金融日記テクニカル

昔、金融工学やRやプログラミングのテクニカルを話をまとめていこうとはじめたブログです。
主にウェブビジネスのテクニカルな話を備忘録的に書いていきます。

Windows7のデスクトップにLaTeXをインストールする機会があったので、備忘録的に。
昔は、色々なパッケージを別々にダウンロードしてインストール、それからTeXworksなんかの設定……、と一苦労だったんですが、今日、やってみたら、驚くほど簡単にインストール&設定が終わりました。

Windows版でしたら、W32TeXというパッケージを使いましょう。
説明は、こちら。

TeX Wiki
https://oku.edu.mie-u.ac.jp/~okumura/texwiki/?W32TeX

簡単LaTeXインストールWindows編(2015年7月版)
http://did2memo.net/2014/03/06/easy-latex-install-windows-8-2014-03/

それで、ここの「ダウンロード」で「最新版」をダウンロードして、Zipファイルを解凍、それからインストーラーをダブルクリックです。

TeXインストーラ 3
http://www.math.sci.hokudai.ac.jp/~abenori/soft/abtexinst.html

あとは、全てデフォルト設定のままポチポチやるだけで、必要なものが全てインストールされ、ややこしい日本語設定も完了していました。
本当に便利な世の中になりましたね。

iPhoneとかiPadとか、Apple製品での音楽再生をWiFiでつないでワイヤレスでやってくれるAirPlayという規格があるのですが、それに対応したBoseのスピーカーを購入しました。

AirPlay対応Boseスピーカー

Bluetoothスピーカーでもワイヤレスなんですけど、音質が悪いらしく、WiFi接続がいいようです。
家電量販店で、僕のiPhoneをWiFiにつなぐだけで、iPodをこのスピーカーで再生できるのに感動して、思わず衝動買いです。
実際に、音とかよくて満足だったのですが、設定にちょっと手こずりました…。
ということで備忘録です。

基本的に、本体をPCにUSBでつないで、WiFiの設定をするだけで、多分ほとんどの人はそれでOKなんですけど、僕の家のWiFiではちょっとした問題がありました。
WPS(Wi-Fi Protected Setup)というのは、無線LAN機器の接続とセキュリティの設定を簡単に実行するための規格なんですけど、これをOnにしておくと、AirPlayで上手くつなげないようです。
無線LANの設定でこれをOffにしたら、あっさりとつながりました。

このスピーカーはiPod使ってる人には、実にいいですね。

Facebookもとうとう上場して、日本でもようやく普及しはじめたようなので、ブログにいいね!ボタンを付けてみました。

また、Tweetボタンの仕様が勝手に変わって、幅が広すぎるので、その修正方法もいっしょに紹介したいと思います。いいね!ボタンもデフォルトで幅が広すぎて、CSSで変更する必要があります。

いいね!ボタンはFacebookのサイトで作ることができますが、以下のコードをコピーした方がはやいかもしれません。
<iframe src="//www.facebook.com/plugins/like.php?href=<$ArticlePermalink$>&amp;send=false&amp;layout=button_count&amp;width=450&amp;show_faces=true&amp;action=like&amp;colorscheme=light&amp;font&amp;height=21" scrolling="no" frameborder="0" style="border:none; overflow:hidden; width:150px; height:21px;" allowTransparency="true"></iframe>

太字の<$ArticlePermalink$>がそのエントリーが参照しているURLを表すもので、これはブログのベンダーによって違います。ライブドアブログの場合はこのままでいいのですが、他のブログを使っている場合、自分で対応するタグを調べて下さい。

それと、Facebookのいいね!ボタンも、Tweetボタンも、なぜかデフォルトだと幅が広すぎて見てくれが悪いです。CSSに以下のコードを付け足して調整しましょう。
iframe.twitter-share-button {
width: 115px!important;
}

iframe[src*="www.facebook.com/plugins/like.php"]{
width:115px !important;
}

ライブドアブログの場合は「ブログ設定」の「デザイン設定」で「CSS」を選んで、付け足して下さい。

Tweetボタンとはてブボタンは、以前のエントリーに作る方を書いておきました。

結局、Tweetボタン、いいね!ボタン、はてブボタンのコードは次のようになります。
<Div Align="right">
<a href="http://twitter.com/share" class="twitter-share-button" data-url="<$ArticlePermalink$>" data-text="金融日記テクニカル <$ArticleTitle ESCAPE$>" data-count="horizontal" data-via="kazu_fujisawa" data-lang="ja">Tweet</a><script type="text/javascript" src="http://platform.twitter.com/widgets.js"></script>

<iframe src="//www.facebook.com/plugins/like.php?href=<$ArticlePermalink$>&amp;send=false&amp;layout=button_count&amp;width=450&amp;show_faces=true&amp;action=like&amp;colorscheme=light&amp;font&amp;height=21" scrolling="no" frameborder="0" style="border:none; overflow:hidden; width:150px; height:21px;" allowTransparency="true"></iframe>

<a href="http://b.hatena.ne.jp/entry/<$ArticlePermalink$>" class="hatena-bookmark-button" data-hatena-bookmark-title="<$ArticleTitle ESCAPE$> - <$BlogTitle ESCAPE$>" data-hatena-bookmark-layout="standard" title="このエントリーをはてなブックマークに追加"><img src="http://b.st-hatena.com/images/entry-button/button-only.gif" alt="このエントリーをはてなブックマークに追加" width="20" height="20" style="border: none;" /></a><script type="text/javascript" src="http://b.st-hatena.com/js/bookmark_button.js" charset="utf-8" async="async"></script>
</Div>

太字の部分が自分で変えないといけないところです。

ライブドアブログの場合で説明すると、「ブログ設定」の「デザイン設定」で「トップページ」「個別記事ページ」「カテゴリアーカイブ」「月別アーカイブ」の次の位置に、上のコードを貼り付けて下さい。
・・・icleCategory1$></a>&nbsp;</IfArticleCategory1><IfArticleCategory2>|&nbsp;<a href="<$ArticleCategory2Url$>"><$ArticleCategory2$></a></IfArticleCategory2></div>

この間

<IfFirstArticle><$Advertise$></IfFirstArticle>
</div>
<div class="blogbodybottom・・・

さて、上手くできましたでしょうか?

ちなみに、ライブドアブログの場合は「ブログ設定」の中の「外部サービス」で、チェックボックスをクリックするだけで、これらのボタンを付けることができるようになりました。しかし、いろいろやってみたら、あまり見てくれがよくなかったので、自分で付けることにしました。

よくあることですが、また、Amazonで同じ本を2冊買ってしまいました。いつもは涙を飲んで、ぐっと不遇にこらえていたのですが、今日は勇気を振り絞って返品してみることにしました。そしたら、これが非常に洗練されていて、たまげました。

返品・返金ヘルプ

まず、ログインして、買った商品を選んで、その後に返品理由を選ぶと、住所だのバーコードだのが勝手に生成されて、それを印刷して郵パックで送り返すだけです。

いや〜、なかなかよくできてますね。

さて、ブラック・ショールズ・モデルを勉強しました。
グリークスがどうなっているのか理解するために、ウェブに簡単な計算機を作りました。
いろいろ遊んで見てください。

ブラック・ショールズ・モデルによるプレミアムの計算
ブラック・ショールズ・モデルによるインプライド・ボラティリティの計算


ブラック・ショールズ・モデルって何だ? その1
ブラック・ショールズ・モデルって何だ? その2
ブラック・ショールズ・モデルって何だ? その3
ブラック・ショールズ・モデルって何だ? その4
Black Scholes Calculator

JavaもEclipseもいろいろなパッケージがありすぎてどれをインストールしていいのか、よくわかりません。何度やっても忘れるので、ここに備忘録的に残しておきます。

Java JDKのインストール

Javaは現在は私企業であるOracleの所有物になりました。以下のサイトからダウンロードして、あとはインストーラーの指示に従うだけです。

http://www.oracle.com/technetwork/java/javaee/overview/index.html

最初の難関は、SEにするのかEEにするのかです。結論からいうと、Servletを使う場合はEEで、そうでない場合はSEです。僕はServletを使うので、EEの方です。

Java EE 6 SDK RefreshedのDownloadをクリックすると、Windowsの場合、次の4つが選べます。

java_ee_sdk-6u3-jdk7-windows-ml.exe
java_ee_sdk-6u3-jdk7-windows-x64-ml.exe
java_ee_sdk-6u3-jdk7-windows.exe
java_ee_sdk-6u3-jdk7-windows-x64.exe

-mlはMulti-Languageのことで、英語以外も使うことがある人は-mlを選びましょう。ほとんどの人がこちらだと思います。x64は64bit OSのことです。何もついていないのが32bit OSです。自分のWindowsがどちらかわからない方。すいません、僕には何ともできません。僕のPCは64bitのWindows7なので、x64の方をインストールしました。

Eclipseのインストール

まず、以下のサイトからダウンロードしましょう。

http://www.eclipse.org/

Downloadsというタブを押すといろいろ出てくると思います。たぶん、"Eclipse IDE for Java Developers"で十分なんですが、Servlet関係のプログラミングで必要なものが入ってる"Eclipse IDE for Java EE Developers"の方にしておきましょう。大は小を兼ねるので。ここでもOSが32bitなのか64bitなのか選ばなければいけません。僕は64bitです。

そしてEclipseのインストールは、ダウンロードした圧縮ファイルを解凍して、出てきたEclipseフォルダを丸ごとどこかに置くだけです。僕は自分のユーザー・フォルダのすぐ下に置いています。

実は、Eclipseはさまざまなプラグインが最初から入っている日本語化した全部入りパッケージというのがあって、業界ではそれを使うのが一般的なようです。僕は、英語のまま使いたいし、余分なものは極力入れたくない派なので、個別にインストールしています。

Pleiades - Eclipse プラグイン日本語化プラグイン

さて、以上が終わったら、ググッて、EclipseのHello Worldプログラムでも試してみましょう。

次回はSubversionとGoogle App Engine SDKのインストールの備忘録です。

新しいWindowsマシンを買うと、最初の環境設定で一苦労します。そこで備忘録的にやるべきことを書いておきます。今回は For Non-Programmers ということで、メールとかネット・サーフィンとか、あとは普通にエクセルだとかワードで事務作業する程度のユーザーを想定してます。僕はサラリーマンのかたわら、ブログを書いたり本を書いたりしていますが、ここまでの設定でほぼOKです。

1. ブラウザのインストール

MicrosoftのIEはしょぼすぎるので他のブラウザを入れましょう。僕はFirefoxを愛用しています。最近ではChromeも人気ですね。

Firefoxのインストールはこちら

Google Chromeのインストールはこちら

Firefoxはいろいろプラグインを入れたりしてカスタマイズできるのがいいところなのですが(僕はめんどくさがりなのでほとんどしていませんが)、とりあえずダウンロードするときにフォルダが選べないのは不便なのでそこぐらいは変えておきましょう。それと、ホームページも変えましょう。僕は「お気に入りクラウド」を自分で作っています。両方とも「ツール」→「オプション」の最初のページで簡単に設定できます。

2. 日本語入力の変更

MicrosoftのIMEは糞なので、これはGoogleの方にしましょう。もちろんGoogleの日本語入力も満足のいくものではありません。僕のツイートに含まれる誤字脱字の多くはGoogleに責任があります。しかしMicrosoft IMEよりは格段にいいですし、無料なので僕はしょうがなくGoogleを使っています。ATOKは評判がいいので、一度試してみたいのですが…

Google日本語入力のインストールはこちら

さて、ここで話は終わりません。劇的にWindowsでの日本語環境を良くする方法を教えます。以下の記事を参考に、設定してみてください。

WindowsのキーボードにMac風の「英数」「かな」ボタンを実装する方法

3. メイリオの設定

昔のWindowsの汚らしいフォントはもう卒業です。Macのフォントがなぜ綺麗かというと、液晶の滲み具合いまで計算に入れているからです。フォントというのは、ドット→アウトライン化→アンチエイリアスと進化してきて、Macはさらに一歩前に行っているのです。しかしこれは液晶のボケ具合いを利用するので、ハードを決め打ちできるMacの方がうまくいっていたのは当たり前といえば当たり前です。Windowsもそれなりにがんばっています。XPだと、まず最初にコントロールパネルの「画面」でClearTypeを有効にしなければいけません。

Windows XPのフォントをMac並に綺麗にする方法

Windows7だとデフォルトでClearTypeが有効になっているのですが、やはり使っている液晶モニタで最適化するためにチューニングできます。試してみてはいかがでしょうか。

さて、これだけではまだ話は終わりません。ブラウザのデフォルトのフォントを「メイリオ」にしてください。これでブログなどのフォントが劇的にきれいになります。Firefoxだと「オプション」→「コンテンツ」でフォントの設定ができます。

4. Dropboxの設定

今時、たいていの人はクラウドのディスクスペースを使っていると思いますが、僕の場合はDropboxを愛用しています。他は試したことがないので何ともいえませんが、今のところ不満はありません。

Dropboxのインストールはこちら

インストーラーの指示に従って、登録してあるメールアドレスとパスワードを入力してください。それだけです。

以上で、Windowsマシンの環境設定 for Non-Programmers はおしまいです。



僕のようなMac歴の浅いひとにとってはありがたい本です。
こういう本は、生鮮食料品みたいに新しいのを買わないといけませんね。
WindowsのコントロールパネルやエクスプローラーがMacではどう変わっているのかとか、ひと通りの説明がきれいにまとまっています。

MacへWindowsをインストールして共存させる方法が、かなりのページ数を割いて詳細に解説されています。
最近のMacはIntelのCPUを使っているので、何の問題もなくWindowsがすんなり動くようです。
そうするとMacBookを持って外出すれば、何でもできてしまいますね。
今、これに挑戦しようかどうか迷い中です。

僕は正直いって、Windows7の新しいノートを買って以来、Mac BookがiTunesと写真整理の専用機になってしまっているのですけど、せっかくの美しいMacをもっと活用してみようと思います。

僕はWindowsをずっと使っていたのですが、この前Macを買って、そのグラフィックの美しさに感心しました。その中でもフォントの美しさは際立っていました。

家のデスクトップはXPなのですが、最近、Windows 7 のノートパソコンを買ったら、Windowsのフォントもかなり綺麗になっていて少しおどろきました。

コンピュータのフォントに関しては、初期の頃はビットマップで、拡大するとそのままドットが大きくなるという粗末なものでした。それから文字の輪郭線の形状をベクトル・データで記録したアウトライン・フォントに進化して、拡大してもドットがそのまま大きくなるというようなことがなくなったわけです。

その後も文字とバックグラウンドを微妙にボカして綺麗に見せるアンチエイリアスのような技術が発達します。さらにMacintoshでは液晶のRGBのボケ具合まで高度に利用する方法でさらにフォントを美しくしています。Appleはこの辺の技術で頭ひとつ抜けだしていました。というかMicrosoftにはフォントにそこまでこだわるという発想がなかったようです。

ところがWindows 7ではMicrosoftもかなりがんばったようで、フォントの綺麗さがMacに迫っていました。とくに英語のアルファベットに関しては、Macにほぼ並んだような気がします。日本語ではまだまだ差があるようですが。

実はWindows XPでもフォントを綺麗にできるらしく、さっそく僕のデスクトップのフォントを綺麗にしてみました。以下、設定方法を備忘録的に書いておきます。

英語だけだったら実は驚くほど簡単です。ClearTypeにするだけです。

コントロールパネルの「画面」を開きます。それから「デザイン」の「効果」を開いて、「次の方法でスクリーンフォントの縁を滑らかにする」でClearTypeを選びます。

ClearType設定

以上で、英語に関しては(ClearTypeに対応しているフォントに限りますが)、簡単にMac並に綺麗なフォントになります。なんでデフォルトでこっちになっていないのかが不思議です。

日本語に関してはMicrosoftのサイトからClearTypeに対応しているメイリオというフォントをダウンロードしましょう。

Windows XP 向け ClearType 対応日本語フォント

このダウンロードサイトの指示に従っていけば簡単にインストールできると思います。

その後はメイリオをブラウザのデフォルト・フォントに設定しましょう。僕の使っているFireFoxでは「ツール」→「オプション」→「コンテンツ」でフォントの設定ができます。

日本語に関しては、正直いってまだまだMacに劣りますが、それでもかなり綺麗になるかと思います。英語に関してはClearTypeだけでMac並に綺麗になりますね。

参考資料
フォント千夜一夜物語、澤田善彦
アンチエイリアス、Wikepedia
Microsoft ClearType の概要

最近、CSSとかHTMLをいろいろ読み書きできるようになったので、ブログをカスタマイズしてみることにしました。手始めにはてなブックマークボタンツイートボタンをブログにつけてみます。

はてなもTwitterもよくできた公式ボタンを最近リリースしています。もちろんこういった機能を実現するプログラムは以前にもたくさんあったのですが、やっぱり公式ボタンが信頼できますね。まずはツイートボタンから。このサイトでコードを自動生成できるのですが、ちょっとコツがあります。

Twitter公式ツイートボタン

1の「ツイート内テキスト」で<$ArticleTitle ESCAPE$>、「URL」に<$ArticlePermalink$>を入れましょう。2で自分のアカウントをいれておくと、ツイートするときに"via @kazu_fujisawa"みたいに出してくれます。
次のようなコードが自動生成されるはずです。

<a href="http://twitter.com/share" class="twitter-share-button" data-url="<$ArticlePermalink$>" data-text="<$ArticleTitle ESCAPE$>" data-count="horizontal" data-via="kazu_fujisawa" data-lang="ja">Tweet</a><script type="text/javascript" src="http://platform.twitter.com/widgets.js"></script>

ライブドアブログでは<$ArticleTitle ESCAPE$>がエントリーのタイトルを自動的に返すタグです。また<$ArticlePermalink$>がそのURLを返します。これらのタグはそれぞれのブログベンダーで違いますから、自分で調べてみてください。data-urlでエントリーのURLを指定します。data-textでどういうテキストを最初に表示させるか指定します。この場合はエントリーのタイトルになっていますね。ブログ名も入れたかったら<$BlogTitle ESCAPE$>も加えるといいでしょう。data-text="<$BlogTitle ESCAPE$> : <$ArticleTitle ESCAPE$>"のように書きます。

次ははてなブックマークボタンのコードを生成しましょう。次のサイトで同じように生成できます。

はてなブックマークボタン

1のところにライブドアブログのタグを入れても、「<」と「>」がHTMLの実体参照に置き換わってしまいうまくいきませんでした。直接テキスト・エディタで編集した方がいいようです。

<a href="http://b.hatena.ne.jp/entry/<$ArticlePermalink$>" class="hatena-bookmark-button" data-hatena-bookmark-title="<$ArticleTitle ESCAPE$> - <$BlogTitle ESCAPE$>" data-hatena-bookmark-layout="standard" title="このエントリーをはてなブックマークに追加"><img src="http://b.st-hatena.com/images/entry-button/button-only.gif" alt="このエントリーをはてなブックマークに追加" width="20" height="20" style="border: none;" /></a><script type="text/javascript" src="http://b.st-hatena.com/js/bookmark_button.js" charset="utf-8" async="async"></script>

<$ArticlePermalink$>と<$ArticleTitle ESCAPE$>と<$BlogTitle ESCAPE$>のところが自分で書かないといけないところです。

以上ではてなブックマークボタンツイートボタンの準備は完了です。あとはこれを好きなところに貼るだけです。

僕は次のところに貼りつけました。ライブドアブログの「デザインのカスタマイズ」で「トップページ」、「個別記事ページ」、「カテゴリアーカイブ」、「月別アーカイブ」で次の場所にコピペします。

・・・icleCategory1$></a>&nbsp;</IfArticleCategory1><IfArticleCategory2>|&nbsp;<a href="<$ArticleCategory2Url$>"><$ArticleCategory2$></a></IfArticleCategory2></div>
<Div Align="right"><a href="http://twitter.com/share" class="twitter-share-button" data-url="<$ArticlePermalink$>" data-text="金融日記テクニカル <$ArticleTitle ESCAPE$>" data-count="horizontal" data-via="kazu_fujisawa" data-lang="ja">Tweet</a><script type="text/javascript" src="http://platform.twitter.com/widgets.js"></script>
<a href="http://b.hatena.ne.jp/entry/<$ArticlePermalink$>" class="hatena-bookmark-button" data-hatena-bookmark-title="<$ArticleTitle ESCAPE$> - <$BlogTitle ESCAPE$>" data-hatena-bookmark-layout="standard" title="このエントリーをはてなブックマークに追加"><img src="http://b.st-hatena.com/images/entry-button/button-only.gif" alt="このエントリーをはてなブックマークに追加" width="20" height="20" style="border: none;" /></a><script type="text/javascript" src="http://b.st-hatena.com/js/bookmark_button.js" charset="utf-8" async="async"></script></Div>

<IfFirstArticle><$Advertise$></IfFirstArticle>
</div>
<div class="blogbodybottom・・・


これでめでたくはてなブックマークボタンツイートボタンがついたはずです。たしかめてみましょう。

↑このページのトップヘ