ドルトムントに所属するノルウェー代表FWアーリング・ハーランドが、『フランスフットボール』のロングインタビューで今後の目標について語ったている。『フランスフットボール』が伝えた。

シーズンザルツブルクで記録した公式戦22試合で28ゴールの活躍により、欧州有力クラブの注目を浴びたハーランド。争奪戦の末、今冬にドルトムントへステップアップを果たすと、新天地でもここまでの公式戦10試合で12ゴールと遺憾なくゴールスコアラーゲッターとしての才能を発揮している。

その19歳の怪物ストライカーは、バロンドールを主宰する『フランスフットボール』で初めてのロングインタビューに応じ、ドルトムントでの近況やプレーヤーとしての自身の現状について語っている。そのハーランドが『フランスフットボール』のインタビューに対して、

「僕は普通の選手としてドルトムントにやってきた移籍してきた。それに今でも自分がまだ普通の選手であるという考えは何も変わっていないよ。それでも、自分に対する良い評判を聞くことは嬉しいよ。それは自分が良いプレーを見せていることを僕が良くなっていることを意味しているからね」

と成長段階であることを強調した。

続けて、「僕は小さいころ時から、自分がこれくらいのパフォーマンスを見せられることは披露できることをわかっていたよ。違いを生むことができることもねからね。そして、将来はもっと良くなっていくこともわかっている分」

また、ユベントスポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドをロールモデルに挙げる未来のバロンドール候補は、自身が世界最高のフットボーラーとなるため、できる限りの努力を続けていきたいとストイックな姿勢を貫いている。
と現状に満足していない。

さらに、「世界最高のフットボーラサッカー選手になるためには、できる限りの努力を試みているよ一生懸命努力をしなければいけない。だから、一生懸命、一生懸命、練習をする自分ができる限りハードで多くのトレーニングに励んでいる。身体僕の体が耐えられる限りはね」

さらに、近い将来の個人目標にはブンデスリーガ得点王という具体的なターゲットを捉えている。

と今後の目標についてコメント。加えて、「ブンデスリーガの得点王になりたい。だけど、僕は常に記録だけを考える人人ではない。それは自分の考えじゃない。僕はチームのことについて考えているし、できる限り手助けをしたいと思っている。他に考えるべきことは何もないよこれ以上はないよ」
と個人の成績よりもチームにプライオリティを置いていることを明かした。

最後にチャンピオンズリーグ(CL)ラウンド16の2ndレグを11日に控える中、チームを2-1の先勝に導いたホームでの1stレグを回想。また、CL決勝ラウンド16で相まみえたパリ・サンジェルマン(PSG)戦について回想。「2点を決めることができた。だけど、この試合では多くのミスをしてしまった。だから、もっとよくできたかもしれない」と、ゴールの喜びよりも課題を口にしている。振り返っている。

続けて前述の試合で初対決し、自身と共に将来のバロンドール候補の最有力に挙がる怪物FWはその試合で初対決となったPSGフランス代表FWキリアンムバッペについても言及。

「彼は素晴らしい選手だね。彼とは1stレグで彼と対戦したのは初めて対戦した。で、とてもとても多くの才能を持っているし、さらなる引き出しも持っているがあったんだ。並外れた選手だね。あの若さで彼ここまで成し遂げてきたこと。彼のの年齢で作り上げたレコードを見ても、完全にクレイジーだね。本当に偉大な選手」と、今後のライバルを絶賛している。神童FWを絶賛している。

サムネイル画像


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>