2007年01月09日

商品でのインデックス・ファンドの動向

日本もきょうから本格的に市場が動き始めます。

目立った経済指標の発表がなかったので、商品市場におけるインデックス・ファンドの動向を見ます。金ETFの現物は564.14トンで0.17トン減少。ただ銀ETFが増加したので年金が手じまいに動いたというよりもインデックス・ファンドのポートフォリオの調整だと思います。

米CFTCがCOT報告で新しい報告書を発表しました。これまでは先物市場だけのものとオプションも含んだものを発表してましたが、近年のインデックス・ファンドの成長から穀物などで項目を細分化したもの(オプション含む)を出しました。

とうもろこしの買い玉見ると、
Non-Commercial 305,387
Commercial 442,017
Index Traders 427,445
ですから、インデックスの資金はかなり大きいです。商品でテクニカルが悪化してもインデックス・ファンドが手じまいに動かなければ(年金の資金が逃げなければ)ある程度下げたところで止まる可能性が大きいと思います。

spiketrader at 10:43│Comments(0)clip!きょうの材料 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
世界時計
Archives
ランキングサイト
にほんブログ村 先物取引ブログへ
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村 株ブログへ
QRコード
QRコード
免責事項
 当ブログは管理人の見方と売買の記録であり、投資判断を示すものではありません。
 最終的な投資決定は投資家自身の判断でしてください。