スポ狂どうでしょう

ブログの更新や記事に関する情報発信用twitter始動。https://twitter.com/spokyo_doude 

  ※記事の下に表示される広告はブログサービスの仕様によるものです。
    ブログオーナーの意図は一切入っていませんのでご注意ください。

2008年07月

岡崎⇒宇都宮 深夜バスの旅

もうかれこれ2週間前ですが、FC刈谷VSニューウェーブ
北九州戦後に深夜バスでの移動を決行しました。
 
午前0時10分、名鉄東岡崎駅前を出発。観戦疲れからか、
直ぐに眠気が来てウトウトとしていたのですが、午前3時頃
突如として地獄が訪れました。
 
前の乗客が背もたれを大きく倒してきた為に私の膝に激痛
が走りました。他の乗客の迷惑になってはいけないので叫
ぶに叫べず。膝の感触があったからか、前の乗客も背もた
れを上げたため痛みからは解放されたものの、深い眠りは
訪れぬまま午前8時前にJR宇都宮駅東口に到着。非常に
カラダにキツい旅となってしまいました。
 
この旅にはもう一つの話がありまして・・・。偶然にも私の後
ろの席には会社の後輩が乗っていました(名古屋から乗っ
ていた模様)。このことに気付いたのは朝、経由地のTDLで
トイレにたった時のこと。彼は爆睡していたため声をかけま
せんでした。後日、本人にそのことを話すと、前の乗客が私
とは全く知らなかったらしくエラい驚きようでした。
 
次回の深夜バス乗車はいつか・・・。9月10日まで青春18
きっぷの利用可能期間なのでしばらくはなさそうです。

手堅く勝点3

第10回JFL 後期第5節
 FC刈谷 3-1 アルテ高崎
 
昼間の蒸し暑さがさほど引かないままキックオフを迎えたこの試合。
定評どおりアルテ高崎のDFラインは異常に高く、必然として刈谷の
攻めはオフサイドラインギリギリを狙う形になりました。高崎GKの
ペナルティーエリア外でのボールの処理も一際目立ちました。
 
前半15分。フリーキックからゴール正面にこぼれたボールをFW
平林選手が押し込み先制。0-0の均衡が破れたものの、試合の
展開はオフサイドライン際を狙う刈谷と、オフサイドで得たボール
を前線に上げる高崎という単調な構図のまま続きました。
 
しかし、前半38分。刈谷はフリーキックをMF日下選手が直接ゴー
ルへ蹴り込み追加点奪取に成功。2-0で前半を終了しました。
 
後半開始から刈谷は平林を下げMF篠川選手を投入。その篠川選
手が後半10分にダメ押しともいえるチーム3点目のゴールを決め、
起用に応えた格好となりました。しかしながら、後半22分。ワンサイ
ドの展開と単調な攻めによる気の緩みからか、相手CKをヘッドで押
し込まれて失点を喫しました。ここから30分にかけては高崎が押し
気味に試合を展開しましたが、ゴールには至らず。そして、3-1で
試合は終了。刈谷の久々の勝点3ゲットとなりました。
 
次節は酷暑のアウェーでFC琉球戦。コンディション的に厳しい戦いが
続きますが、貪欲に勝点を積み重ねて欲しいものです。
 
勝点52まであと18。
FORZA FC刈谷。赤ダスキに誇りを。

【告知】明日26日(土)ウェブスタ刈谷にて

FC刈谷vsアルテ高崎戦は18:00キックオフですが、
試合開始に先立ち、サポーター有志にて「ゲーフラ
教室」を開催予定(雨天の場合は中止)です。
 
「ゲーフラ教室」ではその名のとおり、応援時に用いる
ゲートフラッグの作り方をAtoZでレクチャーするもの
です。スタート時刻は13時頃、場所はスタジアム入口
近辺です。自由参加ですので、関心のある方は奮って
お越し下さいませ。また、応援やサポーターの活動に
興味ある方も気軽に声を掛けて頂きたいと思います。
 
私自身は14時頃出没予定です。(なにぶん遠いもので)

マジック点灯に一考

タイガース強いですね。遂にマジック46点灯。
2位ジャイアンツとのゲーム差が11.5ゲーム。
 
しかしながら、
リーグ勝者はあくまでもクライマックスシリーズ
の勝者なわけで、この強さを発揮し続けられる
かどうか。
 
一方、パ・リーグは首位~最下位のゲーム差
が8.5。セ・リーグ首位~2位の間にスッポリ
納まってしまうわけで、そう考えるとまだ混戦。
終盤までもつれそうですね。

勝点3が恋しい。

第10回JFL 後期第3節
 FC刈谷 1-1 ニューウェーブ北九州
 
前半は北九州が押し気味。刈谷守備陣がボールを持った際に、
北九州の前線の選手が即座にプレッシャーをかける為か、刈谷
守備陣のプレーが安定せず。攻撃においてもなかなかボールが
つながらず前半を終了。
 
後半開始早々、刈谷はボールがつながり出し、後半7分、武末
選手のゴールで先制。このまま勢いに乗るかと思われましたが、
ボールはつながらず防戦一方。そして後半33分、守備のスキ
を突かれ、1対3の数的不利から最後はフリーでシュートされて
失点。残り10分余りで逆転できず試合終了となりました。
 
よく1失点で凌いだというのが試合全体を通しての印象です。
北九州のシュートの精度がもっと高ければ、逆転されてもお
かしくない状況に見えました。
 
勝点0より勝点1の方が良いし、通算勝点も30の大台に乗る
ことも出来ましたが、引き分け続きよりも連勝が欲しいところ
です。次節以降の連戦連勝に期待です。
 
勝点52まであと22
FORZA FC刈谷。赤ダスキに誇りを。

ギャラリー
  • 【FC刈谷】刈谷市長杯1回戦 vsトヨタ車体
  • 【FC刈谷】刈谷市長杯1回戦 vsトヨタ車体
  • 【FC刈谷】刈谷市長杯1回戦 vsトヨタ車体
  • 【FC刈谷】刈谷市長杯1回戦 vsトヨタ車体
  • 【FC刈谷】刈谷市長杯1回戦 vsトヨタ車体
  • 【FC刈谷】刈谷市長杯1回戦 vsトヨタ車体
  • 【FC刈谷】刈谷市長杯1回戦 vsトヨタ車体
  • 【FC刈谷】刈谷市長杯1回戦 vsトヨタ車体
  • 【FC刈谷】刈谷市長杯1回戦 vsトヨタ車体
アーカイブ
  • ライブドアブログ