2005年06月

2005年06月29日

Skype

Skype - 世界中どこでも無料通話

とにかく音がいいとか
ほめるとこいろいろあるようですが
単なるメッセンジャーとしても使えます。

ファイアウォールやNATを勝手に越えるので
職場の環境でメッセンジャーが使えなかった人に
おすすめです。

ノト at 13:35|PermalinkTrackBack(0)

2005年06月22日

10年後のゲーム

71 名前:名無しさんの野望 投稿日:04/07/23 01:06 ID:6X5rGtXh
ファインディングニモやシュレック2のリアルタイムレンダリング版みたいな
お子様向け1人称ADV、というか3DCGキャラと一緒に冒険できますよー
というやつ

73 名前:名無しさんの野望 投稿日:04/07/23 07:53 ID:oqDsBDIE
ファインディングニモやシュレックを撃ち殺すゲームならやってみたい

ノト at 00:48|PermalinkTrackBack(0)

2005年06月20日

F.E.A.R.マルチプレイ限定デモ

公式サイト

"No One Lives Forever"のMonolithが製作している
特殊部隊VS貞子みたいなノリのホラーFPSの
マルチプレイ限定デモがリリース。

コミカルでオシャレ系なイメージのせいか
日本ではあまり人気がないNOLFシリーズだけど
海外では非常に評価の高いタイトルです。

もともとシングルが期待されてるタイトルなんで
マルチはどうでもいいやと思って遊んだけど
グラフィックや表現の貧弱さが目に付いた。

HL2だのDOOM3だのを引き合いに出されるほど
期待されていた描画エンジンは
現行コンソールへの移植が前提なのか
技術が無いためなのか僕には判断できないけど
単に2005年発売のFPSという観点で見てショボい。

過去に発表されたムービーを見て期待していた
ゲーム中では"SlowMo"と呼ばれるバレットタイムや
画面一杯に広がる火花や硝煙、破片の動感といった表現が
マルチでは効果的に演出できないのも原因か。

今デモだけでは予約取り消しクラスの逆パブ。
まずは製品版発売前に不安を払拭できるような
シングルデモをリリースすることが急務と思われます。

とりあえずもうちょいさわってみる。

ノト at 23:44|PermalinkTrackBack(0)

2005年06月17日

Killer7その後

だめだ。やめます。
先が見たい気持ちよりめんどくさいほうが勝った。

ノト at 02:00|PermalinkTrackBack(0)

2005年06月14日

Killer7

Amazonから届いたので遊んでみた。
GC版。現在3章めをプレイ中。

グラフィックは期待通りセンスいいです。

でも途中に挿入されるアニメパートはいただけない。
本編と同じグラフィックじゃ作れなかったのかな?

どうせなら思い切って小池健に頼む勢いで。
まんま『Party7』になっちゃいますが。

でもゲーム本編はかったるいね。

もっとスピーディーな展開なほうが
世界観や雰囲気にも合うんじゃないだろうか。

特にセリフの音声をスキップして
文章だけで送れないのは致命的につらい。

ただでさえデモやセリフが長い上に
フレーズの繰り返しが多かったりするので
音声をスキップ出来ないと進行のリズムが悪く
内容のわりにプレイ時間だけが妙に長い。

スキップなど許さんという主義なのか
単に気が利かないのか判断が微妙ですが
割とボリュームのあるゲーム内マニュアルやヘルプが
全て音声収録という仕様を見ると
致命的に気が利かないだけなのかもしれない。

でもマニュアルやヘルプの文章まで
作った人の芸風が漏れてるようなゲームなので
やっぱりスキップ禁止にしてるのかも。

この人の過去のゲームはやったことないんですが
ある種の信奉者が多いという話は聞いたことがある。

某カントクのゲームもそうだったけど
漏れる何かを受け入れることが出来ないと
進めるのがつらいタイプのゲームかもしれない…

そういえば『レッドデッドリボルバー』は無事クリア。
品質的には限りなくB級に近いのかもしれないけど
味のあるいいゲームでした。


追記

「雲男」のアニメパートはなかなかよかった。
小池健、Peter Chung路線。
品質にばらつきはあるけど誰が作ってるんだろ。

ノト at 23:24|PermalinkTrackBack(0)

2005年06月06日

和製FPS

csneoナムコが何年か前から"Counter Strike"使ってなんかやってます。

ネカフェみたいなの経営したり、そこで遊べるナムコのオリジナルMod作ったり。

さらに『カウンターストライク ネオ』というタイトルを夏から全国のゲーセンで稼動させるらしい。

CS:CZベースのオリジナルエンジンで、筐体もPCベースで新規に開発。

肝心のゲーム内容は続きを読む

ノト at 15:01|PermalinkTrackBack(0)

2005年06月04日

レッドデッドリボルバー

公式サイト

3年くらい前のゲームショウで
カプコンブースに出展されてるのを触った。

それ以来結構期待してたんだけど
突然開発中止になったり、Rockstarが復活させたり
なんかゴチャゴチャあったみたいですが
結局いつのまにかカプコンから発売されてました。

まだ序盤までしか遊んでませんが
さすがRockstar、絵も音も演出もセンス良し。
特にマカロニウェスタンのサントラからの選曲は抜群。

とはいっても僕が聴いてわかる曲は
モリコーネとブルーノ・ニコライぐらいで
ほとんどがカルト度が強い劇場未公開ランクの
B級マカロニのサントラと思われる。

安田朗の手を離れたことで若干の不安もあったが
国産キャラクターの魅力を取り込みつつも
Rockstarらしい垢抜けたゲームに仕上がっており
結果としては良かったのではないだろうか。

ノト at 21:09|PermalinkTrackBack(0)

2005年06月01日

Prey

PCのみで発売されるものと思っていたら
GameSpotでXbox360のタイトルとしてムービーが公開。

宇宙船内の人口重力下でのシューティングと
人口重力を利用したパズルがデザインのコンセプトらしい。

物理演算によって重力に説得力を持たせれば
重力を自在に操ることもまた説得力を持つ、ということか。

しかし巷では「DOOM3のMod」などという不名誉な風評を得ているので
今後の開発でオリジナリティある世界観の構築を期待。

今月号の雑誌PC Gamerで大きく特集されるらしく
公式サイトに表紙の画像が載っているが
その表紙に「我々は見た!」と水曜スペシャル風のデカイ見出しが。

どうも"Prey"取材中に3D Realms社内で
編集者が"Duke Nukem Forever"の開発バージョンを目撃したらしい。

DNF製作発表から7年。その存在はもはや伝説の領域に達している。

昨年、雑誌WiredでVaporware賞の生涯功績賞を授与されたが
その受賞時に贈られたコメントをいくつか紹介。

「僕がこのゲームを予約注文したのは、かなり前だ。とんでもなく前の話だから、実際、今、予約票を額縁に入れて保存しようかと考えているところだ。僕に子どもができたころ、ゲームが発売になったらすぐ買えるようにね」

「このゲームが開発されている間に、米航空宇宙局(NASA)は火星探査車の立案から設計、開発を終え、ついには着陸を成功させた」

「『Duke Nukem Forever』は今や伝説だ。たとえ発売されたとしても、逆に拒絶されそうな境地にまで達している。人々の心の中に、ずっとベーパーウェアのままでいてほしいという思いがあるためだ」


Prey関連エントリー:
BioShockとPrey

ノト at 00:27|PermalinkTrackBack(0)