レアルソシエダ戦で決勝PK弾のメッシ、相手踏み付け行為の映像公開で反響

 バルセロナは7日のリーグ第27節レアルソシエダ戦で1-0と勝利した。アルゼンチン代表FWリオネル・メッシがPKで決勝ゴールを奪った一方、前半途中に見せた相手を踏みつける危険行為に注目が集まり、「なぜ退場にならない?」「他の選手ならレッドカード」と波紋が広がっている。

 前節レアル・マドリード戦で0-2と敗れたバルセロナは、本拠地カンプ・ノウでレアルソシエダを迎え撃った。前半は崩しきれない時間が続き、後半36分に獲得したPKをメッシが自ら決めて、バルセロナが1-0と辛勝した。

 バルセロナにとっては、試合終盤までもどかしい展開となったが、その内容を象徴するかのようなシーンが生まれたのは前半29分だ。相手のコーナーフラッグ付近でボールを持つ相手DFディエゴ・ジョレンテに対して、メッシが勢いよく飛び込んでボールを奪取。しかし、バランスを崩したジョレンテが転倒し、勢いあまったメッシが踏みつける形となった。

 このプレーファウルの対象とならず、ボールを奪ったメッシを起点にバルセロナが攻撃。最後はメッシシュートチャンスを迎えたが、これは相手GKの好セーブに阻まれている。

 メッシの踏み付け映像を公開されると、SNS上では「なぜ退場にならない?」などの声があふれ、海外メディアも反応している。

ファンが指摘「他の選手だったらレッドカード」 英メディアは「意図的か、事故か」

 英メディアスポーツバイブル」は「メッシはジョレンテに不快な踏み付け行為をしたように見えるが、レッドカードによる一発退場をなんとか回避した」と言及。さらにファンの声を拾い、「その踏み付け行為は極めて卑劣だったが、バルサファンは彼に足の置き場が他になかったと主張するだろう」「他の選手だったらレッドカードだった」という意見も伝えている。

 一方、英サッカー情報サイト「CaughtOffside」は「滑ったメッシが相手ディフェンダーの足首を踏みつけた。アルゼンチンの名手はこの出来事で罰せられることはなかった」と指摘。「2人が明らかバランスを崩していた点を考えると、メッシの踏み付け行為は意図的だったのか、それともジョレンテに傷を残すことになる単なる事故だったのか」と投げかけている。

 バルセロナは1-0と勝利したが、メッシの疑惑のプレーを巡って様々な意見が飛び交っているようだ。(Football ZONE web編集部)

レアル・ソシエダ戦でPKを決めたバルセロナFWリオネル・メッシ【写真:Getty Images】


(出典 news.nicovideo.jp)