2008年05月09日

『アヒルと鴨のコインロッカー』 4

6a319ddc.jpg

『アヒルと鴨のコインロッカー』


原作者:伊坂幸太郎
監督:中村義洋
脚本:中村義洋、鈴木謙一
出演者:濱田岳、瑛太、関めぐみ、松田龍平

 

巷では すこぶる評判が良かったと聞きますこの作品。
原作を読んだ日は 何時の事かという状態ではありますが
ラストは はっきりと憶えているので
なんとも複雑な心境で観てみました・・・・


ん〜〜
ちょっとだけ原作と違う所もあるけれど・・・・
これも、良いかもね。
・・・
気分を変えまして
元々、原作の完成度が果てしなく高いので
相当な アホアホ監督でない限り
アホアホな映画には なりっこないと思っていましたが
中村監督、期待以上です。 あなたは素晴らしい。
原作に敬意と愛情を持って取り組んだ姿勢が
作品から滲み出ています。
こういう監督に映画化されたら原作者も嬉しいだろうね。


そして出演者。
まずは濱田岳。
は。は。は。
巧いはぁ、この人は。(笑)
表情とか間の作り方とかもそうなんだけど
不思議に“絵”になるよね。
これだけ見飽きない役者も珍しい。(笑)
幸せではない この物語を救った功労者、素晴らしい役者です。

瑛太も良いですね。
この役は、物語の軸なので
プレッシャーも相当だったと思いますが
相変わらず?一つ一つの描写を丁寧に繊細に演じています。
それでいて 押し付けがましくならないのが
この役者さんの凄い所というか、不思議な所です。
もはや、“イケメン俳優”なんて流行の枠からは完全に出ましたね。


完成度の高い映画が観れました。満足。(^・^)


 



spongeneko at 00:53コメント(0)トラックバック(0)映画 あ  

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Profile

名前  ねこ (男...

">
コメント
拍手を下さい


QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ