2006年03月17日

FF12

選ばれし者は病気になっちゃったみたいだけど、ちゃんとAmazonで予約して買いました。FF買うのは、ネトゲの11を除くとPSで一番最初にでた7以来。

まだ序盤をちょっと触った程度だけど、ゲームのシステムは、「MMORPGのプレイフィールをスタンドアロンRPGで再現する」、というコンセプトで作られてる感じ。本来サーバー制御であるはずのMobの行動をローカル上で再現し、パーティーメンバーの行動はBotを組み込んで再現。RPGではないけど、Mobの自律行動やFactionを取り入れたFPS、STALKERとその辺りのコンセプトは近いかもしれない。まぁ単純にFFの場合、FF11のいいところを12にも入れよう、という感じなんだろう。PS2の限られたメモリで、それを実現するのは非常に困難だったろうと思うけど、案外成功していることに驚きます。

他に感心したのが、やはり細部にまでこだわったグラフィック。特にUIはユーザビリティも含めて素晴らしいと思った。これは今作では途中からディレクターに昇格した、皆川裕史のアートディレクションの影響だろうか。

皆川氏が関わったタイトルのグラフィックは、SFC時代のドット絵から、PS時代の低解像度のテクスチャ、果てはフォントのアンチエリアスのかかり具合に至るまで、文字通り1ドットの隙も無く神経が届いていたように思う。それが松野泰己の偏執的といえるようなゲームデザインとの相乗効果で、画面を見た瞬間に「このゲーム気合入ってる」と思わせる風格を生んでいた。(そういう意味でFF12は、オンラインヘルプのボリューム不足はちょっと不満かな…)

FFという超大作、しかもディレクターという最要職で、皆川氏が現在どんな仕事をしているのか、もちろん僕の知るところではありません。でも卓越したスキルとセンスを持ち、それに留まらない職人的な彼のこだわりが、FF12全体の隙の無い完成度に貢献しているのは確かだと思う。

今後、次世代機が中心になると、ハード性能の貧弱さやリソース不足を、職人的なスキルでカバーするような時代は、もう終わるのかもしれない。でも、解像度がD4になろうがD5になろうが、1ドットに対する執念が、ゲームの品質や風格に影響するという事実は今後も変わらないでしょう。皆川氏のような職人たちが作り出す、次世代のタイトルにこれからも期待します。

ノト at 15:49│TrackBack(0)

トラックバックURL