2008年10月

2008年10月21日

Dead Spaceまだ序盤

バイオ4、SystemShock2、Gears、Doom3、Prey、その他もろもろFPS/TPSタイトルのミクスチャーという印象で、まともに正面から評価するのが難しいタイトルではある。

だが、プレイヤーがボケッと構えたミットにポンポンとド真ん中のストレートを放ってくる、現場感覚というかセンスみたいなものは並々ならぬものがある(ここで指す「現場」というのは製作現場ではなく、遊びの現場、という意味)。

ただしワイルドピッチの可能性が極めて低い安定度を獲得した代わりに、イノベーション皆無というジレンマも有り。

でもさ、イノベーションやオリジナリティってゲームにとって(もしくはプレイヤーにとって)ホントに必要なのかね? という疑問も浮上してきたりと、なんだか考えさせられるような、何も考えずに遊んでしまうような、まー面白ければどっちでもいいやという時間の流れが、Dead Spaceにはあります。


関連エントリー:
Dead Spaceインプレとゲームの見方

ノト at 03:03|PermalinkTrackBack(0)

2008年10月18日

Dead Spaceインプレとゲームの見方

数日前に発売されたばかりのDead Spaceを遊びはじめた。で、なんとなく思うところがあったので断片として書いときます。

--

パブリッシャの企画審査や経営方針。デベロッパや関わるスタッフの過去の実績。当該ジャンルの過去タイトルとの類似性や競争力。

などなど、ゲームの姿かたちを頭からつま先まで一瞥して、打ち出したコンセプトが証明可能かどうか、おおよその品定めと商品としてのランク付けを遊ぶ前にしてしまう。嫌なゲームの見方だと思うけど、いっぱいゲームを買ってるうちに、いつのまにか染み付いてしまった習慣なんで仕方がない。

で、この習慣に照らし合わせてDead Spaceの良否を判断すると、迷い無しの「凡作」となる。パブリッシャはあのEA。Redwood Shoreという、EA内では今まで(失礼な言い方だが)二軍的存在だったスタジオ。他タイトルとのプロットやゲームデザインの類似性は、もう言うまでもないと思う。

なんだけど、途中すっ飛ばして結論を言うと、このDead Space、遊んでみると面白い。

おそらく―― いま純粋にゲームを愛し求めている人たち(海外ゲームメディアに従事する者やコアゲーマーを先頭とする)に求められているのは、強いゲームの力、つまり面白さ、そして純度の高い没入感なんだろうと思う。

何をいまさら、そんなの当たり前の話だろ、とゲーマーは思うかもしれないけど……

--

メタスコアとユーザースコア、そして連動する売り上げ。全てを信じるわけではないけれど、この数字の中には嘘だけではなく真実もある。そしてその数字もゲームの力を体現している、と僕は信じる者だ。

ノト at 17:06|Permalink