2006年12月09日

私的GOTY2006と今年のまとめ

以下は僕が今年になって買って遊んだゲームの、GOTY(ゲーム・オブ・ザ・イヤー)とベスト3。

PS3やWiiはまだ買ってないし、年内購入予定のタイトルもまだあるけど、今後この順位が入れ替わることは(たぶん)無いでしょう。まぁ気が変わったらまたエントリー立てます。

評判を聞いただけで触ってもいないようなタイトルは当然入ってない。僕が好むジャンルが偏っているため、ジャンルごとにも分けてない。マルチが多くなっている現在、機種ごとにも分けてない。当然、僕が遊んでいない名作も、この世には沢山あると思う。つまり物凄く偏ったGOTYなので、その点はご理解ください。

まずは本命のGOTYから。


Gears of War
Epic Games: Xbox360

発売前からクリフBの発言やインタビューをいくつか読んでたので、見た目の無骨さや大味さとは違い、きっと丁寧で繊細なゲームなんだろうと予想はしていた。だから「いいとこどり」的な中庸さも免れないだろうとも。

ところが実際遊んでみると、「いいとこどり」の一言で済ませることが出来ないほどの徹底ぶり。既存タイトルの流れやトレンドに逆らわず、プレイヤーの「今の気分」をゲームに織り込み、ジャストタイミングで投げ続けてくる。

しかも飛んでくる球がど真ん中のストライクばかり。大抵のタイトルというのは、オリジナリティを追及するためか、作り手の勉強不足なのか、プレイヤーと過去のゲームが築き上げた価値観を飛び越える「ハァ?」というワイルドピッチが混ざっているものですが、そういう球がほとんど飛んでこない。

PCゲームデベロッパであるEpicが、ここまで完成度の高いコンソールのゲームを作れるとは正直思ってなかった。事前予想では、単にUnreal Engineのテックデモ、UT2K7の前座に終わってしまう可能性もあったと思う。MSの舵取りもよかったのかもしれないが、これはEpicがPCゲームで培ったノウハウを活かしつつも、「ふさわしくない」PCゲームらしさを削ぎ落とし、既存のコンソールを徹底的に研究解析した成果だろう。

日本のゲーム業界はGearsを見て、単に「海外ゲームも洗練されてきたね」という話に留めず、これが手練れのコンソールデベロッパの作ったタイトルではないことにも注意を払うべきだと思う。

ただしこの評価もシングルプレイとCoopに関して。Versusに関しては詰めが甘いようだ。というかGearsの戦闘システム自体、どう考えても対人戦とはソリが悪い。GearsはシングルとCoop、対人戦はUT2K7と、Epicも企画意図を割り切っているのだろうか。この摺り合わせは次回作に期待したい。

言うまでもなく技術とアートは文句無し。話題性やクリフBのカリスマ性、ゲームから発する強烈なプレゼンスも評価し、今年のGOTYは、したたかさと謙虚さの両面を持つ、Gearsに決定します。

以下ベスト3。


Rainbow Six: Vegas
Ubi Soft Montreal: Xbox360, PS3

タクティカルシューターとしての出来はもちろん、アートや音周りの品質も高く、話の盛り上げ方もうまい。さらにマルチも非常に充実している。Gearsの話題性や祭り度を考慮しなければ、完全にVegasをGOTYにしてます。それぐらい総合的な完成度は高い。個人的にはBAFTAのGOTYを取ったGRAWを、ほぼ全ての面で上回っていると感じます(実際GRAWの高評価には、ロンチ直後のご祝儀点も含まれてると思う)。

完成度だけでなく、GRAWやGearsのようなカバーリングからの攻防に、旧来のタクティカルシューターらしからぬ映画的な演出や、カジュアルでシンプルな操作方法と、2006年ならではのトレンドや時代性もキッチリ抑えてる。

しかし次世代機以降、Ubi販売のゲームは秀作ばかり。どのタイトルも製作期間が短いようだし、マネージメントも一歩抜きん出ている印象がある。特にモントリオール製作のタイトルは素晴らしい。来年のAssassin's Creedにも期待させてもらおう。


リズム天国
任天堂: GBA

「今の気分」をデザインや仕様に置き換えている、という意味でGearsに立ち位置は近い。ゲーム門外漢の関わったシリアスゲーム、という視点で見ても、一連のTouch Generationsより新しさを感じた。

ただ減点ポイントがひとつ。GBAのためのデザインと十分理解したつもりで言いたいんだけど、なぜDSで出さなかったのか、という一点。


Xbox Live
Microsoft: Xbox360

以前のエントリーで書いたことをちょっと繰り返します。

マッチングやデモのダウンロード、小規模決済というオンラインサービス自体に驚くような新しさは無い。特にPCゲームの世界では、何年も前から常識だったようなことばかり。

僕が評価しているのは、それらを全部ひっくるめたサービスによって、360を通じて得られる「体験」。オンラインサービスこそが生活を変え、今まで体験したことの無い、ゲームを取り巻く日常を作る。これが従来のコンソールと360の決定的な違いだったと思う。

大げさな例え話をすると、Amazonみたいな感じ。別に昔からネット通販はあった。カード決済もあったし着払いもあった。でもAmazonは違った。大げさに言うと、あのサービスで生活が変わった。どう変わるのかは、実際に生活に取り込んで体験してみてください、としか言えないところも360と似ている。

特に今年のE3のブリーフィング中継とコンテンツ配信は新しかった。「家にいながらにしてE3を体感できる」というコンセプトは成功だったと思う。

PS3やWiiもオンラインサービスを始めてるし、別にMSがやらなくたって遅かれ早かれ誰かがやり始めたことだとは思うけど、一番最初に実用化したということで、今年はLiveをGOTYに入れてみた。


以上、パッと見ても相当偏ってます。本来はTES4が絶対ベスト3に入ってくるところですが、買ったはいいけど評価できるほど遊んでいない(英語もできない…)ので、今回は入れてません。ごめんなさい。

PCゲームデベロッパが参入して大盛り上がりを見せたコンソールと比較して、相対的にPCゲームが寒かった。個人的には正直、ほとんど見るべきものが無かった気がする。

もちろんPCゲームが単体で駄目になったとは全然思ってない。開発費と収益を考える以上、マルチがいいとか悪いとかいう問題じゃなく、PCからコンソールにシフトすることは必然なんだと思う。マルチのせいでPCゲームが駄目になったとPCゲーマーがいくら言っても、この流れは変わらないし、来年以降も加速し続けるだろう。

オンラインに高解像度にHDDと、PCゲームのアドバンテージが次世代コンソールに吸収されてしまったこと、Modのようなユーザーコンテンツが、PCの高性能化やコンテンツの高品質化という、PCゲームの進化のベクトルと、本質的に相性が悪いのも痛かった。

まぁModコミュニティが法線マップやシェーダーを駆使したコンテンツを作る必要も無いわけで、例えばCS1.6のようにシンプルなModを遊び続けることでもコミュニティが機能していくのなら、それはそれで問題ないのかもしれない。

今後、コンソールと大きく差別化を図れるほどハイエンドなPCゲームは、CrysisAlan Wakeのように、OSやGPUを売るテックデモとしての側面を持たせ、大企業から資金提供を受けながら作るしかないような気がする。

でも僕の今年のゲームライフは、PC→コンソールとほぼシフトすることになっても、去年より充実していた。実際、来年以降のリリースを見ても、BioShockのようなPCゲームの大作がコンソールに軸足を置きつつあり、個人的には困っていない。というか結構幸せ。だってSystemShockシリーズの新作、遊びたいじゃないですか。マルチになってなければ、一生遊べなかったかもしれないわけで。

つまり今年は、ビデオゲームのエッジであったPCゲームの遺伝子が、次世代コンソールという土壌で開花した年であり、僕にとってネガティブだった「コンソール的」という形容詞が、ポジティブに変化した年なわけです。

コアゲーマーも、PCとコンソールの違いや、ご贔屓ハードの違いに拘らず、面白いゲームが出るなら全然OK!ぐらいの姿勢でいるほうが、業界全体が盛り上がっていいんじゃないだろうか。当然、PCゲームの悪いところや、コンソールの悪いところを引きずったゲームには、ユーザーとして相応のリアクションをとれば良し。

とりあえずこんな感じですか。以上。長文お疲れ。

ノト at 20:41│TrackBack(0)

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by モリヤン   2006年12月10日 16:13
こんにちは。GoWについて ホント 同感です。

ところで またまた質問なのですが ドムマスターなんですが、、
「ドミニク サンチャゴとして協力プレイの全 Act をクリア 」
とありますが これって?全ACTの全チヤプターをドムとしてクリアーする
という意味なんでしょうか?。その場合 難易度は別で順番として 最初か
ら連続してクリアーしていなくてもいいのでしょうか?。つまりACT2を
やってからACT1をクリアーするとか です。宜しく御願いします。 


2. Posted by ノト   2006年12月10日 19:03
僕も外人のCoopに適当にJoinしてたらいつのまにか実績解除できていたので、ACTの順番は(たぶんChapterも)バラバラでいいような気がします。
3. Posted by モリヤン   2006年12月11日 11:07
ありがとうございました。おかげさまで マスターの実績解除
できました。ばらばらでも 可能でした。