愛知県サッカー選手権1回戦
(兼天皇杯愛知県代表決定戦1回戦)
@名古屋港サッカー場
天候:晴れ 14時00分キックオフ

FC刈谷 2-2 東海学園大学
  前半 1-0
  後半 1-2
延長前半  0-0
延長後半  0-0
         PK  6-5

  ※前後半各45分、延長前後半各10分
    
4月13日(土)、FC刈谷は天皇杯愛知県代表決定戦初戦を兼ねる、
愛知県サッカー選手権1回戦、東海学園大学との一戦に臨みました。

スタメンは、藤沢、中野(翔)、水木、佐々木、奥津、藤本、内田、富田、渥美
中野(裕)、佐藤
リザーブは中村、酒井、鯉沼、渡邊、黒田、西原、鈴木
(敬称略順不同)。

当初は長野選手がスタメンに名を連ねていたものの急遽キャンセル。
定刻どおり14時にキックオフの笛が吹かれました。

前半8分、相手ゴール前の空中戦、中野(翔)選手が頭で落とし、中野(裕)選手へ。
しかし、シュートまでには持ち込めず。

19分。左サイドから中央に折り返されたボールを最後は中野(裕)選手がゴール
左隅へと蹴り込み先制しました。36分には相手陣内中央から、中野(翔)選手が
シュート。しかし相手GKの正面で得点ならず。1-0で前半を終えました。

後半。東海学園大学が徐々に試合のペースを握りだします。そして終盤へと差し
掛かりかけた26分に刈谷は同点に追いつかれてしまいました。

28分には渥美選手と黒田選手が、34分には富田選手と西原選手がそれぞれ
交代。

後半終了目前の42分のことでした。その交代出場した西原選手が鮮やかに
ヘディングシュートを決めて、2-1としました。あとは試合終了の笛を待つのみ
でしたが、東海学園大学に同じく頭でゴールを許しまたも同点とされ、決着は
10分ハーフでの延長戦にもつれ込みました。

延長戦で得点機を得たのは奥津選手でした。前半9分にはヘディングシュート。
そして圧巻だったのは後半開始早々、左サイドから放ったロングシュート。しかし、
ゴールポスト直撃で惜しくもゴールならず。

延長戦でも決着はつかずPK戦へ突入。刈谷は後攻めで、中野(裕)、佐藤、
中野(翔)、藤本、水木選手とゴールを決めます。GK藤沢選手は方向を読めた
ときもあったものの惜しくもセーブならず。5-5のまま6人目に移りました。

ここで、藤沢選手が相手キックを止めて、刈谷の6人目のキッカーは黒田選手。
ボールはゴールマウスに吸い込まれて刈谷がPK戦をものにしました。東北の
誇りを胸に刈谷へとやって来た黒田選手が大仕事をやってのけました。

辛くも勝利した刈谷は20日(土)、FCマルヤス岡崎との決勝戦に駒を進めました。
JFLを目指す刈谷にとっては負けたくない相手。また、久々の天皇杯本戦出場の
為にも何としても勝利を掴んでほしいものです。


以下、写真厳選

001

002

003

004


中野(裕)選手先制ゴール

005

006

007


008

009


1点リードで後半へ

010

011

012

013

014

015

016


西原選手のヘディングシュートで追加点

017

018

019

020


しかし、同点に追いつかれ、延長戦を経てPK戦へ

021


藤沢選手が6人目でついにセーブ!

022

023


刈谷の6人目は黒田選手

024


PK戦をものにして刈谷勝利

025

026

027

028

029


にほんブログ村 サッカーブログ 地域リーグ・都道府県リーグへ
にほんブログ村

地域リーグ・都道府県リーグ ブログランキングへ