「姉なるもの 10」
ぽち小屋。(執筆 ぽち。氏)発行の同人誌です。

レビューはこちらから(ネタバレを含みます)

↓ ↓ ↓ ↓ ↓















「姉なるもの10」 書籍情報

クトゥルフ神話の最果てで姉弟の愛を描くホームドラマ『姉なるもの』。
大きな反響を呼び、商業コミックスも刊行されるなど益々の注目が集まる今作。

おねショタ作品が好きな皆様、シリーズを愛読されている方に大変オススメですので、
この機会を見逃すことなく、是非お手元でお楽しみください!

※ 通販サイト書籍情報より引用


さて、「姉なるもの10」のレビューです。

姉なるもの_10_002

悪夢を見て、堪らずに目が覚めてしまった夕くん。
そんな彼の隣には心配そうに彼を見ている千夜がいて…こんな感じに始まります。
親戚から罵詈雑言陰口を言われ続けていた夕くん…彼にとって最大のトラウマですよね。
千夜を心配させないようにしているのか、恐怖に身体を震わせながらも「大丈夫」と呟く夕くん。
しかし、そんな彼を…千夜お姉ちゃんはそっと抱きしめる。

姉なるもの_10_003

どんな恐怖だって…どんなトラウマだって、
千夜お姉ちゃんがいてくれれば大丈夫!って感じますよね、このシーン。
そっと、強く彼を抱きしめながら、弱い所も、辛い所も、恥ずかしい所も、
そして甘えたい気持ちも…ぜーんぶまとめてギュッとしてあげると諭す千夜お姉ちゃん。
もうね、これで甘えなければいつ甘えるんだ?!って感じですわ!!(*´Д`)ハァハァ

姉なるもの_10_004

そして、夕くんを落ち着かせ…熱いキスを交わす2人。
千夜お姉ちゃんの舌が絡み合う度に、脳がピリピリと痺れる…
そりゃ、こんな熱くて甘いキスをされちゃえば、蕩けてもおかしくはないって!!(*´Д`)ハァハァ
夕くんをキスの一撃で撃沈しちゃう千夜のお姉ちゃんパワー…やっぱり最高だわ!

姉なるもの_10_005

吐息がうなじにかかってくる首筋舐め、「す・き♡」と耳元で囁いた上での耳舐め…
千夜お姉ちゃんの唾液の水音と、快感に身体を震わせながら、
お姉ちゃんのなすがままにされちゃう夕くん…その上、この囁き…
エロ過ぎて、見ているこっちも(*´Д`)ハァハァが止まらんわ!!
もう、何もかも千夜お姉ちゃんに託したくなる…そんな破壊力ですわ!

姉なるもの_10_006

「いい子、いい子♡」と囁きながら、夕くんの勃起したチン〇を扱き始める千夜お姉ちゃん。
この授乳しながらの、シコシコ手コキに夕くんのチン〇は完全に暴発寸前w
夕くんも大興奮状態でしたが…千夜お姉ちゃんも静かに熱く興奮しちゃっていましたねw
扱かれて感じまくっちゃう夕くんを可愛いと感じつつ、
「ふーっ♡ふーっ♡」と息を荒げていましたしw

姉なるもの_10_007

手コキで射精させて、ねっとり濃厚な夕くんの精液を味わった上に、
次はフェラチオで更に射精へと誘おうとする千夜お姉ちゃん。
舌全体で包み上げるような、濃厚でふわふわするフェラチオ…
夕くんのお尻を擦りながら、チロチロと亀頭舐めをしたと思ったら、
一気に夕くんのチン〇を口内へとねじ込む巧みな緩急を使ったフェラ…
夕くんは堪らず千夜お姉ちゃんの口内へ二度目の射精をぶちまけちゃいます♡
一滴残らず吸い取られ、腰が持って行かれちゃう快感に打ち震える夕くん…もう最高かよ!!

姉なるもの_10_008
姉なるもの_10_009

性的な意味でも甘えさせてくれる千夜お姉ちゃん…
清らかで可憐で純真無垢なお姉ちゃんと、淫魔のように蠱惑的な一面を魅せるお姉ちゃん。
どちらも夕くんを確実に包んでくれて…守ってくれる最高のお姉ちゃんですよね。
騎乗位で再び猛った夕くんのチン〇を生ハメし、夕くんのチン〇を味わいながら腰をふる千夜。
そして、その快感を味わいながら、千夜のおっぱいを再び吸う夕くん…
手を絡み合わせながら、騎乗位から正常位へと体位を変化させて、
千夜お姉ちゃんの身体を味わい尽くそうとする夕くん…流石に本番では頑張っていましたねw

姉なるもの_10_010

今回も、千夜お姉ちゃんに性的な意味で
甘やかされまくっちゃうエロスが最高過ぎましたわ!(*´Д`)ハァハァ
トラウマに悩まされる夕くんの心も身体も優しく…
そしてエロい意味でも包んでくれちゃう千夜お姉ちゃん…本当に最高のお姉ちゃんですわ!(*´Д`)ハァハァ
優しく抱きしめてくれて、熱くキスを交わして、心も身体も絡み合う…
何と言うか、今回は夕くんと千夜の関係を更に進めるようなドラマ性も感じられて、
エロも最高でしたが、2人による心の交流も最高でしたね!!

心も身体も最上級の赦しで満たしてくれる千夜お姉ちゃん。
これまで不幸の連続だった夕くんが、極上の幸せに包まれちゃう悦び…
そりゃ、こんなお姉ちゃんに甘やかされ、
性的な意味でも包んでくれれば…幸せでしょうなぁ!と感じざるを得ない…そんな同人誌でした。