July 24, 2014

レストラン間で素敵なランチ

以前通ってくださっていた生徒さんと久しぶりに会うことになりました。彼女は私の娘の憧れの人で、娘は約束の日に近づくにつれてソワソワ。食事をして別れた後は「やっぱりきれいだったね〜、素敵だったね〜。」とウットリ。ジャニーズにも他の芸能人にも全く興味がなく、テレビもほとんど観ない娘ですが、外見の美しさだけでなく、内面の素晴らしさをちゃんと見抜いている彼女はなかなか人を見る目があるんじゃないかと思っています。

生徒さんが予約してくださったお店は恵比寿のレストラン間。レッスンで話したところ系列のビストロと共に人気のお店らしいです。内装、料理共に素敵なお店でした。


お店に入ってカウンターに並んだこの料理を見て娘が「デザートかな?」と予想していたのですが、何とアミューズのフォアグラあんみつでした。絞り出したフォアグラのムースと白玉やフルーツ、そして小豆代わりにレンズ豆の煮たものがあしらわれていました。


1皿目の前菜は季節の野菜パフェ。パフェのように背の高いグラスに野菜がふんだんに盛り込まれていて、平たく言えばサラダなのですが、あしらいが変わるだけでこれほど印象が変わるのかと驚きました。すごく勉強になりますね。


フレッシュチーズを巻いた鱒のルーローにはマッシュポテトをモンブランのようにあしらっています。フェンネルのピュレも爽やかで鱒とよく合います。


女性好みの盛り付けの風味でした。


秋田の八幡平ポークのパイ包みです。添えてあるのはポートワインのソースです。ビーツのピュレとかぼちゃのピュレもポークの味わいを引き立てていました。


まるで懐石のようにデザートの前に〆の米料理が登場。鴨そぼろののった玄米ご飯にコンソメ・ロワイヤルが添えてあり、これをご飯にかけて頂きます。


デザートはココナツのソルベとパイナップルのコンポート。ミントのエスプーマが爽やかでした。

とにかく各皿の盛り付けがポップで女性好み、野菜多めのライトフレンチなところも女性を意識しているのかな。恵比寿でこのレベルで3600円というのもコスパ高めですね。小食で野菜が好きな娘も大満足のようでしたし、私自身も味、雰囲気、価格ともに大満足でした。素敵なお店に連れて行っていただけて親子で大満足の一日でした。  
Posted by spicesoflife at 06:30外食

July 22, 2014

ヨーロッパビールのセット買いました


先日生徒さんにお誘いいただいて某ファミリーセールへ。ビールがお買い得だったので、セット購入してきました。実を言うと、お酒の中では苦手な部類に入るビール。日本のビールははっきり言って喉越しだけで、最初の一口だけで十分。でもドイツやベルギーのビールは別物。麦のうまみや風味が凝縮されていて、まさに飲むパンという感じ。栄養の固まりですね。古くは労働者に日当代わりに渡していたというのも頷けます。右からDuchesse De Bourgogne、KRIEK BOON、Konig Ludwig Weissbier、Duvel Tripel Hop、Saison 1858です。

Duchesse De Bourgogneはブルゴーニュ公シャルルのマリーにちなんで作られたビールで、レッド・エールに属します。フルーティーで上品な甘さが口に中で広がるのですが、パーッと華やかにというよりジワジワと広がっていく感じがして好きなんです。

KRIEK BOONはチェリービール。女性にはとても人気が高いですよね。色もチェリーレッドで、まるでスパークリングワインみたいです。でも個人的には料理に合わせにくいからあまり好きではありません。なぜ買ったかって?セットで買うならお高いワインを入れたいなあというセコイ考えからでした(笑) 

Konig Ludwig Weissbierはドイツの白ビール。バイエルン王家の末裔が経営するケーニッヒ・ルートヴィッヒ王室ビール醸造所で製造されています。私も好きな白ビールですが、最近仕事でよくドイツに行く義父のお気に入りなのでプレゼントしようとセレクトしたもの。

Duvel Tripel Hopは2種類のホップを使って作る通常のDuvelにさらにもう1種類加えて、3種類のホップを段階的に加えて作られた、パンチのきいた苦味がウリのビール。通常バージョンもスッキリしていて、苦みが心地いいんですよね。

Saison 1858は製造元のデュ・ボック醸造所の設立年が入ったビール。セゾンビールは主にフランス語圏ワロンで農閑期に自家用に作っておくビールで、フルーティーでライト。ベルギーやドイツの人は大抵ビールを常温で飲んでいますが、セゾンは冷やして飲んだ方がその特色が生かせるビールだと思います。  
Posted by spicesoflife at 07:00お酒に関する話題

July 18, 2014

ドラマチックモードで食べ物を撮ってみました

今週はレッスンが一段落ついたので、旅行準備やフランスの友人へのプレゼントを買いに行ったりとバタバタしていました。本当は娘にもっとフランス語の準備をしてほしいのですが、今日は学校の漢字コンテスト、また渡仏前に学校の宿題を終わらせようと必死なので、飛行機でつめこみ勉強になりそうです。私もイギリス英語の本を買ったので、機内で頑張ります。


先日購入したミラーレス、結局25 f1.8という単焦点を追加購入し、間隔を掴むためにいろいろ撮影しています。これはドラマチックトーンで撮影したスパイス。単なるモノクロと違って、黒味を強くしつつ、カラーの鮮やかさが良いコントラストを生み出しています。


同じくドラマチックトーンで撮影したパッションフルーツです。ちょっとおどろおどろしい感じですよね(笑)


こちらがポップアートで撮影したもの。カラーの色味を強く出してくれます。

今はパリやロンドンをジオラマモードで撮影するのが一番の楽しみ。でも料理も面白い写真になりそうです。

  
Posted by spicesoflife at 15:52おうちでクッキング

July 11, 2014

抹茶のシフォンケーキ


昨日抹茶のシフォンケーキのレッスンを行いました。プライベートレッスンだったので、マンツーマンでゆったりとした雰囲気でのレッスンでした。初めてお見えになる生徒さんでしたが、若くてかわいらしい上に私が昨年からハマっている磨崖仏や庚申塔について研究されていたということで、私の方が教えを乞いたいくらいでした。


レッスンではデコレーションをせずにお持ち帰りいただいていますが、我が家では抹茶シフォンにはゆるめに泡立てた生クリームとゆであずきを添えるのがお約束。バターが入らないさっぱりとした軽い生地にあずきがよく合います。  

July 10, 2014

Tarte au sucre vergeoise


日曜日に中学1年生の生徒さんとのプライベートレッスンを行いました。愚娘もそうですが、中学生になると土日や放課後も忙しいですよね。なかなかレッスンの時間が取れないものの、いつも一生懸命取り組んでくれるので、私自身も楽しんでいます。愚娘がもうちょっと料理に関心を持ってくれるといいのですが・・・。この日のレッスンではPate lavee(発酵生地)をテーマに、Tarte au sucre タルト・オ・シュクルを作りました。ブリオッシュ生地にクレーム・エペスとヴェルジョワーズをかけて焼き上げたお菓子で、シンプルだけどコクがあり、しみじみおいしいです。8月にリールを中心にベルギーにも行く予定なので、北フランスやフランドルのお菓子をたくさんリサーチしてきたいと思っています。  

July 09, 2014

7月のフルコースレッスン バターチキンカレー


今年は昨年に比べると幾分涼しいですね。葉山では7月に入っても雨もほとんど降らず、夜になると寒気すら覚える日もあります。レッスンのメニューは4月に決めるので、7月はさぞ暑かろうとインド料理にしたのですが、う〜ん、何となくまだ早い感じ。でも本格的な暑さを迎えたら、スパイスで体を冷やして乗り切りましょう。


バターチキンカレーです。バターや生クリームのたっぷり入った濃厚なカレーで、まろやかな風味が特徴です。ヨーグルトでマリネした鶏肉も柔らかいです。こちらはインド北部のカレーなのですが、北部では米より小麦を主食としていますので、今回は併せて自宅で簡単に作れるナンの作り方も紹介しました。


旬のオクラを使ったサブジです。スパイスのきいたサブジは野菜嫌いの方にもおいしく召し上がっていただけると思います。

パニールを使ったデザート、ラスマライです。パニールでお団子を作り、シロップで煮たものですが、このお団子作りがなかなか難しいんです。でもかわいらしいルックスですよね。インドでは結婚式に必ず登場する縁起のいいデザートなんだそうです。  

July 08, 2014

7月前半のお弁当

7月に入りましたね。台風の被害、少ないことを祈っています。


レッスンのために仕込んだサルシッチャを冷凍しておいたものを使ってパプリカの肉詰め。自家製サルシッチャはお肉の叩きが粗めなので、ジューシーに仕上がりました。


わが家ではパプリカやピーマンの肉詰めを作る際にはパプリカを縦ではなく横にカットしています。そのためヘタのついた方は使わないことが多く、そちらは後で炒めものなどに使用しています。この日は前日の残りのパプリカでオムライス。鶏つくねの青紫蘇巻きも入れてみました。


娘と都内に出たついでに銀座でお弁当のおかずを買おうと三越へ。ハムが1枚550円もしてビックリ!まあ、顔より大きなサイズで厚みも通常の2倍はあるので妥当なんですけどね。見るからに分厚いでしょ?このハムで作ったサンドイッチは絶品だったそうです。


我が家では定番になったパンダちゃんおにぎり弁当。こちらも余ったパプリカを利用しています。この日は珍しく甘い卵焼きではなく、ハムチーズ卵焼き。サンドイッチを作った際に余ったハムを利用しています。


レッスンの試作で仕込んだ鶏肉。スパイスとヨーグルトでマリネしたものです。これをグリルして、千切りキャベツと共にピタパンに挟んでみました。ピタパンは前日にふと思い立って焼いたもの。およそ20年ぶりに焼きましたが、見事全てポケットになってくれました。  
Posted by spicesoflife at 06:00おうちでクッキング

July 07, 2014

1-dayパティスリーレッスンのお知らせ シュガーバターパン


バターと砂糖というシンプルな素材で作るシュガーバターパン。北フランスの郷土菓子Tarte au sucre(タルト・オ・シュクル)をよりシンプルにアレンジしてみました。どこか懐かしくて、飽きのこないイースト菓子です。


開催日時:9月18日(木)10時より
参加費:4000円(ランチ付)


お申込は下記フォームよりどうぞ。
お申込フォーム  

July 04, 2014

いちじくロール焼きました


アメリカにいちじくのペーストをサブレ生地で巻いて焼き上げたFig Newtonというお菓子があり、古い友人が一時期このお菓子のことばかり話していました。なぜなんだろうと思っていたら、あるお気に入りのドラマの中でFig NewtonはマサチューセッツのNewtonという小さい街で生まれたと言及していて、なるほどと思いました。件の友人は学生時代マサチューセッツに住んでいたので、このお菓子を食べる機会が多かったようです。ちなみにアメリカのナビスコが全米で販売しているので、マサチューセッツ以外でも食べられます。


ちなみに私が焼いたFig rollsはイギリスのレシピから。ドライのいちじくをたっぷり使って、濃厚な仕上がりです。  
Posted by spicesoflife at 21:13ホームメイドのお菓子

July 02, 2014

ビスケット2種焼きました


友人とランチをすることになり、プレゼントとして焼いたビスケット。以前レッスンでも紹介したシナモンロール風ビスケットとクランベリーのビスケットの2種類を焼きました。


E-PL5で撮影した2枚。上はノーマルで下はジオラマ。ジオラマって街中を撮るイメージだったけど、室内撮影でも独特の雰囲気を醸し出していていいかも。


欲を言えばもう少し寄りたい。やはり25个離譽鵐最磴い燭い覆◆またせっせとお金溜めなくては。  
Posted by spicesoflife at 06:30ホームメイドのお菓子