November 10, 2009

TYO - ほしいもの。

mingです。

iPhone3GSを手に入れてから、PCの電源を入れる頻度がおそろしく低下しています。iPhoneってほんとすごい。もうこれなしで生きていけない。

で、他の皆さんと同じくして、プアな電源問題に悩まされてます。バックライトの照度をギリギリまで下げることで結構大丈夫になったけど、それでもやっぱりどこかヒヤヒヤしながら使ってる・・。もっと気にせず使いたいよー!

そんな時に見つけてしまった、この充電器HYmini

    

ソーラーパネルと風力発電と手動モーターと・・・もりだくさんすぎるじゃないか!USBや普通のコンセントももちろん可。あーー、これほしい!あくまでサブ電源でしかなさそうだけど。防災グッズとしても使えそうだし、自転車やバイクの人にもよさそう〜(自転車タイヤの回転を利用したハブダイナモは今のトコ開発中らしい。)。まったくエコだねー。

iPhoneだけじゃなく、携帯もBlackberryもPSPもDSも使えるって。これをタコアシ分岐できたら、旅行のときいちいちいろんな充電器を持っていかなくてもすむじゃん。わお。

June 20, 2009

TYO - なんやかんや3本立て

最近続けて映画を見たのでメモ程度に。メモだけど長い・・。

鈍獣
私の好きな俳優:寺島進、北村一輝、石倉三郎、小川兄、桐生一馬
仁義とか男の友情とかクローズとかRookiesとかが弱点です。
そんな上唇の薄さにクラクラする自分ツートップの一人、北村様×クドカン脚本+昔の恋人・浅野忠信ってことで期待にキュンドキワクムネしながら見に行ってきました。「鈍獣」。
もうすでにご存知とは思いますが、わたくし、感想を述べるのが大の苦手でして。面白かったかと言われれば、まあまあ。ナイスの森や大日本人を見た後と同じ。頭の構造は単純なので、ルーキーズとかのほうが性にあっているのは認めます。
鈍獣
クスっとしてしまうところは多々あり、
やっぱり北村一輝はホスト顔/ユースケの後ろ髪/「おしまい?」/元大乃国
/ソフトクリーム生クリームじゃん/ジェロ/バーカー/ぽろす/ポロシャツでポロす
ギャグギャグギャグandしんみり、そしてギャグ、なクドカン節はいつもどおりだけど、なんだろう、突き抜け感が足りないような、笑うのも「シシッ」って息がもれる程度でしかないというか。微妙に残念でした。北村様が美しくなかったのが大きな一因やもしれぬ。
ま、ま、ともあれ、楽しむには楽しめたので、よかったとしましょう。

プール&女の子ものがたり帰りに「プール」と「女の子ものがたり」(→好きそうでしょう?)のフライヤーをもらってきて。プールはあれですね。パンのCMですね。ごはんは飯島さんだそうです>yokopinちゃん&chikuちゃん

プールは9月、女の子ものがたりは夏の終わり公開予定。
こういう先のスケジュールって忘れちゃうんだな・・・。



お買い物中毒な私
ハイッ!わたしわたし!たぶん、誰からの異論も無いと思います。
いやー、何も残らない映画だけど、身につまされるところもありました。
ショッパホリック友の会(?)にて、ショッピングに対する情熱&いかにショッピングは楽しいのか、を語るのですが、わたしも会の一員になって「だよね〜」「そうそう!」と共感してしまった。やばし。ここに共感するよりも、「買う前に必要なものか自分に問いかける」という教えのほうが数倍大事だ。

お買い物中毒な私ウソばっかつくし、借金はあるし、友情は裏切るし、ほんとダメな女子なのにエディターの座を勝ち取り(辞めるけど)、仕事はとんとんキャリアアップ、あげくセレブで仕事のできる彼をゲトするんだから、ほんと映画ってご都合主義よね〜。

今回のスタイリングは素材の女子が「かわいい!」って目で見られないのに加え、おそらくパトさんのスタイリングを短期間でいくつも見せられたためなんかこれ前も見た、っていうデジャヴ感であまり心躍りませんでした。残念。

まだ、友達の方がかわいいし、スタイリングもよかった。でもあんな感じの女の子でもウエディングドレスはコンサバなのね。ブライズメイドの衣装はどうみてもキャリーだったけど。女子は永遠にふわふわが好きなのだ。

総じて、原作を読んだ方が面白いと思われます。

重力ピエロ
まず、原作者のデビュー作があまり好きではなく、以降それ以外の作品は読んでいません。
&加瀬亮と岡田将生が出てるっていうあざとさがなんとなく、むーーー。
なので全く見るつもりもなかったのですが、サロンのお姉さんが「すごい!」と大絶賛するので行ってみました。公開してからしばらく経つのに満席だったのが驚きです。

これを見ている間中、自分の気持ちがころころ変えさせられました。幸せなひととき、絶望の淵、家族の愛情、忌まわしい出来事。静かに続く(様に見える)日常に振り幅の大きな瞬間が何度も出てきて、まったく感情のやり場に困りました。さっきのあの気持ちは?とか。ハラハラドキドキとはまた違う、自分の芯をぎゅーっと握られたような、そんな感じ。
で、とても素晴らしい映画だったかというと、私としてはそんな満足感は得られませんでした。

重力ピエロ以下、ストーリーの本質にふれます。

家族愛は泣ける、でも収束するのがあの結末でいいのか、私にはわかりません。いや、納得できないのだと思います。確かに犯人は報いをうけるべきことをしてしまったし、それを反省もしていない。絶対に言ってはならない事も言いました。お母さんが亡くなったのはやはり過去の出来事が発端なのかもしれません。

だからといって彼を殺めてしまってもよいのでしょうか。私には一番安易な方法に思えて仕方ありません。そのほかにも、なぜあれだけ状況が揃っていながら逮捕されないのか、実父は息子のしたことを許してしまってよいのか、そもそもこれが最強の家族なの?とか、泣きはらす方がたくさんいるなかで何かとモヤモヤすることしきり、でした。

だって、お父さんは春が生まれたその後の生活がどんなものか想像がついただろうし、それを受け入れる心づもりもあったからこそ「産んで育てよう」と言ったはず。足枷(=重力)を付けたままこの家族で生きていこうと。

その結果がこれって、どういうこと?悶悶悶・・・

今でも思い出した時にぐるぐる考えているので、そういった意味では今までになくよい映画だったのかも。

そして昨日本屋で最後の数ページを立ち読みしてきました。
大差ないというかむしろ原作のほうが詳しく(必要ないことまで)書いてある分「それってあり??」という気分に。

ああ、まったく納得できない。もんもんもん・・・

June 05, 2009

TYO - T's bar

エントランス
また、レセプションに呼んでいただき行ってまいりました。
今回はウェスティンホテル東京の1Fにある、ザ・テラスのエントランス付近にできる(できた:オープンは6/4)「T's bar」です。
またまた、よいところに呼んでいただいた香りがプンプン。普段はほぼデニムでちょーーカジュアルなわたしも、ワンピースにヒールでおじゃましてきました。今回もyokopinちゃんと一緒に。おけいこの予定があったのにずらしてくれたのです。なんてやさしいのー!

こちらはバーながらアペタイザーとワインがそれぞれブッフェスタイル(ザ・テラスがブッフェレストランだし)。
前菜っておいしいですよね〜。そしていろいろなものを少しずつたくさん食べたい(笑)。その希望を叶えるがごとく、もうありとあらゆるアペタイザーがカウンターにずらり並んでおります。どれから取ろうか迷うほど!ちなみに欲張って端からほぼ全種ちょっとずつ取ろうとしたら(思いっきり貧乏性)、半分くらいで時間切れになってしまいました・・・ほんとに種類がたくさんあるんです。

料理たち!半分くらいしか取れなかったとしても「ポイントはきちんとおさえるタイプ」なので、ホテルの方のおススメはばっちりいただきました。なかでもイチオシは田舎風テリーヌですって。これだけ単品で頼む人もいらっしゃるくらい人気のお料理なのだとか。このテリーヌももちろんおいしかったし、レバーペーストもおいしかったなぁ。魚介のカルパッチョやマリネもぷりぷり。たくさんの種類が並んでいるにもかかわらず、メニューは次々進化していくそうなので、いつも同じものが食べられるとは限らないけれど、いつ行っても違うものが味わえるそう!シェフの創造性スゴス!!

アペタイザーブッフェ以外に、アラカルトで温かいものも注文できるのですが、ホテルの方が「ぜひ食べていただきたい」とおっしゃっていたのがトリッパの煮込み。なるほど、ただトマトベースで煮込んだだけじゃなくて、深みのあるスパイスの効いた味でした。他にもシンプルながら激ウマ!なガーリックトーストなどなど、10種類くらいアラカルトメニューも揃っています。

ワインワインの方は、赤・白とも常時5種類くらい用意されています。今回はスパークリングだけで終わらせてしまったのでワインを堪能できず残念だったのですが・・・。かわりに、シェフがアレンジしてくださったデザートをもりもりいただいてきました。これがまた!おいしいのなんのって。こうなると、すぐ隣でいただける、ディナーブッフェ(もちろんアペタイザーブッフェも含まれます)も俄然気になる。母がブッフェ狂なので連れてきてあげたいわ〜。

T’s barは18時から21:30まで平日のみ。ホテルの方としては、ここで待ち合わせor出会い、22Fの眺めのいいバー・コンパスローズや素敵なフレンチ・ビクターズへ移動していただくことを想定しているのだそうです。なんて都会ライフ!こちらは駅から離れていることもあって、隠れ家的に使う方が多いそう。

ロビーの延長線上にある感じで、入りやすくそしてホテルなのに適正価格。こんなに使いやすいスタンディングバーがあっていいんでしょうか?そう、気になるお値段はなんとアペタイザーブッフェ、ワインブッフェとも2500円!サービス料もコミコミ♪
「ひいきにしてるお店があってね。」なんてここを紹介したら、自分の格がぐぐっとあがってしまいそう。
ホテルを日常的に使うのって、なんとなく上級テクですものね。でもそんなこともできちゃいそうな、そんなバーがお目見えです。

ところで今回こそはきちんと写真を撮ろうとカメラを持っていったのに、SDカードを忘れてしまったのでした・・・とてつもなくマヌケすぎる・・・。実物は画像の500%おいしそうですから!!!

June 02, 2009

TYO - 森ガールになれなくて

近場でGo!シリーズ、今回はマザー牧場よりお送り致します。

広大な敷地

アソたんのおかげで高速1000円の恩恵を大いに享受しております〜。
先日の「まかいの牧場」(くれぐれも、魔界の、じゃありませんことよ!馬飼野、です。)に味を占め、今度は牧場テーマパークの先駆け、千葉のマザー牧場へ行ってきました。もう、アクアラインですぐ、ですね。トンネルと橋でつなぐとは、人類の叡智すげぇ〜。しかも最近君津PAにスマートETCゲートができたので、よりアクセスが簡単になったみたいです。その代わり、誘導されるルートを辿ると幅の狭い山道を延々ゆかねばならぬので初心者な方はご注意を〜。観光バスルートを行った方が遠回りでも安全です、たぶん。そちらは通ってないので断言はできませんが、地図を見る限り大丈夫そう。

いろいろ景色がかわります

で!「ミラバケッソ」でお馴染みアルパカちゃんがいるということで、さてさてどこかしら?と探していたら、なにやらツアーに申し込まないと見れないとか。しょうがないなぁと、ツアーの発着場所に行ってみると、バスにギュウギュウづめの方々が・・・。あんな思いまでさせて見せるって(子供とか大勢いるのに)どうなの?とフンヌーしてしまい、ツアーには参加せず。バスを増やすとか、ツアーの人員を時間単位で区切るとか方法はいろいろ考えられると思うんですけどね・・・。ミーラ。バケッソ。

暑かったのでね。

マザー牧場って、思ってたよりかなり広い!まず歩き疲れました。天気も良くて暑かったし。
帰りに夜ごはんの材料を買って帰ったけど、作らぬまま即倒れこみ朝までぐっすり寝込むくらいぐったり。嗚呼、太陽パワー偉大なり。
さてさて園内では前に別の場所でやった「ブルーベリー摘み」に再チャレンジしようZ!@アニキ、ってことでブルーベリー園へ向かうも、木になった実は葉に埋もれ探せないほど緑・・。そういえば以前はもっと夏に摘んだかも。気を取り直して、イチゴ摘みしてきました。なにげにこの歳にして初挑戦〜。いだいていたイメージと違って、2mくらいのいちごのカーテンがわっさーっと端から端まで並んでいる感じ。目線の高さに生っているので、かがんだりしなくてすむので楽でした。

いちごがり〜

さすがガーリーモチーフの代表、いちごちゃん。フォトジェニックです。ちなみに温室の中での作業なので、暑くて蒸発しそうでした。外の木かげに座って、摘みたての紅ほっぺをもしゃもしゃ。みずみずしくて、でもなぜかヨーグルトのような味がしたよ。乳製品くくりのコンデンスミルクとほどよくマッチ。よくよく考えると、「森」「木かげ」「いちご」「フラワーワンピ」「レースブラウス」「かご」←ガーリーじゃね?森ガール?ひとつだけ残念なことに、中身はオサーンですが(滝汗)。
その後もあっちこっちをぶーらぶら。
暑かったのもあって、ソフトクリームおいしかった!

SOFTCREEEEEAM!!!

なんだか、直接被害をこうむったわけではないけれど、いろいろモヤモヤすることがあって、私たちみたいな素朴er(ソボカー)にはまかいの牧場くらいのスケールが合ってるなぁ、と感じました。そうそう、そういえば、ひつじベイビーって2〜3月に産まれるのだそうです。いつ行っても見られるのだと勝手に思ってました。あと1年待たないとダメだと思うと・・・マチキレナイーー。

辛口チェックもしつつ、でもしっかりバターは購入しました相方君。2個。だーかーらー、いったい何に使うの?!つって。

May 30, 2009

TYO - パーリーピーポー

H&M×Fashion Against AIDSのイベントに当選してしまいました。25組しか当たらないのに。試写会も当たった事無いのに。当日友達と映画を見に行くつもりだったけど、急遽そちらへ一緒に行ってもらうことに変更。バタバタ予定が変わってしまいほんと申し訳なかったのに、二つ返事で「行くよ〜」と言ってくれた友だちに感謝!

そもそも超かるい気持ちで、H&Mから募集メールが来たから送り、すっかりさっぱり頭から抜けてたので別の予定をいれてたんです・・・。よく言う、応募したことを忘れると当たる、って私にはあてはまってるのかも。以前のMTVライブしかり。当たれーと念じる度合いが高いほどだいたいはずれます。全体の80%が邪念から成り立っている私は、無心にはなかなかなれないのだ。ふはは。

KP HM

さて、今回のイベントの趣旨は、去年からH&Mが行っているFashion Against AIDSというHIV関連に対するチャリティーイベント。アーティストたちとコラボしたアイテムを販売し、その価格の25%をHIV関連団体等へドネーションするというもの。GIRLIN’でもmaricaさんが’08バージョンを紹介してました〜。
今年のキャンペーンの目玉が、今ノっている売れっ子・ケイティ=ペリー。キャンペーンアドでも自身がデザインしたボディスーツ(!)を着ております。某所では、ズーイー=デシャネルに激似、なんて噂にもなりました。ケイティの方が、有坂来瞳寄りの顔だよね。その彼女のミニライヴパフォーマンス(ほんとにミニで30分弱)がありました。ネットで全世界中継されたのだけど見た方いらっしゃるかしら?

プレス向けにインタビュー中まず会場に入るのに並んでいると、プレス向けの会見の真っ最中。かわいさに、ずきゅん。こんな米粒大だけど携帯なのでね・・・。
その後会場入りし、スササと人ごみをすり抜け見事前列をキープ!もちろんはじめは「後ろの方でゆったり見ればいいよね〜」と心にもないことを言っておりました。ほんとに前の方だったのでマイクスタンドがスワロフスキーでキラキラ(いちごモチーフつき!)だったのも確認しましたよ。近くには、山田優嬢with母、加藤ミリヤ嬢、道端カレン嬢(2人の子持ちとは思えない!)がおられました。なんたるオーラ感。なんたる格差。まぶしくて見ようにも見られず・・・まるっとウソ。ちらちら見た。あと相川七瀬嬢も見かけました。なめちゃんVERVALもいたのには気付かなかったー。

KATY PERRY (ケイティ ペリー)そして待つことしばし。合図とともに、ライブ&全世界ネット中継はスタート。アコースティックな演奏にのせて「Hot&Cold」。バックミュージシャンのみなさんはお揃いの紺ブレ+白パンツでユニコーンみたい(笑)。ケイティはというと、目の色とか、肌の白さとか、小さな爪のネイルアートとか、仕草とか、くるくるかわる表情とか、めっちゃかわいいーーー!としか言えない、俺のポンコツボキャブラリー。みんなが心から歓迎していたの伝わったかなぁー。日本でのライブツアーのさなかだけど疲れなどは全く見られず、かわいくそしてパワフルに歌ってました。途中マイクのプラグが抜けるというアクシデントもありつつ、その後「Waking Up in Vegas」「I kissed a girl」と歌って終了。ほぉ〜眼福耳福。さいごにメッセージを言おうとするもマイクが既にとおっておらず悪態をつくところもまたかわいかった・・。

ケイティのステージのあとは、MADEMOISELLE YULIAのDJにのって、ショッピングタイム!店内全てお買い物できる他に、翌28日から発売となった今回のキャンペーンアイテムもひと足お先に購入可能だったのです。お目当ては、メッセージTでプチリバイバルブームとなった(SATCでも着てましたね)、キャサリン・ハムネット。ケイティのもトロフィー購入したいところだけど、ハートが私にはかわいすぎる・・・なによりボディスーツって!結局相方くんの含め、結構買ってしまいました(汗)。

おみやげとH&M店内

今回がなんだかんだで2度目のハラジュクH&M。まわりのみんなによると、OL向け銀座店よりカジュアル向け原宿店の方がセレクトがよいそうですね。私は飛び道具的な服が気になってしまうので、いろいろ目移りー。ゲイノウグループもみんなに混ざってお買い物。写真をお願いしたファンにもすまなそうに丁寧にお断りする山田優嬢の好感度UPです。加藤ミリヤ嬢はいつもどおり真っ赤なリップがお似合い、ちいさくてかわいい♪カレン嬢の驚愕のスタイルにはただただひれ伏すしかありませんでした。「妹に比べたら・・・」とか言ってたこと、ほんと謝ります。そんなこんなで欲しいものもいくつか見つけ、試着し、迷っているうちにほぼラストまでいてしまいました。プレスやファッション関係の人たちはさらっとTシャツ1枚買うか買わないか、くらいなのに、どっさり買ってるのは私たちと山田嬢くらいのものでした(笑)



May 22, 2009

TYO - オサレフリマ

雨降りなため、タイフェスに行くかどうか迷っていた時に、yokopinちゃんから「フリマに行こうよ!」とお誘いが。ほいほい行ってまいりました。待ち合わせ場所にはchikuちゃんタラさんも。わーい。朝あいにくのお天気だったけれど、歩く頃には傘も長靴も必要なく。ただ暴風が!波乗りさんたちには喜ばしいのでしょうけど、我々にはちと厳しい洗礼でございました・・・。

glasses and dishesフリマでの獲得品は↓こちら。
Crate&Barrelのモーモーグラス、オールド・デュラレクスのお皿(この二つは岡本さん夫妻から。お皿はyokopinちゃんとおソロ♪)、思いっきりパケ買いの虫ピン(多分後述のscrumpciousさんから。chikuちゃんとおソロ♪)

あと、どんぶりとか小鉢とか。どんぶりは岡尾さんの出品物かも?!

はー、お買い得だった。お洋服もあったのだけど、欲しいものには巡りあえず(TOUJOURSのチルデンセーターやラングラーのオーバーオールはちょっと気になった)。

そしてその後行ったお店たち。(通りすがり含む)
招山:ネットでヒットしたので寄ってもらったギャラリーショップ。テラスと室内が一体化していて気持ちいい。外に置いてあった椅子が素敵だったのだけれど、父が作れそうな気がするのでちょっと聞いてみよう。そのためには設計書を作らねば。(私に作れるわけが無いのに!)
LONG TRACK FOODS : ピクルスとか、トマトソースとか欲しいものがごろごろ。フレッシュハーブや、野原系のお花も売られていてかあいらしい。詳しくは近々行くであろうyokopinちゃんのレビューをお楽しみに(笑)。
●sea tac cafe:とってもかわいい店構えだけど、残念ながら4月に閉店。世知辛い。
●SONG BE CAFE:アジアンなcaféでプチタイフェス。ひさしぶりのパッタイ!
chahat:ソンベカフェの隣のナチュラル男子向けショップ。相方が気に入っている靴下がおいてあったけど、2本指ソックスだったので「わしゃ、おっさんか!」とか言いそうだし、とりあえずスルー。
●dois:いわずと知れた。おねいさんにコーヒー豆知識をいろいろ教えていただいた。奥が深いよ、コーヒー文化。私にはネルドリップは無理だなぁ・・・。そしてハワイアナスはいろいろ進化しています。
●ロミユニ:ラブリーでメルヘンであまぁい。男子禁制(雰囲気的に)。土日限定のスコーンを仲良く購入。これがまた、バターたっぷりでぶーちゃんの素だと罪悪感にかられながら(でもそういう方が得てしておいしい)、食べました。一緒にキャラメルブルターニュかイチゴ×黒胡椒×ミントのコンフィチュールが付いてくるの。両方試したいので2個購入。んまかった。
●鎌倉スタバ:ケーキとコーヒーで数時間トーク。やっぱりあの場所はいいですね〜。雨が降ったり晴れたり曇ったり。外の景色がいろいろ変わっておもしろい。なんとなくヴァージンスーサイズな、ミルクフェドな写真。(写真左)
スタバ&プシャス
●松原庵:モダンだけどトラディショナルなお蕎麦屋さん。門構えがまずよいのです。雨降りだったのもあって、しっとり感が素敵だったなぁ。雰囲気でおいしさ150%増しは確実。
scrumpcious:古着屋さんというより、アンティークショップです。店主の二人もほんわり。一品一品にストーリーがあって、セレクトにこだわりがあって。ディスプレイひとつとっても細かいことに気を遣っていて。(写真右)
navy yard:マリンでナチュラルな鎌倉らしいお店。人気のtembeaも置いてありました。メキシコの子供用ロザリオ、やっぱ買うべきだったかも!


この日の歩いた軌跡を見たら、みんなきっと驚くことだろう。そのくらい歩きました。帰りの電車では鎌倉からウトウトしてました(つまり、乗ってすぐ)。家に着いてご飯を食べたら即寝た。zzz。
鎌倉マスターyokopinちゃんのおかげでいろんな鎌倉を知ることができました。ありがとう!

May 01, 2009

TYO - サルティのカーディガン

ファリエロ・サルティ×ギャルリー・ヴィーmingです。

GALARIE VIEとFaliero Sartiがコラボしたカーディガンを買いました。ライトグレーの他にチャコールグレーとネイビーがありました。あと型違いで各色のTシャツもあります。

サルティのファブリックを洋服にしてしまう発想!「おおお」と素直に驚くとともに買わねばという使命に燃えました。めらめらと。
素材はレーヨン100%のジャージー。しっとりとしたなめらかな肌触りで、軽くて薄いのに落ち感が美しくて、さらに3WAY。長方形のしかるべき位置に袖となる筒が二個付いてる、という風情で、ロングカーディガン、ドレープカーディガン、ストールの3パターンで着られます。ただ、ストールバージョンはちょっと厳しいかもなー。

この質にしてとても買いやすい価格なのでおすすめです。わたしももう一個ほしいくらい。カーディガン以外にストールもいくつか持ってるけど、まだまだ欲しくなるのはなぜなんでしょう??いまだに10年くらい前に購入したサルティのマフラーも愛用中なのです。

先シーズンも、同じくギャルリー・ヴィー×ファリエロ・サルティのカットソーを購入。見た目、表がジャージィ素材&ウラがガーゼっぽい素材のダブルフェイスで軽〜いです。これもまた肌触りが天にも昇る心地で。その触り心地たるや、ボールドのCM並み。シンプルだし、杢グレーの色味もベストなので購入後即ヘビロテアイテムに急浮上しました。ただ非常にデリケートな素材なのでピリピリ糸を引っかけてしまいます・・・。ま、それも味かな。

April 25, 2009

TYO - 蜘蛛の夢

先週見てきましたー。ラ・マシン。
オフィシャルサイトにも特に時間が書いていなかったのもあって、「知ってる人そんなにいないよねー」と18時ギリギリに着いたら、ものすごい人でした・・・。
近くでフリーペーパーを配っていたみたいですね。

蜘蛛

結局人垣をかきわけ、前の人の頭と頭の間から盗み見たような状態で。
タッパのある相方は私より興味ないくせによく見えたそうです。ちぇ。そういうわけで、写真は相方が撮ったもの。わざわざ場所を移動して、正面から以外にも、観覧車をバックにとか、撮ってました。カメコ向きか?!
私は海上保安庁の関係者以外立ち入り禁止エリアに入ったことがちょっと萌point。普段入れないところに入るのってテンションあがりませんか?これまでのアドレナリン最高放出場所は警察庁(not警視庁)です。犯人だから出たわけじゃないよ。

観覧車込みさてさて、ラ・マシン。
何人もの人が乗って、操作しているのですが、その人自体が蜘蛛の子みたいで。
数日に渡って、海からの引き揚げ→暴れる→調教→お散歩というストーリーになっていたので全部確認したかったんだけど結局、水と煙の大スペクタクルな「調教」しか見ることができませんでした。
(こう書くと、「それでいいじゃないか」といわれる書き方ですねー。)

金曜の「暴れる」は人がスッカスカだったらしい。ちぇ。
土日のみなとみらいの客足をなめちゃいかんな。
芸術どうこうは私のNOアーティーな頭じゃ判断つきませんが、ただただ「おおお」でした。
時間と場所を教えてくれたKさんありがとう!

たねまる ピーン!Y150のキャラクター、
「たねまる」の豊かな表情に
いつも顔がほころんでしまいます。

なんてことないけど、おバカだよねぇ〜。

April 23, 2009

TYO - 今更桜画像

近場でGo!シリーズ、今回はさがみ湖プレジャーフォレスト(旧・ピクニックランド←どう考えてもこっちの方が馴染み深い)よりお送り致します。

芝桜

朝の時点ではもっと遠くへ行く予定だったのですが、渋滞と出発時間の遅さに阻まれ(後者は100%自分たち次第)、途中で断念して相模湖へ。
以前近くを通った時に、ブンブンと心躍るモーター音に気持ちを揺さぶられ、何事かと気になっていたようです、相方が。

で、結局行ってみたら、新しいアトラクションができてるわけじゃなくて、駐車場にコースを作ってぶんぶん乗り回しているバイクの皆さんの排気音でした。なんだぁー。がっくり。園内のカートは我々にとっては少し残念な感じでして。

こいのぼりと桜

仕方が無いのでリフトに乗って頂上を目指し(唯一の乗り物)、園内をぐるり散歩し、途中相模湖をバックに写真撮影をし、バーベキューを食べ(またか!)、犬猿の仲ショーを見て帰路につきました。天気は良過ぎて持っていったパラソルが大活躍、花々はすごーく綺麗でしたよ。

ところで私のここのイメージはいまだに「ガキのつかいやあらへんで」、です。「おーい!千秋くーん!」大和田伸也。

April 18, 2009

TYO - ローレンはカメオ?

JAY以前紹介したThe City」、日本のMTVでも放送されることになりました〜。
6月の放送を前に、5/30に第1話放送だって。

The Hillsも結局season5が始まりましたが、s4で終わると思っていたのでなんだか自分的にはイマサラ感。The Cityが続けばいいけどなー。どうなるかしら。

画像はホイットニーの彼で、オージーのJAY。現地の反応としてはオーストラリア訛りもカワユス!だそうです。かっこよきゃなんでもOKなのは万国共通なわけね(笑)。


April 17, 2009

TYO - コレ結構ほしい!

カセット世代これ、あったらあったで使うと思います。
1台を友達同士で買って共同で使うってどうかな。
でも、本数に比例して取り込む時間がかかるから、
もしかしたら非現実的なのかもしれないけど・・・。
昔はカセットがコンピュータの記録媒体だったんですけどね。
そんなの見たことある人いるかしら。
高いカセットテープって、何でしたっけ。メタル?
AXIAとかあったよね!斉藤由貴!
なんかいろいろフラッシュバックしたけど、
自分ひとりでひっそり楽しむ!

友達が作ってくれたミックステープとか、
タイトル用シートをいかに美しく作るかとか
そんなことに命をかけていた
昔のあまずっぱい思い出がよみがえりますね〜。

April 10, 2009

TYO - 生ララビー

バターが欲しいから牧場に行く、という、どこのおとぎ話的発想?な相方に連れられて行ってきました。牧場へ。以前のような極端なバター不足は解消され、最近はスーパーに行けばそれなりにバターが揃っているし、うちの冷蔵庫にももちろんバターがあるのですが。「世の中にはバターが流通していない!」という強迫観念に駆られてか、「バターバター」とわめいております。いったい何に使ってるのか、使っているところを見たことは一度もありません。
向かった先は、朝霧高原の「まかいの牧場」。ちょうどひつじフェアが開催されていました。

で、着いた先で真っ先に向かった乳製品売り場。しかし、バターは影も形もないのでした・・・。バター作り体験もあったけど、あれはぶんぶん振って分離させるというただただ大変な作業だとテレビでなんども刷り込まれているのでスルー。今度は、落ち着いた頃にマザー牧場かな。

仕方ないので、牧場スペースへ入園。ここは一回チケットを購入したら、1ヶ月無料というシステム。わんちゃん連れでもOKだし、ドッグランもあるので、のびのびさせたいオーナーさんにはよいかも。
ララビー!
私はというと、もう、ひつじの赤ちゃん(ララビー〜)とうさぎをちびっこと取り合いです。機敏さはずいぶんと劣るけれど、眼力とずうずうしさなら負けないよ!
でも、傍から見てた相方によると、すいすい子供に先を越されていたらしい。くーーーっ(怒)!

ララビーは、白くてほあほあで(もちろん、さわってもほあほあ)かわいすぎ・・・。生まれたばかりのララビーが小屋でお母さんひつじと一緒にいるのですが、ミルクを飲むか、ぴょんぴょこ飛び跳ねるかのどちらかで、そのとびはね方がなんとも尋常じゃないかわいさなのです。思い出すだけで、のほーって気分。他にも、馬やヤギやブタ、ワラビーなどが勢揃い。結構広いし、工房で作品作りのイベントがたくさんあるので、一日遊べます。焚き火でバームクーヘン作りに参加したかったけど、却下されたよ。トホ。晴れていれば富士山が間近に見られるらしいよ。トホホ。
ワラビー!とユキ
あとは、匂いにつられてジンギスカンを食べたり(食後に有機野菜とかのビュッフェがあったのをみつけて、愕然)、匂いにつられてクレープを食べたり。帰りには、ヨーグルトとか、プリンとか、チーズとかの乳製品と、ベーコンを購入。さっきまで動物たちにデレ〜っとしてたのに、きりっと気持ちを切り替えて肉を買えるアンタはすごいよ、と心の中でブツブツ・・・。でも、いろいろ買った中で一番おいしかったのがベーコンだったという結末。ブツ切りにして、パスタに入れたのですが、香り高くて肉のうまみがいい感じに残ってました。はっ、そんなことを言いつつ、私もしっかりジンギスカン食べたわ・・・。

ついでに、沼津の港に寄って、お魚も物色。変な時間だったので、あまりお店も開いてない状態。仕方なくトロアジの干物などを買って帰りました。1軒、行列のできているお食事処があったけど、依然入ったときは、イマイチだった記憶が。我々の舌がバカなのかなぁ?家で焼いて食べたトロアジはなかなかおいしかったです。
そして沼津に寄ったせいで、未知の30km渋滞に巻き込まれることに・・・。
「30kmなわけないでしょ」と思ったけどちゃんと30kmでした。お疲れ。

ヨーグルトとプリンヨーグルト(すぐに食べちゃったので画像無し)と飲むヨーグルトはふつう。
ただ!プリンがすごい好みの味でした。
とろーりややこってりめで、めーーーっちゃくちゃおいしかった〜。
またこれ目当てに行ってしまうかも。
ちなみにプリンは入場しなくても購入可、です。

April 08, 2009

TYO - ほくほく

オルネ・ド・フォイユお花見行きました?開花宣言から待ちに待たされましたね〜。そのせいか、うちの近くの桜の木は花びらじゃなく、花ごと散ってました。
いくつかさくらスポットへ行ってみましたが、こうも毎年感動できるってありがたいなぁ、と。

たまに、雑貨欲しいウェーブがやってきます。
オルネドフォイユで買い物をしたら、5周年記念ということでノベルティ(?)をいただきました。

こちら、ビュバー展カタログ(ほとんどビジュアルブック)と、いがらしろみさんのアルザス日記。ほかにも、カメラ日和の針穴写真講座もありました。ビジュアルブックは、姪っ子ちゃんの情操教育用にノー資本のプレゼント。アルザス日記はいつか行く時用(オルヴィエートへ行ってから、ヨーロッパの田舎に興味津々!)の予習として。得した気分〜。

トサカンムリフーズのクッキーで、何を購入したかというと、ひとつはTOSAKANMURI FOODSのクッキー。すぐ売切れてしまうとお店の方に教えてもらったものだから、買わずにいられませんでした。ココナッツとレモンのは既になくなり、もうひとつは抹茶。トサカンムリの方は、高山さんのアシスタントとしてホノカアボーイに参加したんですって。あとはアスティエ・ド・ヴィラットでちょこっと。
奥のスペースでは手ぬぐいやほうき、あけびのつるのバッグなど和な品々がずらりとならんでいました。アンティークだったりトラディショナルなものって、洋の東西を問わず相性がよいのかも。あまりガチガチに考えすぎずに自分でいいと思ったものを組み合わせて使っていきたいなぁと、そのスペースのものは特に何も買わず、インスピレーションだけいただいて帰りました。ほくほく。


April 05, 2009

TYO - 女子会と良々

バースデーケーキこの間、荒川良々さんをお見かけしました。ピンクのパーカにコロンビアのミズタマバックパック。こじゃれたフエルトの紫の帽子を被ってました。萌えた〜。

その数日後、渋谷のカフェでお友達のWお誕生日会を開催。雑貨マニアな彼女には、辻さんのめんちょこ&ウッドスプーン(おやつせっと)、旅行好きな彼女には、キャスのパスポートケースを選びました。ほんとは、新しくラインナップに追加されたアイマスク&ネックピロー(ネットで買うと安い!)がよかったのだけど、あいにく売り切れ・・・。しかし、キャスの店内は現役女子〜元・女子で溢れていたし、ムック本もパート2まで出るしで、ホントに人気があるんですね〜。
お店ではバースディケーキも用意してもらい。フルーツ盛りだくさんのケーキ!安くてまったりできてよかったデス。ちなみにはじめの1時間30分、人数が揃うまで飲みも食べもせずひたすらただただ喋りまくってました。そしてそれに誰も気づかないという・・・嗚呼、女子ってコワい(笑)。

March 17, 2009

TYO - Ba-tsu

甘エビ〜 from Ba-tsu昨日、ミッドタウンに新しくオープンするバールBa-tsuyokopinちゃんと一足お先におじゃましてきました。

場所は、トシ・ヨロイヅカのお隣。とても見つけやすい場所です。
ミッドタウン、ということで私なりに少々身構えて行ったのですが、まったくそんな必要はなく、かなり使い勝手のよいお店だと思いました。

とても入りやすいので、カフェ感覚でちょっとワインを一杯、から、アルコールメインでガールズトークまで(もちろんメンズトークもOK!)。ドリンクもフードも低価格なのでお財布にやさしいところがまたうれしい。それでいて、どれを食べてもおいしいのです。ファストフードではなくて、きちんと手をかけて作られた食べ物の数々。アツアツ料理には温かい取り皿、キンキンに冷えたサラダには冷たいお皿、と、おいしく食べるということに重点を置いてありました。なのであまり飲めない人や食事が重要な私も十分に楽しめる!

バナナシフォンケーキ〜 from Ba-tsu最後にはバナナシフォンケーキまでいただき(最近シフォンケーキにはまっているので超ウレシイ)、満腹まんぷく。一緒に行ったみんな、帰りに「いいお店だったねぇ〜」と誰かれともなく言ってしまう感じでした。

甘エビのガーリックオイル煮、クレソンとマッシュルームのサラダ、にんじんのサラダ・粒マスタード味、鶏レバーの白ワイン煮、ガーリックフライドポテト、自家製サルシッチャの鉄板焼き・セロリ添えなどなどいただきました(実際のメニューとは違う名前のものもあります。スミマセン!)。どれがおすすめか、と聞かれてもどれもこれもおいしかったので優劣つけられません。ポーションが小さめだから、いろいろたくさん選べてそれがまた楽しいです。お皿にちょこっとついた×マークが油性ペンでキュキュッと手書きしたみたいでかわいい。

オープンは3/19(木)。
おいしいタパスを食べながらわいわいおしゃべりするのに最適。
これから暖かくなれば、テラス席もよさそう〜。
こんなお店、どんどん増えてほしいですね。