「私たち解禁します」のレビューです。

続きはこちら(※ ネタバレを含みます)

↓ ↓ ↓ ↓ ↓
















「私たち解禁します」 書籍情報

『COMIC X-EROS』作家・焼きトマトの初単行本!

思わずキュンっとくる♥
ギャップ萌え柔肌ヒロイン大集合!!

※ DMM書籍情報より引用


さて、焼きトマト氏による成年向初単行本です。
収録されている作品は以下の通りとなります。

「ヤンキー母校でハメる」
「恋花粉の季節」
「TAKE TWO」
「田舎に暮らそう!」
「増田大介は静かに濡らしたい」
「増田大介は静かに濡らせない」


以上となります。
「COMIC X-EROS」「COMIC快楽天XTC」にて掲載されていた作品が収録されています。
さて、焼きトマト氏の処女単行本は…


私たち解禁します_002
「ヤンキー母校でハメる」

私たち解禁します_003
「恋花粉の季節」

私たち解禁します_004
「TAKE TWO」

私たち解禁します_005
「田舎に暮らそう!」

私たち解禁します_006
「増田大介は静かに濡らしたい」

私たち解禁します_014
「増田大介は静かに濡らせない」


エッチになっちゃうギャップヒロイン達♥

地味な眼鏡っ子が大好きなヤンキーに見せちゃうエロ過ぎる本性、
童貞・処女だけに発症しちゃうエロ花粉で発情しちゃうヒロイン、
憧れの先輩が見せる、表の顔と裏の顔と更に表の顔など…
普段とは違う、性格や痴情を見せて来るヒロイン達の淫れっぷりがタップリです♥
真面目だと思えば実は淫乱だったり、花粉症の影響かと思えばそうじゃない所もあったり、
クールかと思えば実はとっても弱々しくて可愛かったり…
そんな「ギャップ萌え」を持つヒロイン達の淫蕩模様が、実にグッと来ますねー…主に股間(ぉ

私たち解禁します_007

その中でピックアップするのは…「TAKE TWO」を紹介したいと思います。
演劇部の部長である白水由紀に一目惚れし、告白をする主人公。
玉砕覚悟だったは、告白はまさかのOK…しかし、それには条件があって…こんな感じに始まります。
その条件とは「演劇を何より一番に考えて優先させる」と言う条件。
上の画像でエッチをしている女の子は…外見も内面も演技している由紀先輩なのです。

私たち解禁します_008

そして、家に帰ると同時にダメ出しをする由紀先輩。
恋人「設定」として練習をしていたが、彼が素の自分を出しまくっていた点を厳しく指摘。
しかし、彼女との「恋人」としての一時を期待していた主人公。
彼女の「練習」の邪魔になるし、「恋人」としても期待出来ない現状に絶望し、
彼女から去ろうとします…まぁ、勝手に期待していたって事もあるけれど、
一目惚れして、告白を条件付きながらも受け入れられ、SEXをしているのに…
と、思うと…少しは期待しちゃうよね…うん。

私たち解禁します_009

彼を突き放すような発言もしていた由紀先輩でしたが、それも全て演技だったのです。
本当は彼の事が好きで好きでしょうがない…
だから、一番最初に演じている自分を見せていたって感じです。
何と言うか、ちょっと面倒くさい女の子ですねーw
まぁ、本当の彼女の姿は…とっても可愛らしいと同時に…何かイジメたくなっちゃうかも?(ぉ

私たち解禁します_010

本当の彼女は…結構Mっ気が垣間見える女の子ですねw
押し倒された時にはアソコが既に大洪水状態だったり、
乳首をもっと弄って欲しいとおねだりしちゃったり…
普段のクールな先輩からは、考えられない程にエロ可愛いですなぁ!!(*´Д`)ハァハァ

私たち解禁します_011

恥ずかしいのに、かなり無理してリードしようとする所、
チン〇を膣から抜かれて文句言いつつも、もっともっと求めちゃう所…
先輩のエッチな本性が主人公によって、さらけ出されまくっちゃうエロ痴態…
そのエロくて可愛らしい痴態は、見ていて本当に…(性的な意味で)イジメたくなっちゃうね!
ピロートーク時の彼女は…本当に一見の価値ありだと思います…不覚にも萌え転がったwww

私たち解禁します_012

様々な本性を隠しているヒロイン達のカミングアウト…
可愛くて、エロくて、そして萌えちゃう…彼女達の淫猥な本性にドキドキしまくりでした。
SEXによって、本当の自分が開花して行く…その快楽堕ちっぷりが実にシコい!(*´Д`)ハァハァ

特筆すべき所は、エロだけじゃなく、ストーリーもしっかりと紡がれている所でしょうか。
揺れる心情、昂る性欲、快楽に溺れる淫痴態…
ヒロイン達の全てを繊細にしっかりと描いているって感じでしょうか。
思わず引き込まれて行く魅力をヒシヒシを感じちゃいましたねー

ふんわりと柔らかそうな身体を持つ女の子とのエロス…
可愛く、エロく…雌としての本性をさらけ出されまくっちゃう、
ギャップバリバリなエロスは、息を呑む重厚さだった…そんな単行本でした。