March 05, 2015

出発前から一波乱!?

11月にパリで開催されるフード系見本市Salon Saveursに行く予定です。航空券をまさに予約開始日の330日前ちょうどにゲットして一安心と思っていたところ、先週JALから電話があり、「エルフラとのコードシェア便が条件面で折り合いがつかずに廃止になったので、JALの便に変更をお願いしています。」とのこと。え〜、コードシェアの廃止って急に勝手なこと決めないでよ〜。カードの引き落としまでしておいて、「やっぱやめました」って世界的な企業がやることなの?せめて売った分は飛ばせよ!と思いましたが、まあ私ごときが一人で騒いでもどうしようもないこと。ただ、羽田発のコードシェア便は時間的に非常に都合がよく、羽田を深夜0時30分に出発し、パリには朝5時30分ごろ着くので、到着日がまるまる使える最高の便だったんです。帰路の便も23時台の出発なので、夜まで遊んでから帰国というスケジュールで動けるのが良かったのに・・・。JALをキャンセルして、エルフラに乗り換えても良かったのですが、エルフラの方が少し高いのと、マイルをJALで貯めている関係で断念。実はパリに行く前にCDGで乗り継ぎをし、リスボンに行く予定なのですが、CDG行きの時間が変更になったことでリスボン到着時刻もかなり遅くなり、乗り継ぎの待ち時間も5時間になってしまいました。5時間も何しようかしら。乗り継ぎなんて久しぶりだし、こんなに長い時間待たされるのは初めて。フランスもポルトガルもシェンゲン条約加盟国同士なので、CDGで入国手続きをしてしまう、ということはCDGでは免税店ショッピングができないということなんですよね。ああ、テンション下がるなあ…。唯一のメリットはエルフラが預けられる荷物1個に対し、JALは2個だという点。パリではついつい買い物のピッチが上がるので、2個預けられるのは嬉しいですね。前向きにメリットだけを考えることにします。  
Posted by spicesoflife at 06:00旅のこと、外国のこと

March 04, 2015

わが家のお雛様


昨日は桃の節句、ひな祭りでしたね。わが家のひな人形は私の初節句に両親が買ってくれた八段飾りのお人形ですが、これがかなり邪魔なんです。出し入れするのも本当に手間がかかります。そこで今年はメインのお二人にのみご登場願って、あとのお人形はお休みしていただきました。


これが勢揃いの図。娘が小学校まではせっせと出していましたが、もう中学生なので手抜きも許してほしい。


私が好きな三人官女。


香炉や籠、お道具類は複雑なやりかたで飾り結びが施されていますが、私は好奇心旺盛ないたずらっ子だったようで、小さい頃はしょっちゅうほどいてしまったそうで、今だに母に文句を言われます。


娘が好きな五人囃子。


我が家のひな人形はみんな丸顔です。


フル出場はオリンピックの年だけにしようかなあ。来年はリオ五輪なので、出してあげようかなあ。


今日はレッスンだったので、大したものは作れず、桜餅を頂くに留まりました。  
Posted by spicesoflife at 06:00旅のこと、外国のこと

March 03, 2015

和三盆とお麩を使った和ラスク


もち麩を使ったラスク。以前金沢土産に頂いた不室屋さんのお麩ラスクを自宅で作れないかと考えて作ったもの。今までは粗製糖で作っていたのですが、和三盆で作ったら甘さ控えめでスッキリとした後口の優しいお菓子になりました。


ところでこの器。実は10年前にルーアンで買ったルーアン焼き。楕円の器にアヒルの顔がついています。ルーアンの大聖堂の近くにある焼き物のお店で買ったもので、絵付けも見せて頂いた思い入れのある一品。しかしこれを見た夫の第一声が「オマルみたいな皿だね」というもの。今でもルーアンでのことを思い出すたびに、この一言がワンセットで浮かんでくるのが不愉快です。


なかなかかわいらしい顔をしているでしょ?絵付けをしていたチャーミングなムッシューにどことなく似ているような気がします。  
Posted by spicesoflife at 07:00ホームメイドのお菓子

March 02, 2015

フロランタンに使うハチミツは・・・


土曜日はフロランタンのレッスンを行いました。こちらは生徒さんがカットしたもの。このお菓子はカットが一番難しいんです。カットするタイミングを誤ると大変。焼きあがっても気が抜けません。それにしてもナッツとキャラメル、そしてバターたっぷりのサクサクした生地。まさに死角なしのスイーツですね。自宅で作れるのは嬉しいけれど、びっくりするのは使用するバターの量。これは食べすぎ注意です。


素材がお菓子の味を決めるのは当然のことですが、フロランタンでそれを最も強く感じるのがハチミツです。使用する量は50gと決して多くないのですが、不思議とハチミツの風味がかなり強く出ています。先日試作でトスカナで採れたオレンジの花のハチミツを使ったのですが、ハチミツ自体はさほどクセが強いというほどではなく、まあ少し個性的かなという感じだったのですが、そのクセが何倍にもなって出てきてしまうんです。そこで今回レッスンではニュージーランド産のクローバーのハチミツを使うことにしました。オーソドックスなハチミツですが、焼きあがったフロランタンからはふんわりハチミツの風味が香る程度で、他の素材とうまく調和してくれました。トスカナ産のハチミツは良質なもので、非常においしいものですが、良質なものを使えばおいしくなるというわけではなく、用途や他の素材との相性を考えることが大切だということを改めて考えさせられました。


この日のランチは白いんげん豆と大麦のスープとビールで豚肉を煮込んだカルボナード。ちょっと古いクリスマスエールが出てきたので、煮込みに使ってみましたが、思った以上にうまく出来ました。


トロットロで箸で切れるほど柔らかなお肉にかすかな苦みと甘みがあるソース。ビーフシチューよりずっと高級感があって、我が家では娘もいつも絶賛してくれるメニューの1つです。  

February 27, 2015

金柑とアーモンドのタルト


先日金柑を煮ました。今までは形がきれいに残るように短時間で仕上げていたのですが、どうも皮のえぐみが気になって・・・。そこでいつもより時間をかけて、かなりトロッとした感じに仕上げてみました。


この金柑を使ったスイーツを作りたいと1週間考えて作ったのがこのタルト。まあ、あまりいいアイディアが浮かばなくて、無難なタルトに落ち着いたというのが実のところですが、これが思いのほかおいしく出来て、大満足です。


冷凍庫にストックしてあったシュクレ生地にクレーム・ダマンドと金柑、アーモンドとピスタチオをのせて焼き上げたもの。アーモンドの香りと金柑の酸味もよく合うし、やや柔らかめに煮たためかオーブンで焼いてもトロッとしたテクスチャーが残ってくれました。これはわが家の金柑スイーツの定番になりそうです。  
Posted by spicesoflife at 06:00ホームメイドのお菓子

February 25, 2015

1月〜2月のお弁当

最近ご無沙汰だったお弁当紹介。どこまで紹介したかもう定かではない・・・。1月から2月にかけてのお弁当の中からインスタグラムやLINE、FBで受けが良かったものをピックアップして紹介します。


タンドリーチキン弁当は娘の好物の1つ。


しいたけの肉詰めはいくつかアレンジレシピがあるのですが、娘のお気に入りはシソつくねバージョンやカレー塩バージョン。


Dean&Delucaで必ず買うプレッツェルクロワッサン。これにスクランブルエッグとカマンベールをサンド。


自家製の煮穴子をのせたお弁当。蓋を開けた瞬間友達の目が釘付けだったと、ちょっと得意げな娘。


1辺の長さが8冂度の小さ目の食パンの中身をくりぬいて、鶏肉と玉ねぎを炒めたものにベシャメルソースを和えたものを詰め、チーズをのせて焼き上げたもの。


鶏の照り焼き丼は帰宅するなり娘に大絶賛されたメニュー。これもレギュラーメニュー入りしそう。


豚肉の梅しそ巻きとジャーサラダ。レッスンでジャーサラダでを作ったので、娘にも持たせてみました。


ブリの照り焼きに鶏そぼろのお弁当。  
Posted by spicesoflife at 06:30おうちでクッキング

February 24, 2015

長ねぎのマリネ


先日平日のおつまみレッスンで紹介した長ねぎのマリネのプロシュット巻き。この画像では中身がイマイチわかりませんよね。


長ねぎのマリネはこんな感じです。ローリエと白こしょうで風味づけしています。私の母は長ねぎが大好きなので、このままパクパク食べていますが、私は長ねぎが苦手なのでアレンジしていただくことに。グラタンにするのも良さそうだなあ。風邪予防にも効果がある長ねぎ。まだまだ乾燥する季節なので、冷蔵庫にストックしておこうと思います。  
Posted by spicesoflife at 06:30おうちでクッキング

February 23, 2015

情け嶋とマレーシア料理〜2月のおつまみレッスン


今月の週末おつまみレッスンでは八丈島の麦焼酎「情け嶋」を紹介しました。私は麦焼酎のにおいがあまり好きではないのですが、情け嶋は麦焼酎特有のにおいがせず、フルーティーでマイルドな口当たり。女性におすすめの焼酎だと思います。


そんな八丈島の焼酎に合わせて紹介したのがマレーシアの料理。マレーシアはマレー人と華僑、インド人が住む多民族国家で、料理にもその影響が強く出ています。中華っぽい料理あり、東南アジア風の辛い料理あり、そしてインド風のスパイシーな料理ありと料理の幅が広く、さらにニョニャやプラナカンによって発展してきたニョニャ料理など、どれも日本人に好まれる味だと思います。今回はそんなマレーシアの多様性を意識したメニューになっています。まずはケラブというサンバルを使ったサラダ。辛いけれど後を引きます。


同じサンバルのソースを使って炒めたエビの炒め物、サンバル・ウダンです。マレーシアのバターシュリンプをアレンジして、バターたっぷりのスクランブルエッグと合わせてみました。


ロティ・チャナイは生地を和紙のように薄くのばして作るマレーシア風のフラットブレッド。カレーソースに浸けて食べることが多いのですが、今回はサンバル・ウダンに添えて召し上がっていただきました。


スパイスでスペアリブを煮込むバクテー(肉骨茶)はマレーシアに移り住んだ福建省の人たちが体力をつけるために作ったもので、医食同源の中国人らしい料理です。鍋のふたを開けるとシナモンや八角の甘い香りがして、何とも不思議な感じがしますが、肉も脂が抜けてさっぱりとして柔らかくて食べやすいです。今回はにんにく&唐辛子醤油で召し上がっていただきました。

サンバルソースを作る際には辛味が立ち上ってむせ返るほど。しかし出来上がった料理は生徒さんにも好評で、個人的にも非常に充実感のあるレッスンになりました。  

February 20, 2015

平日おつまみレッスン 鶏のごまみそ鍋と長ねぎのマリネなど


今日は平日のおつまみレッスン。寒い時期においしい鍋料理というリクエストにお応えして以前も紹介した鶏のごまみそ鍋と他3品を紹介しました。お酒は南アのシュナンブラン。さっぱりしていてオールマイティな印象のワインでした。画像は長ねぎのマリネのプロシュット巻き。長ねぎのマリネとクリームチーズをプロシュットで巻くだけの簡単おつまみです。実は試作をした際に長ねぎが嫌いな私は食べず、母にだけ試食をさせていたのですが、レッスンでは1つ頂いてみたところ全然長ねぎが気にならないんです。これは大発見でした。今度長ねぎ嫌いな友人にも食べさせたいと思います。


キャベツとケイパーのサラダは我が家では定番メニュー。塩漬けケイパーは我が家のキッチンには常に常備されていて、パスタにサラダにと大活躍です。


いかのマリネは自家製の塩麹を使い、シンプルに仕上げました。今日は青シソをアクセントにし、直前にトマトも加えてさっぱりさせましたが、シソをバジルに変えればイタリアン、柚子胡椒にしてもおいしいし、ピマンデスプレットを加えてもおいしそう。


ごまみそ鍋はレッスンで大人気の鍋で、鶏もも肉と胸肉&軟骨で作ったつくねとダブルで鶏肉を楽しめるお鍋です。〆のうどんもおいしくて、ついつい箸が進みます。


次回の平日おつまみレッスンではギリシアやキプロス、レバノンなど地中海から中近東にかけてアペタイザーとして親しまれている「メゼ」スタイルのおつまみを紹介します。画像は野菜のレッスンで紹介した際のひよこ豆のコロッケ「ファラフェル」です。普通のファラフェルの作り方にちょっと工夫して、さらに栄養価のアップする裏技も併せて紹介します。この他にフェタチーズを使ったパイ、ブルガー小麦を使ったサラダ、ラム肉を使ったギリシア風串焼き「スブラキ」にはヨーグルトソースを添えて召し上がっていただきます。開催日は3月12日(火)10時30分より、参加費は5500円です。お申し込みは下記リンクよりお願いいたします。

http://form1.fc2.com/form/?id=142605  

February 19, 2015

余ったジェノワーズでトライフル

関東でも寒い日が続いていますね。私は持病の首痛が出てきそうでビクビクしています。今週ブログをさぼってしまいましたが、最近編み物にハマっていて、PCに向かう時間が激減してしまったせいです。既に娘のマフラーと母への誕生日プレゼントのスヌードを編み上げましたが、自分のアイテムが編み上がらなくてイライラ・・・。それというのもどんなパターンで編むかが決まらなくて、編んではほどいてを繰り返しているから。でもようやく毛糸に合うパターンが見つかったので、あとはひたすら編み続けるのみです。


おいしそうな九州産のいちごが安くなっていたので、冷凍してあったジェノワーズ生地でトライフル作り。わが家では余ったジェノワーズ生地を冷凍しておいて、トライフルを作ります。デコレーションを施したケーキはもちろん素敵だけど、いつもよりちょっぴりラム酒を多めにきかせて作るトライフルはしっとりしていて、デコレーションされたケーキよりこなれた感じです。


ポイントは一晩寝かせること。娘は小さい頃からこの一晩が待てなくて、何度も「もう食べられる?」って尋ねてきたものです。この日も作っている脇で「今日食べちゃダメなの?ちょっとならいいでしょ?」と。


仕方がないので、ジェノワーズ生地とバニラアイス、いちご、溶かしたチョコレートで即席パフェを作っておやつにしました。  
Posted by spicesoflife at 07:00ホームメイドのお菓子