2010年12月02日

裸足走の凄さ

ある雑誌で、「この靴にかえたら、膝の痛みがなくなった。」と紹介されていた、
「ビブラム ファイブフィンガーズ(Vibram Fivefingers)」
を購入しました。

vibram1






「Vibram Fivefingers KSO」という商品です。
vibram4




さて、効果はどうでしょう?


・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・


「痛くない!!」

機能性タイツやジョギングシューズをいろいろ変えても痛みが変わらなかった左膝が痛くありません!

膝が痛くならない理由は走り方だと思います。

裸足に近い衝撃なので、それをさけるために踵から着地するのではなく、つま先に近いほうから着地します。
つまり、ジョギングで嫌われる、オーバープロネーションを作りながら走るのです。
これが不思議と痛み出しません。

Vibram2






また、このように薄いソールなので着地の衝撃が通常の靴と違います。
例えて言うなら、真夏の砂浜などアツイものの上を走る。または、ちょっとボツボツした石の上を裸足で走るような感覚なので、自然とストライドが小さくなります。おかげで、心拍数も上がることなく、LSD【長時間(Long)をゆっくり(Slow)、そして長距離(Distance)走る】ができます。

タイムも10kmで一時間ちょっとと、私の普段走るペースとかわらないのに、疲れ方はぜんぜん違います。終わった後もカラダは軽いです。不思議ですね。
nike-km3






調子がよすぎるので、11.7kmも走ってしまいました。

nike-km4






翌日も11km走りましたが、膝は大丈夫です。



と、いいことずくめのビブラムですが、もりろん副作用もあります。
まず、ふくらはぎが痛い。。。
走り始めてしばらくは、足がつらないように意識しながら走っていました。

人によっては、5kmぐらい走って、調子が良くなっていきなり速度をあげたら、肉離れを起こした。。
という話しを聞くぐらいですから、かなりの衝撃です。
走り終えたあとも、左右のふくらはぎがパンパンです。。
まぁ、これは走り続けることで改善されるでしょう。

ここまで読んで、「自分も購入しよう〜!」と思った方。
ちょっと待ってください。

「ビブラム ファイブフィンガーズ(Vibram Fivefingers)」は、TVで取り上げられてから品薄状態が続いています。現に私も1ヶ月待ちました。

ネットで検索するとたくさん出てくるので、
「何だ売ってるじゃん」
と思うでしょう。

それは・・ニセモノかもしれません。

こちらのサイト
「Birthdays Shoes」
で載っているURLがニセモノを販売している業者だそうです。

これ以外にも「○○○.jp」など、日本ドメインで営業しているところを何件か見つけましたが、
共通点は

・日本語が少しおかしい
・フォントが変(日本人があまり使わないようなフォント)
・値段が安すぎる(15〜30%OFF)


日本の正規店では、入荷と同時に売り切れるぐらいの人気なので、定価販売が当たり前のようです。

ニセモノを間違えて買ってしまった人のコメントによると、履いた感触は、本物と変わらないそうです。
考えてみたら、「裸足のかわりに」という目的で作られたものなので、ソールの質など、それほど変わらないので、ニセモノでも十分じゃないかと思いました。

ただ、製造元で、怪しい成分が残留していたりする可能性もあるので、私は正規店で、入荷するのをまって購入しました。

本当は、日本限定のランニング用の「SPEED」がよかったんですが、今回は入荷できなかったそうです。

vibram3







上の写真は20km走った後の踵です。
どうやら、アスファルトやコンクリートの上で走ると、ソールの減りが激しいようです。
あと、500kmぐらい走ったら、新しいのを購入したいと思います。

*その後、1000kmほどKSOで走りましたが、未だソールは無くならず使えています。元々ソールなど関係ない靴なので、指が見えるまで履き続けようと思います。(2011年9月3日追記)

*さらに購入してから1年半ほど経ちましたが、まだ現役です。穴が空くまで使います。(笑)(2012年6月27日追記)

*もう何卅ったか覚えていませんが、未だ現役のKSO。コストパフォーマンス高すぎじゃないでしょうか?(笑)(2012年10月16日追記)


院長

*いつか、ブログでVIBRAMを購入するきっかけとなった、「BURN TO RAN」の紹介をしたいと思います。とってもおもしろい本です。走る人は購入しましょう。

*****************************************
BORN TO RUN 走るために生まれた~ウルトラランナーVS人類最強の”走る民族”BORN TO RUN 走るために生まれた~ウルトラランナーVS人類最強の”走る民族”
著者:クリストファー・マクドゥーガル
日本放送出版協会(2010-02-23)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る



spinalcare_jpをフォローしましょう

spinalcare_sakura at 11:38│Comments(2)TrackBack(0)ジョギング | 院長

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by しょうじゃ   2010年12月02日 16:51
ビブラムは登山でも有名です。
ビブラムソールは、ゴムの配置等が絶妙、と聞いたことがあります。
足首やふくらはぎにかかるショックも吸収してくれるそうです。
ぼくも欲しいのですが、高くて手が出ません、、、
ぼくは走らないのですが、ビブラムに反応してしまいました。。。
2. Posted by 院長   2010年12月02日 21:21
ビブラムはもともと登山やトレランのメーカーですよね。さすが登山部部長。
ちなみに、有名なしょうじゃサンの愛車をうれば、何百足って購入できますよw

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Profile
楽天市場