スポ狂どうでしょう

ブログの更新や記事に関する情報発信用twitter始動。https://twitter.com/spokyo_doude 

  ※記事の下に表示される広告はブログサービスの仕様によるものです。
    ブログオーナーの意図は一切入っていませんのでご注意ください。

2014年07月

試合以外の写真蔵出し:TM、リーグ戦(vs矢崎、vs岐阜2nd)

まずは豊田自動織機との練習試合時より

グラウンドの横には、相撲の練習場があり、名古屋場所前だった芝田山
部屋の関取衆の皆さんが練習していました。休憩の際にはグラウンドの
方を見られてました。
a459566f.jpg
 



















グラウンドは大府工場の敷地内にあり、普段は入れない所。(偶然、
散歩中のワンちゃんが写ってます。)
b2055b3f.jpg

eff98914.jpg
 
 
 

































            


続いて、矢崎戦の時の写真
この日は、ジェイテクトvsFCカワサキ戦が併催されていました。
6b55494d.jpg



















スタジアム入口前にはジェイテクトのテントが。
bdaef54a.jpg



















スタジアム前の出店
ff2e1c15.jpg

476195ef.jpg





































富ヶ原、河内、山崎各選手の応援断幕
713232e8.jpg



















またも登場。ウィングアリーナ刈谷のマスコット、カリピィー。
ちょっとセクシー。
d6a551a4.jpg




















試合時(キックオフ前、ハーフタイム)の練習風景
affa81cb.jpg

















2994da68.jpg

a37e8562.jpg

093cd894.jpg




















bc17fb21.jpg

6493685e.jpg

bfc0f58e.jpg

0b4b0f89.jpg

66a99a53.jpg
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
 




























































































リーグ戦はこれからが正念場。一丸で連戦連勝を。


にほんブログ村 サッカーブログ 地域リーグ・都道府県リーグへ
にほんブログ村

2014TSL1第7節(8戦目) vs FC岐阜SECOND

東海社会人サッカーリーグ一部 第7節(8戦目)@岐阜県フットボールセンター
天候:晴れ、13時30分キックオフ

FC岐阜SECOND 2-2 FC刈谷
     前半 1-0 
     後半 1-2

7月27日(日)、FC刈谷はアウェイ、岐阜県フットボールセンターにて
FC岐阜SECONDと対戦しました。

スタメンは、鈴木(聡)、星、山崎、豊永、杉山、阿部、高橋(明)、鈴木(貴)、
富ヶ原、稲葉、安藤
リザーブは平原、永井、川上、酒井、高橋(良)、星野、橋爪(敬称略順不同)。

前半10分頃までに、刈谷は何度か自陣に攻め込まれたものの、危なげなく
守ります。11分には高橋(明)選手がロングでゴールを狙い、更に稲葉選手
がシュートを放ちますが得点ならず。

22分。刈谷はオフサイドライン間際を突かれ、GK鈴木(聡)が相手選手と
1対1とされ、シュートを打たれて失点。

直後の23分には阿部選手がシュートしましたがゴールならず。35分には
安藤選手に代わり、橋爪選手が交代出場しました。

1点ビハインドで迎えたロスタイム。刈谷はゴール前至近距離からシュートを
打たれたものの枠を外れて事なきを得て、このまま前半は終了しました。

先ずは同点ゴールが望まれた後半。

8分、右サイドから富ヶ原選手がゴール前に上げたボールを橋爪選手が頭で
押し込み、同点に追い付きます。

しかし後半11分にアクシデントが。豊永選手が相手選手と交錯し倒されると、
睨み合った直後に報復行為を犯してしまい、退場処分に。ここから刈谷は数的
不利での戦いを余儀なくされました。

16分、17分に岐阜のコーナーキックをしのいだ刈谷は、20分。相手陣内
中央を上がる高橋(明)選手にボールが渡ると、キーパーを振り切って、シュ
ート。見事に逆転のゴールを決めました。26分には稲葉選手のシュートも
ありましたが追加点とはならず。

迎えた30分。攻め込まれた刈谷は、ゴール前の混戦から最後はシュートされて
手痛い失点。同点にされゲームは振り出しとなります。

刈谷は35分には、右サイドで橋爪選手がボールをキープ、中央の稲葉選手へ。
しかし、稲葉選手のシュートは枠を外れてゴールならず。41分には稲葉選手に
代わり星野選手がピッチへ。ロスタイムの4分間まで刈谷は1人少ない状態で
も攻めましたが逆転ゴールは奪えず、引き分けで試合を終えました。

次なる戦いはリーグ戦を離れて、全社東海地区代表予選の2連戦。初日に対戦
するのはボラーレFC浜松。8月2日(土)、名古屋港サッカー場にて11時30分
キックオフです。


c37947e3.jpg

f28f4e64.jpg

8c810d0b.jpg

d4d7beb8.jpg

7073d32c.jpg

f18cbf89.jpg

b15cf581.jpg

20e9f4a5.jpg

ef7b09ef.jpg

789a87e6.jpg

4abe5887.jpg

3ae9f90a.jpg

d135e5e4.jpg

8cabd72f.jpg

89c2f2e0.jpg

7ce14eda.jpg

212428bb.jpg

c621196e.jpg

a7180b92.jpg

7ad3cd70.jpg

にほんブログ村 サッカーブログ 地域リーグ・都道府県リーグへ
にほんブログ村

レビュー:2014 SUPER GT Rd.4 菅生

菅生には魔物が棲んでいる。

毎レース波乱含みになることから、このように称されるサーキット。
コース幅の狭さや70mの高低差がその一因だと思われます。

今回のSUPER GTでは、魔物は天候を弄んだようです。

土曜は濃霧により予選キャンセル。日曜朝に行われることとなった
予選の間は終始雨模様。決勝では雨は降ったり止んだり、降雨中
でも雨足の強弱を繰り返しました。

スリック(ドライ用)タイヤ、レインタイヤどちらで走るのか?

コンディションの変化に上手く対応しタイヤ選択・ピットワークに成功
したチームとそうでないチームで明暗が大きく分かれました。

500クラスでは、立川/平手組のLEXUSが優勝、伊藤/カルダレッリ組
のLEXUSが2位、立石/塚越組のNSXが3位。NSXはようやく今シーズン
初の表彰台を獲得しました。

300クラスでは、織戸/青木組のランボルギーニが優勝。2位に黒澤
治樹/翼組のメルセデス、3位にライアン/藤井組のアウディが入り
ました。ランボルギーニの優勝は2006年の鈴鹿以来、8年振りのこと
です。

偶然にも、500クラスはブリヂストン、300クラスはヨコハマが表彰台
を独占となりました。

次戦は8月9日(予選)、10日(決勝)。今シーズン2度目の富士
スピードウェイでのレースです。

にほんブログ村 その他スポーツブログへ
にほんブログ村

2014TSL1第11節(7戦目) vs 矢崎バレンテ

東海社会人サッカーリーグ一部 第11節(7戦目)@ウェーブスタジアム刈谷
天候:晴れ、16時キックオフ

FC刈谷 0-1 矢崎バレンテ
  前半 0-0 
  後半 0-1

7月20日(日)、FC刈谷はホーム、ウェーブスタジアム刈谷にて
矢崎バレンテと対戦しました。

スタメンは、平原、星、山崎、小林、豊永、阿部、高橋(明)、鈴木(貴)、
富ヶ原、星野、安藤
リザーブは鈴木(聡)、永井、川上、酒井、松田、河内、橋爪(敬称略順不同)。

強い風が吹くコンディションの中、刈谷は追い風となるピッチを選択し
キックオフを迎えました。

前半3分、刈谷は左サイドで相手ミスをついてボールを得た、高橋選手が
攻め込んでコーナーキックを得ました。このコーナーキックに山崎選手が
ヘッドで合わせるもゴールならず。

7分にも右サイドから折り返し、ゴール前混戦となりましたがシュートまで
には至りません。

23分には、富ヶ原選手、安藤選手がゴール前に攻め上がったものの、シュート
は打てませんでした。25分に右サイドセンターライン付近で得たフリーキック
でゴール前にロングフィードしヘッドで押し込もうとするも惜しくも合わず。

直後の26分。安藤選手が前線でボールを得ると、高橋選手へパス。高橋選手
がシュートを放つもボールはサイドネットに。

一方、29分には矢崎の中島選手にロングシュートでゴールを狙われましたが
枠の外に。38分には刈谷ゴールに押し込まれましたがオフサイドで事なきを
得ました。

ロスタイムには富ヶ原選手がシュートを放つも惜しくも、サイドネットへ。
このまま前半を0-0で折り返しました。

風下での戦いとなった後半。8分には富ヶ原選手が右サイドを上がり、一旦後ろ
の阿部選手へパス。阿部選手がゴール前に上げましたが、キーパー正面。16
分には右サイドを攻め上がった豊永選手がセンタリングを上げましたが、相手
DFに阻まれました。

20分。星野選手に代わり、橋爪選手選手がピッチへ。

24分には相手ゴール前で、中央にオーバーラップした星選手へとボールが渡り
ますが前年ながらオフサイドとなりました。42分には高橋選手に代えて松田選手
を投入、前線の枚数を増やし、得点を狙います。

その直後の43分。刈谷は自陣を攻め込まれると、ゴール前の混戦で食い止める
ことが出来ずに先制を許しました。試合終了間際での手痛い失点を喫した刈谷は、
残り時間で同点、逆転のゴールを目指すも、0-1で終了のホイッスル。

アウェーでの前回ゲームで敗戦を喫していただけに、是非とも勝ちたかった一戦
でしたが、矢崎相手にまたしても黒星となってしまいました。

リーグ制覇の上でも手痛い敗戦を喫した刈谷ですが、次の戦いは待ってくれません。
次節のアウェー、FC岐阜セカンド戦から連勝を重ねてくれることを信じています。


bb891cc4.jpg

4aec71ef.jpg

5c70bc18.jpg

223467e5.jpg

fe2e8cd6.jpg

5182a4f4.jpg

1e9d492e.jpg

2ca9339c.jpg

86d2faaa.jpg

78ff4a51.jpg

9d9485ce.jpg

fa800780.jpg

1ecf64e0.jpg

c5d27d91.jpg

d3b1fd55.jpg

e986ade9.jpg

09a560ba.jpg

ddd35811.jpg

b5f327f9.jpg

143a81b6.jpg

ceb5ab12.jpg

にほんブログ村 サッカーブログ 地域リーグ・都道府県リーグへ
にほんブログ村

休息日の間に振り返り 2014ツール・ド・フランス

昨日、第10ステージまでを終えたツール・ド・フランス。

今日15日(火)は今大会初の休息日です。

序盤の波乱といえば、有力選手たちの相次ぐリタイアです。

オメガファーマのカヴェンディッシュ選手は初日のゴールスプリントでの
転倒落車。母国3ステージを走りきることなくリタイアとなりました。

そして、前年王者、スカイのフルーム選手の離脱。第4ステージの落車で
左手首を負傷した状態で、第5ステージを走ることとなったフルーム選手。
第5ステージは9つの石畳区間を走るといういつも以上に過酷なコース(最
終的には雨による危険回避を鑑みて石畳区間は7つに削減)。このステージ
序盤に落車に見舞われたフルーム選手は、最初の石畳区間に入る前に再び
落車し負傷。立ち上がりはしたものの、再び自転車に乗ることはなく、チーム
カーに。連覇の夢は消えました。

更に第10ステージでは、総合優勝候補の一人、ティンコフ・サクソのコンタドール
選手が一級山岳越え後の下りで落車。落車後、集団へ戻るために走ったものの
最終的にリタイアを選択。

これまでの10ステージでステージを制したのは、キッテル、ニーバリ、ボーム
グライペル、トレンティン、カドリ、マルティンの7選手。序盤の平坦ステージで
スプリンターぶりの発揮したジャイアントシマノのキッテル選手が3勝。2勝を挙
げたアスタナのニーバリ選手が総合首位に立っています。また、第8~第10
の山岳ステージにおいて、長距離を独走してステージ優勝を飾った、AG2R
のカドリ選手、オメガファーマのマルティン選手の走りは圧巻でした。

また、10ステージまでを終えての各賞は以下のとおり。

総合時間首位:マイヨジョーヌ(黄色のジャージ)
 ヴィンチェンツォ・ニーバリ(アスタナ)
総合ポイント賞:マイヨ・ヴェール(緑色のジャージ)
 ペーター・サガン(キャノンデール)
山岳賞:マイヨ・ブラン・ア・ポワ・ルージュ(白に赤の水玉ジャージ)
 ホアキン・ロドリゲス(カチューシャ)
新人賞:マイヨ・ブラン(白色のジャージ)
 ロマン・バルデ(AG2R)

新城選手は、現在まで完走している180選手中、総合95位。


にほんブログ村 自転車ブログ 自転車レースへ
にほんブログ村

ギャラリー
  • 【FC刈谷】刈谷市長杯1回戦 vsトヨタ車体
  • 【FC刈谷】刈谷市長杯1回戦 vsトヨタ車体
  • 【FC刈谷】刈谷市長杯1回戦 vsトヨタ車体
  • 【FC刈谷】刈谷市長杯1回戦 vsトヨタ車体
  • 【FC刈谷】刈谷市長杯1回戦 vsトヨタ車体
  • 【FC刈谷】刈谷市長杯1回戦 vsトヨタ車体
  • 【FC刈谷】刈谷市長杯1回戦 vsトヨタ車体
  • 【FC刈谷】刈谷市長杯1回戦 vsトヨタ車体
  • 【FC刈谷】刈谷市長杯1回戦 vsトヨタ車体
アーカイブ
  • ライブドアブログ