2004年08月

2004年08月31日

悲しいときー

本質を見失うと迷走するという話。

傍から見て「誰のために何をやってるのかわからない」ときって
本人たちも混乱してることが多いと思う。

しかし何故ミスマガシンなんだろう…

ノト at 20:10|PermalinkTrackBack(0)

2004年08月27日

Half-life2プリロード開始

今日からSteam上でHL2のキャッシュファイルを配信開始。

落としたファイルのサイズを見ると1GBちょい。
実際のパッケージはCD4枚組らしいので
たぶんテクスチャーとか音声ファイルの一部なんだろうな。

ノト at 16:56|PermalinkTrackBack(0)

2004年08月23日

F.E.A.R.

今年のE3の話を書いたときに紹介した
『F.E.A.R.』の続報というかデモムービーを最近見ました。

E3時点でのムービーやスクリーンショットを見た限りでは
トレンドっぽい物理エンジンや陰影処理、バレットタイムを使った
よくある特殊部隊ものだと思いこんでて、あまり興味が無かったんだけど
新ムービー見たら、これってどうもホラーゲームらしい。

スタッフの最も強く影響を受けたのが『零〜zero〜』という話で
ムービー見ても『カウンター・ストライク』+『リング』みたいな
わけわかんない怪作FPSになりそうな雰囲気をもってます。

その雰囲気がわかるムービーはストリーム版のOfficial Movie 5
後半の展開に驚きます。というか最初あまりの唐突さに笑っちゃいました。

ノト at 16:02|PermalinkTrackBack(0)

2004年08月21日

最近買ったハード

AirMac Express

本体をコンセントに直接刺すだけで使えるようになってて
無線ルーターとプリンタサーバが手のひらサイズに収まってる。
メインはAirTunesという機能。

要は家のどのPCからでもiTunesで音楽かけると
無線で飛ばして家のオーディオセットで聴けるという機能。
OSはiTunesさえ使えればMacでもWinでもOK。
今までは普通のオーディオセットを使ってCDで聴いてて
コンピュータのスピーカーで音楽聴く気にならなかったので
いい感じです。

これにちっこいHDD内蔵してて、携帯プレイヤーや
ネットワークストレージとして使えても面白かったかも。

ネットワークストレージもRinに色々教えてもらって
バッファローのやつをちょっと前に買った。これも非常によいです。
家のどのPCからでも外付けHDDとして認識されるので
Mac-Win間のデータ移動とか異様に手軽に。

便利なのは、これ単体でFTPサーバとして機能するとこ。
本格的にサーバを建てるのとは違い、あくまで簡易ですが
外部とのデータのやり取りとかには全然使えます。
スタンドアローンなのでPC落としてても24時間稼動で使えるし
駆動音もほとんどしないのがよいです。

ノト at 12:46|PermalinkTrackBack(0)

2004年08月19日

Counter-Strike: Source Beta

Sourceエンジン版Counter-Strikeのベータが
Counter-Strike:Condition Zeroユーザーと
HL2購入権付きビデオカードユーザー限定で今日から解禁。

HL2のベンチというかビデオストレステストも
同時にDL出来るというので
もう我慢できずにCS:CZをSteam上でオンライン購入;

CS野郎の全世界的祭りのなかでもDL速度が3-6Mb/sは出てるんで
HL2のデータ配布時もそれほど混乱無くいけそうな気はする。

ただSteam上でのカード決済のシステムはかなり貧弱。
やたら時間かかる上に結局認証できなかったり
セキュリティ関連もどうなってるのか不安あり。

来るHL2解禁日には、プリロードしたデータはHDDにあるのに
アクセスが集中してカード決済出来ずに遊べない
というアフォみたいな事態だけは避けたい。
今後、決済関連のシステム増強を望みたいところだ。

ノト at 19:47|PermalinkTrackBack(0)

2004年08月16日

Doom3プレイ雑記その2

クリアしました。
難易度Marineで30時間近くかかった。
相当ボリュームあります。

Doomという古典を最新テクノロジーを投入して
新しい枠組で再現するという点は成功してると思う。

idの場合、前人未踏の最新テクノロジーを投入することで
ゲームプレイそのものを同ジャンルの今までのゲームと
根本的に変えちゃうという事を毎回やってきたわけですが
今回はウルフェンシュタイン3DやDoom、Quake
ほどのインパクトはちょっと無いかもです。
毎回エポックな作品を求められちゃうのが
idの辛いとこなんだろうけど…

でも面白いよ。単調とか冗長というレビューも多いけど
プレイするうちにDoomらしいと思うようになった。
特に長い、ムズイと評判悪いHellステージ以降がよかった。
「まだやるのかよ?」というグルーヴ感があった。
(マゾっぽいのかも?)

あとはとにかく怖い。最後は
怖がる→恐怖が一線を越える→ブチキレ(゚∀゚)
という「悪魔のいけにえ2」とか「死霊のはらわたII」
みたいな状況まで楽しめたよ!

もしこれから遊ぶ人がいたら
"If you are staying here. watch your back"
というオープニングで会うNPCのセリフを忘れないように。

ノト at 11:21|PermalinkTrackBack(0)

2004年08月12日

Doom3レビュー

必携! マスト! 買わない,という選択はあり得ない……はず

たぶん4亀の最大級の賛辞レビュー。
これはさすがにほめ過ぎだろうと思うけど、ストライクゾーンの人には
これぐらいのインパクトがあっても不思議じゃない出来ではあります。

SSのチョイスもDoom好きなだけあっていい感じなんで
買おうか迷ってる人、どういうゲームか知りたい人は
読むと参考になるかもしれない。

おれはあんまり怖いんでチビリチビリ遊んでます。
今日はガビンさんがいらっしゃったのでちょっと解説しながら
デモプレイしました。

--

進みすぎたテクノロジーがゲームを駄目にしたという話があります。
大作化による開発費の高騰、構造的な不況の原因、etc...
やっぱりゲームはアイデア、デザインが命だという意見も多く
技術一辺倒の流れに歯止めをかけようという動きもあります。

ユーザを保護してるもっともな話にも聞こえるし
おれからするとそんなのどうでもいい、という話にも聞こえる。
ただ一見ユーザ本位、その実メーカーの利益本位の精神論だけじゃ
( ´_ゝ`)フーンってなるだけですよね。

おれがFPSに魅力を感じるのは動機や仕組みが単純なとこです。
ゲームデザインとテクノロジーをあっさり相対化しちゃってて
テクノロジーがデザインを生み、デザインがテクノロジーを生むという
ロケット工学やF1みたいなモータースポーツの魅力に近いものがあります。
ビデオゲームって本来そういうものだったのかもしれませんが。

FPSのポテンシャルの高さって今はまだ入り口だと思うので
このままGPUのロードマップと共に
進化の道を迷い無しに突き進んでいってほしい。

進化の最終形態はVGAメーカーと共に自滅する道なのかもしれないけど
行き着くところまで行ってほしいし、それを最後まで見届けたいです。
(またまた無責任な発言…)

--

追記
GAME Watchにも気合入ったレビューがアップされました。

ノト at 00:01|PermalinkTrackBack(0)

2004年08月08日

Doom3プレイ雑記その1

現在序盤から中盤に差し掛かったあたり(と思われます)。

前評判の高かったエンジンはやはり優秀。キレイな上に軽い。
描画関係のオプションや解像度は中の下ぐらいで遊んでますが
自分のPCの性能が上がったかと錯覚するぐらい。
次世代VGAやCPUで最高設定にするといったいどうなるのか。
かなりポテンシャル高い感じします。

グラフィックは陰影処理やバンプマップのおかげでかなりリアル。
といってもHalf-Life2みたいな写実系のリアルさとは違う
あくまでゲームライクな質感。まぁ火星だし世界観には合ってるかと。
モデルやテクスチャーも時間かけただけあってすごい作りこんでるし
モンスターのモーションも最高レベルだと思う。

恐怖の演出は一番力も入っているし実際相当よく出来てる。
心臓に悪いという意味ではトップクラスの出来じゃないでしょうか。
チェーンソー持ったゾンビに後ろから突然ガリガリ体を削られて
凄まじいエンジン音と共に大量の血しぶきが上がったときは
マジで叫びそうになった(;´∀`)

今のところ判断が微妙なのはゲームプレイ。
ストーリーや謎解きは無いようなもんだし、AIとの駆け引きも皆無。
武器を持つと懐中電灯が持てない、懐中電灯が無いと暗くて見えない、
というジレンマを中心に据えた戦闘のデザインも
まぁこんなものかって程度の印象。
でもそれが演出によっては異常に効果的な場面もあるし
あくまでも恐怖を体験することが今作のコンセプトなら
ゲームプレイはこの程度でもいいのかもしれない。

第一印象と直感だけを無責任に書くと
Doom3はエポックなスメルはするんだけど微妙に何かが足りない。
触った瞬間に「これは今まで遊んできたゲームと違う」
と思わせる感じが微足りない。
やっぱどうしても1作目やQuakeを始めてプレイした時の
あの感じを求めちゃいますが…

以上あくまでも序盤を経過した時点での感想。
もっと進んで別な感想が思いついたらまた書きます。

doom02doom03

ノト at 02:47|PermalinkTrackBack(0)

2004年08月07日

Doom3到着

Electronics Boutiqueより本日到着。
ちょっと出遅れたけどしばらく火星行ってきます。

感想は途中経過報告兼ねて少しづつ書きます。

pinky

ノト at 12:45|PermalinkTrackBack(0)

2004年08月06日

もじぴったんSIRENバージョン

ソファでウトウトしたら変な夢を見たけど面白いのでメモ。
(注)もじぴったんというゲーム、おれはやったことないので
内容は全然知らないです。タイトルしか知らないで書いてます。

--

「もじぴったん」のSIRENバージョンが出たというので送られてくる。
主人公は晴海(ここは曖昧。自分が晴海だった気もする)。
ハードはGBA。カートリッジに光学式のレンズがついていて
GBAが簡易ハンドスキャナーになる仕様。

小学校で事件が起こる。事件のカギを握るのは文字。
GBAで文字をなぞるとスキャンした文字がアーカイブモードに収集される。
色んな文字を集めて事件の謎をとく、というADV(このへんも曖昧)。

学校の図書館やお菓子屋に行くと全て70年代の風俗。
懐かしい漫画やお菓子のパッケージが並んでいる。

試しにブラックジャックの背表紙やアポロチョコの箱をスキャンすると
ブラックジャックフォントやアポロチョコフォントとしてアーカイブされる。

この機能のすごいところは、ひらがな、カタカナ、数字など
全てのフォントセットが自動生成されるところ。

ゲームそっちのけで懐かしい商品群をスキャンしまくってたら目がさめた。



ノト at 17:16|PermalinkTrackBack(0)

2004年08月03日

バーチャ2

SEGA AGES 2500シリーズ Vol.16
バーチャファイター2


これは絶対買います。
オレの周りでも前から熱望してた人多かったし
案外売れるんじゃないでしょうか…。

早くあのアドバタイズデモを久々に見たいです。

ノト at 23:56|PermalinkTrackBack(0)

Doom3またもやリーク

BBCのDoom3リークのニュース

発売日直前にGoldデータが流失というのは
前回のベータ版流出どころじゃない事態です。

北米では今日8月3日発売なんだけど
おとといの日曜だけで5万本ダウンロードされたらしい。
総数だといったい何十万本になるのか知らないけど
売上には当然響くだろうし開発元のidも大損害だと思う。

今回の割れ配布に一番使われたのが
BitTorrentってP2Pのファイル共有ソフト。

このTorrentの開発者にHalf-Life2の開発元であるValveが
技術協力というカタチでコンタクトをとっているそうです。
HL2のリーク騒動のときもBitTorrentが一番使われてたし
表向きはSteam上でのファイル配布の技術協力ということだけど
これはCIAがハッカーをヘッドハントするような感じなんだろうか。

ちなみにSteamというのはValveが運営してる
ゲームのオンライン認証、販売、ネット対戦などのシステム。
対戦で人気のCounter Strikeの最新バージョンや
HL2はSteamを通さないと遊べないようになっています。

純粋にいいエンジンといいコードを書きたかったカーマック。
割れ防止のためSteamとオンライン認証に力を入れたGabe Newell。

純プログラマとMS出身ビジネスマンの差なのかもしれないけど
DoomとHLの明暗はこういうところでも分かれそうです。

でもこれだけ開発費用が高騰してる時代になると
割れ防止ってのは本当に真剣に考えないとヤバイですね。


ノト at 19:37|PermalinkTrackBack(0)