SPEEDKING Vol.1をリリースして早2ヶ月! 再プレスも完了し、大変ご好評を頂いております。現在、Amazonを始め沢山のお店にてご購入することが可能ですが、初回限定のDVDが付いてくるのはあきばお〜こく様、PowerDJ's(楽天)様、サウンドマーケットCUE様となっております。数に限りがありますのでお早めに!

さて、SPEEDKING Vol.1の大きな特徴といえば、「MIX形式」つまりノンストップMIX形式であることです。今の時代、シャッフルで再生されることも多く、CDJの普及でDJでCDが使われることも多い中、前後に曲が重なっているこの形式でのリリースは、賛否両論あります。
なぜSPEEDKING Vol.1がMIX形式にしたのかというと、単純に「ジュリアナ東京のコンピレーションがそうなっていたから」です。ジュリアナ東京のコンピレーションは、ハードディスクで編集した物の上にジョン・ロビンソン氏がスタジオで録音したMCを重ねたものですが、それがどこかしら「現場からちょっと遠い感」を産み出し、デステクノという非現実な派手派手具合と相まって、独特な世界を作り出していたわけです。テクノ、かくあるべし!的な。
SPEEDKINGとしてもそのセンは最初から狙っていきたい、現場感よりも「妄想」を大事にしたい、というコンセプトでしたので、ああいう形になりました。とはいえDJで使えないほどガチガチにMIXしたわけではないですが。

しかしながら、セパレートで欲しいというお客さんの声にも応えるべく、Vol.2からはMIXとセパレートの2枚組仕様に致します。豪華! DJでもバンバン使って欲しいし好きな曲だけをカチっと聴くことも可能です。ご期待下さい。