2010年05月11日


モーターファン誌が休刊になって以降、愛読していたカーグラフィック誌。
現在発売中の6月号をもって、二玄社刊ではなくなるらしい。



編集後記を読んでほとんどの編集者が去るようなことが書いてあって、そりゃもう驚きました。

二玄社、自動車雑誌から撤退…『カーグラフィック』新体制に | レスポンス自動車ニュース(Response.jp):
http://response.jp/article/2010/05/10/140141.html

NAVIに続いて、自動車雑誌からの撤退…って、老舗中の老舗。
カーグラフィック誌自体はなくならないようだけど、その老舗が維持できないくらい出版不況?

出版社の統合も進んでるようで、RX-7マガジンもどこかへ行ってしまった。
これは自動車離れによるものか?リーマンショック以降、広告出稿量が減らされた影響か?はたまたニューメディアの台頭による影響か?

他誌と違って『カーグラフィックTV』や『webCG』とメディアの多様化にも対応出来ていたわけだし、リーマンショックの影響と見るべきか?ようやく自動車業界も回復基調でもう少し頑張ることができれば…

Carviewなど自動車関連のウエブサイトも充実してきましたが、有料の自動車雑誌からすると内容はまだまだ…読み応えのある記事、美しい写真など望むべくもありません。

iPadの登場でカーグラフィックがそのままデジタルで読むことが出来るようになれば面白いかなぁ。やっぱ紙の質感も捨てがたい!

そういえば、前回のこのブログに、私が尊敬する大御所!からコメントを頂き大感動!

Weekly MAZDA:RX−8発売から早7年!:
http://blog.livedoor.jp/spirit_of_mazda/archives/51452945.html#comments

マツダ、ロータリーエンジンのよき理解者。

このブログでマツダを叱咤激励する記事を書いて欲しいものであります。

自動車ライター山口京一のMemoir:
http://gold.ap.teacup.com/yamakyoj/

↑この記事がタダなんだからもったいない。

special Thanks!

====================================
コアなマツダファンのためのSNSサイト!?
http://weeklymazda.sns.fc2.com/
マツダファンのためのWeeklyMAZDAホームページ
http://mazdaspirit.fc2web.com/
自称「国内最大級のマツダ関連グッズ専門サイト」!?
Weekly MAZDA Store
http://astore.amazon.co.jp/weeklymazda-22
Weekly MAZDA ホームページ内 Store
http://mazdaspirit.fc2web.com/store.html
powered by amazon.co.jp
====================================

楽天でマツダグッズをショッピング!

 

 

投票をお願いします。m(__)m

にほんブログ村 車ブログへ

にほんブログ村 トラコミュ マツダへ
マツダ

にほんブログ村 車ブログ マツダへ

ranking

 



spirit_of_mazda at 23:43コメント(4)トラックバック(0) 
書評 | その他自動車関連

2010年04月14日


私のRX−8も来月3回目の車検です。
後期モデルにしないのかって?
RX−01から始まって、エボルブに進化、そしてRX−8コンセプトモデルを経て量産型へ…
ある意味、まさに正常進化って感じでした。
このエンジンだ!このデザインだ!と気に入って買ったのだけど…
えっ?どうしてこんなに(デザインを)いじってしまったの?というほど変わり果て、しかも軽量化命のマツダが、進化したはずなのに重量増??
ハード的には間違いなく良くなっているし、RSは確かによくできてるとは思うのですが、デザイン的にもハイエンドモデルだと思えばそれなりに許せる範囲、けれど、純粋に絶対にこれだ!と手放しにはなれない。

マツダのスポーツカーは大体7〜8年がモデルサイクル。(FDは例外的)
気分は、新型ロータリーエンジンの次期モデル待ち…なのですが…
ハウジングのオールアルミ化、コンパクト化、直噴化、ロングストローク化には大賛成なのですが「大排気量化」には疑問符なのです。
「大排気量化」は、以前ここでも推測しましたが「水素エンジンでも十分な出力が得られる。」ことを前提に考えられたのじゃないかって…
ってねぇ、今やエンジンの技術的潮流は、ダウンサイジング化!低フリクション化!なのですよ。
12とか10にしろとは言いません。(いや本来はするべき。)せめて据え置き13X!(当然ハウジングのオールアルミ化、コンパクト化、直噴化、ロングストローク化)
水素はどう考えても「国家プロジェクト」にでもならない限り、インフラを含めて普及は困難。BMWも断念したみたいだし。
その上、現政権の先生方の発言を聞くと電気自動車が「国家プロジェクト」になってしまいそうな勢い。
遠い将来を見据えれば、水素も開発する意義はあるが…中長期的はREのHCCI化でしょうなぁ。

とすると喫緊の課題は「大排気量化」ではないはず。安易なことを言えば16Xのローター幅を狭めるだけでいいはず?

が、ハウジングのオールアルミ化、コンパクト化、直噴化、ロングストローク化だけで「SKY−RE」と名乗ることが出来るのか?可変バルブタイミングならぬ可変ポートタイミングでスロットルレス、ミラーサイクル?にできる?
DCTと協調制御で燃焼効率の最適化?

ええいっ!フェラーリやポルシェもやってるんだから、DCT+パラレルハイブリッド!

ここのところマツダからは新型ローターエンジンについては何も聞こえてきませんが、ほんとに開発してるの?今月のザッカーの記事には開発していると役員のインタビューがありましたが…

どうする次期RX−8?復活するの?RX−7?

special Thanks!

====================================
コアなマツダファンのためのSNSサイト!?
http://weeklymazda.sns.fc2.com/
マツダファンのためのWeeklyMAZDAホームページ
http://mazdaspirit.fc2web.com/
自称「国内最大級のマツダ関連グッズ専門サイト」!?
Weekly MAZDA Store
http://astore.amazon.co.jp/weeklymazda-22
Weekly MAZDA ホームページ内 Store
http://mazdaspirit.fc2web.com/store.html
powered by amazon.co.jp
====================================

楽天でマツダグッズをショッピング!

 

投票をお願いします。m(__)m

にほんブログ村 車ブログへ

にほんブログ村 トラコミュ マツダへ
マツダ

にほんブログ村 車ブログ マツダへ

ranking

 



spirit_of_mazda at 23:17コメント(2)トラックバック(0) 
ロータリーエンジン | 雑感

2010年04月06日


励ましのコメントを頂き、気を良くして週刊ペースです。(笑)

自動車雑誌、Web…マツダ、SKYシリーズの記事があれば必ず目を通すようにしているのですが…
どうやったらハイブリッド並みの?燃費を稼げるのかイマイチよくわからない。

前にも言いましたが、マンパワー(=エンジン開発要員)、マネーパワー?(=開発費)じゃぁどう考えてもトヨタ、ホンダにかなわない。マツダにできることならトヨタ、ホンダにできないはずがない。
いやそれどころかVWやBMWにできないはずがない。

よほど優秀な技術者が入社して、特許物のエンジン技術を開発したとか他社にはできない燃焼解析技術でも確立したとかじゃないと、「内燃機関で生き残るんだ。」と社運をかけるほどのエンジンはできないはず。

どんな技術を使うのかいまだもって詳細はわからないのですが、この記事を読むと…

マツダの次世代エンジン SKY 「開発メドついた」 | レスポンス自動車ニュース(Response.jp):
http://response.jp/article/2010/02/08/136021.html


「新世代バルブスロットル制御エンジン」?

BMWが先にやってもおかしくない技術。

「新世代エンジンは主にバルブの開閉タイミングで調整するというものだ。」

ミラーサイクルエンジンの進化型?(正確には過給機はつかないからアトキンソンサイクル?)
スロットルレスで吸気抵抗を減らし、同時にポンピングロスも低減する?

ツインプラグで燃焼をきめ細かく制御?

あとは低排気抵抗のエキマニ、触媒。
機械損失となるウォーターポンプの電動化とか、エンジン自体の高精度化、チタンバルブ?鍛造ピストン、コンロッド?

ここまでやるとメチャ高コストなエンジンになりそうだけど、どこまでやるとこの性能を得られるのか?

「現行の直噴2リットル比で低速トルク15%増、燃費を12 - 15%改善」?

当然このエンジン、「マツダ清」をベースとした次期デミオで2011年デビュー!と思ったら…

【ニューヨークモーターショー10】マツダ、SKY-Gエンジン投入は2011年の北米市場から | レスポンス自動車ニュース(Response.jp):
http://response.jp/article/2010/04/01/138592.html

……なんとMazda2を導入したばかりの北米で「次世代直噴ガソリンエンジンの「SKY-G」と、効率の良いAT「SKY-Drive」を組み合わせた商品を世界に先駆け、2011年に北米市場に投入します」らしい??

アクセラはモデルチェンジしたばかりで現行モデルのエンジン換装じゃインパクトが無い。
今秋から欧州市場で販売が開始される、Mazda5(プレマシー)の北米仕様?って、次期プレマシーは、アクセラ同様、現行プレマシーのブラッシュアップ版。

やはりプラットホームからブランニューじゃないと!

ひょっとして「マツダ清」をベースとしたコンパクトカーはデミオと別物?「Mazda1」??
けど、コンパクトカーブームとはいえ、アメリカじゃ「Mazda1」ではインパクト弱いしねぇ…?ヨーロッパじゃまだしも…

んん?噂の1300ccクラスのライトウエイトスポーツ?
って、「SKY-Drive」はFF用だしなぁ??

謎は深まるばかり…

special Thanks!

====================================
コアなマツダファンのためのSNSサイト!?
http://weeklymazda.sns.fc2.com/
マツダファンのためのWeeklyMAZDAホームページ
http://mazdaspirit.fc2web.com/
自称「国内最大級のマツダ関連グッズ専門サイト」!?
Weekly MAZDA Store
http://astore.amazon.co.jp/weeklymazda-22
Weekly MAZDA ホームページ内 Store
http://mazdaspirit.fc2web.com/store.html
powered by amazon.co.jp
====================================

楽天でマツダグッズをショッピング!

 

投票をお願いします。m(__)m

にほんブログ村 車ブログへ

にほんブログ村 トラコミュ マツダへ
マツダ

にほんブログ村 車ブログ マツダへ

ranking

 



spirit_of_mazda at 23:07コメント(4)トラックバック(0) 
雑感 

2010年03月30日

お待たせしました、Weekly MAZDA春号であります。
えええ?週刊じゃないの?ってNAVI休刊を始めとする出版不況のごとく?
いや、単にサボっていただけです。

ネタはあれこれあったのですが…

まぁこの話題に触れないわけにはいきません。

トヨタとマツダ、ハイブリッドシステムの技術ライセンス供与に合意
http://www.mazda.co.jp/corporate/publicity/release/2010/201003/100329b.pdf

トヨタとマツダ、HVの技術提携で合意 | レスポンス自動車ニュース(Response.jp):
http://response.jp/article/2010/03/29/138342.html

つい最近こんなことを言っていたのに…

山内マツダ社長「HV、EV開発はフォードとともに」 | レスポンス自動車ニュース(Response.jp):
http://response.jp/article/2010/02/03/135791.html

フォードとの資本関係が薄まり、金の切れ目が縁の切れ目とばかりに、トヨタの傘下入り!?などと噂もされましたが、そうなるとそっちの方がマツダの存在感が薄まりそうで…ありえない。

マツダの主力機種がヴィッツやオーリス、アベンシスと兄弟じゃ…
やっぱ、フィエスタ、フォーカス、モンデオの方が魅力的ですわな。
しかしねぇ、現トヨタ社長の言動を見ているとどうもトヨタ車を「ZOOM-ZOOM」させたがってるようでホントはスバルよりもマツダが欲しかったりして…?

どこかの雑誌でFT-86コンセプトの開発担当者とマツダのロードスター開発担当者との対談があってその記事にはFT-86コンセプトの開発担当者がマツダへスポーツカー作りの教えを乞いに行った?みたいなことが書いてましたねぇ。
ハイブリッドをやるからロードスターくれって言いかねない?ありえない(笑)

しかし、今回の技術提携はそんなに騒ぐほどのことなんですかねぇ?
よく考えてみると北米のこの3車種は、いずれもトヨタのハイブリッドじゃないの?

2010 Ford Fusion Hybrid: Options | Official Site of the Ford Fusion | FordVehicles.com
http://www.fordvehicles.com/cars/fusion/trim/?trim=hybrid

2010 Ford Escape Hybrid | Official Site of the Ford Escape Hybrid | FordVehicles.com:
http://www.fordvehicles.com/suvs/escapehybrid/

2010 Nissan Altima Sedan, Altima Hybrid | Nissan USA Official Site:
http://www.nissanusa.com/altima/#/key-features/hybrid/?next=See_All-Vehicles:VLP

いままでもマツダはトヨタ(グループ)からトランスミッションやG-BOOKを買っているんだからその延長線上だと思うんですよね。
しかもトヨタにとっては(一時的に販売台数が落ちてるにせよ)ハイブリッドはフル生産なんだろうから自社分で手一杯?マツダに供給する程度じゃ設備増強するほどあまり美味しくないかも?いやマツダ程度だから負担は少ない?かも。

それと3年後というのが微妙ですねぇ。
マツダがハイブリッドを搭載するだろうと噂されるアクセラのフルモデルチェンジの時期でもあり、トヨタもプリウスのモデルチェンジ時期でもあるわけで、トヨタは次期プリウスの最新ハイブリッド(プラグイン標準?)技術をみすみすライバル企業へ売り渡すかね?せいぜい型遅れの現行プリウス用だったりして…
3年後だとひょっとして日産 リーフがバカ売れして、今度は日産にEVを売ってくださいと頭を下げに行く羽目になったりしないだろうか?


special Thanks!

====================================
コアなマツダファンのためのSNSサイト!?
http://weeklymazda.sns.fc2.com/
マツダファンのためのWeeklyMAZDAホームページ
http://mazdaspirit.fc2web.com/
自称「国内最大級のマツダ関連グッズ専門サイト」!?
Weekly MAZDA Store
http://astore.amazon.co.jp/weeklymazda-22
Weekly MAZDA ホームページ内 Store
http://mazdaspirit.fc2web.com/store.html
powered by amazon.co.jp
====================================

楽天でマツダグッズをショッピング!

 

投票をお願いします。m(__)m

にほんブログ村 車ブログへ

にほんブログ村 トラコミュ マツダへ
マツダ

にほんブログ村 車ブログ マツダへ

ranking

 



spirit_of_mazda at 22:47コメント(4)トラックバック(0) 
雑感 | その他マツダ車

2009年11月04日

大衆車メーカーから、世界のプレミアムメーカーと肩を並べるためのプロジェクト・・・その最終兵器がこれ!

レクサス LFA | レスポンス自動車ニュース(Response.jp)
http://response.jp/special/recent/2404/%E3%83%AC%E3%82%AF%E3%82%B5%E3%82%B9+LFA

「販売台数は全世界限定500台で、価格は3750万円。」なんだそうで、たった500台のためにニュルで鍛え、これほどまでに精力を注ぐとは!
実は2010年バージョンが500台で、2011年バージョン2・・・バージョン3と限定的継続生産するのかも・・・?

この車のために「F1参戦」していたのでしょうが・・・

【トヨタF1撤退】発表!!---業績が低迷、本業に経営資源を集中へ | レスポンス自動車ニュース(Response.jp)
http://response.jp/article/2009/11/04/131958.html

涙の記者会見が印象的でしたが、車大好きな新社長の苦渋の選択・・・
昨年のホンダじゃありませんが、もう1年がんばれば結果が出たんじゃないかと残念でなりません。

まぁねぇ、こんな低次元な撤退をするメーカーもありますが・・・

マツダは2009年をもって参加型モータースポーツの協賛を終了いたします。
http://www.mazda.co.jp/carlife/msports_show/attention.html

100年に一度の経済状況・・・100年に一度の自動車の変革期・・・

「F1」がこれだけ下火になるとレギュレーションの抜本改革、お金のかからないレース運営など本気で考えないと・・・

いや、量産車が電気デバイスに移行しようとしている今、モータースポーツもそっちへ行くのか?
電気自動車でルマン24時間?なんてことに??これがホントの「モーター」スポーツ(笑)

「2020年においてもグローバル市場ではエンジン車が主流と予測」しているメーカーもせめて草の根レースでもサポートする意思を見せてほしいもの・・・

!!!??

ほぼ開店休業中?(汗)の掲示板にこんな情報が!!

Weekly MAZDA BBS
http://mazdaspirit.bbs.fc2.com/

「このたび、過去にマツダのモータースポーツ活動に関わった人間のグループで「勝手にマツダのモータースポーツを応援するwebサイト」を立ち上げました。」

なんとマツダオフィシャルサイトよりも詳細なマツダモータースポーツサイト!!

MZ RACING
http://www.mzracing.jp/

って、これはマツダオフィシャルサイト内に入れるべきもの!!
それすらしないマツダってどうよ!?

special Thanks!

====================================
コアなマツダファンのためのSNSサイト!?
http://weeklymazda.sns.fc2.com/
マツダファンのためのWeeklyMAZDAホームページ
http://mazdaspirit.fc2web.com/
自称「国内最大級のマツダ関連グッズ専門サイト」!?
Weekly MAZDA Store
http://astore.amazon.co.jp/weeklymazda-22
Weekly MAZDA ホームページ内 Store
http://mazdaspirit.fc2web.com/store.html
powered by amazon.co.jp
====================================

楽天でマツダグッズをショッピング!

 

投票をお願いします。m(__)m

にほんブログ村 車ブログへ

にほんブログ村 トラコミュ マツダへ
マツダ

にほんブログ村 車ブログ マツダへ

ranking

 



spirit_of_mazda at 23:43コメント(0)トラックバック(0) 
モータースポーツ 

2009年10月18日

NHKスペシャルの自動車関連ものは欠かさず見ております。

NHKスペシャル
http://www.nhk.or.jp/special/

いつも思うのは、ここまで見せていいの?と思うような企業情報が公開されること。

NHKスペシャル|自動車革命 第1回 トヨタ 新時代への苦闘
http://www.nhk.or.jp/special/onair/091018.html

環境自動車、電気自動車、ゼロエミッション・・・トヨタがそこまで危機感を持って取り組んでいるとは・・・
「錆びない磁石」の開発などあの超一流自動車部品メーカーでさえ、苛烈な競争原理に晒されているとは驚き・・・
そしてついにはトヨタ自身がリチウムイオンバッテリーを超えるバッテリーを開発していること・・・バッテリーを制するメーカーこそ次代の自動車を制する・・・まさにエンジンを内製する自動車メーカーがバッテリーを内製する時代が来ようとしているのです。

こんなことを公共放送という場で公開できるということは、ライバルメーカーに対して公表された以上の技術的アドバンスをすでに持っているということなんでしょう。

まだまだ内燃機関の時代は続く・・・と思っている某自動車メーカーとは大違い。スカイ何とかというプロジェクトを進めるのもいいが、どこぞの電機メーカーとの提携とか・・・いや、傘下に入ることさえ辞さないということまで考えないと・・・
それともこの自動車革命を制する切り札、隠し球でも持っているのだろうか?

それが水素というのなら心許ない話だ・・・

special Thanks!

====================================
コアなマツダファンのためのSNSサイト!?
http://weeklymazda.sns.fc2.com/
マツダファンのためのWeeklyMAZDAホームページ
http://mazdaspirit.fc2web.com/
自称「国内最大級のマツダ関連グッズ専門サイト」!?
Weekly MAZDA Store
http://astore.amazon.co.jp/weeklymazda-22
Weekly MAZDA ホームページ内 Store
http://mazdaspirit.fc2web.com/store.html
powered by amazon.co.jp
====================================

楽天でマツダグッズをショッピング!

 

投票をお願いします。m(__)m

にほんブログ村 車ブログへ

にほんブログ村 トラコミュ マツダへ
マツダ

にほんブログ村 車ブログ マツダへ

ranking

 



spirit_of_mazda at 22:37コメント(0)トラックバック(0) 
雑感 

2009年10月08日

マツダの中国に次ぐ生産拠点がいよいよ稼動・・・

【MAZDA】マツダ、タイの新乗用車工場で『Mazda2』の生産を開始|ニュースリリース
http://www.mazda.co.jp/corporate/publicity/release/2009/200910/091008a.html

ASEAN地域向けの生産・・・ということで来年北米に導入されるmazda2は、日本製?中国製?
稼働率が落ちている本社工場のことを考えると日本製?競争力のある値付けをするなら中国製?
まぁどうでもいいことですが・・・
・・・くらいにしかこのニュースを読んでいませんでしたが・・・

!!!!??

マツダ、フォードとの合弁工場で デミオ を生産開始 | レスポンス自動車ニュース(Response.jp)
http://response.jp/article/2009/10/08/130557.html

ASEANamzda2

バンパー形状がなんとなくアクセラっぽい?
マイナーチェンジmazda2?それともASEAN仕様mazda2??

マイナーチェンジならテールランプとかアルミホイールのデザインが変わってもいいはずだが??

フォードとの合弁なのでこの車もタイで作るのだろうか?

【ロサンゼルスモーターショー09】フォード フィエスタ 米国仕様、正式発表へ | レスポンス自動車ニュース(Response.jp)
http://response.jp/article/2009/10/08/130539.html

fiesta

しかし、兄弟とは思えないほどの質感の高さ・・・これを日本で売る気はないんでしょうねぇ・・・欧州フォード車は撤退したばかりだし・・・
フィアット500よりフィエスタのほうがいいじゃん!と思っているのは私だけ?

 

special Thanks!

====================================
コアなマツダファンのためのSNSサイト!?
http://weeklymazda.sns.fc2.com/
マツダファンのためのWeeklyMAZDAホームページ
http://mazdaspirit.fc2web.com/
自称「国内最大級のマツダ関連グッズ専門サイト」!?
Weekly MAZDA Store
http://astore.amazon.co.jp/weeklymazda-22
Weekly MAZDA ホームページ内 Store
http://mazdaspirit.fc2web.com/store.html
powered by amazon.co.jp
====================================

楽天でマツダグッズをショッピング!

 

投票をお願いします。m(__)m

にほんブログ村 車ブログへ

にほんブログ村 トラコミュ マツダへ
マツダ

にほんブログ村 車ブログ マツダへ

ranking

 



spirit_of_mazda at 22:59コメント(0)トラックバック(0) 
デミオ 

2009年10月07日

ここ数回の悲観的な(笑)ブログに対して、コメントをいただきました。

DCTと比較して重量でトルコンATの進化形のほうが優位ではないか。
ベースエンジンを極めれば、ハイブリッド化した際にも燃費で優位ではないか。

マツダのやろうとしていることは自動車メーカーとして真っ当なことだと思います。
私もね、将来的にも多分モーターが付いたオートマチックな車なんて買わないでしょう。
軽量ボディで、NAのロータリーエンジンで際限なく吹けあがるフィーリング、もちろんファントゥドライブ、MTで十分。
個人的にはできれば4人フルに乗れるクーペボディで…まぁマツダ的にはRX−7を復活させたいところだけど…

けどねぇ、限りある化石燃料、地球温暖化…そんなの関係ないなんて言えないのよ。
と、世界の大半の自動車メーカーがそう思っているからこそ、HVだのEVだの開発にしのぎを削ってるわけで・・・

もしね、モーターの存在を感じさせない(重量とかフィーリングの面で)ハイブリッドロータリースポーツクーペで燃費(CO2排出)を画期的に改善できれば、それはそれでいいと思うわけ…それをさらにDCTやCVTで改善できれば、マニュアルモード付きという条件でそれはそれでよい。燃費とアクセルレスポンスでDCTを超えるトルコンATならそれでいいけど、次世代というならトルコンAT並みに軽量化したDCTを作ってみろよ!といいたい訳ねぇ。DCTの歴史なんてトルコンATからすればまだ2、3世代しか経てないわけだし…物理的に無理…な部分もあるにせよ・・・

「今一人で開発してるのでHVやEV、DCTはちょっと待って・・・まだお見せできる状態じゃないの。うちの体力じゃ一度にあれもこれもできないの。ひとまず現状あるものの磨きをかけますから。」って状態なんでしょうねぇ。今のマツダは。

マツダ、960億円増資…環境技術・設備投資に | レスポンス自動車ニュース(Response.jp)
http://response.jp/article/2009/10/05/130386.html

と、ようやく開発資金捻出のため、自己株売却、増資を行うようで・・・
次のモーターショーあたりで画期的なハイブリッド車でも期待しましょう。
が、しかし相対的にフォードの出資比率は下がり・・・このタイミングでどこぞの新興メーカーとかファンドが敵対的TOBなんて仕掛けてきたりして?

ハイブリッドのトヨタから、余裕のライトウエイトスポーツ?

【東京モーターショー09】トヨタ、富士重工と共同でハチロクを参考出品 | レスポンス自動車ニュース(Response.jp)
http://response.jp/article/2009/10/06/130430.html

【東京モーターショー09】トヨタ FT-86…ドライバー主体のスポーツカー | レスポンス自動車ニュース(Response.jp)
http://response.jp/article/2009/10/07/130464.html

このサイズ、量産モデルでどこまで軽量化するのか?軽量化の手法は?興味は尽きないところ。

このサイズだとAE86の復活というより、FRセリカの復活・・・という気がしてならない。それともS13シルビアの再来?
86というなら直4テンロクでしょうなぁ。低重心を狙って水平対向・・・というかスバルとのコラボのために水平対向?
エンジンルームのスペース的にプラットホームは共有できないのかもしれないけれど、トヨタバージョンは直4で、スバルバージョンは水平対向とすべきじゃないかなぁ・・・
が、この手の車、嫌いじゃない・・・てか、「好き!」(笑)
これにロータリーエンジンなら合格だなぁ!!

リアのスタイルがRX−01に似てると思うのは私だけ?

今回のモーターショーで量産モデルに限りなく近い次世代ロータリースポーツの片鱗でも見せてほしかった。

 

special Thanks!

====================================
コアなマツダファンのためのSNSサイト!?
http://weeklymazda.sns.fc2.com/
マツダファンのためのWeeklyMAZDAホームページ
http://mazdaspirit.fc2web.com/
自称「国内最大級のマツダ関連グッズ専門サイト」!?
Weekly MAZDA Store
http://astore.amazon.co.jp/weeklymazda-22
Weekly MAZDA ホームページ内 Store
http://mazdaspirit.fc2web.com/store.html
powered by amazon.co.jp
====================================

楽天でマツダグッズをショッピング!

 

投票をお願いします。m(__)m

にほんブログ村 車ブログへ

にほんブログ村 トラコミュ マツダへ
マツダ

にほんブログ村 車ブログ マツダへ

ranking

 



spirit_of_mazda at 23:29コメント(3)トラックバック(0) 
雑感 

2009年10月02日

日本のナンバー1、ナンバー2自動車メーカーは、どう出てくるのかおおよその見当はつきますが3位以下のメーカーは…

ホンダ、東京モーターショー出展概要を発表 【 carview 】
http://www.carview.co.jp/news/0/115377/

スバル、東京モーターショーにハイブリッドを出品 【 carview 】
http://www.carview.co.jp/news/0/115378/

三菱、東京モーターショー出品概要を発表 【 carview 】
http://www.carview.co.jp/news/0/115441/

スズキ、東京モーターショーの出展概要を発表 【 carview 】
http://www.carview.co.jp/news/0/115444/

そりゃそうでしょ!ちゃんと空気読めてます。

世界一のエンジンメーカーもEVであります。
トヨタと提携したメーカーはもちろんハイブリッド!ただしエンジンが縦置きなためプリウスをそのまま流用というわけにはいきません。
EVで先行したメーカーは逆行して?PHV??4モーターランエボEVやってほしかった。(笑)
トヨタ、ホンダ以外でHVを量産したことがある(しかも軽で!)メーカーもコンパクトクラスでPHV!エンジンは軽らしいけど!

なのに!なのに!内燃機関の究極を目指すとは!どうよ?

【東京モーターショー09】2015年までに全世界のマツダ車で30%の燃費向上 | レスポンス自動車ニュース(Response.jp)
http://response.jp/article/2009/10/01/130229.html

いやいや至極真っ当なことを言ってますよ!ハイッ
当然、内燃機関を極めることは間違ってません。キッパリ!
ですがね!ビジネスとしてねぇ、やっぱ空気読めてませんよ!

コンセプトモデルって所詮机上の空論?いや、実現可能なハッタリ?を効かすもんでしょう!(笑)
コンセプトモデルを作る予算がなければ「流雅」の前に「プレマシー・ハイドロジェンREハイブリッドのユニットにリチウムバッテリーを搭載!プラグインでインホイールモーターEVモードも可能に!」と書いた説明書きを置けばよい!(爆)
(注;「大気」はドライブシャフトが見えるのでインホイールモーターとは言えない。(笑))

どうもねぇ、マツダは黒船以前のマツダに戻っているんじゃないかと危惧してしまいます。

ロータリゼーションと称してファミリーカーまでREを積んだ時代。(結果論かもしれないけど)

世の中4バルブDOHCが当たり前の時代に2バルブSOHC→3バルブSOHC→4バルブDOHCと妙に生真面目に正常進化させてみたり・・・なぜ一気に2バルブSOHC→4バルブDOHCにできなかったのか?とか

5チャンネル路線大失敗確実!になってもオートザム・クレフという超希少車を生み出したみたり。(さすがにアマティまではやらなかったけど…)

傍から見てて、どう見てもどう考えても違うんじゃない?と思うこと平気でやって、経営危機になってやっと気づく・・・なんてことを繰り返したメーカーなんですよねぇ。内部、外部で誰も注意する人がいないの?どこかの国の官僚組織のように一度決めたことは失敗するまで引き返せない硬直した組織になってるの?

そういう意味では、MBA流の?黒船のほうが空気=マーケットが見えてましたよねぇ。
その上で、本来のマツダらしさを引き出したのだから大したもの。

マツダの経営者の皆さん、ハーバード大学へ留学しましょう。(笑)

崇高な理念を述べても市場は冷ややかなんですよ!

7261 マツダ(株) マツダ NIKKEI NET 株価サーチ
http://company.nikkei.co.jp/index.aspx?scode=7261

円高の影響もあるでしょうが、将来性に疑問でもあるんじゃないですかねぇ。

 

special Thanks!

====================================
コアなマツダファンのためのSNSサイト!?
http://weeklymazda.sns.fc2.com/
マツダファンのためのWeeklyMAZDAホームページ
http://mazdaspirit.fc2web.com/
自称「国内最大級のマツダ関連グッズ専門サイト」!?
Weekly MAZDA Store
http://astore.amazon.co.jp/weeklymazda-22
Weekly MAZDA ホームページ内 Store
http://mazdaspirit.fc2web.com/store.html
powered by amazon.co.jp
====================================

楽天でマツダグッズをショッピング!

 

投票をお願いします。m(__)m

にほんブログ村 車ブログへ

にほんブログ村 トラコミュ マツダへ
マツダ

にほんブログ村 車ブログ マツダへ

ranking

 



spirit_of_mazda at 00:13コメント(2)トラックバック(0) 
雑感 

2009年09月29日

家電メーカーSO社は、独自技術「トリニトロン」ブラウン管にこだわるあまり液晶などの薄型大画面テレビに出遅れ、液晶ディスプレーについては韓国メーカーとの合弁とライバルメーカーSH社からの供給により調達しており、テレビの顔であるディスプレーそのものは内製していない。
次世代ディスプレーは有機ELだと開発はこちらに注力しているらしい。
しかし、いつになったら有機ELディスプレーが普及するのだろう?

同じくSO社のポータブルオーディオプレーヤー「ウォークマン」。ポータブルオーディオプレーヤーという分野を開発したメーカーであるにもかかわらず、某コンピュータメーカーのポータブルオーディオプレーヤーの後塵を拝していたのは、オーディオメーカーであるがゆえに「音質」にこだわったからのようで・・・

「zoom-zoom」にこだわる自動車メーカーは、内燃機関の究極を目指すようで・・・

【MAZDA】マツダ、第41回東京モーターショーで環境・出力性能を飛躍的に高めた次世代エンジン『マツダ SKY-G』と『マツダ SKY-D』を世界初公開|ニュースリリース
http://www.mazda.co.jp/corporate/publicity/release/2009/200909/090929a.html

【東京モーターショー09】マツダ、次世代パワートレイン SKY を出品 | Response.
http://response.jp/issue/2009/0929/article130065_1.html

【東京モーターショー09】マツダ 清 コンセプト---青空のもとで意のままに | Response.
http://response.jp/issue/2009/0929/article130066_1.html

それが自らのアイデンティティ、スピリットだといってもこだわりすぎると時代の流れに取り残されてしまう可能性も・・・
マツダの体力じゃHVだのEVだのあれもこれもできるような余裕はないのかもしれませんがねぇ・・・
これくらいのことだったら世界一のエンジンメーカー、ホンダならすぐにでもできちゃいそうな技術の羅列にしかみえませんねぇ。
唯一「極限まで膨張比を高めます。」という一文が、マツダが言うところの「ミラーサイクル」っぽいけど、プリウス、インサイトもエンジンはアトキンソンサイクル≒ミラーサイクルだし・・・特に目新しい技術は・・・??
吸気効率を高めるならバルブトロニックにはやらないの?

ニュースリリースを読む限り「次世代直噴ガソリンエンジン『マツダ SKY-G』」は、2000ccと1300ccがあるみたいだけど、現行並に2500ccまでフルラインナップ?するのだろうか?時代はダウンサイジング、さらに3気筒、2気筒だといっているのに?

【フランクフルトモーターショー09】VW L1、燃費世界一…72.46km/リットル | Response.
http://response.jp/issue/2009/0915/article129601_1.html

【フランクフルトモーターショー09】BMWヴィジョンED…時代の要請と運転する歓びは両立できるか | Response.
http://response.jp/issue/2009/0918/article129698_1.html

【フランクフルトモーターショー09】ロータスのハイブリッドはジャガーに搭載か | Response.
http://response.jp/issue/2009/0921/article129841_1.html


いっそのことエンジンは1300ccで、直噴+ミラーサイクル+リショルムコンプレッサーでVW TSIを超えるエンジンを作れないものだろうか?マツダらしいテクノロジーだと思うんですがねぇ・・・
3気筒(1000cc?)直噴+過給なら時代の最先端ですなぁ!

次世代オートマチックトランスミッション?
「デュアルクラッチトランスミッション並みのダイレクト感を実現しています。」
素直にデュアルクラッチトランスミッションになぜしないの??

【パリモーターショー08】写真蔵…マツダ 清 コンパクトカーの進化形 | Response.
http://response.jp/issue/2008/1002/article114453_1.html

去年「清」がデビューしたときには「MTベースの6速ATを採用する」と言っていたのにねぇ??
コンセプトカーだから何とでもいえるけど「100kgの軽量化を達成するコンパクトで空力性能に優れたボディなどにより、32km/Lという超低燃費」??
1年前のコンセプトカーを引っ張り出して、そのまま使ってスペックだけを言い換えるのは反則じゃないかなぁ!!
せめて「清」の進化バージョン、新デザイン本部長の指揮でデザインしてほしかった。
『マツダSKYコンセプト』というなら、マツダ「空」??(笑)

で、『マツダSKYコンセプト』のロータリーエンジンは出さないの?

■次世代直噴ロータリーエンジン『マツダ SKY-RE 13X』

 『マツダ SKY-RE 13X』は、熱効率を改善して燃費性能と出力性能を大幅に高めた次世代の直噴ロータリーエンジンです。16Xをベースにエンジン本体を新設計し、排気量は従来の1300ccのまま、機械抵抗を低減し最適な混合気の形成を図った上で、直噴システムが持つ噴霧形成の自由度を活用して、極限まで膨張比を高めます。次世代直噴インジェクター、3プラグダイレクトイグニッションシステムなどの技術を採用し、現行13Bエンジン比で燃費・出力(トルク)を約15%改善。RX-8クラスの車両に搭載した場合で、現行アクセラ並みの低燃費を実現します。

な〜んてどう??

 

special Thanks!

====================================
コアなマツダファンのためのSNSサイト!?
http://weeklymazda.sns.fc2.com/
マツダファンのためのWeeklyMAZDAホームページ
http://mazdaspirit.fc2web.com/
自称「国内最大級のマツダ関連グッズ専門サイト」!?
Weekly MAZDA Store
http://astore.amazon.co.jp/weeklymazda-22
Weekly MAZDA ホームページ内 Store
http://mazdaspirit.fc2web.com/store.html
powered by amazon.co.jp
====================================

楽天でマツダグッズをショッピング!

 

投票をお願いします。m(__)m

にほんブログ村 車ブログへ

にほんブログ村 トラコミュ マツダへ
マツダ

にほんブログ村 車ブログ マツダへ

ranking

 



spirit_of_mazda at 23:23コメント(5)トラックバック(0) 
雑感 
レスポンスニュース
Recent Comments
QRコード
QRコード
訪問者数