January 25, 2005

中野

050125_2018~001.jpg蜘蛛太郎と美紀との奇妙な生活は、まだまだ続くのです。
そして中野ブロードウェイの名物まんだらけへ、そこで美紀は、コスプレなどを物色〜!
蜘蛛太郎の目的は、美紀が欲しがっていたファイナルファンタジーのガンコンを探す〜!
流石〜!オタクもののけの吹き溜まりブロードウェイ!
量販店で見つからないものが、あるじゃん〜!
美紀は、すご〜く喜んだ〜!
やはり変な娘でした〜!
でも美紀は、携帯の料金を払いたいから、ホテル行こう〜!
だって〜なんじゃそりゃ!
っと思いながも、ホテルへ行ってしまう蜘蛛太郎でした
  
Posted by spider3 at 20:18Comments(0)TrackBack(244)

December 16, 2004

指切り

041216_0008~001.jpg今日仕事で指をザックリ切った〜!
っで〜蜘蛛太郎そろそろ復活です。
  
Posted by spider3 at 00:12Comments(1)TrackBack(0)

November 02, 2004

もののけ

041102_2351~001.jpg美紀は蜘蛛太郎に負けないくらいのマニア系〜
二人は池袋をあとにし、たくさんの、もののけ達が住む中野へ向かった、最近でのもののけ代表は、青木サヤカだろう蜘蛛太郎は、あの口調で携帯で話しながら歩いている青木を何度も目撃している!
そんな中野のなかで、一種独特の雰囲気があるのが、中野ブロードウェイ・・・〜つづく〜
  
Posted by spider3 at 23:52Comments(1)TrackBack(2)

October 24, 2004

決断

041024_0004~001.jpgまずは、池袋のビックカメラで買い物・・・
何故か美紀は、電気屋の量販店が好きであった。
蜘蛛太郎も得意分野であるから苦にはならないが、生活に困るほどなのになにが欲しいの?
その時点では、美紀は、まだ組織の店を辞めておらず、美紀の悲しみをかいまみた蜘蛛太郎であっても組織の店を美紀が辞める辞めないは、どうでもよった。
そしてビックカメラで欲しがった物は、なんとファイナルファンタジー!プレステのソフトである。
なんでやねん!って感じで、それプラスファイナルファンタジー専用ガンコンだった。
蜘蛛太郎もバカだからソフトを買ってやりしかしガンコンの方は、売り切れだった〜つづく〜
  
Posted by spider3 at 00:30Comments(0)TrackBack(0)

October 23, 2004

穴子

041023_1308~001.jpgあなご三兄弟!
くだらね〜
それに古い!
  
Posted by spider3 at 13:13Comments(0)TrackBack(0)

買い物?

041023_0044~001.jpg美紀とは、たいがい下赤塚で待ち合わせ・・・
美紀は、その下赤塚住んでいるって事を言っていたが、本当かどうかは、定かでなかった。
いつも違う方向からやってくる
そんなに住んでいる所を知られるのが嫌なのか?
  
Posted by spider3 at 00:53Comments(0)TrackBack(0)

October 22, 2004

結局これか〜

041022_0058~001.jpg美紀は、結局生活のため蜘蛛太郎と会うことになってしまった。
愛人ってまでではない蜘蛛太郎的には、蜘蛛太郎がパパではなくママになったのです。
最初にホテルで会った時から、一週間ほどたったある日美紀から、連絡が入った
一緒に買い物に行こう!なんて気軽にアポをとってきた。
今度は何を買わせる気だ〜なんて思いなら待ち合わせをしてしまった。
でも生活費で困って愛人ごっこしているのだから、余計な物買うなよ〜って感じで〜つづく〜
  
Posted by spider3 at 01:17Comments(1)TrackBack(0)

October 21, 2004

大トロ

041021_1446~001.jpg今日大トロ脂が少ない〜だめだこりゃ〜つづく〜
  
Posted by spider3 at 16:06Comments(1)TrackBack(0)

October 20, 2004

くわえたら

041020_0251~001.jpg美紀の秘貝から雫が滲む・・・
美紀は、嫌がる
そこを少し強引に蜘蛛太郎は、秘貝に顔を埋める
美紀は、蜘蛛太郎の頭を手で持ち上げる
さも私がしてあげるって言いたげだ
それならって感じで美紀の前に次郎を差し出した
美紀は、次郎をくわえた
その時だった蜘蛛太郎は、ある映像を見た
それは美紀の生い立ちから始まり最近の出来事が瞬時に映像として飛び込んで来た
蜘蛛太郎は、涙した
美紀の悲しみが解り蜘蛛太郎は、美紀を抱きしめた。
これがさっき女人像から貰った能力か!蜘蛛太郎は、美紀の悲しみの一部を四万ゼニーで買った
蜘蛛太郎の経験値が24になりレベルが12になった〜つづく〜
  
Posted by spider3 at 03:16Comments(1)TrackBack(0)

October 19, 2004

開眼

041019_1038~001.jpg蜘蛛太郎と美紀は、風呂場から出た・・・
さっきの女人像の話しなど美紀に話す事などできるはずなく、蜘蛛太郎は、無言でいた。
そして本能に身を預け美紀をベットへ倒した。
美紀の透き通るような柔肌がたまらん〜蜘蛛太郎は、攻めた、しかし美紀の表情は、変わらない
声一つあげない美紀
蜘蛛太郎の攻めの勢いが増す。
舐める吸う擦る美紀全身を愛撫する
蜘蛛太郎の技は、美紀に効かない!
すでに次郎は、ゴキンゴキン!
蜘蛛太郎も意地になり美紀の秘貝に集中砲火ー
少し美紀に反応が〜つづく〜
  
Posted by spider3 at 11:14Comments(0)TrackBack(0)

October 18, 2004

女人像

041018_0358~001.jpg光る女人像に蜘蛛太郎は、ビビった。
それに蜘蛛太郎が放った蜘蛛の糸が女人像の頬に付着している!まさに蜘蛛太郎は、女人像に顔射したのだ〜なんて事を〜
その時でした、女人像の瞳から涙が溢れてきた
そして蜘蛛太郎の糸と頬で一体となり、女人像は、悲しい顔となり目映い光を放し、その光の中に女人像は、吸い込まれるように消えて行った。
ようやく蜘蛛太郎も自分の本体へ戻って行く事ができた。
この時蜘蛛太郎は、人の悲しみを悟る能力を手に入れた。
レベルも7にアップした。〜つづく〜
  
Posted by spider3 at 03:58Comments(1)TrackBack(0)

October 17, 2004

幽体離脱?

そうなんです、蜘蛛太郎は、幽体離脱をしているのです・・・
下に居る蜘蛛太郎は、そろそろクライマックスのようです。美紀の必死のフェラと手尺のコンビネーションで蜘蛛太郎は、体をヒクヒクさせてます。
そしてそれを見ている蜘蛛太郎。
なっなんと天井の蜘蛛太郎は、股間に手をやりオナニーをしているのです。バカ物です。
そして二人同時にフィニッシュ〜ドピュ〜下居る蜘蛛太郎、天井の離脱した蜘蛛太郎、同時でした。
そして天井の蜘蛛太郎の精子がまるで蜘蛛の糸のようにタラリ〜ちょうど美紀の頭にタラリ〜
その瞬間です!精子が美紀の頭にかかるやいなや、美紀の守護霊らしき女人像が現れたのです!
幽体の蜘蛛太郎は、驚きのあまり、息子次郎もちじみあがりです。・・・つづく・・・
  
Posted by spider3 at 22:37Comments(0)TrackBack(0)

結局・・・

041016_2229~001.jpg結局蜘蛛太郎は、美紀にFを受けつつ頭は、別の所・・・
その時でした蜘蛛太郎の人生を変える出来事は
目の前が一瞬フラッシュがたかれたようになり、蜘蛛太郎が蜘蛛太郎を見ているんです。
天井から二人の行為をAVでも見てるかのように美紀と蜘蛛太郎をです・・・つづく
  
Posted by spider3 at 15:12Comments(0)TrackBack(0)

October 16, 2004

美紀のFテクは、決して上手くなかった・・・
男は、わがままな生き物、自分の事を棚に上げて、すぐ他人を評価します。
元来!蜘蛛太郎は、他人を評価するのはあまり好きじゃないです、何故なら自分に自信がないからでしょう!
しかしここでは、評価しないと伝わらないのが辛いとこです。
要するに美紀のFはカユい所に手が届かないFでした。
必死で生活のためのFです、例えるならなかなか取れないUFOキャッチャー?解りますか?Fをそれに例えた人は、あまりいないかもしれませんがピッタリだと思います〜
なかなかひっかからず発射できない!物が取れない!そんな感じです。
そんなFで・・・
  
Posted by spider3 at 03:14Comments(0)TrackBack(0)

October 15, 2004

ちょっと一息

041014_2342~001.jpg今日は、美紀の話しは、お休みして〜
趣味の話しです〜つまんないかも
蜘蛛太郎は、蜘蛛のくせに魚に取り付かれていた時期がありました。仕事は魚を調理する仕事をしております。釣りは、子供の頃から川から船まで何でも来いで、魚の飼育もハマった時期があって、釣ってきた魚を飼育したり、熱帯魚もグッピーからディスカスやアロワナまでディスカスは、産卵させたり、アロワナを水槽から飛び出し死させた時からショックで熱帯魚は、辞めました。
あとはダイビングを少々、魚と同じ立場になるのは、最高ですよ!
魚君も真っ青かな?
ついでに魚座です。明日は、美紀のFの話しです、ご期待下さい
  
Posted by spider3 at 01:56Comments(0)TrackBack(0)

October 11, 2004

息子次郎

美紀は、次郎を優しく愛撫してくれた・・・・
蜘蛛太郎の次郎は、すぐ元気になり美紀は舌で包み込む、次郎は、彼女の体温を感じた。
ここで蜘蛛太郎は、異変に気づいた・・・
さっきからの間蜘蛛太郎と美紀は、唇と唇を合わせていない、これが蜘蛛太郎と美紀の関係なんだろう!
お互いの思いがはっきり行動にでている。
そこには何もない、ただ彼女は、生きるために、そこにある一物を大事にしているようであった。
蜘蛛太郎もそれで満足していたかもしれない。
二人は湯船の中で唇以外のあらえる部分の感触を味っていた。蜘蛛太郎の頭は、白くなって男なんてこんなもんなんだと、自分に言い聞かせていたように思えます。
やはりどこかに罪悪感が・・・
でも思いと行動が一致しないのも男である。
それに次郎が言う事を聞くはずがない
美紀も次郎を離そうとしない、彼女の頭の動きが勢いを増してきたころ・・・つづく
  
Posted by spider3 at 02:11Comments(2)TrackBack(0)

October 10, 2004

バスタイム

さっきまでファミレスで食事をしていた二人がホテルで・・・
とりあえず部屋でテレビ見ながらジュースなんか飲んだりして、さ〜そろそろで・お風呂入ろうか?美紀からきりだしてきた。
蜘蛛太郎は、緊張ぎみに服を脱ぎ、美紀は、恥じらいながらも手際よく服を脱いだ、慣れてる感じがした。
美紀の体は、両親が東北出身のせいか、色白で中肉中背です。
蜘蛛太郎は、すぐ全裸の美紀を抱きしめていた・・・
でもそこには愛情も何もない獣になった二人が居た。
美紀の下着の跡が妙に生々しかった
二人は風呂場でお互いの存在の確認をし。
美紀は、これまた手際よく蜘蛛太郎と蜘蛛次郎をよく洗ってくれた、やっぱり慣れてる感じ。
次は湯船で向かい合わせで入り、蜘蛛太郎は、腰を浮かし次郎を水面から出して見せた、美紀の目の前に、この指止まれ〜って感じで・・・美紀は、この馬鹿行為に直ぐ乗ってきたどころか、クチで止まってきた、やっぱり美紀は・・・っと思いながらも次郎が〜つづく
  
Posted by spider3 at 22:08Comments(0)TrackBack(0)

October 09, 2004

ママ!?

美紀は、組織を抜けるのに必死だった。蜘蛛太郎としては、最初どうでもよかった。
しかし美紀は、本気だ・・・
蜘蛛太郎は悩む・・・
とりあえず美紀の本気度を試してみる事にした。
郊外のホテルまで車を飛ばし・・・
車の中で美紀に後悔しないか?と何度も聞くと、美紀は笑顔をむける。
この時の蜘蛛太郎は、今になってみると自分に後悔してしまうんじゃないか!
まだ未来のある、これから輝こうとしている、原石に傷をつけるような事、ちょっと大げさかもしれないけど、本人にとっては、どって事ないかもしれなかったけど、美紀との事は、蜘蛛太郎にとって今では後悔してます。
しかしすんなりチェックインして二人でお風呂に入ってました。・・・つづく
  
Posted by spider3 at 22:42Comments(1)TrackBack(0)

October 08, 2004

愛人?

そのメールの内容には、流石の蜘蛛太郎も驚いた!
なんと美紀は、蜘蛛太郎の愛人にしてくださいってメールに書いてある・・・
マジカヨ〜が最初の印象で馬鹿言いやがって〜でした。
とにかく会って話しをする事になり、ファミレスで・・・
結局美紀は、組織の店を辞めるため、蜘蛛太郎に助けを求めてきたのである。
でも蜘蛛太郎になんで?それに蜘蛛太郎に経済的余裕なんかない!愛人の相場は値段は?・・・とんでもない!美紀の一ヶ月の生活費は?じょうだんじゃない!美紀が愛人?じゃー蜘蛛太郎がパパかよ!
まったく〜蜘蛛太郎は、ママぐらいしかなれないよ!・・・なんじゃそりゃ!・・・つづく
  
Posted by spider3 at 02:53Comments(1)TrackBack(0)

October 07, 2004

コ〜ジマ

ファミレスから出て次どうしようか?なんて美紀のご機嫌を伺ってみた。
美紀のクチから思ってもない言葉が!
電気屋さんに行きたい!
なるほど〜美紀の気持ちが、ちょっと解ったような感じがした。
解っていても、それに乗るのも、いいかな〜蜘蛛太郎は、軽くOKした。
やはり加湿器とコンポを購入!もちろん蜘蛛太郎が・・・
加湿器は、美紀は体が弱い、容姿からして、唇カサカサ肌乾燥肌、前から欲しかったらしい。
コンポは、音楽が無いと死んじゃうらしい。
まったく〜
今日で美紀とは、お別れしよう!蜘蛛太郎は、心に決めた!
っと思いながら、次は、美紀の実家の近くだという島忠へ
ここが後日、夜の島忠事件の舞台になる場所です。
ここで、シャンプー、洗濯石鹸、ゴミ袋、などの消耗品などを買って、その日は、さよならだった。
美紀は、家を知られたくないため、加湿器、コンポ、その他を一人で持って帰る!って事で蜘蛛太郎は、一人島忠から走り去った!多分あとから彼氏でも迎えに来たのだろう!
その日から、十日間ぐらい静かな日がつづき、蜘蛛太郎も美紀の事を忘れるようにしていたやさき、一本のメールが届いた・・・つづく
  
Posted by spider3 at 10:20Comments(0)TrackBack(0)