May 01, 2015

瑞穂の豆大福と最中


先日娘と原宿に行った時のこと。以前勤めていた事務所でたまにお土産に頂いていた大福のお店が近くにあったことを思い出し、行ってみることにしました。パンケーキ屋さんがあるおしゃれな路地を歩くと、原宿とは思えないほどひっそりと佇むお店。東京三大豆大福なるものがあるそうですが、その1軒が原宿の瑞穂です。


私は三大大福のうち、泉岳寺の松島屋さんのものは食べたことがありますが、群林堂のものは未食。なので比べることはできませんが、瑞穂の豆大福はこしあんと今時にしてはちょっと硬めの生地、そして豆のバランスがよくて、全体的にとても上品。その日のうちに食べるように推奨されていますが、私は翌日のもののほうが好きです。


大福で有名なお店ですが、個人的には最中のほうがおススメ。こんなに香ばしい香りが持続する最中を私は知りません。使っているもち米が良質だからなのか、焼き方にコツがあるのかわかりませんが、驚くほど香り立つ皮です。


餡は粒あん。程よい甘さでおいしいのですが、とにかく皮の印象が強くって…。大福も最中も甘さ控えめで上品で、それでいてメリハリがきいています。

  

April 30, 2015

スモークサーモンとフロマージュ・ブランのタルト


なんとなく仕事がはかどる日ってありますよね。私もそんな日には次々とアイディアが浮かんできて、何品も試作します。この日も午後から同時進行で3品作成。その中の1つがこのタルトです。ブリゼ生地を使ったタルトですが、フチなしに仕上げています。通常はフチを作って、中にアパレイユを流し込むスタイル。キッシュなどによく使われるブリゼ生地ですが、バターたっぷりのこの生地にクリームや卵、チーズたっぷりのアパレイユは暑い時期にはやや重め。そこでさっぱりとさわやかになるように考えたのがこのスタイル。タルトやキッシュって放射状にカットすると、フチの部分を最後に食べることになるのですが、ここってアパレイユと生地のバランスで言うと「アパレイユ少な目・生地が多め」なんですよね。バランスが悪いし、最後の一口としては重い。そんな不満も解消されて、かなり満足です。

フロマージュ・ブランとスモークサーモン、新玉ねぎをトッピングし、仕上げにイタリアンパセリと白こしょうをふりかけました。よく冷やした白ワインや泡ものに合う一品です。  
Posted by spicesoflife at 06:00おうちでクッキング

April 29, 2015

絶滅危惧種の海苔シリーズ


こちら絶滅危惧種シリーズの海苔「キリン」です。クオリティ高くて感激しました。パッケージを生徒さんに見せたら、「絶滅危惧種って・・・。」と言われてしまいましたが、娘の趣味だからしょうがないですよね。先週から部活が本格的にスタートし、部活の日は本当にご機嫌で帰ってきて、1時間は部活の話をしています。科学部は虫や動物、天体に興味がある子ばかりなので、娘にとっては居心地がいいようですが、いかんせん全体で2人しか女子がいないので、女子の新入部員を増やしたくて仕方がないようです。ちなみにキリンって絶滅しかけているの?って思い調べたところ、ウガンダキリン(ロスチャイルドキリン)という種類のキリンが周囲の農業環境の影響で絶滅しかけているんだそうです。この日のおかずはエビチリです。


こちらも絶滅危惧種「カバ」です。カバのフンは魚の餌になるので、カバがいなくなると水中の生態系に大きな影響が出るそうです。ちなみにカバの子供ってかわいいですよね〜。私は大好き!この日のおかずはハンバーグにウズラの目玉焼きのせでした。




こちらはゾウ。何だかハンバーグが続いているように見えますが、土日を挟んでいます。ハンバーグは娘が一番喜ぶおかずの1つなので、しょっちゅうリクエストされます。この日は他にオレンジといんげんのサラダを入れています。  
Posted by spicesoflife at 06:00おうちでクッキング

April 28, 2015

タケノコのソテー イタリア風


4月中旬のある日の夕食より。タケノコもそろそろシーズン折り返し。この日はゆでるのが面倒だったので、お店でゆでたというものを買ってきました。にんにくとオリーブオイルで炒めて、イタリアンパセリとグラナ・パダーノをたっぷり振りかけて。


しかしこの日は7月の気温だったとかで、春というより夏のような一日。何だか季節感も何もあったものではないですね。  
Posted by spicesoflife at 06:00おうちでクッキング

April 27, 2015

NYチーズケーキ焼きました


先週マグノリアベーカリーで食べたチーズケーキに触発されて、NYチーズケーキを焼きました。実は30種類以上のNYチーズケーキのレシピを持っているのですが、いつも不満にもっていたのがサワークリーム。東欧やロシアに住んでいれば特大容器に入ったサワークリームを常備しているかもしれませんが、日本のスーパーでは小さなサイズのサワークリームしか手に入らないし、頻繁に使うわけではないので常備しておくわけにもいかず、ふと思い立ってチーズケーキを焼こうという時に「あっ、サワークリームがない」となるのがかなりストレスだったわけです。そこで今回手持ちの30種のレシピを丹念に読み込んで、サワークリームを使わずに作れないものかと考えてみました。


とりあえず試作1号は成功かな。クラックを恐れて、焼き色がちょっと全くつかなかった点と高さが出なかった点が反省点。しかしこのケーキ、18儡欸燭400gもクリームチーズを使っているんですよ!それでもNYチーズケーキ特有の高さが出ませんでした。分量を1.5倍にして再トライする予定ですが、1圓離リームチーズなんてあっという間に使い切ってしまいそうで怖いです。  
Posted by spicesoflife at 06:30ホームメイドのお菓子

April 24, 2015

表参道をぶらぶら〜マグノリアのチーズケーキ

竹下通りを後にして、表参道の気になるお店をチェックしました。まずはGYREへ。入ってすぐカフェ・カイラの行列が目に飛び込んできました。平日の13時だけど、5組以上並んでいたかな。パンケーキは本当に人気ですね。家で焼けばいいのにって思ってしまうのは主婦感覚なのかな。

デュヌラルテもチェックしましたが、特に目を引くパンはなかったかな。一瞬POINT ET LIGNEに来たのかと錯覚してしまいました。同じ人がプロデュースしているから当然かもしれませんが、差別化が図れていないんじゃ、別ブランドを立ち上げる意味がないような・・・。


NYだけで5店舗も展開しているマグノリアベーカリー。ちょうど前日のレッスンで話題に上っていたので、何か買って帰ろうかなと思いましたが、以前友人がカップケーキをテイクアウトしたらクリームがドロドロになって大惨事だったと話していたので、テイクアウトは断念。考えてみたらNYでもカップケーキを1時間以上持ち歩いたことはなく、買ったら近くの公園で食べるようにしていましたが、バター主体のクリームは日本の湿気と暑さには弱いでしょうね。イートインスペースで娘とチーズケーキを半分こすることにしましたが、ここのチーズケーキはちょっとお値段高すぎだと思うんですよね。ここだけでなく、NYのチーズケーキってちょっと大きめでずっしりとしていて、とっても食べごたえがあるので、決してぼられているとは思わないけれど、1ポーションのチーズケーキに840円近くを払う感覚に私の脳は付いていけないようです。半分のサイズで500円だったら、割高になるけど納得できる。矛盾しているんですけどね。ちなみにお味はおいしいです。でもここでしか味わえない絶品ってほどじゃないかな。


それからこの椅子。誰得なんでしょうねえ。女子が多いこの店。日本人女性の体格を考えたら、この椅子はないよなあ・・・。


この後、気になっていたAWESOME STOREへ行き、キティちゃん好きな外国人のお友達にマグカップを購入。お湯を注ぐと絵柄が変わるというもの。お目当てのマグカップは購入できたので満足ですが、他には何にもほしいと思えるものがなかった!ASOKOしかりフライングタイガーしかり、テレビや雑誌で見た時やお店を外から覗いたときは楽しそうだなあと思うのですが、実際に行ってみると欲しいものが1つも見つからない・・・。年齢のせい?私がオバサンだから?でもフランスで立ち寄ったHEMAは楽しくて、たくさんお買いものしたので、好みの問題なんだということにしておきたいところ。HEMAは日本に出店しないのかなあ・・・。  

April 23, 2015

久しぶりの竹下通り ランチは龍の子で担担麺


月曜日、あいにくの雨模様でしたが竹下通りを約10年ぶりに歩きました。今回は娘の学校の代休を利用して原宿ALTAにあるスイマーのギフトショップChocoChocoに行くのが目的。ついでに私もショッピングを楽しみました。しかし驚いたのは外国人の多さとパンケーキ屋さんの多さ(笑)。平日だったこともあって、ゴスや裏原系っぽい子には会えませんでしたが、タイ語と中国語、英語が飛び交い、みんなクレープ屋で並んでいるというなかなか珍しい光景に遭遇することができました。


ファストファッションのお店を覗いて、ランチは娘のリクエストで中華。何度もパンケーキやハンバーガーを勧めたのですが、どうしても中華がいいと言い張るので、むか〜し行ったことがある龍の子へ。久しぶりでしたが、変わらずおいしかったです。イチオシは担担麺。相変わらずおいしいなあ。


麻婆豆腐もお勧めです。昼間ならランチでかなりお得なお値段で食べられます。ご飯も小さいお櫃で出してくれるのがうれしいです。以前はここの麻婆豆腐はNo.1かなと思っていましたが、今では逗子の喰う喰うが私の中でのNo.1。アホみたいにたっぷりの山椒がたまらないんです。


知人に勧められて今回はじめて食べた四川風ワンタン。辛いのかなと思いきや、しっかり甘めの酢醤油がきいていて絶妙。これと担担麺のコンビは最強です。でも1人では食べきれないから、絶対複数名でいかないとだめですね。中華はやっぱり大人数に限ります。

  
Posted by spicesoflife at 06:30外食

April 22, 2015

奈良吉野の嘉兵衛番茶


先日米粉のジェノワーズを紹介したときに、添えたのは番茶です。もともとほうじ茶が好きで、柳桜園のほうじ茶を愛飲していますが、その話をしたところ奈良の番茶を勧められて、以来こちらも気に入って買うようになりました。


とても大きな袋に入っていますが、手もみをしていないため茶葉の形そのままで嵩張っているだけ。番茶は一度にたっぷり使う上、二煎目は飲めませんので、毎日飲んでいると1か月はもちません。高さ33僂發△訛腓な専用缶に入れて保存しています。


奈良の番茶は天日干しして水分を完全に取り除いた茶葉を焙じて作る日干(にっかん)番茶で、岡山の美作にも似たような番茶があるらしいですが、気になっているのは阿波番茶。徳島県のお茶で、乳酸発酵させるという日本茶としてはかなり変わった製法で、どちらかというと中国茶に似ているそうです。製法が違うので最近では晩茶と表記されるそうです。今度お取り寄せしてみようと思っています。  
Posted by spicesoflife at 06:00お茶に関する話題

April 21, 2015

タコのソテー バジル風味と豚肉と野菜のグリル レシピあり(要パスワード)


冷凍しておいたタコを使ってソテーを作りました。少なめの油で揚げ焼きにしたじゃがいもににんにくとソテーしたタコ、最後にバジルを振りかけて仕上げます。白ワインやビールにピッタリで、これからの暑い時期におすすめです。


先日ブログで紹介した豚肉と野菜のグリルと共にレシピを紹介します。

*レシピの閲覧には通年レッスン参加者のみにお教えしたパスワードが必要です。
  続きを読む
Posted by spicesoflife at 06:30Convivialiteお知らせメール

April 20, 2015

南イタリアの白ワインとゼッポリーネ おつまみレッスンより


今月のおつまみレッスンでは南イタリアの白ワインをテーマに、4品のおつまみを紹介しました。


以前から生徒さんにリクエストをいただいていたゼッポリーネ。余ったピッツァ生地に海藻を入れて、油で揚げたのがルーツの、イタリアらしい素朴な一品です。レッスンではアオサを入れて作りましたが、生地を発酵させている間にも海苔のいい香りがして、食欲をそそられます。生地に塩をしっかりと入れているので、何もつけずにそのまま食べられるのですが、ついつい手が伸びて止まらなくなること請け合いです。


アスパラガスのおいしい季節なので、ミラノ風アスパラガスを紹介しました。おつまみ用に小さめのポーションにするために、ウズラの卵で目玉焼きを作りました。


カジキマグロを使ったカルロフォルティーナ風。サルディーニャに近い小島の港町カルロフォルテの名物料理で、ビネガーでカジキを煮ています。


ソット・オーリオはグリルした肉や野菜をオイルとハーブで漬け込んだ保存食。今回はすぐに食べることを想定して、新玉ねぎをたっぷりかけてみました。

来月はブルゴーニュワインとおつまみを紹介します。どうぞお楽しみに!