上田・東御メガネのコミヤマブログ

メガネのコミヤマは、上田・東御地域の方に愛されているこだわり眼鏡専門店です。

ぶらり散策

伝統のあるお祭り

おたや祭と山車

yositune1
長和町の古町の所在する
豊受社の例祭は、通称「おたや祭」として
この地域に知られています。
毎年1月14日の夕方から15日のお昼頃まで
行われるらしいです。
起源は現在最も古い記録では
1828年(江戸時代)らしいですが
お祭自体は
これ以前よりかなり昔から
行われてきたと考えられます。
山車は貴重な伝統文化として
長野県無形民族文化財に指定され
5場所の保存会によって
奉納されています。
写真提供の翠川さんには
毎度感謝しています。
tennmei11

寒いときに咲く花

キレイな桃色のユリ

yurinohana1
ユリの花
色によって花言葉が違いますが
ユリ全般
花言葉は
「威厳・純潔・無垢」という意味があります。
こちらの写真は
お客様の翠川国雄さんがくださったものです。
また今年もブログ用に
たくさん写真を提供していただきました。
ありがとうございます。
それにしてもキレイなユリの花ですね。
見ているだけで癒されますね
寒い季節ですので
皆様、お体にお気をつけください。

tennmei11

長野有数の湧き水の出る場所

滝ノ沢 権現様の清水

gonngennsui1
長和町にある
湧水です。
その名も滝ノ沢権現水。
滝ノ沢地区の方々が生活用水として
使っているので
もちろん飲む事も可能となっております。
特徴としましては
お宮が公園のようになっているということです。
gonngennsui2
この写真をくださったのは
当店のお客様の翠川国雄様です。
いつもいろんな写真をくださるので
ブログを書く上で
とても助かっております。
ありがとうございます。
tennmei11

永い歴史が魅せる神々の歴史に触れる

日本アルプスの総鎮守
穂高神社

hotaka1
穂高見命を御祭神に仰ぐ穂高神社は信州の中心ともいうべき
安曇野市穂高にあります。
長野には海は無いですが
穂高見命は海神族の祖神(おやがみ)と言われ
北九州に渡って海運を司り
早くから大陸方面とも交渉をもち、文化の高い氏族であったようです。

hotaka2
鳥居から見えるのは神楽殿です。
穂高神社には
穂高見神(ほたかみのかみ)
天照大御神(あまてらすおおみかみ)
信濃中将(御伽草子のものぐさ太郎のモデル)
など
結構名だたる神々が祀られているようです

hotaka3
自然生い茂る道です。
こんな道を歩いたら
マイナスイオンパワーで癒されそうですね。
毎年9月27日は
御船祭りと言う祭りが行われているそうです。
一度見てみたいものです。
この写真を提供くださったのは
お客様の「翠川国雄様」です。
ついこの間も当店でメガネをお買い上げになってくださいました。
大変お世話になってます。
これからもごひいきにお願いします(笑)
tennmei11

標高1400mの高さにある牧場をぶらり散策

東京ドーム45個分の広大で雄大な
信州北白樺高原
長門牧場

nagatobokujou1
いかがでしょう。
カワイイ羊ですね
どこの羊かと言いますと
長門牧場にいる羊です。
長門牧場
酪農を基盤に
生産・製造・販売にいたるまで
一貫して行うことを目指しているようです。
販売品は
牛乳、アイス、チーズにヨーグルト
考えただけでおなかがすいてきますね(。・ω・)ノ゙
他にも
乗馬体験やバター作り体験なども出来るようです。
ちなみに
お客様の翠川国雄様
この写真の提供主です。
こういうエピソードが沢山聞けるので
聴いていて全然飽きが来ません。
本当に毎回写真と
楽しいエピソードをありがとうございます。
またそういうエピソードをお聞かせください。
tennmei11

真田の叡智が眠る場所

曹洞宗龍願寺

ryouganji1
上田市生田にあるお寺で
1607年に真田宮内之助高勝公の菩薩寺として
真田信之の朱印状により開創されました。
高勝公は真田家中興の祖といわれる真田幸隆の五男であり、
三男の兄昌幸はその名を天下に響かせた智将である。
 高勝公に関する記録はあまりないため、
生年月日は不詳であり生前の足跡に関しては不明な点が多いが、
上田城主信之からの書状によると高勝公は、慶長5年(1600年)関が原の合戦、
更に上田合戦の折には尾野山口を守り徳川軍を大いに苦しめたと記されています。
そこで咲いている花がこちら
manjusyage1
マンジュシャカとも読みます。
聞き覚えない方はこっちのほうがご存知かと
別名を彼岸花といいます。
彼岸の頃合いに真っ赤な花を咲かせる
事からこう呼ばれたそうです。
花言葉は「情熱」「悲しい思い出」などが有ります。
この写真を提供くださったのも
山男でお客様の「翠川国雄さま」です。
博識な知識人ですので
ご来店くださるたびになにか
役立つ情報を頂きます。
ありがとうございます。
また何かありましたら
教えて頂きブログに載せようと思います。
tennmei11

合格祈願、恋愛成就なんでもここに行けばイイ

神のお社諏訪大社

三連休もいよいよ今日で終わりますね。
今日は少し遠出でもしたいけど何しようと言う方々へ
諏訪大社に行ってみてはいかがでしょう。
suwataisya1
下諏訪市街地にあり観光気分で気軽に立ち寄れる
下社秋宮とはうって変わり、上社本宮は背後に神体山(守屋山)を配し、
厳粛な雰囲気である。門前には土産物屋が数軒並んでいるが、
その前を通るとおばちゃんの呼び込みの声が掛かります。
厳粛な雰囲気の中に訪れるおばちゃんの呼び込みは
思わずクスッと微笑みたくなると思います。
suwataisya3
諏訪大社は古くから相撲と深い関わりがあったらしく
境内には土俵があり
参集殿には
千代の富士と貴乃花の優勝額が
寄進されています。
諏訪のお祭りといえば

suwataisya2
なんとも見事な御柱
およそ長さ17m、重さ12tもあるもみの木を
使っているそうです。
諏訪の御柱祭は7年に一度。
寅年と申年に行われます。
次回の開催は5年後の平成28年だそうです。
一度生で見てみたいモノですね。
今回写真を提供してくださったのは
当ブログでも度々ご出演なられる
ダンディな山男「翠川国雄」さま
毎回写真を提供くださり
本当にありがとうございます。
これからもよろしくお願いします。
tennmei11
記事検索
月別アーカイブ
記事検索
プロフィール

special6469

カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード