2011年05月30日

タラウマラ族の靴

huarache(ワラッチ)という履き物があります。
「BORN TO RUN 走るために生まれた~ウルトラランナーVS人類最強の”走る民族”

で有名になった、タラウマラ族(ララムリ)が履いている靴です。

靴というよりもサンダルに近い履き物で、日本の草鞋(わらじ)とも似ています。
名前も似てますよね。
(ただ、草鞋とはまったく接点はないみたいです。不思議ですね)

このワラッチを作ってみました。
きっかけとなったのは「てっぱんおやじのひとり言」というブログを見てからです。

ここ管理人さんはサンダルを利用して自家製ワラッチを作って公開してくれました。
なるほど!サンダルで作れるのか。
と、衝撃を受けて私もこのサイトを参考にして作成しました。

・・・いや、「作成」と呼ぶには申し訳ないぐらい簡単にできてしまいました。

huaraches0


ただ、問題は巻き方なんです。

いろいろな巻き方があるようですが、できるだけタラウマラ族に近づきたいということで、
YOUTUBEの動画を見ながら一番しっくりくる形をみつけました。

これです。

どうですか?
サンダルは焦げ茶色、HENRY&HENRY社のサンダルです。革紐は実際に作成してみてじっくり来る方を選ぼう。ということで、茶色と黒の二種類を東急ハンズで購入しました。
(個人的には茶色が気に入ったので、茶色に統一してみたいと思います。東急ハンズにいかなきゃ。笑)

で、さっそく走ってみました。
走行距離は7kmちょっと。

感想はというと、、、

・非常に走りやすい(足が勝手に前に出る)
・着地のダメージはVFF KSOVFF BIKILAの中間ぐらい。
・靴が軽いので心拍数はぜんぜん上がらない。(キロ6kmちょっとだと平均心拍数130bpm)
・徐々に紐の痛さが気になってくる。


私にとっては最後の紐の痛さが問題です。
左足は親指と人差し指の間、右足は内くるぶし下がズレてかなりきついです。
これを履いてフルマラソンを走覇するのは、まだまだ至難の業みたい。。。

この靴(?)も、ときどき履いて、さらなるレベルアップを目指したいと思います。

*追伸:帰宅後、更に巻き方を研究していると、もう少しシンプルな巻き方を発見。次回はこの巻き方で走ってみようと思います。

huarache0



院長


総走行距離1040.96km
*前回寄付から200km超えたので、RUN X 10(ラン・バイ・テン)運動に基づき、200km分を寄付させていただきました。







****************************************
[ヘンリー&ヘンリー] HENRY&HENRY Filipper Ster
[ヘンリー&ヘンリー] HENRY&HENRY Filipper Ster
クチコミを見る


spinalcare_sakura at 19:45│Comments(0)TrackBack(0)院長 | ジョギング

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Profile
楽天市場