2006年01月14日

BioShockとPrey

テイク2、Irrational Gamesのロールプレイング・FPS「BioShock」 - QUITER

テイク2は2007年に ここが開発するPC向けロールプレイング・FPSゲーム『BioShock』をPCと次世代機向けに2007年に発売すると明かしました。『Prey』や『Elder Scrolls IV』など、テイク2のハイレベルなPCゲームがいずれもXbox360で発売される傾向から、『BioShock』もまたXbox360で発売されると見られます。

Take TwoがIrrational Gamesを買収したらしい。

Irrational Gamesは当Blogでも一押ししたSystemShock2の開発元。つまり記事中の"BioShock"は、オリジナル開発者による、SystemShock2の正統的な続編といえる。

版元のEAも、SystemShock3の商標を取った、と記事中に触れているが、大傑作SystemShock1・2を今まで絶版にしたまま放って置いたわけで(つい最近バリュー版として再販したが)、古くからのSystemShockファンは、当然BioShockに肩入れしているようだ。BioShockは2007年初頭発売予定。引き続きチェックします。

同じくTake Twoから発売予定の"Prey"も、つい最近公式サイトが正式にオープン(去年紹介したときは、まだプレオープン状態だった)。

サイトに置いてあるトレイラーは、去年のE3と同じもので代わり映え無し。記事中にもある360版のムービーが追加されているが、やはりPC版と比べると見劣りするような気がする。単に最適化されていないだけかもしれないが。

Preyもトレイラーを見る限り、技術・描画・ゲーム性ともに、群を抜いた仕上がりになると予想される。とくに重力をコントロールするフィジックスは、HL2のグラビティガン以降、これといってゲーム性に干渉するタイトルがなかったので、個人的に非常に期待している。エンジンはDOOM3から流用しているが、フィジックス関係はDOOM3より明らかにチューンされているように感じた。他にはテレポーター(どこでもドアみたいなやつ)を利用したレベル移動があるようなのだが、トレイラーを見る限り、まったくロードを挟まずゲームが進行している。E3版トレイラーを見てもらえば判っていただけると思うが、これがロードによるストレス軽減の枠を超えた演出効果を生んでいる。細かいことだが、こういった技術的に優秀な処理の積み重ねが、未知のゲーム体験を生むこともあると思う。こちらは2006年6月発売予定。引き続きチェックます。


BioShock関連エントリー:
一人称という語りかたその2
一人称という語りかた
System Shock 2

Prey関連エントリー:
Prey

ノト at 23:06│TrackBack(0)

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 西沢   2006年05月01日 23:35
はじめまして。
古い記事へのコメントで申し訳ないのですが
System Shockのバリュー版というのは
どこから発売されているのでしょうか?
私は現在SSシリーズをプレイしたくて探している最中なので
情報が載っているサイトだけでも教えていただけるとありがたいです。
2. Posted by ノト   2006年05月02日 11:26
西沢さん、はじめまして。
1作目のCD-ROM版はイギリスのバリュー版専門レーベルから以前発売されていたのですが
いま検索したところ発売元のサイト自体が無くなっているようでした。

でも同じ商品と思われるものがドイツeBayでまだ新品で購入可能です(英語版)。
http://search.stores.ebay.de/Games-4u-Shop_system-shock_W0QQfciZQ2d1QQfclZ3QQfsnZGamesQ2d4uQ20ShopQQfsooZ1QQfsopZ1QQftsZ2QQsaselZ31603501QQsofpZ0
業者なので海外発送もOKみたいです。

パッケージにこだわらないならば
他にも色々とプレイする手段はあるかもしれないので
SS2に関してたぶん日本で一番濃いと思われる『凄いぞ このゲーム』さん
http://blogs.yahoo.co.jp/ot2001ter/9377877.html?p=1&pm=l
のリンク先などを探索してみるとよいかもしれません。

あまりお役に立てなくてごめんなさい!
3. Posted by 西沢   2006年05月02日 13:56
詳しいご返信どうもありがとうございます。
わざわざebayまで調べていただき、とても参考になりました。
また和訳サイトの存在も知らなかったです。
SS2を購入した際は参考にさせていただきます。
本当にありがとうございました。