2007年09月20日

ナイキサッカースパイク。ナイキマーキュリアルヴェイパーは、吸い付くようなフィット感。3

サッカー スパイク紹介です。

少し前になった、
2006年ドイツワールドカップの資料をかき集め、
サッカー スパイクを推測しました!

サッカープレミアリーグ、チェルシー所属、
ドログバ選手が、2006年ドイツワールドカップで、
着用したモデルのサッカー スパイクです。

チェルシーといえば、クレスポ選手が在籍し、
活躍を楽しみにしていたのですが、
ドログバ選手の活躍で、
クレスポ選手の存在感が薄く感じられ、
アルゼンチンファンの私としては、
ドログバ選手の活躍は、少し困ったものでした、、、。

でも、ドログバ選手の身体能力を生かし、
ゴールを量産する、フォワードとしての能力の高さに、
とても魅力を感じています。

スター選手の移籍が目玉の、チェルシーにとって、
モウリーニョ監督が見つけだし、
移籍に至った珍しい経緯の、
まさにダイヤモンドの原石と言ってもいい、サッカー選手です。

サッカースパイク(ドログバ)

ナイキサッカースパイク激レア品!ガットゥーゾ選手が使用したサッカースパイク!5

サッカー スパイク紹介です!!

狂犬というニックネームがピッタリな、
荒々しいプレーで絶大な男性ファンの支持を誇る、
サッカーイタリアリーグセリエA、A.Cミラン所属、
ガットゥーゾ選手が、2006ドイツワールドカップで、
着用したモデルのサッカー スパイクです。

このサッカー スパイクは、
左右非対称のデザインがとても特徴的で、
とても珍しいですよね。

ちなみに、このサッカー スパイク着用者の、
ガットゥーゾ選手といえば、
無尽蔵のスタミナで、相手選手をマークし、
ガットゥーゾ選手がいれば、
相手選手が自由にプレーをする事は難しいだろうと、
簡単に推測できるほど、よく動き回ります。

また、荒々しいのはプレーだけかと思っていたら、
2006年ワールドカップ、チェコ戦で、
ゴールに歓喜したのだと思いますが、
急にリッピ監督の、のど元を鷲掴みにしたのには、
驚きました。

ガットゥーゾ選手は、どうやら、
興奮をすると、荒々しくなるみたいですね、、、。



ナイキサッカースパイク。エアレジェンドは、反発力向上がコンセプト。3

サッカー スパイクを推測しました。
ナイキのマーク(スウッシュ)がとても目立ち、
数ある、ナイキのサッカー スパイクでも、
このタイプであると思います。

そんな、ナイキのスウッシュが、
とても目立つサッカー スパイクを着用しているのは、
サッカーイタリアリーグセリエA、A.Cミラン所属、
ピルロ選手です!!

ピルロ選手は、若い時代から注目されていた存在で、
アッズーリのトップ下の将来を期待されていたサッカー選手でしたが、
ピルロ選手のフィジカルの問題もあり、
トップ下としては、プロの一線では、
なかなか、ピルロ選手の才能を輝かせる事が、できませんでした。

しかし、彼の努力と、天性のサッカーテクニック。
そして、アンチェロッティ監督との出会いにより、
中盤の下がり目のポジション、
A.Cミランで、レジスタと言うポジションを確立し、
ピルロ選手の類まれな、パスセンスをいかんなく発揮しています!!

また、ピルロ選手はフリーキックがとても魅力的で、
キッカーとしても信頼を得ています。
このナイキのサッカー スパイクは、
反発力を向上する事がコンセプトでもあるし、
これからも、ピルロ選手の右足から放たれるボールの弾道に、
目が離せないですね!!



Archives
楽天市場