スポ狂どうでしょう

ブログの更新や記事に関する情報発信用twitter始動。https://twitter.com/spokyo_doude 

  ※記事の下に表示される広告はブログサービスの仕様によるものです。
    ブログオーナーの意図は一切入っていませんのでご注意ください。

2009年06月

別府選手も!

スキル・シマノの別府史之選手もツールドフランス出場決定。
チームの作戦もあるからなかなか難しいかもしれませんが、
日本人2選手には是非、最終ステージまで走破してほしい
ものです。

直接対決制せられず

第11回JFL前期第17節
 三菱自動車水島FC 2-0 FC刈谷
 
リーグ戦17位の刈谷と最下位水島との直接対決。直下の相手
なだけに、絶対に勝ちたかった試合でした。しかし、2失点かつ
完封され、水島に今季初勝利を与えた格好となってしまいました。
 
前半はカン、中山両選手のスピードを使い、オフサイドぎりぎりを
突く攻めを見せ、26分にPKを得ましたがゴールはならず、44分
に失点。後半には自陣ゴール前でのクリアが浅くなったところをシ
ュートされ、2失点目を許してしましました。非常に悔しい一敗です。
 
前期を17位で折り返したわけですが、この順位は(Jリーグ参入
チームがなければ)自動降格することを意味します。大変重たい
事実です。しかし、更に事実を書けば、
 
・後期リーグ戦は17試合ある。全勝の場合、年間目標勝点60は
 は達成できる。
・勝点3を掴み取る試合を実践出来るのは選手のみである。
・観戦者数に数えられる数字以上に、FC刈谷を思うサポーター、
 ファンは各地にいる。
 
失点を嘆くことは試合中でも試合終了後でも出来ます。しかし、
ゴールを狙うこと、ボールを追うことは、その試合が終われば
もう出来ません。選手の皆さん。90分+α、体は熱く、心は冷
静かつ強く持ち戦って下さい。

苦しい時こそ

「苦しい時こそ明るくいきましょう。」
 
私が以前勤務していた職場での飲み会で、締めの挨拶で頂いたこ
とのある言葉です。分かっていても実践するのは大変なことです。
 
この明るさの実践には実は「強さ」であったり、「粘り」であったり、
「ひたむきさ」といった、前向き且つ建設的精神が必要だったり
する。いきなり100%実行するのは厳しいにしても、出来る範囲
で少しでも行動に移す。それが実は閉塞的状況に変化をもたらす
トリガーとなるのかもしれない。

前期最終戦こそ白星を

第11回JFL前期第16節
 FC刈谷 0-1 Vファーレン長崎
 
前半、攻め込まれながらも、DF陣の頑張り、GK山本の
ファインセーブ、クロスバーではじき出す幸運で0点に
抑える。後半になると刈谷の攻勢となり、相手ゴールに
迫るも得点にはならず。34分に川崎にゴールを奪われ
0ー1の敗戦となりました。
 
次節の対戦相手は最下位水島。絶対に勝点3を獲らね
ばならない一戦です。この一戦をものにして後期へ弾み
をつけたいところです。

どうにも解せないことがある。

・記事に関係の無いコメント、トラックバックを寄せる人。
・承認されなければ掲載されませんと断っているにも
 かかわらず、上記の行為をする人。
・上記を行う時間がもったいないと感じない人。
 
言論の自由を阻む気は毛頭ないですが、匿名性を隠れ蓑に、
著しく思慮を欠き、書きたい放題という姿勢はどうにも解せない。
同様の被害を受けてるブロガーの方たくさんいるのかな。
めげないで下さいね。

ギャラリー
  • 【FC刈谷】刈谷市長杯1回戦 vsトヨタ車体
  • 【FC刈谷】刈谷市長杯1回戦 vsトヨタ車体
  • 【FC刈谷】刈谷市長杯1回戦 vsトヨタ車体
  • 【FC刈谷】刈谷市長杯1回戦 vsトヨタ車体
  • 【FC刈谷】刈谷市長杯1回戦 vsトヨタ車体
  • 【FC刈谷】刈谷市長杯1回戦 vsトヨタ車体
  • 【FC刈谷】刈谷市長杯1回戦 vsトヨタ車体
  • 【FC刈谷】刈谷市長杯1回戦 vsトヨタ車体
  • 【FC刈谷】刈谷市長杯1回戦 vsトヨタ車体
アーカイブ
  • ライブドアブログ