スポ根!

スポ根!では、サッカーや野球や格闘技の画像や動画、ニュースを色々とまとめています。2chで話題なスポーツ記事もあります。いろいろなジャンルのスポーツや格闘技のカテゴリがあるので、お気に入りの記事を探してみてください。


    稲本潤一が公式インスタグラムでオフの様子を公開

     相模原SCの元日本代表MF稲本潤一が11日、公式インスタグラムを更新した。2月4日から静岡でキャンプを実施していた相模原は、9日に大宮アルディージャとの練習試合を行い、10日から2連休に入った。稲本は休日に富士山を訪れたようで、家族との貴重なオフショットを投稿。ファンから反響を集めている。

     今年プロ23年目を迎える元日本代表MF稲本潤一は、1月1日相模原プレーすることを報告。1997年ガンバ大阪ユース所属だった高校2年生にトップチーム飛び級昇格を果たし、17歳6カ月でプロキャリアをスタートさせた40歳は、名将アーセン・ベンゲルに見込まれて2001年アーセナルレンタル移籍。その後イングランド国内、トルコドイツフランスを渡り歩き、2010年Jリーグへ復帰した。川崎フロンターレで5年プレーしたのち、北海道コンサドーレ札幌を経て、昨季は相模原で自身初となるJ3を戦った。

     開幕戦となる3月8日藤枝MYFC戦に向けてトレーニングを積む稲本は、充実したキャンプを過ごしたあと、しっかりとリフレッシュして体を回復させたようだ。自身のインスタグラムでは、家族と富士山を訪れた様子を公開。「休日」と温泉や赤ちゃん絵文字とともにハッシュタグで「#富士山」「#ふふ河口湖」「#ソフトクリーム」「#Relux」と投稿し、我が子を抱きながらソフトクリームを食べるショットや、愛息とベッドで戯れる写真を更新した。

     貴重なオフに見せた“理想のパパ”ショットにはファンからも多くの反響が寄せられた。「INAさんも babyちゃんもめっちゃ可愛い」「いいパパ」「お父ちゃん板についてるね」など絶賛の声が相次いだ。

     昨季はJ3で9試合1得点だった稲本。9月に41歳を迎える今季はどんなプレーを見せてくれるのだろうか。(Football ZONE web編集部)

    相模原SCでプレーする元日本代表MF稲本潤一【写真:Football ZONE web】


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>




    写真提供: Gettyimages

     プレミアリーグの歴代得点ランキングの1位は元イングランド代表FWアラン・シアラーで通算得点数は260点。2位は元イングランド代表FWウェイン・ルーニー208点を記録している。そんな彼らは両足や頭、胸、膝など体のあらゆる部分を使い得点を決めてきたはずだ。

     そんな中、英メディア『GIVE ME SPORT』が利き足ではない逆足で30ゴール以上を決めた選手たちを特集。今回はそんな逆足でゴールを決めてきた選手たちをランキング方式で紹介する。


    写真提供:GettyImages

    7位 ニコラス・アネルカ

    逆足ゴール:30ゴール


    写真提供:Gettyimages

    7位 ジャーメイン・デフォー

    逆足ゴール:30ゴール


    写真提供:Gettyimages

    7位 ロビー・ファウラー

    逆足ゴール:30ゴール


    写真提供:GettyImages

    3位 ロメル・ルカク

    逆足ゴール:31ゴール


    写真提供:Gettyimages

    3位 ハリー・ケイン

    逆足ゴール:31ゴール


    写真提供:Gettyimages

    3位 アンディ・コール

    逆足ゴール:31ゴール


    写真提供:Getty Images

    3位 ティエリ・アンリ

    逆足ゴール:31ゴール


    写真提供:Gettyimages

    2位 セルヒオ・アグエロ

    逆足ゴール:34ゴール


    写真提供:GettyImages

    1位 ロビン・ファン・ペルシ

    逆足ゴール:39ゴール


     1位はアーセナルマンチェスター・ユナイテッドで活躍した元オランダ代表FWファン・ペルシ。左足から放たれるシュートが印象的な選手でもあったが、右足で決めたゴールプレミア最も多い選手となった。

     現役選手の中ではマンチェスター・シティアルゼンチン代表FWセルヒオ・アグエロトッテナム・ホットスパーイングランド代表FWハリー・ケインマンチェスター・ユナイテッドエバートンプレーしたインテルベルギー代表FWロメル・ルカクランクイン。

     特にアグエロは先月、プレミアリーグの外国籍選手最多ゴール記録を更新。さらに、プレミアリーグのハットトリック達成回数でも歴代1位になり、今季プレミアリーグの得点王ランキングでもレスター・シティの元イングランド代表FWジェイミー・バーディと首位争いを繰り広げている。


     




    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>




    レバークーゼンに所属する元ドイツ代表FWケビン・フォラント(27)がプレミアリーグ移籍に関心を示しているようだ。イギリスbleacherreport』が伝えている。

    2016年レバークーゼン加入以降、パワフルな左足と卓越した身体能力に加え、前線の複数ポジションカバーする万能型ストライカーとして活躍を見せるフォラント。今シーズンもここまで公式戦29試合に出場し、11ゴール7アシストの数字を残している。

    フォラントに関しては以前から獲得に関心を寄せるアーセナルが、現在も複数回に渡ってスカウトを現地に派遣していると言われている。

    その中で元ドイツ代表FWはドイツSport1』のインタビュープレミアリーグ移籍に関心があることを認めている。

    プレミアリーグは僕にとってとても興味深いリーグだよ。試合展開は非常に速いし、あそこプレーするには相当の覚悟が求められる。だけど、僕はその準備ができていると思っているよ」

    「ただ、今後何が起こるかはわからないよ。僕自身、絶対にイングランドイタリアスペインプレーしたいと宣言するタイプの人間ではないんだ。それにレバークーゼンでとても快適にプレーできているしね」

    「それでも、すべての可能性はオープンなままだね」

    プレミアリーグ初挑戦のリスクに加え、エースストライカータイプの選手ではないフォラントだが、プレーの引き出しの多さや汎用性を考えれば、ミケル・アルテタ監督が新たな攻撃オプションとして獲得に動く可能性は十分にあるかもしれない。

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>




     UEFA欧州サッカー連盟)主催大会への参加禁止処分を下されたマンチェスター・Cに、さらなる試練が待ち受けているかもしれない。イギリスメディア『インディペンデント』が14日に報じている。

     マンチェスター・C2012年から2016年にかけて、UEFAに提出した損益報告書におけるスポンサー収入の水増しなど、ファイナンシャル・フェアプレー(FFP)を回避するための不正が発覚した。加えて、クラブがFFP違反に関しての調査に協力しなかったことも確認されており、2020-2021シーズンと2021-2022シーズンUEFA主催大会出場禁止が決定していた。

     今回の報道によると、マンチェスター・Cプレミアリーグからも処分を科されるかもしれない。プレミアリーグライセンスを保有するクラブは、毎年“正しい”情報をリーグに提供することが義務付けられている。当然、それらの情報はUEFAに提供するものと一致していなければならない。しかし、マンチェスター・Cスポンサー収入の水増しなどで「FFP規則の重大な違反を犯した」ため、プレミアリーグの規則にも抵触している可能性が高いという。

     同メディアは予想されるマンチェスター・Cへのペナルティとして、勝ち点剥奪を挙げている。また、最悪の場合はプレミアリーグライセンスが剥奪される可能性もあるという。もしそうなった場合、EFL(イングリッシュフットボールリーグ)の規則上4部からのスタートとなるようだ。

     マンチェスター・CはCAS(スポーツ仲裁裁判所)への控訴を予定しているため、今後処分が変わる可能性はある。しかし、現時点ではジョゼップ・グアルディオラ監督や主力選手の流出が取り沙汰されている。クラブにとっては“泣きっ面に蜂”の状況となってしまった。

    マンCはプレミアリーグからもペナルティを科されるかもしれない [写真]=Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>




    014140.jpg

    2020年2月14日(金)に東京・サンシャイン劇場にて、初演舞台『おおきく振りかぶって』の再演とシリーズ第3弾となる完全新作舞台『おおきく振りかぶって 秋の大会編』を同時上演するダブルヘッダー特別公演が開幕した。

    014140_23.jpg

    本記事では、2月14日(金)に行われた『おおきく振りかぶって』再演のゲネプロと、西銘駿(三橋廉役)、大橋典之(阿部隆也役)、神永圭佑(榛名元希役)、佐伯亮(秋丸恭平役)、脚本・演出の成井豊、特別ゲストとしてBase Ball Bearの小出祐介、堀之内大介、関根史織が登壇したゲネプロインタビューの模様をレポートする。

    014140_6.jpg

    シリーズは、ひぐちアサによる本格的高校野球漫画「おおきく振りかぶって」(「月刊アフタヌーン」連載/講談社)を原作とする舞台作品。2018年2月に初舞台化され、同年9月に続編となる「夏の大会編」を上演した。今回のダブルヘッダー特別公演では、ファンの熱いリクエストに応える形で初演の再演を行うほか、「夏の大会編」のその後を描く完全新作「秋の大会編」も同時上演する。脚本・演出は、これまでと同じく成井が担当。

    014140_2.jpg

    ダブルヘッダー公演ということで2作分の稽古が行われた苦労について、成井は「役者たちがいろんなことを忘れることですね(笑)」とぶっちゃけると、登壇者たちは爆笑。改めて「再演の稽古で芝居が固まって、『秋の大会編』の稽古をした後に、また再演に戻ると忘れてしまうんですね。2作品の流れの中で4試合あるので、この回の先頭で打つのか、三振なのかみたいなのを瞬間に忘れてしまうんでしょう。ただ、稽古は7週間あったので、さすがに最後の2週間ぐらいは忘れることはほとんどなかったですけど、最初のうちは思い出す稽古みたいで(笑)、一番大変でした」と明かした。

    014140_3.jpg

    舞台奥から客席に向かって傾斜のついた八百屋舞台となっているステージ上で、上手下手にバッテリーが分かれて試合を行うという舞台版『おお振り』ならではの演出は健在。バッテリーと打者の心理と駆け引きや、ステージ上で躍動する選手たちのスピード感あふれるプレイの数々によって野球のリアリティと臨場感が表現される。今作は再演ということで、迫力で複雑なキャストたちの動きや試合展開がさらに洗練されたものとなっていた。

    014140_8.jpg

    今回の公演からも新キャストとして、西浦高校野球部には田島悠一郎役の大野紘幸、栄口勇人役の竹鼻優太、巣山尚治役の齋藤健心、三星学園野球部には叶修吾役の西川俊介、桐青高校野球部には高瀬準太役の越智友己、河合和已役の永岡卓也、そして武蔵野第一高校野球部には榛名元希役の神永と秋丸恭平役の佐伯が加わる。

    014140_11.jpg

    そんな新キャストを迎えたカンパニーの雰囲気を、この舞台シリーズで初座長を務め、初演から三橋を演じる西銘は「最初にお会いした時はぎこちなかったんですけど、高校野球を舞台とした作品なので、稽古をしていくうちにふざけ方とか、みんな高校生っぽくなってきたので、笑いの絶えない稽古場で楽しかったです」と笑顔で語った。

    014140_20.jpg

    前作「夏の大会編」から出演し、再演と「秋の大会編」の3作で阿部として三橋とバッテリーを組む大橋は、3作を通した三橋と阿部の関係に対して「お互いの信頼度がどんどん変わっているなと思います。再演版では、三橋を認めさせて阿部が引っ張っていく感じだったんですけど、『夏の大会編』では三橋と手を組むことの大切さに気づき、『秋の大会編』では手を取り合った上での試合運びで、お互いの関係が足し算からかけ算になる相乗効果のような変化を感じています」とコメント

    014140_15.jpg

    その三橋について、新キャストとして加わる佐伯も「三橋の成長に感情移入できると思いますし、三橋が仲間と出会って仲間の存在を感じて、日々成長して強くたくましくなっていく姿がとても見応えがあります」と見どころとして挙げると、「三橋を演じる西銘くんも熱いものを持っているので、ぜひ見ていただきたいです」と呼びかけた。

    014140_17.jpg

    同じく新キャストで、阿部と因縁を持つ武蔵野第一高校野球部のエース・榛名を演じる神永。野球経験者でもある神永は「右投げ右打ちのキャッチャーだったんですけど、今回、演じる榛名は左投げ左打ちのピッチャーなので、正反対の役がきたなと・・・。左打ちというのは少しやったことがあったんですが、左投げというのはなかったので、そこは苦労した点ですね」と役作りの苦労を明かした。

    014140_10.jpg

    舞台では、三橋と阿部の関係を物語の軸として、今までのキャストが築き上げてきた思いと絆に新戦力として加わる新キャストの魅力が加わって生み出される西浦高校野球部のチームワークに、ライバル高野球部のそれぞれ抱える思いがぶつかり合って、高校球児たちの爽やかな青春の1ページが綴られる。

    014140_5.jpg

    劇中で使用される「ドラマチック」と「いまは僕の目を見て」を楽曲提供しているBase Ball Bearの小出は、アニメ版第1期の主題歌としても人気の「ドラマチック」に関して「バンドデビューして2年目の時で、アニメ主題歌に使っていただくために1ヶ月ぐらいみっちり制作に時間をかけました。僕らにとっても、たくさんの方に仲良くしていただくきっかけになったので、今でもすごく大事にしている曲です」とエピソードを披露。

    014140_9.jpg

    「いまは僕の目を見て」が舞台で使用されることについて、関根は「まさか舞台で使われるとは思っていませんでした。すごくいいシーンで使われていて、こんなところで使われるんだという驚きがあって嬉しかったです」と喜びを露わにした。

    014140_12.jpg

    そして、高校時代に応援団として甲子園の決勝まで行った経験があるという堀之内は「この作品自体が、僕の当時の思い出・・・特に高校1年生の時の話が本当にドンピシャで、自分の胸にグサッと刺さり、青春を思い出させてくれるものでした」と振り返ると、「『いまは僕の目を見て』も印象的なシーンで使われていて、三橋くんの応援歌というか、西浦高校の応援団になった感じで使っていただいたと思っております」と感謝を述べた。

    014140_22.jpg

    シリーズでは、アニメ主題歌ドラマティック」に乗せて、劇中のOPとEDで披露されるダンスシーンも見どころの一つ。新作となる「秋の大会編」ではアニメ第2期の主題歌となっていたGalileo Galileiの「夏空」をテーマ曲としてダンスが披露される。その見どころを、佐伯が「高校ごとの良さがすごく出ています。西浦だとチームカラーあふれるフォーメーション、敵校は格好良さや存在感がすごく出ています」とアピール

    014140_16.jpg

    014140_18.jpg

    伝説となった初演が再演版として、しかも新作公演と共に楽しむことができるダブルヘッダー特別公演。二度とない機会かもしれないので、ぜひダブルヘッダー観戦で盛り上がってほしい。

    014140_21.jpg

    014140_14.jpg

    ダブルヘッダー特別公演『おおきく振りかぶって』/『おおきく振りかぶって 秋の大会編』は、2月24日(月)まで東京・サンシャイン劇場にて上演。上演時間は両作共に約2時間(休憩なし)を予定。

    【公式サイトhttp://oofuri-stage.com/
    【公式Twitter@oofuri_stage

    (C)ひぐちアサ講談社/舞台「おおきく振りかぶって2020」製作委員会

    (取材・文・撮影/櫻井宏充)

    014140.jpg


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>



    このページのトップヘ