長野県小諸市の天狗(てんぐ)山荘前
浅間山(2568)の山開きの様子(5月6日)です。
祭り男の血が騒いだのでしょうか
ご当地きっての祭り男翠川氏が
浅間山山開きを体験されました。
(登山暦は長いですよ)
山の安全を願ってのお供えをし・・・

asama6
登山開始から
10分位したら雷と冷たい雨が降ってきたそうです。
途中、引き返す人が続出したしうですが
お祭り男の翠川さんは、やはり違っていたようです。
身の危険さえある中を・・・
asama4

頂上付近は
猛烈な風(本人の感覚は風速40mだった)と
雨で立っていつのがやっとこ
下着もびっしょりになりながらも
ひたすら、お祭り男は、頂上を目指し

asama8
やっと着いたときは
登山用の厚手の手袋の手が
氷のようになって寒さに震えていたそうです。
本当に、よく生還されましたネ
以上が浅間山(2568)山開きの内容です
あしたは、野良仕事だそうです。
お疲れ様でした
今晩はゆっくりお休みください。
asama7
5月と言っても
まだ山は雪が多く残っていて天気が変わると大変危険です
行かれる皆様は充分ご注意ください。