上田・東御メガネのコミヤマ最新情報

DSC_0869s0

皆様おはようございます

お客さまご所有のK18ツーポイントフレームに
レンズ交換のご依頼をいただきました

K18とは金の含有率を示しているのですが、
24Kがほぼほぼ金のみで構成されたものであるのに対し、
K18は、約75%が金の含有率で他の25%は
他の金属が含まれているという意味になります

金の含有率でいえばK24の方が高いので、
高価なのはK24なのですが、メガネフレームに使用
するには柔らか過ぎるので、他の金属を混ぜる
ことで変形しにくいK18が用いられて
いる場合が多いです

DSC_0868s0

金は、古来よりステイタスの象徴として人々を魅了し続ける高価
な金属ですが、錆に強く、生体親和性も高いことから、
チタンなどと同じように歯科でも使用されている
安定性の高い金属でもあるんですよ~

深みのある、黄金色は本当にきれいですよね~

DSC_0874s0

レンズは、HOYAの最高峰遠近両用レンズRsiをお選び
いただきました

HOYA LUX Rsiは両面複合累進設計、BOOM individualという、
簡潔にご説明させていただきますと、
歪みを軽減し、ラクに広い視野を実現できるレンズ設計に、
さらに、装用される方のフレームの装用情報を反映できる、
よりオーダーメイドに近い遠近両用レンズです

さらに、Rsiセレクターというツールを使用することで、
お客さまの趣味や見え方の好みなどを反映し、70種類以上の
中からお客さまのライフスタイルに合った設計を選択
することができます

こだわりの趣味や、ライフスタイルをお持ちの方に
おすすめのプレミアムな遠近両用レンズでなんですよ~

DSC_0877s0

レンズの加工ももちろん重要ですね

フィッティングポイントなどを考慮し、慎重にレンズをカット、、
ツーポイントの穴開けをしていきます

さらに、レンズにファセットと呼ばれるカットを入れていきます

レンズの玉型やファセット加工は、旧レンズと
同じにしてほしいといったご要望がありましたので、
旧レンズと同様のポジションに同じように
加工をさせていただきました

同じ場所に同じぐらいの面積、深さでファセット
を入れるというのは実はかなり技術の
いることだったりします

最近の加工機は進歩しているのである程度は
機械でもできるのですが、やはり直線でだしたい
ファセットができなかったりと、バッチリとはいえないので、
機械では難しいことは、昔ながら人の手で、機械で行った方が
正確にできることは機械で行い、
最終的には人の手を加えてカット、研磨、組み立てをしています

DSC_0882s0

レンズにカラーをお入れいただいているのも
相まってとてもきれいですね~

温かみのあるオレンジのカラーとK18の気品のある、
まさに文字通りの金色がマッチしていますね~

とても美しく仕上がっています

DSC_0878s0

皆様も美しいメガネを作製してみませんか?

K18フレームは東御店にもございますので、
ぜひ、ご覧になってくださいませ。



メガネのお求めは、長野県
東御市の
メガネのコミヤマ東御店、
上田市の
メガネのコミヤマ丸子店
にご来店くださいませ。

オークリー ・スポーツサングラス専門店 メガネのコミヤマ