅せるおっとり先輩の溢れんばかりの性欲等…
甘く切ないエロスから、欲望溢れる肉欲エロスまで…あっつあつの性淫模様がタップリです♥
快感で乱れ狂うように喘ぎ弾けまくるヒロイン達の痴態にシコが捗りまくりぃ!!

LipsSyndrome_001

で、付録のたかやKi氏による小冊子「Lips Syndrome」のご紹介です。

LipsSyndrome_002
LipsSyndrome_003LipsSyndrome_004
LipsSyndrome_005

雑誌や単行本の表紙絵、描き下ろしイラスト、HOT MILKで掲載されていたコミック、
ラフ画、そしてお蔵出しのイラスト等…付録にしては豪華極まれり!って感じなのですがw
全ページがフルカラーで収録されていて、たかやKi氏が描くエロキュートな女の子魅力が、
タップリと詰め込まれていて…この一冊だけでも思う存分楽しめシコれます♥

エグゼ_18_036

で、今号でピックアップするのは…
さいもん氏「Little My Maid -second half-」を紹介したいと思います。
メイドの司城杏莉の優しくて一緒に遊んでいた頃の夢を見る主人公。
そんな彼女と躾と称するエッチをし、その温もりを覚えていたが…こんな感じに始まります。

エグゼ_18_037

あんな形でのエッチを望んでいた訳ではない主人公は謝ろうと杏莉を探す。
そんな彼女は厨房で笑顔満面で主人公のお弁当を作っていた。
いつもは厳しくて、表情も怖い杏莉ちゃんですが…この時の彼女はとっても可愛いねw
でも、昨日(性的な意味で)頑張ったからと、精のつくものを沢山入れなきゃねー♥って…
エロ可愛いにも程があるだろぉおおおぉおお!!(*´Д`)ハァハァ(*´Д`)ハァハァ

エグゼ_18_038

本当は主人公の事を誰よりも想っているが、いつも酷い態度で突き放していながら、
そのくせお弁当作り等を止められない…自分勝手でサイテーだと感じている杏莉。
もうこんな事は全部止めないと…と、涙する。
あの大好きだった杏莉の笑顔を幻にしない為に、主人公は杏莉を後ろからギュッと抱きしめる。
いやー…ここで抱きしめないと男じゃないよね!!

エグゼ_18_039

後ろから抱きしめながら、アソコや胸を愛撫し始める主人公。
最初は抵抗しているモノの…そんな抵抗は突っ走っている主人公からしたら無問題w
乳首を摘み、濡れまくっているアソコに指を挿れた上に、背後から杏莉のおマ〇コを視姦♥
そして舌を膣に出し入れするクンニで甘い喘ぎ声を出し始めますが、
そこに杏莉の母親がやって来てしまいますw
母親がいる前で、クンニされて感じまくっちゃうも必死に耐える杏莉ちゃん…いやぁ、エロい!

エグゼ_18_041

当然のように抗議する杏莉ちゃんですが、
ようやくこっちを向いてくれた事に笑顔を浮かべる主人公。
そんな彼女に赤ちゃんを産んで欲しいと言いながら、後ろからガンガン突きまくっちゃいます♥
御曹司とメイド…立場が違い過ぎる恋路な上に、昔からその事でイヤな目にあっていた杏莉。
立場の問題だけで、本当は主人公の事を誰よりも想っているんですよね…
悩み苦しむ彼女の本心を知った主人公は、杏莉を自分の嫁にするべく、更に攻めを強くします。
本心と偽心が揺れ動きながら、主人公の強く熱い想いを受けて全部受け入れ始めちゃう杏莉…
そんな彼女の健気さとエロさに(*´Д`)ハァハァが止まりませんわ!!

エグゼ_18_042

そして、主人公の赤ちゃんを産んであげると、
精液が垂れ落ちるおマ〇コを広げながら言う杏莉ちゃん。
このちょっと素直じゃない所が実に杏莉ちゃんらしいですねw

エグゼ_18_043
エグゼ_18_044

個人的に好きなシーンは…キスを求める杏莉ちゃんでしょうか。
フェラチオもパイズリも膣内射精もしていますが、キスはまだ未経験な2人。
繋がった心の強さから来る、熱々なディープキスは実に甘露って感じですな!!
心と心、唇と唇、舌と舌…そしてチン〇とおマ〇コが繋がり合っている中で
一緒に絶頂を迎える2人…ようやく溶け合った2人の幸せ絶頂っぷり…もうね、お幸せに!www
ラストシーンの杏莉ちゃんのイタズラっ子な笑顔はマジで必見ですよ…あれは( ・∀・)イイ!!

エグゼ_18_045

愛欲、性欲、淫欲…強くて激しい魅惑&蠱惑的な逸品痴態が満載状態♥
甘く、激しく蕩けまくっちゃう女子達の性艶祭に…シコシコが常時フィーバーしまくり!
ピックアップ以外では…
隣の爆乳お姉さんとのしっぽり浴場ご奉仕が実にダイナマイト級だった
黒越陽氏「となりの乙女さん」
グイグイと迫って来る陽キャ眼鏡っ子に対する陰キャの疑心暗鬼っぷりが面白過ぎる、
久川ちん氏「オタクで陰キャの俺に何故かグイグイ来る女の子が居る件」
へべれけに酔っぱらった美女に性的突撃されまくるエロスが実にうらやまけしからん、
常磐緑氏「へべれけエンカウント」等もお気に入りです。
特に久川ちん氏による陰キャ主人公…あれ?何で私がここにいるの?と思ってしまったwww

昂りまくった子宮の疼きを我慢出来ないヒロイン達。
そんな彼女達の求めまくりなエロス力に吸い込まれまくっちゃう…
まるでダイ〇ンのような吸淫力だった第18号でした。