Sports Writing and Photo, Masato Nakamura Articles

記事更新、フォトブック更新に関する情報発信用Xはこちらhttps://twitter.com/spokyo_doude 

  ※記事の下に表示される広告はブログサービスの仕様によるものです。
    ブログオーナーの意図は一切入っていませんのでご注意ください。

【試合取材ルポ:完全版】FC刈谷:第60回全国社会人サッカー選手権大会 東海予選 Dブロック vs FN.PRIMAVERA

第60回全国社会人サッカー選手権大会 東海予選 Dブロック

@貝沼建設花はすフィールドあいさい(愛知県愛西市)

天候:曇りのち晴れ 11時30分キックオフ


FC刈谷 4-0 FN.PRIMAVERA  


  前半 0-0
  後半 4-0
 前後半各40分


スタメン:中山、秋本、大島、小山、石田、井塚、
     石坂、園田、木下、向井、野邊

リザーブ:兒島、米澤、武下、佐田、笹ヶ瀬、田中、新城(敬称略)

7月6日(土)、FC刈谷は全国社会人サッカー選手権大会東海予選、
FN.PRIMAVERAとの試合に臨みました。FN.PRIMAVERAでキャプ
テンを務めるのは、かつて刈谷に在籍していた真野直紀選手。
11時を過ぎた頃には曇り空になってはいたものの高温化での
キックオフとなりました。

そして、スターティングイレブン、リザーブメンバーは
土日連戦を踏まえてのターンオーバー型布陣。前半の時計が
進むにつれて、刈谷に得点機が訪れだします。

15分には向井選手がシュートするもGKが弾きます。25分には
園田選手がシュート。しかしゴールならず。

30分過ぎには木下選手がロングシュートは放ちますがゴール左下
へと外れ、32分には左サイドからの向井選手のセンタリングに
頭で合わそうとするもボールへは届かず。

38分にも向井選手が右コーナーキックからのクリアされたボールを
シュートするもクロスバーの上へ外れます。残念ながら0-0のまま
前半を終えました。

ハーフタイムで井塚選手、野邊選手と佐田選手、新城選手が交代し
後半戦に入りました。4分には右コーナーキックから大島選手が
ヘディングシュート。しかし、ボールはクロスバーの上に外れました。

7分。相手陣内中央からミドルシュートを打ったのは園田選手でしたが
先制とはならず。14分には木下選手、向井選手に代わり、笹ヶ瀬選手、
田中選手がピッチへ。

アディショナルタイムまであと10分余りとなったところで、ようやく
その瞬間が。右サイドからの田中選手のセンタリングに石田選手が
ゴール前混戦から押し込んで先制します。

こうなると刈谷の攻勢に拍車がかかります。33分に右コーナーキックを
得ると、最後は小山選手が押し込み2点目。36分にまたも右コーナー
キックから今度は米澤選手が低空ダイビングヘッドで3点目。大島選手と
交代した直後にひと仕事やってのけました。

ダメ押しの4点目を決めたのは、右サイドからロングシュートを鮮やかに
決めた秋本選手でした。そのまま失点なく4-0で試合終了。刈谷は
Dブロック決勝に駒を進めました。

刈谷の対戦相手が決まる、同会場の二試合目はSS伊豆vs伊勢YAMATO FC
でしたが、周囲温度40℃超となり試合中止。抽選により決することに。結果、
伊勢YAMATO FCが当選し刈谷と対戦することとなりました。

明日も酷暑が予報であり、厳しい戦いが予想されますが、本選出場権を
獲得してほしいものです。


【以下写真】
フォトアルバムフルバージョンはこちらからどうぞ(総数85枚)
https://photos.app.goo.gl/4tqc9ZeSLwkSujAX6


キックオフ前円陣。

001


先制シーン。石田選手がゴールへ押し込む。

052

053

054

055


二点目。小山選手が決めた。

065

066

068


3点目。途中交代出場した米澤選手が低空ヘディングシュート。

070

071

073


ダメ押しの4点目。右サイドから秋本選手がロングシュートを
突き刺した。

076

077


試合終了後。何処までもゆこうも、翌日の決勝に向けて若干控え目。
前に繰り出されたのは米澤選手と小山選手でした。


083

085


フォトアルバムフルバージョンはこちらからどうぞ。
https://photos.app.goo.gl/4tqc9ZeSLwkSujAX6

上記掲載含め、85枚ございます。是非!



【試合取材ルポ:完全版】FC刈谷:第60回全国社会人サッカー選手権大会 東海予選 Dブロック決勝 vs 伊勢YAMATO FC

第60回全国社会人サッカー選手権大会 東海予選 Dブロック

@貝沼建設花はすフィールドあいさい(愛知県愛西市)

天候:曇りのち晴れ 10時30分キックオフ


FC刈谷 10-0 伊勢YAMATO FC  


  前半 2-0
  後半 8-0
 前後半各40分


スタメン:兒島、飯島、米澤、大島、武下、佐田、
     齋藤、尾崎、田中、笹ヶ瀬、大友

リザーブ:中山、石田、秋本、井塚、向井、園田、野邊(敬称略)

7月7日(日)、FC刈谷は全国社会人サッカー選手権大会東海予選Dブロック
決勝:伊勢YAMATO FCとの試合に臨みました。

キックオフは11:00予定でしたが、WBGT値の影響を考慮し10:30キックオフ
に変更されました。試合自体においてもアイスブレークが約15分程度に一回
行うという対策が取られました。

スコアが動いたのは前半24分。右サイドで繋がれたボールが中央へ展開され
武下選手がシュートして先制しました。

30分過ぎに2度目のアイスブレークが取られたあと、37分でのことでした。
相手マークをかわしつつオフサイドラインを突破した大友選手がゴール
正面からのシュートを決めて追加点を挙げます。

アディショナルタイムには笹ヶ瀬選手が低空のヘディングシュートを
放ちますが相手GKの好セーブに阻まれ得点ならず、2-0で前半を
終えました。

気温上昇により、試合続行が危ぶまれつつ、後半キックオフ。
ハーフタイムで大島選手、大友選手と秋本選手、野邊選手が
交代しています。

早速3分に野邊選手がミドルシュートを決めて3-0とします。
8分には相手陣内中央から尾崎選手がミドルシュートを決めて
4-0に。

12分。佐田選手がバイタルエリアを攻め込み、マークを引き付けて
田中選手へパスするとそのままシュートして5点目。17分には
武下選手、佐田選手と井塚選手、石田選手が交代しました。

刈谷のゴールは留まるところを知らず、25分には相手陣内中央から
笹ヶ瀬選手がロングシュートを鮮やかに決めて6-0とします。
直後に田中選手に代わり園田選手が出場し、最後の選手交代カード
が切られます。

29分。野邊選手がゴール正面の位置で相手GKと1対1となると
浮き球気味のシュートで得点し7点目。アディショナルタイムに
入った直後、ゴール左側の位置から齋藤選手がシュートを決め
8-0に。

更に41分には井塚選手がロングシュートを放ちキーパーが弾いた
ところを野邊選手が冷静に流し込み9点目。野邊選手はハット
トリックを達成しました。更に園田選手も相手陣内中央で
ボールを奪い、ゴール前まで持ち込みそのままシュートを
決めて10点目。

酷暑の中、80分フルタイム戦いきった刈谷は10-0で
大勝して全社本選出場を決めました。


【以下写真】

フォトアルバムフルバージョンはこちらからどうぞ(総数87枚)


以下写真は得点した選手からピックアップ

武下選手の先制シュートより

020


2点目。大友選手のシュート。

034


尾崎選手。4点目を決めた直後。

052


5点目を決めたのは田中選手。

060


6点目。笹ヶ瀬選手がロングシュートを決める。

063


齋藤選手。8点目のゴールとなるシュートを打った直後。

075


野邊選手、ハットトリックを決めたシュート。井塚選手の
ロングシュートをキーパーが弾いたところを押し込む。

081


10点目となるゴールを決めたのは園田選手。

083


試合終了後、どこまでもゆこう。

087


フォトアルバムフルバージョンはこちらからどうぞ。

https://photos.app.goo.gl/h6UXqbLztyv2RG2U8


上記掲載含め、87枚ございます。是非!


【試合取材ルポ】FC刈谷:第59回東海社会人サッカーリーグ1部第9節 vs藤枝市役所サッカー部

第59回東海社会人サッカーリーグ1部第9節(リーグ戦6試合目)

@ウェーブスタジアム刈谷

天候:晴れ 13時00分キックオフ


FC刈谷 3-0 藤枝市役所サッカー部  


  前半 1-0
  後半 2-0
 前後半各45分


スタメン:兒島、飯島、大島、米澤、武下、佐田、
     齋藤、尾崎、大友、田中、新城

リザーブ:中山、石田、秋本、井塚、向井、笹ヶ瀬、野邊(敬称略)

6月29日(土)、FC刈谷は2024年シーズンの東海社会人サッカーリーグ、
リーグ戦ホーム開幕ゲーム、その当日を迎えました。

朝の小雨が止み、イベントが進行するにつれ空模様は晴れ渡ると、
高湿度とあいまって酷暑となりつつキックオフ。

前半の入り、刈谷が若干押し気味にゲームを展開。7分には田中選手、
8分には大友選手、更に10分には相手陣内中央から佐田選手がシュート
を放ちましたが、相手GKのセービングなどによりノーゴールと
なります。

20分過ぎでの飲水タイムの前後から、藤枝市役所側のラフプレー、
ファールそしてイエローカードが目立ち始めました。言い換えれば、
刈谷の勢いを止めようとするとラフに至ってしまう程に刈谷の攻め手
が機能しているという証左でした。

36分には、大友選手がファールされて得たフリーキックをクリアされて
からのカウンターに対し武内選手が自陣左サイドで冷静に対応します。

39分でした。右コーナーキックを得た刈谷は米澤選手がダイビングヘッド
で見事に先制ゴールを挙げました。この1点のリードを以て、1-0で
前半を終えました。

後半開始直後。早速、佐田選手が相手陣内中央へ攻め込みシュート。
しかし、クロスバーの上へボールは外れます。その数分後でした。
大友選手がゴール前で倒されPKを得ました。

このPKは大友選手自身がゴールマウスに沈めて2-0に。後半5分
でのことでした。

18分には佐田選手に代わり笹ヶ瀬選手がピッチへ。23分には、
大友選手、武下選手と石田選手、向井選手が交代しました。
交代出場した笹ヶ瀬選手、向井選手が相手のバイタルエリアに
切り込むことにより、コーナーキックを得る場面が増え、
俗にいう”ゴールの匂いがプンプンする”状況があるものの
3点目にはなかなか産まれず。

36分となり、飯島選手、田中選手と井塚選手、秋本選手が交代
しました。アディショナルタイムと迎えようとしていた43分。
左コーナーキックから、大島選手が空中戦と見せかけてデコイ
となっていたところにフリーの新城選手が頭で押し込みダメ押し
となる3点目を決めました。

アディショナルタイム以降も攻め手を緩めず、失点も喫さず
3-0でゲームセット。ホーム開幕戦、来場者2021人の前で
勝利を飾りました。

翌週は全社東海予選、土日の連戦となりますが勢いそのままに
連勝して全社本選出場を決めてもらいたいものです。



【以下写真】
フォトアルバムフルバージョンはこちらからどうぞ(総数110枚)
https://photos.app.goo.gl/GXBPRHxJhUNaWmdK6


キックオフ前。兒島選手バモス発声。

016


先制シーン。大友選手が相手陣内深く攻め入り左へ折り返して、

052

米澤選手がダイビングヘッドで押し込む。(右ポストの陰)

053

054

055

056

057



前半失点なく後半へ。

063

064


後半開始してわずか5分後。大友選手がPKを決める!

068

069

070


後半40分過ぎのダメ押しの3点目。左コーナーキックから、
大島選手の空中戦ではなく、マークが外れた新城選手が
頭で押し込む。伏兵の一撃。

090

091

092


この日のMVPは先制ゴールを奪った米澤選手に。

100


どこまでもゆこう

103


前に出されたのは得点者:米澤、大友、新城の三選手。

105


サポーターに応える新城選手。
「たくさんの応援有難うございました。やっと皆さんの前でゴールを
 決めることが出来てとても嬉しいです。もっとまだまだ試合続くので

 熱い応援お願いします。(要約)」

107


新城選手と鈴木選手の抱擁数秒前

109


フォトアルバムフルバージョンはこちらからどうぞ。
https://photos.app.goo.gl/GXBPRHxJhUNaWmdK6 

上記掲載含め、110枚ございます。是非!
試合開始前のイベントの模様もあります。

 

【試合取材ルポ】FC刈谷:第59回東海社会人サッカーリーグ1部第8節 vs岳南Fモスペリオ

第59回東海社会人サッカーリーグ1部第8節(リーグ戦5試合目)

@富士総合運動公園陸上競技場

天候:曇り時々小雨 14時00分キックオフ


岳南Fモスペリオ 1-2 FC刈谷   


       前半 1-0
       後半 0-2
      前後半各45分


スタメン:兒島、飯島、大島、米澤、武下、石坂、
     齋藤、佐田、尾崎、田中、新城

リザーブ:中山、石田、秋本、大友、向井、笹ヶ瀬、野邊(敬称略)

6月23日(日)FC刈谷はアウェイ:富士総合運動公園陸上競技場で
岳南Fモスペリオと対戦しました。18日に飯塚亮氏に代わり、
昨季監督を務めた今井雅隆氏が育成ダイレクターを兼務する形で
ヘッドコーチに就任。監督・コーチ体制が変わって初の公式戦
になります。

前半立ち上がり。岳南が若干押し気味にゲームを展開します。
刈谷は5分に右サイド深い位置でスローインを得るも、最後は
キーパーにセーブされます。

16分でした。刈谷は、岳南にアンカー経由でサイドチェンジされ
自陣左サイドに展開されると、GK兒島選手が飛び出してセービング
しようとしたところをゴール正面へボールを回されシュートされて
先制を許してしまいました。

20分には、相手ゴール右側の位置で新城選手と相手キーパーが1vs1
となるもこれはオフサイド判定に。

前半終了間際になり、飯島選手が右サイドから中央へ切り込んでの
シュートや齋藤選手のシュートもありましたがいずれも相手キーパー
に弾かれて得点ならず、1点ビハインドのまま前半を終えました。

ハーフタイムで新城選手と大友選手が交代。後半戦に入ります。

7分には、相手陣内中央で齋藤選手にボールが渡りますが残念ながら
オフサイド。一方9分には自陣ゴール前での守備が乱れ、ヒヤリと
する場面も。

中々前線にボールが届かず、決定機を創り出せない刈谷。19分には
田中選手と野邊選手が交代します。更に32分には尾崎選手、佐田選手
に代わり、向井選手、笹ヶ瀬選手がピッチへ。

アディショナルタイムへと刻一刻と時間が削られていくなか、その時は
巡り来ます。笹ヶ瀬選手が相手陣内中央でボールを受け、ゴール左側へ
持ち込んで中央へ折り返すと大友選手がシュートして同点とします。
40分でのことでした。

同点に追い付いた興奮も冷めやらぬうちに訪れたセットプレー。
左コーナーキックから最後は飯島選手が押し込み遂に逆転。42分
でした。44分には笹ヶ瀬選手もミドルシュートを放ちますが
ゴールマウスを僅かに外れ、惜しくも追加点ならず。

アディショナルタイムに入り、47分には石坂選手に代わり、秋本選手
を投入します。そして1点リードを守った刈谷は辛くも逃げきり、
開幕からのアウェイ5連戦の最後を勝利で締めくくりました。

前節の敗戦後、練習試合を2試合行い、いい動きを見せていた
選手たちがベンチ入りし、起用に応えました。リーグ優勝、
JFL昇格を目指して、チーム全員、一丸で次戦以降も
戦い抜いて欲しいところです。



【以下写真】
フォトアルバムフルバージョンはこちらからどうぞ(総数87枚)
https://photos.app.goo.gl/iafSiasaLB9ynuMJ6


キックオフ前円陣

001


この試合、スタメン出場した新城選手。

018

025


ハーフタイムで新城選手と大友選手が交代し後半へ。

036

041


大友選手のゴールは40分でのこと。

053

054


その2分後、飯島選手が逆転ゴールを決めた。

058


後半途中で交代した尾崎選手から託されたキャプテンマークが
左腕に光る

059

060


開幕からのアウェイ5連戦。連敗なく勝利し4勝1敗。
勝点12とした。

080

081

083

084


サポーターに応える飯島選手。
「アウェイ5連戦終わりました。前節負けてこの試合が本当に
 大事な試合だと皆んなで話してたなかで、こうして勝てたこと、
 本当にうれしく思います。次節やっとホームです。熱い応援
 よろしくお願いします。(要約)」

085


フォトアルバムフルバージョンはこちらからどうぞ。
上記掲載含め、87枚ございます。是非!

https://photos.app.goo.gl/iafSiasaLB9ynuMJ6

 

【試合取材ルポ】FC刈谷:第59回東海社会人サッカーリーグ1部第6節 vs中京大学FC

第59回東海社会人サッカーリーグ1部第6節(リーグ戦4試合目)

@中京大学豊田キャンパスサッカー場

天候:晴れ 11時30分キックオフ


中京大学FC 1-0 FC刈谷   


    前半 0-0
    後半 1-0
    前後半各45分


スタメン:兒島、大島、米澤、小山、清水、園田、

     石坂、齋藤、尾崎、大友、田中

リザーブ:中山、飯島、石田、井塚、佐田、向井、新城(敬称略)


6月8日(土)、FC刈谷は東海社会人サッカーリーグ4戦目、
中京大学FCとのアウェイゲームに臨みました。この日を含め
ホーム開幕ゲームまで残り2戦。アウェイゲーム全勝で弾み
をつけたいところ。

チャンスが訪れたのは前半10分でのこと。左サイドから
園田選手がロングシュートを放ちますが惜しくも先制点
には至らず。

22分には左コーナーキックでショートコーナーを選択し、
最後はゴール正面の位置から米澤選手がヘディングで
狙ったもののゴールマウスを捉えられません。

27分には右サイド奥の位置で齋藤選手が倒されて得た
フリーキックから再び米澤選手がヘディング。叩きつける
ような弾道を描いたシュートもゴールはならず。

前半も中盤を過ぎ、園田選手が左サイドを攻め込むと、
左コーナーキックを得ました。このセットプレーから
大島選手が頭で狙うもゴール右上隅をわずかに外れて
ノーゴールに。

前半は0-0で終えました。ハーフタイムでの選手
交代はなく後半へ。

7分。米澤選手がゴール左側の至近距離からシュート
しますが前年ながらオフサイドの判定。15分には
尾崎選手が相手のマークをかわしながら反転しての
シュートでしたがゴールは奪えず。

21分には園田選手、清水選手に代わって飯島選手、
佐田選手がピッチへ。

28分のことでした。相手守備陣の手薄な位置で大友選手に
ボールが渡ると、すかさずゴールマウスへ蹴り込みますが
ボールは不運にもポストを直撃。非常に惜しいシュートと
なってしまいました。

34分には石坂選手と新城選手が交代します。

アディショナルタイムに入っても0-0のままだったスコア
でしたがその均衡を破ったのは刈谷ではなく中京大でした。

47分に中京大にゴールを決められると、直後に大友選手に
代えて向井選手を投入します。同点ゴールを奪いたいところ
でしたが及ばず、0-1で試合終了。手痛い一敗を喫しました。

勝敗を分けうる分水嶺はいくつもありました。前半半ば過ぎの
押していた時間帯然り。後半のポスト直撃の惜しいシュートも然り。

ですがこの試合で、分水嶺をこえて勝利の水を引き込んだのは
中京大学のほうでした。


この敗戦を言い換えるならば、数字上で最も少ないダメージを以って
課題教訓を得たということ。これを活かして、一回りも二回りも力を
つけたいところ。


次のリーグ戦は2週間後。TM等を通じ修正する時間はあります。


【以下写真】
フォトアルバムフルバージョンはこちらからどうぞ(総数80枚)
https://photos.app.goo.gl/hNRxkfCqV1pgQDWbA


キックオフ前。山本選手、佐々木選手のユニフォームを掲げて。

002


前半の中盤以降は刈谷の時間帯があり、セットプレーも幾度と得て
いた。ここでゴールを決めておきたかった。

米澤選手のヘディングシュート。

026


大島選手のヘディングシュート。惜しくもゴールならず。

030


ゴール、勝利を期して後半へ。

047


米澤選手のシュートはオフサイド判定に。

053


大友選手が蹴り込んだボールはポスト直撃。
非常に惜しい、悔やまれるシュート

066

067

068


フォトアルバムフルバージョンはこちらからどうぞ。
上記掲載含め、80枚ございます。是非!

https://photos.app.goo.gl/hNRxkfCqV1pgQDWbA

 

ギャラリー
  • 【試合取材ルポ:完全版】FC刈谷:第60回全国社会人サッカー選手権大会 東海予選 Dブロック vs FN.PRIMAVERA
  • 【試合取材ルポ:完全版】FC刈谷:第60回全国社会人サッカー選手権大会 東海予選 Dブロック vs FN.PRIMAVERA
  • 【試合取材ルポ:完全版】FC刈谷:第60回全国社会人サッカー選手権大会 東海予選 Dブロック vs FN.PRIMAVERA
  • 【試合取材ルポ:完全版】FC刈谷:第60回全国社会人サッカー選手権大会 東海予選 Dブロック vs FN.PRIMAVERA
  • 【試合取材ルポ:完全版】FC刈谷:第60回全国社会人サッカー選手権大会 東海予選 Dブロック vs FN.PRIMAVERA
  • 【試合取材ルポ:完全版】FC刈谷:第60回全国社会人サッカー選手権大会 東海予選 Dブロック vs FN.PRIMAVERA
  • 【試合取材ルポ:完全版】FC刈谷:第60回全国社会人サッカー選手権大会 東海予選 Dブロック vs FN.PRIMAVERA
  • 【試合取材ルポ:完全版】FC刈谷:第60回全国社会人サッカー選手権大会 東海予選 Dブロック vs FN.PRIMAVERA
  • 【試合取材ルポ:完全版】FC刈谷:第60回全国社会人サッカー選手権大会 東海予選 Dブロック vs FN.PRIMAVERA
アーカイブ
  • ライブドアブログ