2009年04月

2009年04月18日

Assassin's Creed 2



舞台がルネッサンスのイタリアで、ダ・ヴィンチがNPCとして登場とかなんとかで、今回もまた馬鹿売れしそう。でも遊んでみたい!と思わせるヒキの強い企画力はさすが。

ゲーム脳日記:Assassin感想
結論を先に言うと、エンジニアリングやアートは超一流。しかしゲームデザインは三流。個人的には合わせて中の下といったところ。

前作は結構ボロクソに叩いた気がするけど、今回は素直に期待してみたい。前作の出来はスタッフ自身も微妙だと思ってるみたいだし。

「ASSASSIN'S CREED」における群衆プログラム
「しかし、この群衆がゲームプレイに関して充分活かせていたか、ここが少し足りなかった。群衆とプレーヤーの関係でまだ何かができたのではないかと思っている」とBernard氏は語り、講演を終えた。

あと今年は期待できそうなタイトルが少なそうだ、という消極的な理由もある。

というか今年の年末に出るAssassinとCoDの新作あたりで、ある一面ではもう今世代の限界がだいぶ見えてくるんじゃないかな。技術的なことじゃなくデザインとかワクワク感とかいろいろ。続きは次世代にご期待ください!みたいな気分とか。


関連エントリー:
Assassin感想
Assassinはなぜ売れたのか

ノト at 20:20|PermalinkTrackBack(0)