2006年04月24日

何かいい話は無いのか

ゲーム機離れ、歯止めの兆しは?・業界団体が調査リポート?デジタル家電&エンタメ-最新ニュース:IT-PLUS
家庭用ゲーム機の利用動向では、「以前はしていて今はしていないが、ソフトウエア次第ではまたしたい」という休眠層も前回の19.9%から11.2%へとダウンした。一方、「今までしていないし、今後もしてみたいとは思わない」「以前はしていたが、今後はするつもりがない」という否定的な層が52.5%と前回から10ポイントも増えた。ただ、「これまでしたことはないが、面白いソフトウエアがあればしてみたい」と関心を示す層は8.4%と前回から3.3ポイント増えており、新たにゲームをやってみようという人が増えている兆しがうかがえる。
寒い。寒すぎる。

最近はゲームをアタマの体操や教育などに使う利用法が話題を呼んでいる。ゲームの有効利用について聞いたところ、高齢者の身体機能維持に「とても有効」「やや有効」と答えた人が64.4%、勉強嫌いの子供の教育に「とても有効」「やや有効」が50.3%だった。
この国はIQ番組やボケ防止みたいなゲームばかりになってしまうのか。

anotherworld02


関連エントリー:
ガチ

ノト at 17:43│TrackBack(0)

トラックバックURL