March 12, 2005

SPIKE vol.14が出ます。

数ヶ月も放置しといて何ですが、SPIKEの最新号が出ます。
3月下旬にはとりあえず早大生協と模索舎・タコシェさんに並びます。

(ヨシモト)  
Posted by spikeweb at 23:49Comments(0)TrackBack(0)info

November 19, 2004

文学フリマ+コミティア70

第三回文学フリマ看板
SPIKEは今年も文学フリマに出店しました。
来ていただいた/お買いあげいただいた方はありがとうございました。
戦果ですが、なんというか、かなり売れました。
書店に置いてもこれくらい売れるといいんですが・・・
ご愛顧に感謝します。

私は今年は文学フリマの事務局にスタッフとして参加していた(今回はカタログのレイアウト・デザインもやらせていただきました)こともあり、ほとんど留守にしていましたが、今考えるといれば誰か挨拶してくれたのではというのに気づいてちょっと後悔。
ただ、個人的に意外な知り合いの方が何名か偶然お会いしたりして楽しかったです。
そこらへんのことはまた後日書きます。

来週日曜のコミティア(COMITIA70)にも出店します。
有明ビッグサイトでやります。
ブース番号はN08bです。
ご来場予定の方は是非お立ち寄りくださいませ。

(吉本)  
Posted by spikeweb at 00:25Comments(0)TrackBack(0)info

August 26, 2004

綿矢りさのしくみ 本日発売!!

綿矢りさのしくみ綿矢りさのしくみ

著者:小谷野敦・渡部直己・吉本謙次
出版社:太田出版
税込価格:\800 (本体: \762)
頁数:164P

 SPIKEの編集発行人の処女作が太田出版から発売。
 共著者は辛口文芸批評でならす近畿大教授・渡部さん、 「もてない男」「退屈論」で人気の評論家・小谷野さんです。
 はっきりいってこの本はとても面白いです。立ち読みして、レジにもっていくかどうか決めて下さい。

1章 「綿矢りさ」と、同世代の文学少年・少女たち」 吉本謙次
2章 徹底吟味 『蹴りたい背中』の技術水準 渡部直己
3章 「にな川」の欲情する背中---『蹴りたい背中』を尋常に読む 小谷野敦
付録 「綿矢ワールドを歩く」 嵬軌良品」 ◆峭盥察廖“岾以圈嵬別陬レー」 / 「綿矢りさキーワード小辞典」 / 「第2の綿矢りさをさがせ!」

 1章は同世代の人たちの綿矢りさ受容、綿矢りさの「特殊」と「普通」を浮き彫りにしたノンフィクション。簡単にいうと、 「綿矢りさ原理主義」を下敷きにした内容。

 2章は技術論で第二作「蹴りたい背中」を徹底解剖した批評です。辛口でならす渡部さんは果たして綿矢りさをどう評価するのか!?そこには意外な結論が・・・

 3章は「もてない男」を書いた小谷野さんが書く「にな川論」。小谷野節炸裂です。小谷野さん×にな川というファンにはきわめて興味深いとしか言いようがないテーマです。

 付録の「綿矢ワールドを歩く」では「インストール」「蹴りたい背中」の舞台と思しき場所をたずねて京都を取材。
 「綿矢りさキーワード小辞典」は超充実。知られざる綿矢さんの側面とは・・・綿矢ファン必携です。
 「第2の綿矢りさをさがせ!」はある意味、写真集。その名のとおり、第2の綿矢りさを求めて右往左往、ポートレイト集。っていうかこのページはすごいです。

 吉本は付録の取材・執筆も担当しています。あと調子にのって本文デザインも一部担当しています。

 共著ということもあり、この本にはあとがきの類がないので、ここであらためて取材などに快く協力してくれた方々に感謝申し上げます。また、編集者の村上さんには非常に面倒をみていただきました。どうもありがとうございました。
(ヨシモト)  
Posted by spikeweb at 00:15Comments(0)TrackBack(3)info

August 20, 2004

アテネオリンピック!3 福原愛選手は・・・

女子卓球・福原愛選手は第二回戦から登場。
初戦の相手はオーストラリアのミャオ・ミャオ選手。
世界ランクから見ると格下の相手ですがかなり苦戦した末の勝利でした。

試合後の福原選手、「この勝利が自信につながったのでは」
とのレポーターの質問に、
「そんなきれいごとじゃないです」
と一言。
彼女のインタビューや記者会見は、生意気とかスカしてるというのではなしに、絶妙に質問をあしらっている感じがgoodです。
  続きを読む
Posted by sakusaku01 at 03:53Comments(3)TrackBack(1)

August 18, 2004

アテネオリンピック!2 谷亮子選手、金メダルおめでとう。

アテネ五輪、日本人選手金メダル一番乗りは、やっぱりこの人でしたね。
YAWARAちゃんこと谷亮子選手。
前回のシドニー五輪では「最低で金、最高で金」と悲壮な覚悟で挑み、
見事金メダルを獲得した彼女。今回もまた、怪我に苦しみながらも
「田村亮子で金、谷亮子でも金」との宣言を現実のものにしてくれました。
おめでとう、谷亮子!
ありがとう、谷亮子!
感動をありがとう、谷亮子!


  続きを読む
Posted by sakusaku01 at 03:11Comments(3)TrackBack(0)

August 15, 2004

アテネオリンピック!

アテネオリンピックが始まりましたね。
8月26日に予選が開始される新体操には、日本新体操界期待のほ☆し村田由香里選手が出場します。新体操に関しては後進国とも言われる日本ですが、勝利への秘策はあるのでしょうか??

●4月に行われたアテネ五輪代表決定競技会にて全種目トップの得点をマークし、五輪出場を決めた村田由香里選手。安定感のある着実な演技を見せつけた彼女の代表決定は納得の結果だろう。
しかし世界で戦うには「安定」「着実」だけでは弱い。彼女自身が語るように、柔軟性やスタイルといった点でも欧州勢に劣る感は否めない。だからこそ「日本」「和」といった要素を押し出して、彼らとは異なった日本人らしいアピールを狙う。
だがここで目指される日本人らしさ、とは一体何だろうか。公開練習の模様からわかるのは、和太鼓や三味線を用いた和調の曲目の使用や北野武監督「座頭市」をもとにイメージを膨らませたという演技など。正直に言ってあまりにもステレオタイプな日本像。外国人から見ればこういったものが一番わかりやすく失敗がないのは理解できる。しかし、いつまでも安全策的なステレオタイプに頼るのはいかがなものだろうか。いっそのことマツケンサンバでも使用して、一度世界と日本自身の固定観念をブチ壊してみるのもいいかもしれない。
五輪での村田選手には、形式的な「日本」のアピールを超えた日本らしさ、彼女らしさを表現する演技を期待したい。
(山下)
  
Posted by sakusaku01 at 12:33Comments(0)TrackBack(0)

July 26, 2004

『ドリーム・キャンパス スーパーフリーの「帝国」』が発売

ドリーム・キャンパス スーパーフリーの「帝国」 ワイドショー、週刊誌などではさかんに報道されるも、スーパーフリー(スーフリ)のレイプ事件に関する書籍は今までありませんでした。事件から一年余、和田真一郎被告の地裁判決を目前にして初にして決定版のスーフリ本『ドリーム・キャンパス スーパーフリーの「帝国」』 がついに登場です。
 著者は「和田サン」とは同世代で早大商学部出のライター、小野登志郎さん。ちなみに筆者がSPIKEをはじめる前に一時期入っていたサークルの先輩で、この本にはSPIKEも微力ながら少し協力させていただきました。

 今まで報道されている内容をフォローしていることはもちろん、残党サークルの動向や「スーフリギャルズ」、企業との関係など初出の内容(写真含む)も多く盛り込まれています。事件の全容を知りたい人はもちろん、これから大学に入る高校・浪人生とその親御さんが「イベントサークル(イベサー)」の概要(もちろん、この本で描かれているようなサークルとは違う真面目な団体もあるのですが)を知るのにも役立つでしょう。
(ヨシモト)

  
Posted by spikeweb at 19:48Comments(0)TrackBack(0)書籍・雑誌

July 23, 2004

新人賞作家はどのくらい消えているのか?(2) 徹底調査「文藝賞」篇

恐怖!消えた文藝賞作家(納涼)

さあー、芥川賞の調査結果がかんばしくなかったので、再調査です。
今度はJ文学から綿矢りさまで近年話題の多い河出書房新社の「季刊文藝」。これは期待(?)できそう。
  続きを読む

Posted by spikeweb at 08:42Comments(5)TrackBack(0)書籍・雑誌

July 19, 2004

消えた芥川賞作家の数を調査!

恐怖!消えた芥川賞作家(納涼)

今回の芥川賞はモブ・ノリオに決定ですが、前回の綿矢&金原フィーバーにはだいぶ劣るとはいえ、いろんな意味で話題になっています。
しかし「メッタ斬り!版 芥川賞、直木賞選考会−after ROUND 受賞作発表を聞いて」 ニュースな本棚|Excite エキサイト : ブックスの豊崎由美の発言

しかし、モブもさあ、あんな程度の作品で受賞したことを少しは反省したほうがいいと思うよ。「やったー! これでやっていけるって認めてもらったってことですよね。これからもマイペースで書いていきます」とか何とかそんなような発言してる場合じゃねーよ、あんたのレベルは。これまでの芥川受賞作家のその後を、ちゃんとリサーチしたほうがいいぞ、おめえ。消えてる作家、多いんだぞ、ントに。「マイペース」とか、そんな偉そうに構えてる場合か。書け、自分の容量を超えて書き続けよ! 「介護入門」程度の作品なら目をつぶっても書けるようになるくらい書き続けよ!

その中でも

消えてる作家、多いんだぞ

が気になったので調べてみました。一体生存率はどのくらいなのか?90年代までさかのぼって調査!
さあ、どのくらいの作家が生き残ってるのでしょうか・・・そして知らない作家がどのくらいいるのでしょうか・・・

  続きを読む
Posted by spikeweb at 11:38Comments(0)TrackBack(0)書籍・雑誌

お好み焼き×たこ焼き頂上決戦

お好み焼きを食べました。

近所のお好み焼き屋に行ってきました。筆者的にはかなり久しぶりです。
注文したのは「チーズお好み焼き」と「たこ焼き」です。

で、これがチーズお好み焼き。鉄板への投入以前にチーズを入れてかき混ぜず、上にのせたせいでなんかチーズ膜ができてます。びみょー
なんというか、美しさが足りない
  続きを読む
Posted by spikeweb at 08:11Comments(0)TrackBack(0)食べ物

July 16, 2004

芥川賞はモブ・ノリオ「介護入門」 blogの反応は「誰?知らん」と「ああ、やっぱり・・・」に分かれる

今回の芥川賞の受賞者はモブ・ノリオに決定

第131回芥川賞の受賞者がモブ・ノリオに決定した。
モブ・ノリオさんは1970年11月16日奈良県生まれ。大阪芸大卒後、様々な職を経験し、音楽活動に二年弱加わった後「介護入門」で第98回文學界新人賞受賞。現在無職、奈良県在住。ペンネームの「モブ」は英語でmob(群衆)の意味。

文學界新人賞の選評では島田雅彦が誉めていたのが印象的でした。無職ってことはたぶん、小説では食えてないということでしょう。著者の写真が印象的です(1)(2)。

  続きを読む
Posted by spikeweb at 09:25Comments(4)TrackBack(0)書籍・雑誌

July 12, 2004

和田真一郎被告(29)に懲役15年を求刑

Posted by spikeweb at 19:56Comments(2)TrackBack(0)ニュース

July 11, 2004

舞城王太郎の正体が判明!

1f6e3b27.jpg マシンガントーク文体と歪みつつも健全な世界観で最近は芥川賞にノミネートされるなど文壇の寵児になっている舞城王太郎です。筆者も「熊の場所」や「阿修羅ガール」なんか読んで微妙にハマっているのですが、彼の文章を読んでいて妙な既視感を覚えていたんですね。

「・・・うーん、なんだろう・・・」

と悩むこと幾日、はたと気がつきました。
  続きを読む
Posted by spikeweb at 05:50Comments(2)TrackBack(0)書籍・雑誌

July 10, 2004

スーパーフリーのAVが存在

 「スーフリ」ネタのAVなんてどっか作りそうだなあ、とか考えてたら、とっくに存在してました。
 メーカーはどれも「マネーの虎」に出てた高橋がなり社長が有名なアダルトビデオ業界の雄、ソフト・オン・デマンド。
  続きを読む
Posted by spikeweb at 18:29Comments(0)TrackBack(0)カルチャー

July 09, 2004

Amazonアソシエイト・プログラム、Google AdSenseに参加

Amazonアソシエイト・プログラム
Google AdSense

■要はWeb広告です。アマゾンは広告リンクを辿って商品を買うと、GoogleはクリックするとSPIKEに手数料が入る仕組みです。
  続きを読む
Posted by spikeweb at 19:25Comments(0)TrackBack(0)info

July 07, 2004

ブックレビュー 「物語の体操」大塚英志

1f6e3b27.jpg物語の体操 ― みるみる小説が書ける6つのレッスン」朝日文庫
大塚英志(著)
価格:¥588(税込)
文庫: 230 p ; サイズ(cm): 15 x 11
(2003/04)

■「ホントにムカツク奴だby高橋源一郎」という帯にひかれて買いました。
  続きを読む
Posted by spikeweb at 11:25Comments(2)TrackBack(0)書籍・雑誌

July 06, 2004

モス★レポ 「海老カツバーガー」の巻 「たまには普段食べないものも注文しよう」

海老カツバーガー いつも僕はフレッシュバーガーとかロースカツバーガーばっか注文するので、たまには別のものも食べてみよう!というわけで「海老カツバーガー」です。海老カツ・・・友達と一緒にモス行っても頼んでる姿はみたことないし、ライスバーガー同様、誰が食ってるのか?という感じです!  続きを読む
Posted by spikeweb at 06:56Comments(2)TrackBack(0)食べ物

July 04, 2004

フジテレビによる地方局看板キャラクター盗作疑惑!?

「sakusaku」のジゴロウフジ「ごきげんよう」×tvk「sakusaku」
〜COROZOはジゴロウのパクリなのか!?〜


 フジテレビのお昼のトーク番組「ライオンのごきげんよう」に登場するキャラクター・COROZOは、地方テレビ局tvk(テレビ神奈川)の人気番組「sakusaku」の看板キャラクター・ジゴロウのパクリではないか!?との疑惑が持ち上がっている。  続きを読む
Posted by spikeweb at 22:36Comments(5)カルチャー

June 06, 2004

下北沢にて

spikeの9&11号を置かせてもらっている
フィクショネスさんに、12号もちょっとだけ置いて頂きました。
フィクショネスは色々なミニコミや自主制作のCDなどを取り扱っていて、あれこれ見ているだけでも楽しいお店です。そして少し奥まった通りにあるので静かなのもまた ステキ!
シカゴやらラグタグやらで洋服を物色した帰り道、下北な午後の締めくくりとして立ち寄ってみてはいかがでしょう。そしてspikeを買って帰ってはいかがでしょう・・・

結局宣伝でした。

(山下)  
Posted by spikeweb at 17:50Comments(1)TrackBack(0)

June 04, 2004

ネコ

040604_1557~002.jpg 携帯を機種変更したので携帯で撮影した写真が投稿でようになりました。
 部屋の目の前に猫の通路になっている塀があります。窓から外を見ていたら目があってしまいました。
(ヨシモト)
  
Posted by spikeweb at 17:43Comments(2)TrackBack(0)携帯からの投稿

June 01, 2004

カツオバーガー

katuoburger みんな大好きモスバーガー(MOS BURGER)の新作、最近ではCMも流れてます、カツオバーガーです。
 カツオと聞くと思わず、サザエさんを想像してしまいます。「カツオもなかなかやるじゃないか」というコピーなんて、これを書いたコピーライターも同じ思いだったに違いない。よく行くモスのお店なんか見ると、カツオ君のストラップがかけてあったりして、考えることはみんな同じようです。  続きを読む
Posted by spikeweb at 04:49Comments(0)TrackBack(0)食べ物

May 31, 2004

SPIKEvol.12

spike_v11_hyoushi_sフリーペーパー版のSPIKEvol.12を6月1日に発行します。早稲田大学構内各所で配付しますので、ぜひぜひお持ちください。有料版のvol.11も継続して販売していきますので、こちらのほうもよろしくです。
○ご意見・ご感想もお待ちしております○
(山下)

  続きを読む
Posted by spikeweb at 01:13Comments(0)TrackBack(0)info

April 25, 2004

SPIKE新人募集中!

0cfdcd9c.gif説明会開催中です。

説明会日程 4/24、5/1・8・15まで毎週土曜日開催
参加資格  なし(1〜8年生、社会人、フリーター、無職、外国人歓迎)
開催場所  学生会館会議室
問い合せ  チラシ記載の連絡先・またはこちらまで

SPIKEは実は通年でスタッフを募集しているのですが、新歓期ということで説明会を開催しています。飛び込み参加OK!ですので、お気軽にご来場ください。

(山下)  
Posted by spikeweb at 23:53Comments(0)TrackBack(0)info

April 03, 2004

J-WAVE 'SPUNKY JONES'出演

告知遅れましたが、J-WAVEのラジオ番組'SPUNKY JONES'にSPIKEのスタッフ(吉本・山下・オオクボ)が出演します。新歓活動の一環ですので、SPIKEに興味を持っている人はチェックしてください。

■登場日時:2004/4/3(土)深夜1:30頃
■番組:SPUNKY JONES「キャンパスヒルズ」

(ヨシモト)  
Posted by spikeweb at 04:01Comments(6)TrackBack(0)info

March 20, 2004

海上自衛隊のCM

海上自衛隊CM微妙なハジけっぷりが評判の海上自衛隊のCMですが、
元ネタはビレッジピープルというアメリカで70年代に活躍したグループだそうです。

時はレイト70's、ディスコ界へきら星の如く舞い降りたマッチョ軍団――その名はヴィレッジ・ピープルだ。Listen Japan
  続きを読む
Posted by spikeweb at 18:43Comments(0)TrackBack(0)blog watch

TVKの星〜SAKUSAKU〜

04c0980a.gifみなさんはSAKUSAKUって知ってますか?
TVK=神奈川テレビで月曜から金曜まで毎日放送されている番組なんですが、これがすげー面白い。主な内容は、「サイコロ型の毒舌ぬいぐるみジゴロウと、相方?の木村カエラちゃん、その他色々なキャラクター(TVKのスタッフらしい)達の内輪ウケトーク」・・・って、つまらなそう?そんなことないですよーーー!!
ただし番組はかなり内輪ウケぽいので最初はつまらないかも。けど、毎日見てればきっとはまる。はず。  続きを読む
Posted by spikeweb at 12:15Comments(1)TrackBack(1)カルチャー

February 11, 2004

さらば牛丼の日々

bc1e9040.jpgなんだか週刊誌やテレビを見ていると、牛丼がメニューから消えることを嘆く声が多いようである。2ちゃんねるでも牛丼関連スレは伸び続けているし、こんなに牛丼が多くの人に愛されているとは思わなかった。

ある週刊誌では牛丼がいかにおいしい食べ物であるか、ということを力説していて、タレがどうの、夜中に急に食べたくなるだの、牛丼賛歌は留まることを知らない。
  続きを読む
Posted by spikeweb at 00:26Comments(0)TrackBack(0)食べ物

February 08, 2004

blog watch 2004/02/08 

今日の進捗 (SOUL for SALE

なんで人は歳を取ると保守的になるのか、という話。

上の話からはずれますが、保守的というと、
パソコンなんかは子供はあれこれいじるからすぐ覚えるけど、中年サラリーマンなんかは面倒くさがってやらないから一向に使えない、みたいなイメージがありますね。意外に、おじいさんおばあさんなんかは時間を持て余しているから、すぐ使いこなしたり。
  続きを読む
Posted by spikeweb at 17:20Comments(0)TrackBack(0)blog watch

フリーの音(サウンド)素材サイトってあんまりないですね

というわけで、とりあえず紹介。

oo39バナーoo39.com
とても素晴らしい。ヴォーノ!って感じです。(何だそれ)
BGMが主で、長いのも短いものもあり。特筆すべきはバリエーションが豊富で、しかも捨て曲がないこと。なんでタダで配ってるの?というレベルの高さ。
短いものも、ループして最初に戻るときのつっかえる感じがなく、きちんと作られている。FLASHに使ったりするだけじゃなくて普通にBGMとして聞いてもいい感じです。
(ちょっと聞いてみる 1 2 3)。

  
Posted by spikeweb at 02:55Comments(0)TrackBack(0)ネット関係

February 05, 2004

喫煙スタイル

ffc8332a.jpg私の最寄り駅は、改札が一つしかない小さな駅だ。
しかもその改札がホームの一番端についているので、利用客はホームの一番端っこにかたまる。そこにある一つの喫煙所が撤去されるというのだ!煙草を吸うためには、遥かホームの逆のはしっこまで歩かなければならないという。

これは実質、ホーム全て禁煙ということだ。。。
  続きを読む
Posted by spikeweb at 20:31Comments(6)TrackBack(0)

広告写真 四谷学院・丸井

四谷学院@渋谷_s四谷学院のポスター。JR渋谷駅にて撮影。女の子が瓦のかわりに参考書を叩き割っています。
テレビCMを見ていて特に思うのだが、この予備校はわりと際どいCMを平気で流す。女子高生が二人の教師を犬扱いしているのとか。

  続きを読む
Posted by spikeweb at 07:03Comments(0)TrackBack(0)

February 04, 2004

早稲田松竹

S.W.A.T名画座、早稲田松竹で「S.W.A.T.」と「チャーリーズエンジェル・フルスロットル」の二本立てを見てきた。

■「S.W.A.T.」は70年代に誕生したLAの警察特殊部隊のこと。アメリカの「警察24時」みたいなドキュメンタリーは日本でもたまに放送してます。強盗団が人質をとって立てこもってる銀行に、重装備の警官が突入したりしてるのがありますね、あれです。
  続きを読む
Posted by spikeweb at 08:32Comments(0)TrackBack(0)カルチャー

February 03, 2004

view from heaven

c3eaaba2.gif題名に関しては突っ込みは無しの方向でお願いします(汗)

ヨシモト)  

わかりやすい、ということ

◆ なんばりょうすけさんへの手紙 MIYADAI.com blog

...ファンや読者が増えることは、必ずしもよいことではありません。
ファンや読者が増えれば、著者はつい彼らのために分かりやすく書こうとします。


社会学者の宮台真司氏の本は僕はいくつか読んだことがあるんだけれども、確かに彼の言うことは内容の高度さに比べて、すごく整理されていてわかりやすい。それは、ただ考えればよいことに思えるんだけれども・・・実際には問題がある。
  続きを読む
Posted by spikeweb at 01:56Comments(0)TrackBack(0)エッセイ

February 02, 2004

カルーアミルク

2966edf0.jpg私の好物カルーアミルク。

某友人の家にストックしてあって、行けばいつでも飲める状態にしてあります(笑)友達の家をバー化している。お酒の中で一番好きなのがカルーアミルク。幾らでも飲める、という分けで、この後、このコップに入ってるカルーアミルクをいっきのみしてしまうということになるんですねぇ。うおー昼間っから酒だー酒だー・・・。

すいません・・・
(半眼メイド)  

ホラー小説

cabe5308.jpg
もうしばらく前になりますが,作家兼会社員の小林泰三(タイゾウじゃなくてヤスミ,と読みます)さんのインタビューに行って来ました.
記事は次号に掲載予定です.話は脱線しまくりですが,作家などを目指している方には特に参考になる部分もあるかと思います.のでぜひ読んでみてくださいね.
ちなみに小林さんは写真の「玩具修理者」で日本ホラー小説大賞短編賞を受賞してデビューされました.
この「日本ホラー小説大賞」受賞者にはとても面白いホラー作家さん(まあ,ホラー作家とも限らないんですが)が多いので,ぜひチェックしてみてください.
(山下)
  
Posted by spikeweb at 11:17Comments(1)TrackBack(0)カルチャー

February 01, 2004

綿矢りさと芥川賞

綿矢りさ芥川賞 hirokiazuma.com

...思い出すに、いまから10年前、まだ大学生だったころ...僕は、根拠なく、本当にすごい作家は芥川賞なんて取らないんだと信じてました。そして同時に、本当にすごい批評家は文芸誌にも論壇誌にも書かないものだと信じてました。

確かに、本当に突出した実力をもった作家というのは芥川賞をとれない(とらせてくれない)、というのは文学とかに興味のある人なら一つの「常識」としてもっていると思う。太宰治からはじまって、近年では島田雅彦も、芥川賞に関しては結局とれずじまいだった。

  続きを読む
Posted by spikeweb at 21:25Comments(3)TrackBack(0)書籍・雑誌

銭湯にいってきました、その2

62e2fb98.jpgそれにしても、番頭さんが、おじちゃんなんだよね。
しまった!裸見られた!
でも、それが当たり前の世界だからねえ、銭湯って。

銭湯がすさびれたことに比例して、社会の価値観なんかも変わっていってるんだろうなあ、と思った。  続きを読む
Posted by spikeweb at 21:11Comments(2)TrackBack(0)

銭湯にいってきた、その1

6a92bc68.jpg銭湯にいってきました。

私は実家住まいなんで、家風呂あるんだけど、たま〜に、無性にいきたくなるんだよね。

温泉気分と言うか、内風呂のせまーいお風呂じゃなくて、広いお風呂にはいりたいー!ッて言う感情。
  続きを読む
Posted by spikeweb at 21:05Comments(0)TrackBack(0)

『経済ってそういうことだったのか会議』

fdb6b6e5.jpg佐藤雅彦と竹中平蔵の経済に関する対談を纏めたもの。

経済って、なんか難しそう、なんていう文系のキミにお薦め。

私も、経済学とか政治学とか、そういう系の授業を全く大学でとっておらず、知識ゼロから読み始めたけど、中々「ふむふむ・・・」と言わせる内容になってます。お金とは?税金とは?普段何気なく使ってるそのお金がなんとなく不思議なものに思えて来る。

(日本経済新聞社・文庫版/600円)

(半眼メイド)  
Posted by spikeweb at 17:19Comments(2)TrackBack(0)書籍・雑誌